カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

電車で喫煙、そして鉄道警察

スペインにいてげっそりすることの一つ。
それは公共の場でのマナーの悪さ。
地域によって差はあるものの、ドイツと比べるとどうしても目についてしまう。

昨日の夕方も、また嫌な目にあったんです。
電車がバルセロナ市内から郊外エリアに出たころ。
爆音で音楽を聴きながらカップルが乗車してきました。
年齢は20代前半、見た目からして脳みそ空っぽ風。
英語のヒップホップだったけど、どうせテキストなんて理解してないだろう。

爆音に腹を立てながらも、乗客は皆もうすぐ奴らが下車するだろうと我慢してました。
それなのになかなか下りる気配がなくて、私もイライラ最高潮。

こういう場合男の人が注意してくれればありがたいのだけど、逆ギレで何されるか分からないので、自分から下手な動きに出られないのが残念。私みたいなアジア人が口を挟もうなら、絶対に嫌がらせをされるに違いないし。

15分ほどたった頃、ついに二人組が煙草を吸い始め・・・
車内に煙が広がり、髪も服も臭くなるし、軽い殺意が芽生えましたね。そうして5分ほどが経過。
運転席に一番近い場所に座っていたご婦人が、どこかの駅で停車したタイミングに立ち上がり、運転席のドアを力強くノック。そして運転手が扉を開けました。

慌てて煙草をもみけす二人組。
運転手は「タバコは禁止だ」などとやんわり注意している。
二人組は開き直って大声でわめき、汚いスペイン語の罵り言葉を連発。
そこで乗客の誰かが運転手に「もう警察呼べ!」と言い、結局運転手はその後扉を閉めて鉄道警察に連絡したみたい。

次の停車駅では鉄道警察員はいなかったけれど、不思議なことに二人組は逃げずにぼけーっと座ったまま。ある意味本当のアホですわ。
結局その次の大きな駅に到着したら、4人の鉄道警察隊とドーベルマンがどどっと乗り込んできて、二人組はそのまま連行されていきました。ちなみにこちらの警察隊は本当にガタイの良い、半分プロレスラーみたいな人たちです(笑)。

「タバコ吸って騒いでたのはお前らか!」と怒鳴られると、二人組は「・・・ちがうもん」みたいにシュンとしちゃって、さっきまでの勢いはどこへやら。どうせ無賃乗車だろうし、つかまってザマーミロだわ。ついでにドーベルマンに噛みつかせて重傷を負わせてしまえ!と心の中で祈っていたワタクシでした。

禁煙の場所でタバコ吸ったり、ポイ捨てしたり、公共の場で爆音で音楽聞いたり、無賃乗車だからって改札通る時に後ろから押してきて一緒に出ようとしたり、あーーっもう!!
こういう瞬間はマナーの良い国に瞬間移動したくなりますわ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-11-26 02:24 | その他

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40