カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:健康 ( 31 ) タグの人気記事

ヨーグルト・ファスティングなるものに挑戦

気付いてました? クリスマスまであと2か月もないって。

本来は食べる事が好きなのに、義務的にご馳走を食べ続けるあの2週間を考えただけで胸やけしそう。(こちらのクリスマスの宴は12月24日から1月6日まで続きます)心の中ではおうどんがいいな、とか思いつつもフォアグラやら肉の塊をばんばん皿に盛られ断る術もない。

あれって苦しいだけじゃなく、太るじゃないですか。
ただでさえこれ以上お肉は身につけたくないのに。巷でも言われているように40歳を超えてからは体重減らすの大変なのよ。これはあらかじめ少し減らしとかないと、クリスマス後に大変なことになるんじゃないかと思い先週ダイエットを実施しました。

どんな方法かというと、ものぐさな私にぴったりな3日間だけのヨーグルト・ファスティング。実際にやったことある人に励まされ、早速その気になった私はヨーグルトと豆乳を買い込みました。結果はファスティング終了直後(実施から4日目)はマイナス1.3kg。その翌日に300グラム戻って(普通食に戻したから当然と言えば当然)、とりあえずそれを維持しています。つまり最終的にはマイナス1kg。

やり方はこちらのサイトを参考にしました。
横から邪魔が入ると嫌なので、夫が出張中を狙って実施。
以外にヨーグルトは腹持ちが良いし、豆乳やらトマトジュース(野菜ジュースがなかったので)、ハーブティーを飲んで割と楽に乗り超えられました。ちなみに炭酸水は飲んでません。初日の夕方はさすがにお腹がキュルキュルいってたけど、それ以外は強烈な空腹は感じず、これなら来月リピートしても良いかな。

胃を休ませるという意味でも実施して良かっと思う。
本当は運動してゆっくり体重を落としていく方が健康的なんだけど、とりあえずコレを試してみたかったの。上記サイトでは「平均1-3kg減るでしょう」って書いてあるけど、さすがに3kgは無いわ。

来月また夫の出張があるので、2回目実施予定。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-10-27 01:16 | その他 | Comments(0)

日焼け止め求ム

気が付けば手持ちの日焼け止めが残り少なくなってきました。
今使ってる日本製のはさらさらしてるけど、肌への負担も強いみたい。

ということで「スペインかフランスの日焼け止め」で、テカらず微香料なものを求めている私。
そこでちょっと情報収集してみたところ、フランス通の日本人女性から良いこと教えてもらいました。

数日前にあるフランスの有名雑誌で日焼け止めの調査結果が発表になり(どの雑誌だろう~?)、それがフランスのニュースで話題になっていたとか。

その結果なんとクラランスとビオデルマは効果無し、そしてBio系はかなりの確率で効果が低いか効果なし、だそうです。そうか・・そりゃそのメーカー使ってる人はショックだろう・・・

結局どのメーカーが全体的に優秀だったかというと、La Roche‐Posayだって。
ただ彼女曰くテカり具合は保証できないとのこと。それ結構重要なんだけどね。でも紫外線ブロックしてくれないと意味ないので、次回はここのメーカーを試してみよう。

スペインの日差しは強いから私もシミ・そばかすなど出来てます。
でも美白の観念もない国だし、焼けてないと逆にまわりに突っ込まれるし、健康的に自然に焼ければいいかな、と。強い日光を浴びると皮膚が赤くなって火傷みたいになるので、本当はもっと気をつけた方がいいんだろうけど。

そういえば先日親戚20名でランチしたら、私が一番色が白かった。皆どうしたらあんなに色になれるんだ? 小麦色とかいうレベルじゃなくて、それ体に悪いんじゃないの?っていう色。さすがに私にはあれは無理だな。

とりあえずLa Roche‐Posayシリーズ買ってきます。
私のお肌に合いますように〜。058.gif







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-07-09 01:49 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(4)

