カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お米料理は Delta de l'Ebre

2週間前のこと、義父母が週末に泊りがけでやってきました。
この年代の人のほとんどがそうであるように、義父母は声が大きい。(特に義母)そして人の話は聞かず喋りまくる、他人に負けないように更に声を張り上げるので、相乗効果で全員の声がどんどん大きくなりとても辛い。

この国に住んでる方ならお分かりですね…。

ま、それはともかく。
せっかくなので地中海沿いに南下してDelta de l'Ebre 地域に行ってきました。以前にも何度か当ブログでご紹介しているこのエリアは稲作と自然公園が有名です。

風が強かったけど春の日差しが眩しい一日でした。
e0205478_00161167.jpg
デルタにはフラミンゴもいます。
スマホのカメラだから質が悪いけど、肉眼でばっちり見えますよ。
e0205478_00155733.jpg
国立公園の中にある観光案内&お土産屋さん。
藁ぶき屋根で可愛らしいこの建物、実際にデルタ地域で見かけます。
e0205478_00144209.jpg
この辺りでとれるお塩、黒塩、レモン風味、などなど。
e0205478_00145461.jpg
お米もお土産として売っています。
e0205478_00150203.jpg
毎回行くレストランは同じです。もっと開拓したいなと思いつつ、でも美味しいから浮気できない。

Restaurant L'Estany (Casa de Fusta)


色々と注文して全て4人でシェア。
前菜には小魚のフライ、イカと葱の炒めもの、グリルしたシャコなどを注文。
シャコ食べてる時は普段喋りっぱなしの義母も黙って食べてた。(蟹食べるときと同じく集中力が必要だから)ちなみにシャコは手づかみでOKです。

e0205478_00151251.jpg
e0205478_00152266.jpg
メインには豚肉・豆・アーティチョーク入りのパエリアと、アンコウと手長海老のお雑炊。お米料理は塩分控えめで(義父血圧高し!)で注文すると本当に丁度良い塩加減で来るんです。お米料理専門店に行くと有名な魚介類のパエリア以外にも色んな種類があるので、せっかくだから食べたことない組み合わせに挑戦したいもの。

今回のパエリアは恐らく隠し味にブティファラ・ネグラという黒いソーセージを炒めた油か、すごく細かくしたブティファラが入ってる。それからお雑炊はこんなに美味しい出汁、どうやって取ってるんだろうというほど美味でした。


e0205478_00153589.jpg
e0205478_00154765.jpg
時々「バルセロナで美味しいパエリアを食べられるお店教えて」と言われて困る私。そもそもバルセロナのレストランをあまり知らないし、何軒かでパエリア食べたことあるけど、やっぱりデルタ地域やバレンシアのレストランの方が各段に美味しいもの。

お米の収穫が近くなって稲の良い香りが漂うころにデルタを再訪問しよう。
8月後半あたりかな?
車がないと全く身動きとれない地域だけど、本当に心穏やか(&お腹は満腹)になる地域なのでお勧めですぞ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2017-04-15 00:40 | 近場におでかけ | Comments(0)

来年もリピート決定・シャコ尽くしメニュー

私の大好きなL'Ebre地方のレストランでは現在シャコ (Galera)を使った様々な料理を提供しています。期間は2月12日から3月6日まで、ということで早速行ってきました。

詳しくはこちらのリンクをどうぞ ↓
JORNADES GASTRONÒMIQUES DE LA GALERA

参加しているのはAlcanar, l'Ametlla de Mar, l'Ampolla, Sant Carles de la Ràpitaの4都市。リンクの一番上の各都市名をクリックすると、更に各地のレストラン情報が載っています。私達は今回 l'Ametlla de MarのMESTRALというレストランにしました。コース料理の値段は平均して28ユーロだけど、料理の内容はレストラン毎に異なるのでいろいろと見比べることをお勧めします。
そしてレストランは是非予約を。


●素晴らしいお天気の週末。すでにビーチでは水着で日焼けにいそしむ人を発見。
e0205478_4361764.jpg



MESTRALのシャコ・メニューはこんな感じ。

★Aperitiu de la casa amb vermutet
(バルムートという食前酒&オリーブ)

