カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

憧れの職業

最近毎日のように、この話題を耳にします。
シャキーラとジェラール・ピケが手を繋いでレストランから出てきたって話。
e0205478_26258.jpg


シャキーラはコロンビア出身の歌手で、なんでもお母さんがカタルーニャ系らしい。
昨年末カヴァのFreixinetのコマーシャルに出てましたね。
そしてジェラールはサッカーチーム バルサの選手。
(今回初めて知りました。。どこまでサッカー音痴なんでしょう、私)

この二人の関係はどうでもいいのですが、それにしてもサッカー選手とはモテる存在ですな。

もてるからっていう理由ではないでしょうけど、ドイツの子供達の憧れの職業ナンバー1、
それはサッカー選手。きっとスペインも同じような結果でしょうね~。


***なりたい職業ベスト10***

アンケート元 http://de.statista.com
公開時期:2009年
対象:ドイツ・6歳から12歳の男女(男女の比率情報はゼロ)681名

一位:サッカー選手 (17パーセント)
二位:警官     (12パーセント)
三位:パイロット  (8パーセント)
四位:消防隊員   (7パーセント)
五位:エンジニア  (5パーセント)
六位:発明家・研究家(3パーセント)
七位:自動車整備士 (3パーセント)
八位:教師     (2.8パーセント)
九位:医師     (2.5パーセント)
十位:プロのスポーツ選手(2パーセント)


おや、、、どこに女子の意見が反映されているのだろう???
もしやアンケートに答えた681名のうち、680人は男子?
でも警官とか消防隊とか、、、正義に燃えてるね!
これはドイツのTVドラマに警察シリーズが多いのが原因かも。


同じテーマの日本の子供達のアンケート(2008年 Cnet Japan調査
こちらは上と比較できるように小学生男子の結果で。

一位:ゲームディレクター
二位:サッカー選手
三位:プロ野球選手
四位:建築士
五位:大学教授
六位:パティシエ
七位:サッカー監督
八位:救急救命士
九位:空間デザイナー
十位:機械に関わる仕事

やっぱりサッカー選手人気ですね。
それにしてもパティシエって!
いくら日本でもてはやされてるからって、小学生男子までもが憧れてしまうのね。
私だったら和菓子屋さんのほうがカッコいいと思うけどな~。

そして、、、空間デザイナーってナンデスカ?(笑)
建築家とも違う職業なの?インテリアデザイナーのこと?
言葉が独り歩きしてない?誰か教えて~。

私が小学生の時は何になりたかったというと、、、漫画家です!072.gif
毎日ご近所のYちゃんと、画用紙いっぱいにキャンディ・キャンディの落書き。
勝手にストーリーを作り上げ(五十嵐由美子先生、ごめんなさい)
本編とは全く関係のないマンガを描きまくった。
e0205478_224022.jpg


Yちゃんと私は藤子不二雄みたいに二人で漫画家になると約束し、
夢に向かって突き進んでいたのですが、ある日事件が起きました。。。

少女漫画雑誌「なかよし」で素人漫画家募集の記事を発見したのです。
確か賞金は20万円位で、漫画家デビューの機会も与えられる。

舞い上がったYちゃんと私は、お小遣いの50円玉を握り締め
応募詳細の確認のため公衆電話から「なかよし」編集部に電話しました。
自宅から電話しなかったのは、、、「これは親には秘密にし
ておかねば」という暗黙の了解があったからである。

震える指でダイアルを回し、電話口に出たお姉さんにしどろもどろで
「あのー、えっとー、漫画の応募のことで質問です~」と伝えたところ、
お姉さんがちょっと笑いそうになったのは気のせいでしょうか、
「今担当の部署につなぎますね」みたいなことを言われ待つこと数十秒。
担当者が出ました!「はい、なかよしXXX部のXXXで」。
その瞬間ガチャン、ツーツーツ。。。電話は切れました。048.gif

東京在住でない私たちは、遠距離通話において50円が持つ意味を理解していませんでした。
テレカなどない時代です。そしてお小遣いは50円ぽっきり。
2日貯めて100円にする案もなかった。ないないづくし。。。

それ以降私とYちゃんの間では漫画家になる夢を口にすることがなくなりました。
お金が足らなくて切れてしまった通話が、まるで「アンタたちには無理」って言ってるようで。
いや、実際無理だったんですよ、だって10歳くらいだったし(笑)。

でも思い出すと可笑しいやら切ないやら。
それ以降は「面白そう」っていう職業は2,3あったものの、
憧れるほどのものは見つからず、流されるままに生きて今に至ります。。。

ということで「サッカー選手になりたい!」なんて目をキラキラさせてる
小学生はちょいと羨ましい存在です。
たくさん可能性があるっていいことですね。
[PR]
by penedescat | 2011-02-24 02:26 | その他

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40