ハーブ・ティーに頼る

いきなりですが私、年がら年じゅう末端冷え性。
手足の指先が冷たいアレです。

デスクワークで血液の循環も悪いし、散歩はするけど定期的に運動する習慣もなく、暖かい靴下をはいてもやっぱりダメ。

ということでついに欧州における「漢方薬」のハーブ・ティーに頼ることにしました。

こちらには日本の漢方薬の店舗と同じように、ハーブを調合してもらえる場所が存在します。カタルーニャではHerbolariと呼ばれるもの。

最近は健康食品のお店でも取り扱ってますが、伝統的なお店では店内にハーブが入ったガラスの瓶(棚に入ってることも)がずらりと並び、症状に合わせて調合してもらう仕組み。


今回私は血液の巡りをよくするハーブ・ティーの調合をお願いしました。

●家ではガラスの瓶に保管するよう指示を受けました。

e0205478_16434482.jpg



7、8種類くらい混じってるんですが、全部の名前は覚えてません。確か入っているのは
ローズマリー
矢車菊(Centaurea cyanus)
サンザシ属(Crataegus monogyna)
宿り木(Viscum album)
ナギイカダ (Ruscus aculeatus)

あとは甘味を付けるためにオレンジも少々含まれています。


●家に帰ってからドイツで買った薬草の本とにらめっこ。
e0205478_16365145.jpg

e0205478_164118100.jpg



●こんな風に煮出して飲むんですけど
e0205478_16374174.jpg


お味は・・・苦い!
子供の頃に飲まされた漢方薬を思い出します。

良薬口に苦しと、心の中で唱えつつ毎日3回、地道に飲まねば。
どうせならもっと美味しい味が良かったな。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2015-03-15 16:46 | その他 | Comments(10)

婦人科検診の紙ガウン

2年ぶりに婦人科検診に行ってきました。
結果は、子宮頸がん&乳がん検診ともに異常なし。049.gif


以前の乳がん検診では、視診と触診のみだったのに
40代に突入したからかマンモグラフィもやりましょう、ということになりました。
まだ日本に住んでた大昔に、乳腺繊維線種の検査で経験済みのマンモグラフィ。あの激痛の記憶が蘇りひるんでいたのだけど、今回ほとんど気にならない痛みでした。年齢とともに胸が柔らかくなってるということでしょう。(それだけでなく性格も丸く柔らかくなっていることを願います)


なのに検査結果は「マンモグラフィでは何も発見されませんでしたが、乳腺密度が濃いためマンモグラフィで100%正しい診断がでない可能性もあり(全体が白っぽく映るらしい)、念のためにエコー検査もお勧めします」だって。ああ、もう・・・無駄にX線浴びちゃったじゃないか、損した感じ。
とりあえずエコーでも異常は見られなかったので一安心。


で、本題。
昔住んでいたドイツでは数件の婦人科にかかったのだけど、記憶ではこんな流れだった。(今はシステムが変わってるかも)

1)座って問診
2)部屋の片隅にある脱衣場にて下だけ脱ぐように言われる(私は普通スカートでお伺いします)
3)診察台によっこいしょと登り、そのまま内診
4)また脱衣場に送られ下着を穿き、その後上半身のみ裸になって乳がん検診


これが普通だったのですが、スペインでは素っ裸になりペラペラの紙のガウン着用。

●これのもっと安っぽいバージョンだとご想像ください (ネットで写真をお借りしました)
e0205478_21434912.jpg


正確に言うとこれと同じタイプのもあったし、結ぶ紐の位置が腰回りじゃなくて首のところにあるものも。
後者はちょっと金太郎の前掛けを彷彿とさせる。


金太郎スタイルの場合、あれ開いてるほうが背中にくるのが正しいのかな?でも、そしたら内診はともかく、同じ体勢で引き続き乳がん検診するのに胸が覆われた状態だと意味なくない?その時は首の紐はずして前を開けろということかしら?