★Torradetes de brandada de llagostí i galera
(ランゴスティーノ海老、タラ、シャコをクリーム状にしてミニ・トーストに乗せたもの)

★Crema de galeres amb xips de carxofa i cruixent de pernil
(シャコのクリームスープにアーティチョークのチップス&クリスピーな生ハムが添えられたもの)

★Arròs melós de galeres i ortigues de mar amb algues o
Suquet de galeres i peix de la Cala
(シャコ、昆布、イソギンチャク種の入ったリゾット風のお米料理、もしくはシャコと魚の煮込み、の選択肢)

★Deconstrucció de pinya colada amb gelat de menta
(ピーニャコラーダのゼリーみたいなものと、ミントのアイス)

Aigües minerals (ミネラルウォーター)
Vi blanc, negre Vall Major (DO Terra Alta) (Vall Majorの白または赤ワイン)
Pa i cafès (パンとコーヒー)

28€ (iva inclòs) 上記全て税込で28€

e0205478_4474518.jpg


気になるお味は、、、来年もリピート決定するほど美味でした。
米所だけにお米料理は得意なんでしょう。こちらで初めてぶつ切り昆布の入った料理を食べたのだけど、優しい味でパエリアより好みかも。アネモネと呼ばれる小さな小さなイソギンチャクに似た謎の海産物(笑)も入ってました。シャコはもちろん手づかみで食べるので、ちゃんとお手拭きももらえます。時々手に刺さりそうになり無言で格闘となるのはご愛敬。初デートには避けた方が無難かと。。。

実は最近やたら塩辛いお米料理に当たることが数度あり、今回は「お塩控えめで」とお願いしたんです。そしたら本当に良い加減のお味に仕上がってて良かった。普段はレストランで写真は撮らないけど、お店のお姉さんが「写真どんどん撮って宣伝して♥」というのでお言葉に甘えて写真撮りましたよ。

カタルーニャにお住まいの皆様、シャコの祭典はとってもお勧め。
3月6日まで開催してるので、興味のある方はリンクをご覧下さいね。

それでは良い週末を♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-02-19 04:59 | 近場におでかけ | Comments(2)

やはりパエリアを食べねば

日曜のお昼ごはん。
バレンシア郊外のPinedoにあるレストランへやってきました。
バレンシアの友達が常連客で、私たちも前に一度来たことがある場所です。
車がないと行けない場所だけど、すっごく美味しいのでお勧め。

Creu de la Conca
C/ Monssèn Cuenca, 38 bajo
46012 Pinedo (Valencia)

スペインでは一般的に昼食は14時から。
私達が到着した13時45分には、他に誰もお客さんがいませんでした(笑)。
でも14時をすぎたら続々と現れ、15時にはほぼ満席。

実は私レストランで写真を撮るのが非常に苦手。でも今回はワイワイした雰囲気だったので勇気を振り絞って(←そんな大げさなw)数枚撮りましたよ。

一品目は軽めに野菜のグリルとイカのフライ。
このイカがまた絶品で、新鮮なものをさっと素揚げしただけ。
同行していた友達の子供(3歳)もがっつく、がっつく。
野菜のグリルも、シンプルなのにどれも甘くて食が進みます。

e0205478_2337282.jpg


このレストラン、やはりメインはお米料理。
パエリアだけでなく、リゾットのようなもの、おじやみたくスープが多いお米料理など、色々と種類があるんです。大人4人&おチビ1名で行ったので、それぞれの好き嫌いを考慮してこれに決定。

