カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

トイレ博物館

いつか時間が出来たら突き詰めてみたいテーマ。
それが「世界のトイレ事情」なんです。

ブログを通じてわざわざ皆さんに公表することではないのですが、
私はトイレが近い。。。。

ゆえに訪れる先々で必ずお手洗いを拝借する羽目になります。
そして長年生きているとね、いろーんなタイプのお手洗いに遭遇するんですよ。
その経験が積み重なってかトイレ文化史に興味を持つようになりました。


興味があるゆえに買ってしまった本

〇世界のトイレグラフィティ
e0205478_3354938.gif


オーストリアのラウフェン・トイレ博物館にある19世紀末ロココ調や
ネオルネッサンス調の便器や洗面台、目黒雅叙園の1億円トイレ(絢爛豪華)、
沖縄の首里城のシーサー蛇口洗面台等デザインに優れたものが紹介されています。


〇トイレの大常識 この本子供向けですがなかなか内容は濃い。
e0205478_3362819.jpg


意表をつかれた話があるのですが、それは京都女性の立ち小便。
作家滝沢馬琴の記録によれば、江戸時代、京の家の前には小専用の桶があり、
お金持ちもそうでない女性も、その桶の上にお尻をつきだして立小便。

おまけに紙も使わない。しかし当人も別に恥じるようなこともなく、
そこを通る人も笑ったりすることもない。
それが京都の街の当たり前の風景だったらしい。

実は江戸時代に女性がしゃがんで小をするのは江戸の町だけで、
なんと女性の立小便は全国的に見られたそうな。
明治時代にもその風習は残り、「女子学生の立小便を禁止するべきだ」
という議論があったとか。

おおー(私の感嘆の声です。。。)005.gif


多くの常識が後には非常識になるのが世の常。
こりゃ現在のトイレ様式も200年後には爆笑ネタになっている可能性あり!

上記ラウフェントイレ博物館にも行ってみたいのですが、その他ドイツにある「おまる博物館」
そしてインドのスラブ・インターナショナル・トイレ博物館
これらは外せないですね。

↓こんなの見てみたい
e0205478_3451836.jpg



日本ではTOTOが昨年限定期間でトイレ博物館を公開していたらしい。
でも何故期間限定? 

定年になったら(そこまで待つか?・笑)トイレ文化史の旅に出てみたいのですが。。。
問題が一つありまして、相方がインドは絶対に嫌がるのです。

スペインにはそういうトイレ・文化史同好会みたいなのはないんでしょうか?
あったら迷わず入会すると思います。。。

そしたら視察旅行とか研究旅行とか称してインドに行けるかも!
などとこっそり考えております。



にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-02-18 03:48 | ちょっと気になる人&モノ

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40