カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

舞台版パタリロ

皆さん、舞台版パタリロの話聞きました?

私が子供の頃「花とゆめ」という漫画雑誌を愛読してて、特に「はみだしっ子」の大ファンだった話は前に書いたのですが、同じくそこに掲載されていたのがパタリロ。
今思えば小学生があんなもの読んでいいのか、TVで放映するにはあまりにもぎりぎりラインではないかとすら思える。

それにしてもガラスの仮面といいパタリロといい、花ゆめはやはり漫画家さんの選択が一味違うわね。一目置かずにはいられません。

パタリロは漫画からアニメまでの流れは良しとしても、ついに舞台化という事でちょっと不安に思っていたのだけど、全キャストが発表されて驚いた。
それも良い意味の驚きです。
よくこれだけのメンバーを集めることが出来たなと感嘆。

↓写真はウェブでお借りしました

●パタリロ (加藤さん以外に適役はいないだろう)
e0205478_05193796.jpg
●バンコランとマライヒ(よくこんな綺麗な男性見つけたね)
e0205478_05203846.jpg
●タマネギ部隊 (メガネ取ると美男子の設定ですからね)
e0205478_05245215.jpg

バンコランとマライヒなんて誰が演じられるのかと思ってたら、非の打ちどころがないお二方が抜擢されてる。
あとタマネギ部隊、もう言う事ありません。いいわコレ。


2016年12月8日(木)から東京・紀伊國屋ホールですって。
いいなあ観たい。行けないけど。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-08-30 05:35 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(4)

狂い編みサンダーニット

狂い編みサンダーニットこと堀ノ内達也さん。
この方、日本では有名なのでしょうか?

私は今まで全く存じ上げなかったのだけど、最近東京のカフェで彼の展示会があり、その記事を読んでたいへんな衝撃を受けたんです。なぜなら彼の作品はまさに芸術の域。

(写真はネットからお借りしました)

●やすし師匠にブルース・リー
e0205478_0231752.jpg


●3億円事件(笑)にクラフト・ワーク
e0205478_0234340.jpg


展示会場サイトにあった堀之内さんのプロフィール。

狂い編みサンダーニット
編み物☆堀ノ内(堀ノ内達也)


1967年生まれ、神奈川県出身。幼少時から漫画家を志すも挫折。絵を描きたい欲求を編み物で満たそうと突然思い立ち、45歳のときに独学で手編みを習得し「編み物☆堀ノ内」名義で編み物活動をスタート。編み物のモチーフのテーマは「熱い人たち」で、初めて編んだ作品は心の師匠(マスター)ブルース・リーのベスト。現在も機械編み習得を目指し手芸教室に通い、マダムに囲まれ黒一点として日々精進中。生業はグラフィック・デザイナー。



手工芸が得意な方、またピアノが弾ける方は、私にとって神も同然。
堀之内さんの独創性と手先の器用さ、すごくツボにはまる。しかも45歳から独学で編み物って天才?
ああ、狂い編みサンダーニットの存在が眩しいです。

いつか私が日本に行ってる期間中に展示会がないかしらん。

それでは皆様、良い週明けをお迎えください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-02-22 00:24 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(2)

日本から注文した本が届いた

本日午前10時37分、家の呼び出しベルが4回鳴りました。
ええ、我が村の郵便配達員シゲちゃんです。

今月初旬に日本のネットで注文した本が届いたんです。
今日が在宅勤務の日で良かった~♪

そのブツとは

●大好きな米原万理さんの単行本
e0205478_2356962.jpg



●気になっていたDancyu保存版と、四国のガイドブック
e0205478_23573544.jpg


私の尊敬する米原万理さん。
ロシア語通訳として数々の要人の同時通訳を担当し、特にペレストロイカ以降は大活躍。
エッセイストとしてたくさんの本も出版されています。
機知に富んだ才女であった万理さん、残念ながら2006年に56歳という若さで逝去されました。
彼女の本は本当に読みごたえがあるのでとっても楽しみ。