●タラとひよこ豆のパエリア
e0205478_23445539.jpg


その他いろいろと野菜やエビも入ってるんですが、タラがほくほくで美味、またヒヨコマメがいい出汁になってる。初めて食べた組み合わせだけど、とっても気に入りました。

●完食なり
e0205478_2347026.jpg


レストランなので取り皿に分けて食べたけれど、バレンシアの家庭ではお鍋から直接食べることも多いみたい。日本のお鍋料理みたいね。底のお焦げが美味しいんですよ。

ところで日本の料理サイトで、蓋をして作るパエリアのレシピを見たことがあります。しかしこちらでは浅めのお鍋で水分が飛ぶまで煮込むもので、蓋はしません。炊くというより煮詰める感じ。そして日本と決定的に違うのは使うオリーブオイルの量だと思います。

●デザートは別腹で。
e0205478_23584789.jpg


友人のパートナーはイタリア女性。
二人して「スペインはデザート不毛の地」と盛り上がっていたのですが、そんな彼女も私が頼んだいちじくのクリームは大絶賛。(写真の下段)実は前回もこれを頼んで、おいしかった記憶があったのでリピートしたのです。多分再訪したら、またコレを注文すると思います、ふふふ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by penedescat | 2015-04-30 00:03 | | Comments(4)

会社の近くの日本食レストラン。 そしていやげ物展

最近日が長くなったな、と思ったらもう1月後半じゃないですか。

今週は四半期ごとに訪れる仕事の締切があり、
要領の悪い私は最後にバタバタするはめに。

小学生時代に「夏の友」の宿題を8月31日にあせって片づける子だったのですが、
その習慣は30年たった今でも変わっていない。
というか、これからも変わることはないな。。。


さて今日は会社の近くにある、KYOKAというレストランの話。
バルセロナの多くの和食レストランと同じく、中国人経営なんだけど結構いい感じなんです。

●店名の下にあるワソズ、、、意味不明ですw 
 敢えてお店の方に突っ込んだことはないけど、いつか、、、いつかきっと。。。
e0205478_0564848.jpg



お昼のランチセットは9.95ユーロで、

◎一品目(お味噌汁、海藻サラダ、春巻き、海老のフライなどから選択)
◎二品目(シュウマイ、餃子、パッタイ、チャーハンなどから選択)
◎三品目(握り5品、シャケ&アボカド裏巻き寿司、海老てんぷらの巻き寿司、などから選択)
◎デザート
◎飲み物

などがついております。

最近はメニューの選択肢もぐっと増え、アジア系がダメな人用に洋風なものもあり。
私の感想としては、パッタイはいただけないwww
でもその他の2品目のメニューは結構まとも。
そして巻きずしは3種類ほどありますが、結構おいしくて量があります。

夏はデザートの選択肢に、なんとモヒートのシャーベットがあり、
同僚とそればっかり頼んでました。(←しかもビール頼んでた私達w)

場所は地下鉄L1のGloriesから徒歩7分、
Av Diagonal 168, 08018 Barcelona, Spain


さて話はまったく違うんですけど、
今なんと渋谷パルコにて、あのじゅん様の「いやげ物展」が開かれてます。

e0205478_171596.jpg


国宝みうらじゅん いやげ物展


行きたい、でも行けない!
このムシャクシャした気持ち、分かっていただけるかしら?

いやげ物展、海外でもやってくれないかな、じゅん様。
ロンドンとかなら見に行くのに。。。

それでは皆様、良い週明けを。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-01-27 01:10 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(6)

城塞都市 Montblancの町並みとレストラン

前回の続き、Montblanc訪問記です。

●街のシンボル、サンタ・マリア教会は13世紀に建築されたゴシック様式の教会。(外装はバロック様式)
e0205478_0421322.jpg

e0205478_0431499.jpg



●土曜日とあって結婚式が行われてました。教会に横づけされた車のクラシカルなこと!せっかくなんだからもっとお花たくさん飾ってあげて~。
e0205478_0461268.jpg


●街の中心にある広場。巨大なEstelada (カタルーニャ独立派の旗)が洗濯物のように舞う。
e0205478_0485968.jpg


●広場の一角にある公共の秤。一般家庭に秤がなかったころ、この穴に穀物を入れておおよその重さを計算したと。私には思いつかない知恵だわ。
e0205478_058863.jpg


