人気ブログランキング |

セルチュク2日目 (トルコ14)

さてセルチュク2日目の朝、お目当てのエフェソス遺跡へ。
冬場の遺跡のオープン時間は8時半、バスターミナルからの直通ミニバス(英語表記あり)はそれに合わせてあるのか8時半少し前くらいにやってきました。ちなみに乗り場はターミナル建物を正面に見て一番左です。

正味3kmしか離れてないので歩ける距離だけど、バス代も安いし遺跡に着く前に疲れたくなかったので乗車です。バスは遺跡の真ん前で止まるのですが、まだゲート前のお土産屋さんも閉まってて観光バスも一台もおらずとっても静か。唯一賑わっていたのはゲート横のお手洗いの所。猫がね…合計で30匹くらいいました159.png

e0205478_01014537.jpg

エフェソス遺跡が世界遺産に登録されたのはつい最近だとか。
さすがエーゲ海領域では最も大きな遺跡都市とあってたいへん立派。

e0205478_01024747.jpg
e0205478_01021564.jpg
円形劇場。オフシーズンであちこち改装が行われていて、ここにもクレーンが(涙)
e0205478_01022649.jpg
こちらには135年(今2019年ですよ)に完成したセルシウス図書館が。地震や火事で崩壊したけれど修復されて今に至ります。
ゆっくり見ていたらすぐに団体さんがどんどんやってきたので、ここは朝一で行くのが雰囲気を味わえてお薦め。
e0205478_01023715.jpg

e0205478_01024207.jpg
トルコにある遺跡の中でも三本の指に入るくらい有名で人気なのも頷けます。
ただ私達すでに色んな国の遺跡をたくさん見てきているので、比べてはアレなんだけどギリシャのデルフィ遺跡の方が感動したな。

遺跡を見終えたらまたミニバスに乗ってセルチュクの街中へ。すぐ近くにある電車の駅まで行き、今度はイズミールへ向かいました。
電車の時刻表→朝と夕方に集中していてお昼は全然電車がないので、その時間帯はバスをお勧めします。

デニズリ発 → イズミールのバスマネ駅行(セルチュクはこの間にあり、イズミールまでは1時間15分ほど)
e0205478_01215155.jpg
私達は11時46分発の電車に乗りました。ホームにチケット売りブースがあって、その真ん前で待っていれば電車が来ます。片道一人7.50リラだったので150円もしない位かな。(2019年3月のレート)

さてイズミール、噂では特に観光名所はないとのことで、とりあえず港に向かって歩き適当にウロウロ。
e0205478_01190992.jpg
e0205478_01190384.jpg
バザールがある区域にも足を踏み入れましたが道が入り組んでて暗くなったら迷いそう。
確かに買い物以外これといって見どころはないし、3時間ほど滞在してまた電車でセルチュクへ戻りました。

こちらが時刻表。左半分がイズミールバスマネ駅発のもので、セルチュクへ行く場合はデニズリ行の電車を探せばOKです。
往路と同じくあまり本数がないので要注意です。
e0205478_01185458.jpg


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
トラックバックURL : https://penedes.exblog.jp/tb/28242393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by penedescat | 2019-04-28 01:32 | | Trackback | Comments(0)

ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。


by penedescat
プロフィールを見る
更新通知を受け取る