メンドクサイ・・・


私あの紙ガウンなくても別にいいわ。
だって着替えに余計時間かかるし、どうせ女医さんだし、そもそも脱衣場と診察台まで2メートルしか離れてないし・・・。何がなんでも医師に裸を見られたくない人もいるでしょうが、私そこまで繊細な神経の持ち主ではない。 ちなみに日本では医師と患者の間にカーテン?があるらしいですが、こっちはそんなもの無くて思い切り対面で世間話しながら内診。私はそこでも談笑できるくらい余裕ですよ(笑)。


それにしても診察台には毎回取り換えられるシートが敷かれてるわけだし、
患者まで更に紙のガウン着用って、、、エコじゃないなあ。
最後に紙ガウンをゴミ箱に捨てる瞬間、「もったいない」とか思っちゃう。貧乏性か私・・・


そういえばアメリカにお住いの方のブログで、その方の行く婦人科では紙ガウン着用なのだけど、乳がん検診の時は胸のところがパカッと開く仕組みになってるらしい。どういう作りなんだ一体??
各国の婦人科の紙ガウン事情が気になる日曜の午後です。(笑)


皆様良い週明けをお迎えください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-07-20 22:09 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(6)

1年で70kg

昨日ドイツで一番くだらない(笑)TV局RTLの番組を見ていたら、
1年で70キロ痩せた女性の話を放映してました。

70キロですよ・・・
痩せてる男性一人分くらいの体重。

●この女性がダイエット挑戦者、31歳のアグネス嬢。 右はパーソナルトレーナー。
e0205478_1302369.jpg


●なんと140キロありました。
e0205478_1311284.jpg


毎日パーソナルトレーナーについて、運動、運動、ひたすら運動。
そして食事制限も行いながら、1年という歳月をかけて希望体重にたどり着きました!

●ついに68キロになりました。
e0205478_1335418.jpg


痩せた後の大きな写真が見つからず残念〜。
とっても綺麗になって別人のようでしたよ。

それにしても・・・
いくらパーソナルトレーナーつけて運動しまくったとはいえ、
1年で70キロ減はやり過ぎじゃないか??

リバウンドが心配なところだけど、あと半年この体重を維持できたら番組からプレゼントがあるそうな。
実はアグネス嬢、昔自己方式で急激にダイエットした時に、お腹の皮膚がたるんでしまったのだけど、
その皮膚を切除する手術、これが番組から支払われるそうです。
そらもうアグネス、体重維持するしかないわ〜。

私は・・・あと5キロ痩せたいんですけどね、
アグネス嬢が1年で70キロ減らしたなら、なんか私にも出来る気がする。。。
問題はパーソナルトレーナーがいないことだな。(←他力本願)

うちの村は坂道が多くてジョギングに向いてないんです。
マニュアル車の2速でやっと上がれるような急激な坂だし。
同じ理由でサイクリングも無理。

こうなったら、家の中と庭でひっそり運動するしかないかしら。

とりあえず年末を目標に5キロ落としますので、
結果は12月31日に。
乞うご期待!




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-07-02 01:51 | その他 | Comments(10)

ストレス管理の講師

冬時間が始まりました。
なのに、、、昼間28度もあって暑いのなんのって。

しばらくご無沙汰しておりましたが、私はすこぶる元気です。
しかし正直に言えば、全身筋肉痛。

というのも今、大きなプロジェクト(責任者:相方  アシスタント:私)を実行中。
門から玄関までの数メートルの距離に、敷石というかブロックを敷き詰める作業をしてて、体にムチを打ちつつ働き、やっとほぼ完成したところ。
この件については気が向いたら、あらためてご報告、、、するかも。 ←疲れ切ってて詳細を報告する気にもなれずw