そしてDancyu。
これは先日とある日本食レストランに置いてあったんです。
目を通してみたら、これは使える!という感じのメニューがたくさんで、ずっと気になってました。

四国のガイドブックは。。。
本当はるるぶって好きじゃないんだけど、四国版ってあんまり選択肢がなくて、とりあえずこれで我慢。
毎回帰国時には日本旅行を組み込む羽目に (本当は実家でゆっくりしたいけど、相方がいるので旅行をせざるを得ない・涙)。再度北海道に行くことは決定してるのだけど、そういえば四国には足を踏み入れたことはないなと思い、これ見て研究するつもり。

これね、お遍路Bookってのがついてるんですよ。
お遍路の基本Q&Aを初め、普段の生活には全く役にたたないけど、でもお編ローラー(※みうらじゅん氏による造語。説明するまでもないと思うが、お遍路さんとロックンローラーが掛け合わされてる)の実態を知るのには興味深い内容です。

興味のある方はイッツオンリーオヘンローラーをご覧ください。

みうらじゅん氏により結成された勝手に観光協会の香川県ご当地ソング「ロンリーオヘンローラー」というのもあるんですよ。

最近はずいぶん電子書籍が広まったけれど、私はまだまだ紙志向。
一日中PCとにらめっこの仕事なので、リラックスする時くらい紙の本が良いわ。

届いた5冊、長く楽しめるようにゆっくり読もうっと。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2015-01-29 00:22 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(4)

はみだしっ子

このブログを読んでくださってる方で、この漫画をご存じの方・・・・いらっしゃる?
いや、いらっしゃらない確率の方が高い。


e0205478_3113815.jpg


私が小学生の頃の話です。
少女漫画雑誌で「花とゆめ」というのがありまして、そこに数年掲載されていたのが三原順(みうらじゅん、ではない)先生の大作、はみだしっ子

当時は少女漫画と言えば、キャンディ・キャンディが掲載されていた「なかよし」、ときめきトゥナイトの「りぼん」などが主流でしたが、当時から少々ひねくれていた私は断然「花とゆめ」派。
なんていうか、花ゆめの漫画はちょっと大人ぶってるというか、あんまり少女少女してなかった気が。。。
あっ、あの名作「ガラスの仮面」や「パタリロ」も花ゆめの代表作ですね。

とにかく私は小学生時代、上の写真の「はみだしっ子」が好きで、好きで、大好きで。特に表紙のグレアム君(黒髪で片目を失明してる男の子)のファンでした。
あの当時、TVでは初代あばれはっちゃくに、漫画ではグレアムに恋をしていたように思う。

8年間の長いストーリー、Wiki先生の助けをかりつつ簡単にまとめると。


(あらすじ)

グレアム、アンジー、サーニン、マックスの4人の少年は、それぞれの家庭に複雑な事情があり親元を離れ、「親ではなくホントに愛してくれる人」を求めて、社会からの"はみだしっ子"の立場を選択し、子供でありながら大人達を小気味よくあしらいながら放浪する。

ある冬4人が雪山にて遭難し、事故による殺人事件が発生。人間のエゴと憎悪に直面して4人がそれぞれ傷つき、バラバラになる。(中略)・・・以降再び4人で放浪生活を送るが、グループ最年長のグレアムとアンジーは雪山での事件を隠し通すことに悩む。グレアムが父と死別すると、グレアムの伯父の勧めに従い4人はでクレーマー家に養子に入る。

放浪生活が長く定住することに慣れない4人だが、次第に養子家庭の一員となっていく。しかしとある抗争に巻き込まれグレアムが負傷。抗争の原因である少年を告訴した裁判が始まる。その少年には故意がなく無実だという弁護士の声により、グレアムは雪山での事件を隠しながら罪を得ようとしている己を自覚する。