●路地も風情があって素敵。
e0205478_0533399.jpg


●昔は松明(たいまつ)を灯していたのでしょうか。
e0205478_0542781.jpg


●こういう像が街のあちこちにあるのは、カトリックの国ならでは。でも、、、ガラスケースが破損してる。。。市長、至急修理をお願いいたします。
e0205478_111368.jpg



今回は行かなかったけど、城壁に囲まれた町全体を見下ろせる絶景ポイントもあるのですよ。


さて、お腹が空いたのでお昼ご飯。
今回はモンブランク市内ではなく、カルソッツネギで有名なヴァイス(Valls)方面に向けて車で15分の所にあるこちらのレストランにお邪魔しました。


Les espelmes (The candlesの意味) レストランの名前をクリックするとHPにつながります。

ここは高台にあってとっても見晴らしがよく、お料理も美味しいうえに、ワインリストがかなり充実。
私は初めて行ったんですが、また来年あたりリピートしたい♪

実は私レストランで料理の写真を撮るのが恥ずかしいというか苦手で、普段は滅多に撮りません。
でもちょうど案内していただいた席の周りに他のお客さんがいなかったので、今回だけは特例でこっそり撮影。私達はいつもスペイン時間にしてはレストランに行くのが早く(大体13時30分到着)、食べ始めはいつもまわりに全然人がいない。でも14時を過ぎてどんどんお客さんが入ってきて、帰るころ(15時30分くらい)には満席、みたいなのがパターン。今回もまさにそんな感じでした。


●私の一品目、数種類のキノコのソテー&鴨の生ハムと海老
e0205478_1204081.jpg


●相方の一品目、セップス茸のカルパッチョにフォワグラのスライス
e0205478_1213252.jpg


●私の二品目、私は鴨のマグレ・オレンジソース
e0205478_1225731.jpg


相方は二品目に子ヤギのグリルを食べてましたが、すでにこの時点で面倒になり写真撮影放棄ww
なのでデザートの写真もなしです。ちなみにデザートもかなり色んな選択肢がありましたよ。

●ワインは酸味があってオレンジに合うLa Llopeteraの2010年もの。
ブドウの種類はピノノワール(Pinot Noir)で、この地方Conca de Barberà産。なかなか気に入りました。
e0205478_1391928.jpg


ああ、駄目だーー。
私が食べ物の写真を撮ると、すごくまずそうに写る!
とりあえずカメラのせいにしておきましょう。


バルセロナだけがカタルーニャではなくて、内陸部にも良い所いっぱいあるんですよ♪
とりあえずモンブランクはおすすめTOP10に入るので、是非お立ち寄りくださいね。


それではまた


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-11-12 01:40 | 近場におでかけ | Comments(10)

男前な義理の妹&コスタブラバ

先週末コスタブラバのPalsへ行った話。
場所はバルセロナから海沿いに北上し、フランス国境に近づいた辺り。
義理の妹(うちの相方の弟の嫁)の両親がそこに休暇用のアパートを持っており、ちゃっかりお泊りでお邪魔してきました。

相方3兄弟とその嫁&子供達、そして初日は義理の両親も参加で、いつもながら騒々しい。

●簡素だけど、静かだしプールもついてるし、ロケーションよしで素敵。

e0205478_0552320.jpg



さて二日目に、ビーチへ繰り出したわけですが。。。

●コスタブラバの北部は、本当に水が透明で美しいですよ♪

e0205478_1135171.jpg



タオルを敷いて、さあ海へ~と思った瞬間。

義理の妹がいきなりトップレスになった!

あらま、大胆なっ、と思ったら、、、それだけでは済まなかった。

さらに競泳用のキャップを被り、ゴーグルをつけ、さらに足にはダイバーのようなヒレを装着し、手にも水かき用の用具を装着!!!

●こういうやつです。 これでトップレスだと想像してください。(笑) ↓  
(画像はネットからお借りしました)
e0205478_1294073.jpg

e0205478_1245155.jpg


でもって数秒後には、ザブーッンと海に飛び込んで視界から消えました。。。。


今見たのは何? 幻影?