さて本題。
先日会社からお知らせがありました。

「ストレスとどう付き合う? ストレス管理のコースに参加しませんか?」

どうやら外部からストレス管理専門の講師を招くらしい。
しかも外国人社員が多い会社なので、ご丁寧に英語とスペイン語の両言語で2コース実施。

メールに添付されてた講師の写真は、日本の紳士服の宣伝にでてくる外国人モデル風。恐らくご本人も「オレって男前」だと自覚していらっしゃる様子。ちなみに名前は英語圏の人でした。

この写真を見たら、必ず誰かが突っ込みをいれるだろうと思った矢先、
我がチーム(7名全員が女性)がどよめいた。
もちろんコースの内容にではなく、講師の写真に反応してである。


「ちょっと、メール見たっ? もう申し込んだ?」

「今から申し込む、アンタの名前も書いとくわよ!」

「スペイン語と英語とどっちのコースにする?」

「両方申し込んじゃう?!」

2回も同じ内容のコースに行ってどうする?ww

「プライベート・レッスンとか希望してみる?どうする、OKだったら、アハハハ~」

「LINKEDINで経歴調べちゃおうっと♪」 


なんか女子高みたいなノリだなー。。
それにしてもこの講師、大人気。
私はこういうコース苦手なので不参加だけど、当日我がチームメンバーが講師に絡むんじゃないかとドキドキするわw
間違いなく一番前の列に座るであろうことよ。


私はそんなコースに参加しなくてもよいのです。
バルセロナから帰宅する時に、電車がPenedes地方に入ってから延々と続く葡萄畑を見てるだけでストレスが吹っ飛ぶ。
あとは近所の猫のゴロゴロ音とか、毎日一杯ひっかけるウィスキーやカルバドスやアルマニャック(←これ大事)のおかげで気持ちもゆったりよ♪


でも一番のストレス解消法と言えば、やはり女だけで飲み会でしょう。
スペインに来てからこの手のイベントがご無沙汰なのが残念。

世界に散らばってる仲良しの女友達と、ホテルに泊まり込みで夜通し語り合いたい。
私のささやかな夢、いつか叶う日が来るのであろうか。。。


それではまたね


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-10-29 02:54 | Comments(8)

病院にお見舞い

相方の叔母ちゃん(つまり私の義父のお姉さん)のお見舞いに行ってきました。
なんでも夜中にトイレに行ったところ、思い切り転倒して足の痛みが引かず、
救急車で病院へ運び込まれたら大腿骨骨折と判明して、即手術だったとか。

病室を訪れると、不安で眉が八の字になってた叔母ちゃん(←本当に八になってたw)。私たちの姿を見つけると、ベッドに腰掛けたままガバーッと抱き付き、頬にキスの嵐。

あまりに両手をバタバタさせるので、手のひらに刺さってた点滴の針が動いて、
血がしたたるのなんのってw ホラーでしたよ。

看護師さんを呼んで点滴の針を入れ直してもらってる時、
叔母ちゃんが興奮して、あまりにも大きなジェスチャーで喋り捲るため

「ちょっ、、もう喋っちゃだめだよーー」と看護師さんに叱られてました。

しかし興奮したスペインのオバハンを黙らせるのは至難のワザ。

手術後だし、輸血もしましょうということになり。
看護師さんが輸血用バッグをベッド脇に設置してる間も、


「何?私、血が足りてないの?」

「ねえ、また歩けるようになる?なるわよね?」

「泳ぐのはどうかな、私海が大好きだからね、泳げないと困るのよー」

まるで小さな子供のよう。


看護師さん、とってもお忙しそうだったので、うちの相方が答えてました。

「だいじょーぶ、落ち着いてよ。
すぐに歩けるようになるし、泳げるようにもなるし、
サッカーだって出来るようになるよ」 ← 最後のはムリだろうよ。。。相手は77歳だ。

看護師さん曰く、この年齢の女性の転倒骨折のケースでは、多くが転んで骨折したのではなく、先に骨折したことによりバランスを失って転倒する場合が多々あるとか。あれですね、骨粗しょう症ってやつ。骨がガラスみたいにもろくなってて、何かの拍子に簡単に骨折するんだって。怖い―。