結審し、アンジー、サーニン、マックスがそれぞれクレーマー家の息子の座に収まったことを確認したグレアムは雪山で起きた事件を清算しようと画策。しかし相手の拒否にあい失敗。自殺を図るもそれも失敗すると心を閉じた。雪山事件に関わった人物が死んだことでしがらみが無くなり、グレアムが養父ジャックに事件のことを明かしたところで物語が終わっている。



↑ んん・・とても少女漫画の内容じゃないわ。
内容はしょりすぎちゃってるけど、とにかく毎回すごい人間ドラマが繰り広げられるのです。

特に好きなのは「カッコーの鳴く森」。4人が参加したサマーキャンプにいた自閉症の女の子が、次第にサーニンにだけ心を開いていく、でも最後は・・・(涙)


この漫画のどこに惹かれるかというと、やはり物語全体に漂う寂寥感。
それから選び抜かれた、膨大なセリフも良い。ハイネの詩集の引用あり、ジャニス・ジョプリンやローリングストーンズの歌詞の引用あり、心に響くセリフの多いこと。

子供のころは家に全巻そろってたのに、いつのタイミングか手放してしまったようで(←捨てるの大好きな自分の性格が憎い・・・)大人になってからも「捨てなきゃよかった」と思ってたんです。

ところがはみだしっ子の単行本が発行されてると知り、先日ネットで衝動買い。
見て、このコレクションを♪

e0205478_3402658.jpg



これを家で読み出したらもう止まらない。
今読んでもセリフは難しいし、話は重いし、こんなものを私は小学生の時に読んでたのかとびっくり。


普段漫画なんて読まない私が必死に読んでるので、相方が「その漫画は何だ?」と聞いてきた。
なのに少し説明しだけで「もういいよ~」って遮られ。。。
もう、最後まで私の説明を聞いてよ。
いかんせん最初はグレアム君7歳だったのが、最後には15歳ですからね、8年間のストーリーをまとめようとすれば話も長くなるわ。(笑)
しかも4人の少年の物語なので、一人ずつを語りだすと一晩あっても足りない。


もし・・・はみだしっ子が好きって人がいたら、同志だと思ってしまうな。
それくらい想い入れがあるのですよ。

この6冊は絶対に墓場まで持って行くのだ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-08-09 04:07 | その他 | Comments(8)

手芸・裁縫が得意な方達

私にはこの世の中で「ははーーーーっ」とひれ伏してしまうタイプの方たちがいます。
それは

●ピアノが弾ける人
●手芸・裁縫が得意な人


男女問わず、です。


ピアノに関しては、幼少時にヤマハ・エレクトーン教室に通ったものの、両手と足を同時に動かすというワザをこなせず挫折。エレクトーンでこんなんだった私がピアノなんて無理無理~。


そして何事にも大雑把な私が最も不得意とするもの、それが手芸&裁縫。
かろうじてボタン付けくらいは出来るけど、それすらもすごく嫌w


言うまでもなく学校時代の家庭科の授業は地獄でしたよ、ええ。
エプロンとかスカートとか、パジャマとか縫わされたわね。
授業時間内にできず居残ったり、家で母親に助けを求めた(笑)記憶もある。
ミシンの糸が絡まった日には、もう奈落の底に突き落とされた感じ048.gif


ということで私、絶対に自分で何かを縫おうとは思いません。
だってスカートとかパジャマとか、買えばいいじゃない(キッパリ)


しかし世の中には器用な方達がいらっしゃるもので、ブログやFB見てても
「子供の服を作ってみた」
「既製品に刺繍を加えて、ますます可愛い仕上がりに」
「ワンちゃん用の服はお手製」
「セーター編んでみました♪」

など、私にとっては絶対にありえない現象が世の中で起きている!
しかも私の周りの女性達は、結構こういう方面が得意ときている。

実家の母親も趣味が高じて袋物教室を開き生徒さんに教えてたし、姉も編み物や手芸が大の得意。友人も割と手先が器用な人が多いし、義母に至ってはその道のプロだったので、自分で生地を買ってきてツーピースの服作っちゃったり。。。