海辺でトップレスの女性は別に珍しくないけど、普通ゴロゴロして日焼けしてるか、海でも浅いところで浮いてるくらいで、こんな本格的な競泳装備の人見たことない(笑)。


綺麗な女性なのに、髪はすべて競泳キャップに包まれ、手足にヒレつけてるし、もう見た目はオリンピック選手。なのに胸だけ露出してる。

すごくアンバランスで、もう可笑しいのなんのって。


色んな意味で、あの姿がまぶたに焼き付いたわ。


そして忘れたころに義理妹が、これまたすごいスピードでぐんぐん浜に近づいてきた。
海からあがった時のスタイル、いかり肩で何とも勇ましかったな。
もう、、、素手でマグロでも捕まえてきたんじゃないかってくらい。 


どんだけ男前なんでしょう。カッコよすぎる。。。
スポーツ万能ってのは知ってたけど、後から聞いた話ではカタルーニャの競泳大会で賞を獲得したことがあるらしい。うん、そう聞けばあの並外れた泳ぎっぷりは理解できるわ。


またあの面白いスタイルが見たいので、来年も義理妹と一緒に海に行こう(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●PALS おまけ情報
旧市街から海へ向かうロータリー横に、大きなグリルチキンのレストランがあります。
その名もCan Padrès。(1号店はチキン専門、2号店はBBQもあり)
ここ美味しくて、うちはPalsに行くと必ず立ち寄ります。
室内と屋外の席(ビヤガーデンみたいな感じ)があり、すぐ横に小さい公園もあるので小さいお子さん連れにもお勧め。

e0205478_1193382.jpg

e0205478_1225053.jpg



それではまたね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-07-14 01:36 | 近場におでかけ | Comments(10)

たまには贅沢・大満足のレストラン Estany Clar

バルセロナから車で1時間程度のBergaという街。
その近郊にあるミシュラン一つ星レストランEstany Clarに行ってきました♪ 
(ちなみにアスタンィ クラーみたいな発音で「澄んだ池」という意味)
普段とっても質素に生活している私達。
たまには贅沢も良いね、とお出かけしたのです。


●レストランの外観(暗くてすいません。。。。)
e0205478_224186.jpg



今回はdegustacióという色々な種類のお料理を少量ずつ試せるコースに、
すぐ近くにある田舎風ペンション Casa la mussoleraに一泊というパッケージを選びました。飲んだ後は運転したくないし、せっかく風光明媚な場所に来たんだからゆっくりしたいもの。


午後レストランのレセプションに到着し、アンナさんの出迎えを受け、車で2分ほどの田舎風ペンションに案内していただきました。このアンナさん、ホスピタリティの塊みたいな方で、とってもソフトな喋り方に優しい眼差し、
相方が「修道女レベル(笑)」とコメントするくらい、ゆったりとした優しい方でした。


さて到着した田舎風ペンション、Casa la mussolera。
談話ホールのようなガラス張りの建物、ジム、8部屋ほどの客室のある家と
3つの建物が並んでいます。
e0205478_224243.jpg



まわりは山、森のみ、ホテルの前には牛さん一家まで。。。
e0205478_22431810.jpg



結婚式のバンケットや、観光客の多い夏休みシーズンが終わり
今週はとっても静かなんだとか。
おかげで宿泊先も他にお客さんはおらず、広い敷地を独り占めです。


まずは談話ホールのような所でウェルカムドリンクというか
早速ワイン(笑)とチーズの盛り合わせをいただきました。
e0205478_22443016.jpg

e0205478_22452063.jpg



本当はチェックインしたらBERGAの街(車で5分)に出て散歩する予定だったけど、
いきなりワイン漬けでまったりモードになり、結局ディナーの時間まで敷地内でゴロゴロ。