私すごく骨太なんですが、今後これがスカスカになっていくのかしら。
カルシウムいっぱいとってるつもりだけど、どうすればいいのだ。

叔母ちゃんなんてちゃんとチーズも食べてたし、
閉所恐怖症だからエレベーターに乗れなくて、毎日階段上り下りしてたし、
そんな健康生活してたのに。。。

叔母ちゃん77歳という年齢を考えると、リハビリも大変そう。

早く良くなってもらいたいものだ。


●本文と関係ない写真でスミマセン。
去りゆく夏を惜しみつつ、、、うちの庭で本日収穫したトマトです。

e0205478_018840.jpg




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-09-02 00:17 | その他 | Comments(9)

利尿作用のお茶とアーモンドダイエットの結果

最近むくみが気になるので、こんなお茶を買ってみました。
購入したのは庶民の味方、メルカドナというスーパー。箱に「水分を排除=つまり利尿作用」と記載されています。


●Cola de Caballo (直訳は〃馬の尻尾〃?)
e0205478_0575813.jpg


日本語ではトクサ科の植物だそうです。トクサ科が何かは私に聞かないで。。。

もともとトイレが近いので、こんなお茶を飲んだ日にはどうなることかと思いましたが(笑)、特にトイレの回数が増えた印象はなし。たまに「私は一日に4回しかトイレに行かないわ!!」とかいう奇特な人がいるので、そういう人に是非試してほしい。


そうだ。。。
以前お伝えしたアーモンドダイエットなんですけど、2ヶ月実行して1キロ減りました。
ええ、たったの1キロです。048.gif
最初順調に1キロ減ったのに、ドイツ旅行であっと言う間に1キロ戻り、その後クリスマスシーズンに突入。
あやわこのままかと思われましたが、その頃胃というか背中が痛くなりましてね。胆石の疑いもあり(我が実家は胆石ファミリー)食欲不振でまた1キロ減ったんです。とりあえず検査の結果、胆石の疑いはなくなりましたが、現在脂っこいものは控えるようにしておりますー。


アーモンドダイエットは劇的には効かなかったけど、食べてる間はお顔がつやつやです。皮脂が少なくなる冬でも乾燥知らずですよ♪


さて12月からずっと暖かいままのカタルーニャ地方。数日冷え込んだものの本格的な冬は始まっていません。あまりに気温が高いので、このあたりではアーモンドの花がたくさん咲いてます。

e0205478_1132266.jpg

e0205478_1143251.jpg



今年はこのまま冬をスキップして春に突入なのだろうか?


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-31 01:17 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(7)

高麗人参シャンプー

最近ある家族経営のドラッグストアへ行くのですが、
不思議なことにシャンプーや基礎化粧品が妙に安い。
最初はバッタもんかという疑ったけど、そうでもない感じ。
商品の種類を絞り、大量に卸してもらうことで金額を低く設定してるのかしら。


しかも商品の種類が微妙に偏っているのが気になる。
でも勇気がなくて、お店のおばちゃんに理由を聞くことができません(笑)。


さて今回は、気分転換にシャンプーを替えることにしました。
そのドラッグストアで目についたのはコレ ↓


●高麗人参シャンプー
e0205478_23321196.jpg



もちろんパラベンもシリコンも入っておりませぬ。
とりあえず高麗人参エキス、しかもBIO(←ホンマかいな?)が入ってると書いてある。そんなの髪の毛に効果あるのかと思いつつ、何か健康にいいような気がして買ってみた。


髪質に変化があったらお知らせします。

でも、、、アフロみたいにモッサモサになったらどうしよう。。。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-25 23:34 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(4)