もう本当に私、ひれ伏してます。
大尊敬。
生まれ変わったら、今度は手芸が得意な人になってみたいものだわ。。。


●本文とは関係ないけど、うちの向かいの小学校に住み着いてる野良猫さん。
ワタクシは週末の餌当番なり。給食のおばさん並に張り切ってる私ですw

e0205478_22321722.jpg



それでは皆さん、良い週明けを♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-09 22:38 | その他 | Comments(6)

旅芸人・麗しの男性

思い起こせば日本文化を代表する歌舞伎や能は見たことがありました。
ついでに漫才、女子プロレス、故・中島らもさん率いる
リリパット・アーミーのお芝居(カネテツ提供)だって見た。
そんな私の人生で見逃していたものがありました。それは・・・


大衆演劇



実は日本滞在中に芝居小屋に足を運ぶ機会がありまして。。。
ポスターを見る限りでは、宝塚っぽくて「うーん苦手かも」と思っていたんです。
でも母に「とにかく女形の役者さんが綺麗で一見の価値あり!
それからご祝儀を渡すオバちゃん達が見ものだから!」と後押しされ、
知らない世界を味わうのもよいかと会場に向かいました。


私全くの無知状態だったのですが、大衆演劇って安いんですね。
チケットが大人1900円、前売り1700円(当日でもあちこちで前売り購入可)。
映画館並みの料金です。


第一部は人情劇、そして休憩を挟んで後半は踊りを中心としたショー。
結果から言うと、2時間半ものすごく楽しんできました。060.gif
人情劇では、隣の席のおばあちゃん泣いてたなー(涙)。
私は私で、いきなり左目のコンタクトにホコリが入って、痛くて痛くて涙が溢れ、
傍から見たら劇を見て泣いていたように見えたかも(ま、別にいいんですけど)。


踊りのショーでは、女形の役者さんの美しさ に見入ってしまいました。
流し目がもうねぇ~、目で殺されそう。


ああ、私は女に生まれてきたものの、このような目力は持っていない
とちょっと落胆するくらい、それくらい妖艶。
さすがに日舞をやっている彼ら、動きがものすごく綺麗なんです。


☆写真は全てネットで拝借しました。綺麗な人でしょ?

e0205478_2431932.jpg

e0205478_2442910.jpg
e0205478_2445091.jpg



☆素顔に近い写真を発見。まだ22歳ですよ。いかにも女形が似合いそうなお顔立ちね。
e0205478_2532232.jpg



☆同じ役者さんの男形姿。 もうコスプレの世界ですね。
e0205478_2454951.jpg



☆こちらは ↑ の役者さんの弟さんが演じる女形。
e0205478_2461856.jpg



こんなこと追っかけをしているようなファンの方の前では言えないのですが、
同じ劇団にいらっしゃる弟さんは、少々下ぶくれなお顔立ち。
上の2つの写真を比べると、兄弟といえど対照的で、
なんとなくブロンドにしたバンコラン(もしくはマライヒ風味が加わったバンコラン)
とパタリロを彷彿させます。



そして噂に聞いていたご祝儀。
役者さんが花道に来ると、おばちゃんがそっとご祝儀袋を着物の胸元に差し込む。
それはまだいいんです。
びっくりなのは万札を何枚も扇状に重ねて、ズバッと差し込むほう。
でもおばちゃんも役者さんも消してえげつなくはない。
ここにも美学がありました・・・。


そして出し物が終わると、役者さん達がお客さんをお見送りしてくれるんです。
もしやホストクラブとかこんな感じかな~って、余計なことを思った私。
ここで皆写真を撮ったり(私もちゃっかり一緒に撮ってもらった)、
お喋りしたり、役者さんとお客さんの距離が近いってのが結構衝撃的でした。


ああやって彼らは全国行脚しているのね。
旅芸人って格好いい!! 