あの手この手で牛の気をひいてみたり ←私、かなり挙動不審だった
芝生の所で読書したり、居眠りしそうだった~
e0205478_22461063.jpg



ところでこの宿泊施設、長期滞在者のためにキッチンもついてるんですよ。
中はこんな感じで、白木造りのかわいらしいデザインです。
e0205478_22471797.jpg

e0205478_22475084.jpg



さて本題のレストラン。

●レストラン内部(ホームページより)
e0205478_22513490.jpg

e0205478_22515076.jpg


お料理はカタルーニャの伝統料理が基本で、
多少クリエイティブではあるけれど度が過ぎない、そんなお料理。
どこかのレストランのように料理が科学実験になっちゃってる、なーんてことはないです。


ゆったりとお食事したかったので、写真は一切撮ってません。
ワイワイできる場所で撮るのは抵抗がないけど、こういう所ではちょっと、、、ね。


参考までにホームページのdegustacióコースの写真を一部お借りします。
 
e0205478_22495153.jpg

e0205478_22501992.jpg

e0205478_22504618.jpg



スペインはおいしいレストランが多いけど、ここはかなり高レベルです。
私好みの味付けだし、すべてにおいて大満足!


maridatge de vinsとうことで、食前酒のカバ、白ワイン2種類、赤ワイン1種類と
お料理に合わせてワインもサーブされます。
ちゃんとその度に新しいボトルを開けてもらえますよ。


ここでもアンナさんがお給仕してくれました。
彼女ものすごく気配りがあって、絶妙なタイミングでワインやお水を注いでくれたり、ちょっとした会話で場を盛り上げてくれたり、サービスも申し分なし。 こういうのをプロフェッショナルと言うのでしょう。


本来このコースは12皿なんだけど、アンナさんから2皿サービスしておきますよと申出があったので、遠慮なく希望の料理を少量用意してもらいました。
しかしいくら少量ずつとはいえ、14皿も食べるとお腹が苦しくって~。
最後のプチフールのチョコレートを完食していない私を見て、
相方は「チョコレートが残ってる! こりゃ本当に苦しいらしい」と驚いたそうな。005.gif


あまりにも満腹で、その後寝付くのに苦労したので(笑)、
もし一泊コースで行かれる方は、まずランチでdegustacióを堪能して、その後ペンションでまったりしたほうが良いかも。


翌朝はペンションの談話ホールで朝食(レストランでも可)。
好きな時間に朝ご飯を用意してもらえますよ。

e0205478_22555224.jpg


ツナ入りのミニバゲットにオムレツ、生ハムに白ブティファラ(ソーセージ)、
そしてアフタヌーンティーで出てくるようなケーキスタンドにのった
数々のクロワッサンにフルーツ。


「夜あんなに食べたから、朝ご飯なんて無理~」って言ってた二人ですが、
結局、、、、結構食べました(笑)。


さてお値段が気になる方のために、
今回のパッケージは二人で330ユーロでした。
決して安くはないけれど、コストパフォーマンスは最高です。


ウェルカムドリンクに始まりディナー代(ワインを含む)、宿泊代に朝ご飯すべて込み。美しい自然に癒されながら、おいしいお料理を堪能されたい方には絶対お薦めです!
お料理もさることながら、私達が魅せられたのはそのホスピタリティ。
本当に居心地の良い場所でした。


私達もいつか絶対リピートします♪


レストランのリンクはこちら

*実はこのサイト ↑ 結構見づらいんです(涙)。 
クリックするといくつか影絵みたいなのが表示され、コックさんの絵をクリックするとメニューがでてきます。前のページに戻るには、開けたページの左端にある影絵マークをクリックしてください。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-15 23:12 | 近場におでかけ | Comments(6)

今日は私にご馳走させてください

そろそろスペインは夏休みに入るシーズンですね。
本日は我が村でも学年度末パーティが行われていました。
爆音で流れるシャキーラの音楽、踊り狂う小学生軍団とそのご父兄


田舎なので好き勝手なスタイルで止められた車。。。
皆・・・自由すぎる。
私も駐車は下手ですが、あそこまで開き直った駐車はできません。


校庭でのランチは楽しいでしょうね、そして皆水着で泡だらけになっている。。。
あのバブルがたくさん飛んでくる機械、あれはなんという名前ですかっ?