胸のしこりを摘出した話

私は24歳の時に乳腺繊維線種という病気になりました。
遠い昔の話です(笑)。
乳腺繊維線種は、思春期から20代くらいの若い女性に発症することが多く、エストロゲンと言う女性ホルモンの分泌過剰が原因とも言われています。しこりがあることで、最初は乳がんと見分けがつきにくいのでご注意ください。


もし今、胸のしこりにお悩みの女性がいたら、この記事を参考にしていただければ幸いです。


ある日右胸のしこりに気づいた私は、地元の大学病院を訪れました。しかし触診と細胞診(注射針でしこりの内容物を採取)の結果では、良性か悪性かはっきりしない、つまり乳がんの可能性も否定できないとのこと。当時はまだインターネットが今ほど普及していなかったので、図書館でかたっぱしから乳がん関係の情報を集めましたよ。当然のことながら精神的にも不安定な毎日でした。


万が一に乳がんだった場合を考えて、通える範囲で温存療法(がんなどにかかった器官を全摘出せずに、薬物や放射線で治療したり、切除をがん部分のみにとどめる方法)を行う専門医を探しだしました。
それが京都の乳腺クリニックXX外科というところ。
今ホームページを見たところ、先生はまだご活躍中の様子!


さて詳細は省きますが、レントゲンの結果や、触診でのしこりの弾力性から先生は「ほぼ良性の乳腺繊維線種に間違いないから、安心していいですよ」とおっしゃいました。これを聞くまでは本当にドキドキでしたね。
ただ繊維線種はほっておくと成長するものが多いので、さっさとすっきりしたくて摘出をお願いしました。でも先生は、「胸に手術の傷跡が残るから、結婚するまで待ったほうがいいよ~」と。。。
私は「一生結婚しないかもしれないので、待っててもキリがないんです!(笑)」と返し、手術が決定しました。


そして手術当日。
局部麻酔なので意識はしっかりしており、先生が横でてきぱき作業をしてるのがよく分かる。ちなみにこの先生、すごく人間味があって暖かい方で、緊張を解くために楽しい話題をふってくるんです。先生の高校時代の話とか、手術中ずっと一緒にお喋りした記憶が(笑)。


最後に「はい終了~。切ったやつ見る?」と聞かれたので、もちろんお願いしました。1cmほどの丸い白い塊が2つ横にならんでおり、横倒しにしたピーナツの殻のような、それはそれは可愛らしい形でした。


あっという間の日帰り手術で、傷口に大きな絆創膏を貼って終わり。
私は当時会社勤めでしたが、手術直後はさすがに動くと多少痛みがあるので、午後は仕事をせずそのまま電車で帰宅しました。でも翌日からは普通にデスクワークしてましたが特に支障はなかったです。
1週間後の再検査で傷も順調に治っていることを確認し、摘出したしこりは病理検査で100%良性だと分かってやっと安心できたんです。


手術の傷跡は2、3センチ位だったけど、今では自分でも探さないと分からない程に治ってます。こちらの婦人科にかかる度、日本で繊維線種を摘出した話をしますが、どの先生もその傷口を見て「ものすごく傷口が綺麗ですね、ほとんど分かりませんね!」と感心してるくらいです。
あのクリニックで手術してもらって本当に良かった!


ところで日本ではあまり婦人科検診が盛んでない印象ですが、どうでしょう?
私はドイツ時代は半年に一度、必ず検診に行ってました。
内診(エコーも含む)、PAPテストという子宮頚癌検診、そして触診を含めた乳がんチェックの3本立て。
スペインでは1年に一度検査をお願いしており、幸いにも今のところ大きな病気は発見されていません。


乳がんについては、お医者さんに行くのが抵抗がある人は自分である程度チェックすることも出きるのでお勧めです。 自己チェック


女性の皆さん、抵抗があるかもしれないけど、勇気をだして是非検診に行ってみてくださいね。
自分の体は自分で守りましょう♪



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-18 20:10 | その他 | Comments(8)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

Cocomeritaさん..
by penedescat at 03:16
ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14