人気ブログランキング |

イスタンブールへ戻る (トルコ17)

トロイ遺跡からまたミニバスに乗ってチャナカレへ戻り、ホテルに預けてあった荷物を引き取っていざフェリーターミナルへ。ここからイスタンブール行のバスに乗るのですが、フェリーで対岸に渡りそこから陸路というルートなのです。バスに乗車するけれど、まずはフェリーターミナルの建物に入り荷物をX線に通し待合室へ。

e0205478_21574064.jpg
私達の乗るバスがやってきました。
バスの出発時刻は恐らくフェリーにバスが積み込まれて出発する時間なので、30分ほど前にはここに来てた方が安心っぽい。

e0205478_21580188.jpg
バスの乗務員さんにチケットを見せ荷物をトランクルームへ。その後いったんバスに乗ってフェリーの中へ移動したけれど、いざフェリーが陸を離れたら乗務員も甲板に出ていったので(バスの中に座ったままの人も)、私たちも外の風を浴びに出ました。
e0205478_21581155.jpg
e0205478_21582378.jpg
e0205478_21583084.jpg
30分程度のフェリーの旅、いよいよ長かった旅が終わるなあとちょっとしんみり。
後ろを振り返るとさっきまで過ごしていたチャナカレの街が見えます。

e0205478_21585458.jpg

e0205478_21583719.jpg
対岸についてからバスは飛ばしに飛ばし(笑)2回ほど休憩を挟んで5時間ほどでイスタンブールのバスターミナルに到着。何故か予定時刻より40分程早かった。そこからは地下鉄でサビハ・ギョクチェン空港行のバス停まで移動し、さらにその空港バスで1時間揺られ、やっと空港に隣接するホテルに着いたのが22時過ぎ。翌朝無事にバルセロナ行の飛行機に乗ったわけですが、最終日はやっぱりこんな大移動するんじゃなくてイスタンブールでまったりしたかった。小心者なのでバス逃したらどうしようとか色々心配で落ち着かなかったです。

長々と書いてしまったけれどこれでトルコ旅行記はおしまい。

# by penedescat | 2019-05-01 01:54 | | Trackback | Comments(0)

チャナカレ2日目 (トルコ16)

さてトルコ旅行実質最後の観光地チャナカレ。
2日目は朝ご飯を食べて荷物をホテルに預け、ミニバスでトロイ遺跡へ向かいました。ツアーが苦手な私達、不便だろうと何だろうと地元民にまみれて現地の公共交通機関で旅をするのがお決まりのスタイル。

トロイ遺跡はチャナカレの街外れにあるミニバスターミナルから直通バスがあります。しかしこの場所が非常に分かり辛いので観光案内所でもらった地図をここに添付しておきますね。上部にフェリーと書かれた場所が港、つまり海を背にして観光案内所を右手に大きな道路をそのまま直進、2つ目の信号を右折してしばらく歩くと橋があるので、そこで橋を渡らず(←これ重要)橋のすぐ下を目指すと隠れた場所にミニバス乗り場があるのです。港から徒歩20分といったところでしょうか。

e0205478_21202586.jpg


橋の下はこんな感じのミニバスターミナル。TRUVAと書かれたのがトロイ行です。
e0205478_21263783.jpg
最高にやる気のない時刻表。左が平日、右が土日(本数が減る)。
注意してほしいのは各時刻表の右側部分がチャナカレ発トロイ行の時刻なんです。
e0205478_21204608.jpg


これは冬場の土日用のスケジュールですがチャナカレ発は右側の7:30/9:30/11:30の方。
逆にトロイ遺跡前からチャナカレへ戻るバスの時刻表は左側で、トロイ発8:00/9:00/11:00と続く。

e0205478_21310417.jpg
9時30分発のに乗ったところ、私達以外はスイス人と思われる熟年カップル、あとは全部地元の住民でミニバスの座席は全て埋まってました。普通のバスルートなのでトロイに着く前にショッピングモール前で止まったり、畑の前でおじいさんが乗車したり、とってもローカルな雰囲気です。40分ほどかかりましたが確か片道一人9トルコリラでした。(2019年3月のレートで1.5ユーロ、200円くらい)

