人気ブログランキング |

セルチュク1日目 (トルコ13)

さて午前中をボドルムでまったり過ごした後は、バスに乗ってセルチュクへ移動。事前にネットで調べた時はボドルムからセルチュクへバスで行く場合、アイディンという街で乗り換えが必要と書いてあったけど、トルコ入りしてから調べ直したら下記の会社から日に一便だけ直行バスがある(所要約3時間)ことが判明。

最初の画面はトルコ語オンリーだけど、左側に表示されるOnline Bilet SatiçのNereden(出発地)からBodrumを、Nereye(目的地)からSelçukを、Tarih (乗車日)を選んでDevam Etをクリックすると時刻表が出てきます。バスサイトの時刻表は出発の3か月前に見ても情報が出てないことが多いので乗車日が近づいてから確認したほうが良いかも。オンラインでチケットを買うにはトルコの携帯電話番号が必要らしいので、直接現地のバス会社で買うことをお勧めします。(バスターミナルもしくは大きな街なら市内にオフィスあり)

ボドルムのバスターミナルは街中にあるため歩いてターミナルに向かいました。前日にターミナルでチケットを買ったんだけど、おじさんが私達の事覚えててバスが到着するまでオフィスの中の待合室に招き入れてくれた。ちなみにこの路線だけは座席が左右2席ずつのタイプでした。でもたった3時間の乗車なので全く問題なし。

セルチュクに到着すると、ここも小さな街なのでバスターミナルから中心街は歩いてすぐ。ホテルにチェックインした後はうろついて早めにタパス風夕ご飯に。狙ったわけじゃないのに気づいたらベジタリアン料理ばかり注文してた。


ギリシャやトルコに行くと必ず頼む、葡萄の葉でお米をくるんだもの。
e0205478_01113669.jpg


マッシュルームにチーズを詰めて焼いたもの
e0205478_01115045.jpg

食べかけですいません。茄子とトマトの炒めもの。
e0205478_01114310.jpg

トマトペーストに唐辛子を加えたもの
e0205478_01115528.jpg
食べてると視線を感じるんですよ。前後左右とてもプレッシャーを感じる。その原因は…

e0205478_01122757.jpg
ねえ、そのご飯余る?の視線
e0205478_01120196.jpg
食後は軽く街を散歩。それまで回ってきた街と違い、なんというかすごくローカル色が強くて物価もお安めな印象です。

歩いていたら発見したもの。それは犬、猫、鳥用のご飯&お水スタンド。

e0205478_01254011.jpg
あちこちで動物にエサをあげてる人がいたり、お水が入ったボールが置いてあったり、皆さんずいぶん優しいのね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
# by penedescat | 2019-04-18 10:46 | | Trackback | Comments(0)

ボドルム最終日 (トルコ12)

ボドルムに2泊し、翌日はバスでセルチュクへ向かうことに。
でもバスはお昼過ぎだったので午前中はボドルムを再びお散歩。

ビーチにはなかなか感じの良いカフェがあるのです。
夜は各テーブルに灯されたロウソクの灯りがゆらゆらして綺麗。
e0205478_01170205.jpg

それほど大きな街ではないので何度も同じ道を歩き、同じ商店街を抜け、このお店の前ですかさず写真を。

お店の看板猫さん。良きかな。
e0205478_01165449.jpg

港へ抜けちょっとオサレなアーケードでお茶してたら、猫さんが膝に乗ってきました。
こちらもカフェの飼い猫さん
e0205478_01171479.jpg


e0205478_01164481.jpg
ボドルムの街路樹の鉢はなかなか楽しいデザインで、猫ありフクロウあり苺あり。
e0205478_01172202.jpg

e0205478_01174070.jpg

毎日飲んでたアイラン。
2週間の滞在中一度もお腹を壊すことなかったんですが、これはもしやアイランのおかげかな。
e0205478_01170850.jpg



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
# by penedescat | 2019-04-17 10:14 | | Trackback | Comments(0)

ボドルム2日目 (トルコ11)

さてエーゲ海に面したボドルム。
夏はきっと大勢の観光客で溢れる街なんでしょうが、オフシーズンなので静かなもの。

ビーチから一歩入ってお買い物エリアに行くと、こんな可愛い魚のタイルがあちこちに。
e0205478_00365770.jpg

トルコのお守りナザールボンジュウも地面に埋められていました。
e0205478_00370470.jpg

ボドルムには海洋考古学博物館があり(おそらく一番の見どころ)夫はそこが目当てでわざわざボドルムに寄ったのに、到着したら改装中で閉まってた145.png145.png145.png145.png
博物館のホームページにはオープンしてると書いてあったのに、大きなシートかけられて改装中の案内が…それも恐らく何週間レベルの改装のはず…何故ホームページにお知らせがないのか…

気持ちを切り替え港へ向かって歩くと魚を売る小さな屋台発見。んー、本当に規模が小さいな。
e0205478_00371286.jpg

そしてヨットハーバーの近くで猫さんを愛でる。
e0205478_00364853.jpg

坂道を上がり世界7不思議のマウソロス霊廟の遺跡へ
e0205478_00372091.jpg

紀元前350年に完成した霊廟の想像図
e0205478_01000757.jpg

ローマ円形劇場。バスやトラックが走る大きな幹線道路を渡らないといけなくて、私は反対側から写真だけ。
e0205478_00504076.jpg

ボドルムは白い家が多く街並みはほぼギリシャ。ギリシャのKos島はフェリーで1時間らしい。
e0205478_00375481.jpg


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
# by penedescat | 2019-04-16 10:35 | | Trackback | Comments(0)

ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。


by penedescat
プロフィールを見る
更新通知を受け取る