次回の帰国時、近くで大衆演劇やってたらまた見に行こう。
是非とも相方を連れてかなきゃ。
歌舞伎なんて見せても絶対居眠りすると思うけど、
大衆演劇なら言葉が分らなくても楽しかろう。


皆さんもいかがでしょう?


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-01-24 02:56 | | Comments(10)

大自然に囲まれたプール

やっと夏休みが始まりました。071.gif071.gif

仕事が休みなのは来週だけですが、前後の土日を合わせれば9連休です。


実は今日、数ヶ月ぶりに体重計に乗ったら・・・
3キロ増えてました! 
これは連日のビールが原因かしら?068.gif


ということで早速運動するために、近所の村営プールへ。
日中30度まで気温が上がったのに、人が少なくてほぼ貸切状態!
カロリー燃えろ~と念じながら(←怖い)必死に泳いできましたよ。


ここのプールから見える景色が大好きなんです。
山、オリーブの木、大きな空。 なんとも開放的でしょう?

e0205478_611858.jpg


コンクリートの部分はプールサイドに少しあるだけ。
あとはこんな感じで芝生が広がっています。

e0205478_62303.jpg



嗚呼、あっという間に休暇一日目が終了してしまった。。。
3ヶ月近い夏休みがあるスペインの子供達が羨ましい!


それでは皆様、良い夏休み・お盆休み・3連休を(こちらは来週月曜は祝日)!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-08-14 06:04 | 田舎の生活 | Comments(24)

闘牛場のショッピングセンター& ベル・エポック展

ここカタルーニャでは闘牛はすでに廃止となっており、
バルセロナにあった闘牛場は、この春ショッピングセンターに変貌を遂げました。

昨日、今さらながら初めて行って来ましたよ。
闘牛場のアリーナの形は残したまま、モダンな感じに修復してあります。
上部のUFOみたいな部分は展望台になっていて、建物内部から上がることができます。
建物外部からエレベーターを使って一気に上がる場合は、1ユーロかかるらしい。

e0205478_19365728.jpg



展望台からの眺め、なかなか良いです。
エスパーニャ広場からモンジュイック方面。奥に見えるのはカタルーニャ美術館。

e0205478_19453696.jpg



このショッピングセンターのすぐ横にホテルがいくつかあるのですが、
宿泊客が屋上のプールを使っているのが丸見え。
これ見られてるほうは落ち着かないでしょうね~。017.gif

e0205478_19461486.jpg



山側にはミロ公園のオブジェが見えます。

e0205478_19465258.jpg


ショッピングセンターの内部は・・・ありきたりな感じで特に印象なし!(笑)
新しいから綺麗なんだけど、円形というのは土地を有効利用するのには難しい形みたい。
エスカレーターの配置も分かりづらいし、他の階への移動がちょっと不便でした。


ところで昨日バルセロナに行った目的は、La Caixa Forumにて
Retrats de la Belle Époque 展を見に行くことでした。

e0205478_1947418.jpg


e0205478_2092423.jpg



La Caixa Forum の入り口、様々な言語で“いらっしゃいませ”の表示があります。
上からカタルーニャ、スペイン、ポルトガル(?)、バスク、英語、イタリア、
アラビア、フランス、ドイツ(?? Willkommenが正しいはずなんだけどなあ)
そして中国語。日本語がないのがちょっと寂しい(涙)

e0205478_19481512.jpg


展示物の代表的なもの:

☆Giovanni Boldini - La dona de rosa  これ大好きです。
e0205478_2045247.jpg


☆Joaquin Sorolla - Maria amb barret
e0205478_2051673.jpg


☆Henri de Toulouse-Lautrec - Gaston Bonnefoy
e0205478_205401.jpg


こちらの展示は10月9日までやっています。
展示会場の壁の上品な青い色が絵画をさらに引き立てています。
入場無料の展示なので、ベル・エポックに興味のある方はどうぞ足を運んでみてくださいね。


La Caixa Forum - Retrats de la Belle Époque

↑ リンクはアクセス後、カタラン、カステリャーノ、英語から言語を選べます。


それではまた良い週明けを!



