人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バルセロナからイスタンブールへ (トルコ旅行1)

飛行機はバルセロナからイスタンブールまで直行のペガサス航空を利用しました。
LCCラインとはいえ往復ともに遅れもなく(復路は予定より30分早く到着したくらい)、座席も普通にLCCのそれで乗務員はてきぱき仕事してたし私的には全く問題なし。ちなみに機内持ち込み荷物はトルコ人乗客のほとんどが既定の大きさを超えたものを持ち込んでいた印象。(細かいチェックは無かった)3月のトルコは観光オフシーズンらしく機内では乗客のほとんどがバルセロナを訪れ帰国するトルコ人でした。

さてイスタンブールは昨年新しい空港がオープンして、メイン空港であるアタテュルク空港は時期に閉鎖されるみたいです。私達が利用したペガサス航空はLCCの宿命で市内から遠く離れたサビハギョクチェンという空港から発着。到着後は空港リムジンバスにてイスタンブールへ向かいました。2019年3月現在の料金は1人18トルコリラ(2.9ユーロ/360円)で、街の中心Taksim広場まで空いてれば1時間、渋滞してれば1時間半といったところ。日曜の夕方18時半に空港に到着したのだけど、週末とあって遠出した人たちがイスタンブールへ戻るのか、かなり道路が混雑してました。

Taksim広場に到着してから他の乗客の後をつけて隣接する地下鉄(Metro)まで移動。
そこで第一難関 → チケット(イスタンブールカード / Istanbulkart)を買う 

e0205478_23485468.jpg

イスタンブールではプリペイド式カードが主流でイスタンブールカードというものを購入し、そこにチャージして使用するシステム。
カードを買う黄色の機械はすぐに見つかったけれど、言語切り替え(日本語にも切り替わるらしい)で英語にしようと考えながらゆっくり操作してたら、脇にいたヒジャブ姿の若い女性がゆっくりした英語で「お手伝いしましょうか?」と。こういう場面に遭遇すると咄嗟に騙しの手口!と反応してしまう自分が悲しいのですが、この女性は純粋に親切な方で(疑ってごめんよ)有難いことにイスタンブールカードを代わりに購入してくれて、ついでに10リラのチャージも快く手伝ってくれました。イスタンブール到着後5分で早速この親切さ、さすがトルコ!

21時頃無事にホテルに到着した後は近辺をうろうろして、ロカンタと言われるセルフ式食堂でお夕飯です。
さっそく茄子料理を取ったことは言うまでもありません。
e0205478_23481575.jpg



by penedescat | 2019-03-31 08:01 | | Trackback | Comments(0)

3度目のトルコ

先週トルコから戻りました。
前回の訪問から16年ぶり(?)お久しぶりなトルコ。
初回は友人に付き添いお墓参りが目的という悲しくもドラマティックな訪問で、イスタンブールと内陸部のコンヤを巡る旅。2度目はドイツからの格安ツアーに参加して南部リゾート地を同僚兼友人と爆笑しっぱなしの旅行。そして今回は夫とともにトルコ周遊2週間。

人の温かさと景色の美しさ、そしてトルコご飯の美味しさ(私の大好きな茄子♥)は変わってなかったけど、昔の記憶にあったような少し泥臭いイメージはかなり変わり近代化が進んでいました。そして選挙を控えどこもかしこも工事中!

旅行記を書こうと思うけれど、交通機関の情報や旅行のアドバイスが中心になるかな。私が旅行の計画を立てる時も日本語のブログ(何故か英語のものより痒いところに手が届く情報が見つかる)には随分お世話になりました。ということで今度は私がトルコ旅行を計画する皆さんのお役に立てれば幸いです。

2週間のルートは
イスタンブール → カッパドキア → アンタルヤ → ボドルム → セルチュク → チャナカレ → イスタンブール

イスタンブールからカッパドキアへは飛行機を使いましたが、あとは全て長距離バスです。
トルコの長距離バスはたくさんの会社が便を出していますが、高級シートですごく幅が広く、お世話係りの乗務員さんが飲み物やスナックのサービスをしてくれてとても快適。歳なので(笑)夜行便は利用しなかったけど、長時間バスに乗っても疲れ知らずでした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
by penedescat | 2019-03-30 22:59 | | Trackback | Comments(0)

ラードのクロワッサン

今週は20度を超える日が続きすっかり春模様のパナデス地方。
本日はご近所のケーキ屋軒パン屋さんで朝ごはんを食べてきました。

カタルーニャでは外で食べる朝ごはんはコーヒーにクロワッサン、もしくはミニバゲットにハムやチーズを挟んだものが一般的。チュロスにホットチョコレートはあまりポピュラーではありません。

私はたいていこの組み合わせ ↓

e0205478_22165758.jpg

日本の皆さんには、というより他の国ではあまり馴染みがないかもしれませんが、スペインでは伝統的にバターよりもラードを使うことが多く、このクロワッサンも実はラードがたっぷり。

最近では都会を中心にバタークロワッサンも店頭に並ぶけれど、やはりまだまだ主流はラード。クリスマスのお菓子ポルボロンもある意味ラードの塊ですよ(笑)。

質の良いラードは臭みもなく、逆にバターのクロワッサンよりもあっさりした感じです。あ、でもあっさりしてるのは食感だけでカロリーはしっかりあります。😉

これに慣れてしまったので時々ドイツやフランスでクロワッサンを食べるとほんのり温まったバターの香りに「うっ…」となる事があって…。いや慣れって怖いですね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
by penedescat | 2019-03-02 22:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。


by penedescat
プロフィールを見る
更新通知を受け取る