さてトロイ遺跡の真ん前(チケットブースの前)でバスを降りると、大観光地とあって大型バスがたくさん来ていました。石がごろごろあるだけでよく分からないと不評の(?)トロイ遺跡、オーディオガイドかツアーでガイドさんと来ると色々と話を聞けて理解度が深まるかと。うちの夫は遺跡大好き人間なので、いろいろと想像を膨らませて結構楽しかったらしいです。


これはもちろんレプリカ。中に入ることができます。
e0205478_21205135.jpg
シュリーマンが発掘した遺跡、って皆当然知ってるよね
e0205478_21210183.jpg
e0205478_21205798.jpg
e0205478_21211438.jpg
夫に想像力を掻き立てよ、と言われました。
e0205478_21210852.jpg

この遺跡のすぐ近くに今年トロイ博物館が開館したばかりなので、コンビで訪れても良いですね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
# by penedescat | 2019-04-30 02:14 | | Trackback | Comments(0)

チャナカレ1日目 (トルコ15)

さて旅の最終目的地チャナカレへ移動です。
セルチュクから直行のバスがないため、いったんミニバスでイズミールのオトガル(バスセンター)へ。チケットはセルチュクバスセンターの建物を正面に見て一番右あたりにチケットブースがあります。こんな感じの時刻表(これは平日用)が貼ってあってわかりやすい。

e0205478_01185920.jpg
ちょうど運転手のおじさんが出発間際のイズミールの名を連呼していたので、オトガル?と聞いたら、そのバスはイズミール市内行だったようで、その横にあるミニバスに誘導され荷物をトランクルームのような場所へ入れてくれました。ついでにチケットオフィスまで連れていかれてきぱきとチケット販売も手伝ってくれた。オトガル?って聞いただけなのに、席につくまで至れり尽くせり面倒見てくれるこのホスピタリティ。さすがトルコです。

結局9時発のバスに乗ったら1時間丁度でイズミールのバスセンターに到着しました。そこからチャナカレ行の長距離バス出発まで1時間ほどあったので、ターミナル内でお茶してまったり。定刻どうりバスに乗り込み5時間強かけてチャナカレへ。ちなみにこの時右側の座席だったんですが、道中で大きな塩田の脇を通りたくさんのフラミンゴを見ることができました。

                     
                     このルートはKamil Koçというバス会社
e0205478_01424768.jpg
                         バスのお供はいつも胡麻パン。

e0205478_01425602.jpg

チャナカレですが2年ほど前まではバスターミナルが郊外にしかなかったけれど、今は2カ所あり郊外と街の中心にある港(フェリー乗り場)にも泊まります。多分前者がOtogar, 後者がÇanakkale-Iskele Meydanという名前。後者からは時計台やインフォメーションセンターまで徒歩1分のロケーションなので、直接街中に向かう人はチケットを買う時に郊外のオトガルを指定しないよう気を付けて下さい。

ほとんどのホテルがこの港周辺に固まってるようで、私達のもバスを降りて徒歩5分で到着。まだ数か月前にオープンしたばかりのお宿、とてもモダンな作りで感じの良いスタッフばかり。チェックインが終わったら紅茶を部屋まで持ってきてくれました。
e0205478_01430641.jpg

チャナカレと言えばトロイ遺跡が売り。(といってもバスで30分ほど離れている)。港の横にはデーンと木馬レプリカが待っています。

e0205478_01441152.jpg
                 そしてその横にはお約束の猫さん達。どこまでも、いつまでも。
e0205478_01431315.jpg
お夕飯はイスケンデルケバブ。パンの上に薄切りケバブが乗っていて、ヨーグルトとピラフが添えてあります。実はこれパンが肉汁なのかソースなのか水分を吸いまくってて正直苦手。ほとんどパンの部分を残してしまいました。お店の方、ごめんなさい。

e0205478_01441865.jpg

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
# by penedescat | 2019-04-29 01:32 | | Trackback | Comments(0)

ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。


by penedescat
プロフィールを見る
更新通知を受け取る