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-07-24 20:12 | 近場におでかけ | Comments(12)

消えたアイドル親衛隊

せ~の~ 聖子 ちゃああああああん!!!(応援団風に)

こんなセリフにぴんと来る貴女は80年代のテレビっ子。

私の長年の謎のひとつ、それは80年代のアイドルの親衛隊はどこに消えたのか

私には何故か1988年頃から邦楽の記憶がぷっつり途絶えているため、
現在の様子は分からないけど、恐らくこういうスタイルは絶滅したのではないか。


あれがどれくらい凄いものだったかといえば・・・
こちらのビデオをご覧ください。私は・・・笑いました。

80年代を代表するアイドル、松田聖子の後ろに聞こえるダミ声の長い掛け声&拍手
映像ではちらりと親衛隊の姿も拝めます。





おまけに何気にWikipediaで親衛隊・アイドル と入力したら、さらに驚愕。

私の目を引いたのは“応援の種類・コール”の欄なんです。

(以下抜粋)

歌詞と歌詞の間にアイドルの名前を叫んだりする、合いの手が基本形で、
例えれば西城秀樹の『激しい恋』における「やめろと言われても(ヒデキ)」、
郷ひろみの『男の子女の子』での「君たち女の子(Go! Go!)」、
和田アキ子の『笑って許して』に使われる「笑って許して(アッコ!)」等が一般的に知られている。1970年代初頭にファンが自然発生的に叫んでいた掛け声が始まりである。

1980年代初頭は、Aメロに合いの手→Bメロでは1・2手拍子→サビに入る直前に
「L・E・T・S・ウ~レッツゴー」という形や、例えば「L・O・V・E・ラブリー聖子 」
的な応援パターンが多く見られた

ロングコールで一番長いとされるのは石川秀美の『熱風』の間奏コールで、
16小節もの間奏を「この世で一番かわいい秀美・瞳がまぶしい秀美ちゃん・
この夏輝く星になれ・スポーティーガール秀美が一番・
いつもにこにこスーパーガール・ハーティースマイルフェアリー秀美・
サマーヴィーナスアイラブ秀美・さわやか天使ウ~レッツゴー」


コールがこんなに奥深いものだったとは!!(笑)



説明はその後親衛隊の歴史へと続くのですが。。。

- 創成期
- 最盛期
- 安定期
- 反乱期
- 終焉期
- 現代の親衛隊

って・・・まるで氷河期、ジュラ期のような時代区分けが憎い。


どうやら終焉期は90年代。
バンドブームや小室一家ブーム(←すいません、すごく苦手なタイプのジャンルです)
のせいで親衛隊は衰退していったようです。


そういえば支援活動の欄に当時のランキング番組『ザ・ベストテン』・『歌のトップテン』
等へのリクエストはがきを組織票として大量に書き、一気に投函する
、とあったのですが・・・

        
      ☆徹子さんの衣装が毎週楽しみだったベストテン
e0205478_1124887.jpg



小学校高学年のころだったか、田原俊彦のコンサートに行ったんです。
会場に入るため列に並んでいると、スタッフとおぼしき人達から葉書を1人2枚づつ配られ、
これでベストテンに応募しろと命令がありました
あの時、本当にベストテンは葉書の数で決まるのだと子供心に感心した次第。

もちろん私はもうトシちゃんに興味はないのですが、
今でも彼のサインを真似して書くことができます。

           
 ☆左からマッチ、トシちゃん、よっちゃん
e0205478_1135127.jpg



今友達になれるとしたら、たのきんトリオの中だったら断然よっちゃんだな!
当時彼の良さが分からなかったのは、なんだかちょっと残念です。。。


それではまた♪




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-07-13 01:24 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(12)

サウナ派?ハマム派?

今日注文してあった特大タオルがドイツから届きました。
(現在洗濯中のため写真は無しよ)

大きさは200cm x 70cm。
さてこのタオルを何に使うのでしょうか?
正解は、、、、、サウナの座るところに敷くためです!
スペインではこのサイズが見つからなくて、ドイツで注文しました。

家を建てた時に唯一の贅沢としてサウナをつけてもらったのですが、
これが大正解!!!
夏を除くほぼ毎週1回は自宅サウナを楽しんでおります。
e0205478_4583874.jpg



私がサウナに目覚めたのは、、、、冬が長いドイツ。
冬はアクティビティが少ないので、温水プールに行ったりしてましたが、
ドイツは市民プールにもサウナがついている所が多いんです。

そして、、、驚くなかれ一般的には混浴、素っ裸!
でも女性のみの日もあるのでご安心を。

そういえば昔ドイツで働いていた会社で、社員の福利厚生施設として
会社の中にフィットネスとサウナがあった!あれ今でもあるのかしら?
さすがに会社のは入ったことないけど、あそこも素っ裸なのかな。。。

私が住んでいた街は南西ドイツにあるMannheim (マンハイム)。
工業都市で特に観光名所もないんですけど、
ここの市営プールのHerschelbadは大のお気に入りでした。
プールとサウナ部門があって両方ともユーゲントシュティールの建築物が素敵!

こちらはプール
e0205478_4591432.jpg


サウナの横にある浴槽(お湯)。この横に冷水の浴槽もあり交互に浸かります。
e0205478_551135.jpg


サウナはもちろん女性デーありで、行くと3時間くらいはいましたね。
市営なので格安料金でマッサージもお願いできるんです。

ところでドイツの温泉スパで有名なバーデンバーデン。
あそこにもサウナ部門がありますが、確か女性デーはなかったと思う。
ということでサウナの入り口では男女ともにすっぽんぽんにならなくてはいけない。
これ抵抗ある方多いですね。

私は知り合いの男性(相方を除く)がいなければ大丈夫です。
というかすでにバーデンバーデンでは数度サウナにチャレンジしてます。
アジア人で一応オンナ、目立つとは思いますが、もう開き直って勢いで突入!
別にタオル体に巻いててもいいんですけど、あんまりそういう人は見かけなくて、
もう皆さん原始人並みにぬぎっぷりがいいんですよ。049.gif

そういえばマンハイムはトルコとイタリア移民が多い街なのですが、
郊外に本格派のトルコ式ハマムがあり、そこも一人でチャレンジしたことがあるんです。
(アンタ勇気あるね、とたくさんの人に言われた。。。何故?)

その名もSaray Hamam
なかなか本格的な内装で素敵でしたよ。
興味ある方は上のリンク内の、ページ左下のBildergalerieをクリックすると写真があります。

↓ ちなみにこんな感じで大理石をふんだんに使用してます。
e0205478_573328.jpg


もちろん担当は女性を指名したんですが、、、
これがなかなか荒っぽいおばちゃんでね。。。。
片言のドイツ語でここに寝ろとか、仰向けになれとか指示され、
すごい力で体を洗われ、痛くて痛くて「これは修行?」と思うほど。
最後は桶に入った冷水を何度もバッシャーンと浴びせられてヘトヘト。
ものすごく体力消耗したんだけど、ハマムってああいうものなの(笑)?
他に行ったことある人いませんか?

でも修行が終わったら休憩室でごろーんと寝そべって、
お茶飲ませてもらって殿様気分。
1時間でも2時間でもゆっくりしてけって言われた(笑)。

スペインにもハマムってあるのかしら? 
見つけたら再度チャレンジしてみたいところです。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-01-28 05:31 | その他 | Comments(16)

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34