なぜか2頭の馬が家の前を通り過ぎたのですが(放し飼いではなく人が乗ってます)
あのフェスタに参加するのでしょうか。
しかしどういった形で?・・・・謎は深まるばかりです。

*********************************

さてそんな今日、義父母が遊びに来ました。
いつもお世話になっているので、たまには一緒にレストランでランチでもと思い、
Santa Coloma de Queralt という村へお出かけ。


先日祝日に働いたため、ちょっと臨時収入があったので、
今回は皆さんをお食事にご招待(←自分で作るのが面倒なのでレストラン・笑)!
さあ皆、今日は私のおごりだ~どんどん食べとくれ!! 


まず突き出しのような感じで最初に数品出てきますが、
今日ビックリしたのはこの1品 ↓

☆苺を酢漬けカタクチイワシ巻いたもの(broqueta de maduixa amb seitó)
e0205478_4521427.jpg



以下は私が頼んだ品々です。

☆一品目:セップス茸&フォワグラと目玉焼き(ceps amb foie i ou ferrat)
e0205478_453406.jpg


☆二品目:鴨の洋ナシとオレンジ添え(ànec amb peres a la taronja)
e0205478_4525422.jpg


酢漬けのカタクチイワシと苺という組み合わせ。
見た目ぎょっとしましたが、バルサミコ酢との相性もバッチリ。

一品目は文句なしのお味。これリピートしたい!
二品目は・・・私いつも鴨ばっかり頼むんですが、やっぱり好きなんです。。。


☆デザートは軽めに(←生クリームたっぷりだけど!)フラン。
e0205478_4542530.jpg



こちらのレストラン、結構人気なので予約要です。
カタルーニャ州のConca de Barberàという地域にあるのですが、
在住の方もしその方面にお出かけの際には立ち寄られてはいかがでしょう?
日~金はランチのみ、土曜はランチ、ディナー共OK. 


ちなみにお勘定はマダムの手書きで、まるで象形文字なので解読不可能。
でも別にぼられたりはしないのでご安心を。


Hostal Colomí
Raval de Jesús 10 E - 43420 Santa Coloma de Queralt
Phone 977880653


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-06-19 05:07 | お酒&お料理 | Comments(6)

ネギの祭典

気がついたらなんと1週間ブログを放置していました!
週末はバレンシアからの友人訪問があったうえ、
週明けから昨日夜まで出張でロンドンに行っており、
ブログを更新する時間がありませんでした~。
その間もブログを覗きに来てくださった皆様、どうも有り難うございました!040.gif

ということで先週末のお話ですが、友人カップルと一緒に行ったCalçotada(カルソターダ)、ネギの祭典のお話。

少し前の記事でお話したカタルーニャ地方の冬の風物詩カルソッツ。
バルセロナとタラゴナの丁度中間地点少し内陸に入った所にVallsという街がありますが、
このあたりが名産地です。

このネギは日本の長ネギともヨーロッパのポロネギとも一味違うんです。
私は日本のネギはそれほど好きではないんです。
でもカルソッツは初めて食べた時から大ファン。049.gif
多分「嫌い」っていう人はあまりいないのでは?
バーベキューみたいにグリルすると、甘くてやわらかくて病みつきになりますよ。

バルセロナ市内ではほとんど見かけませんが、私の住む地方ではMasiaと呼ばれる
農家風レストランを中心に、いろんな所でカルソッツ・ネギを楽しむことができます。

今回はCan Cúgulsというレストランに行ってきました。

直火グリルしたカルソッツ。
お皿に乗ってますが、屋根瓦みたいなのに乗ってくることも多いです。
これで2人分で、追加料金なしで好きなだけもおかわりできるので結局4人で5皿注文しました。
でもこれあくまでも前菜みたいなもんですよ。。。。
e0205478_538181.jpg



外側の皮(?)を指でつるりと向いて、ナッツベースのソースをつけます。
e0205478_5384294.jpg



食べてる時の写真がないので、これはネットからお借りしました。↓
こうやって高い位置に持ち上げて、ネギの白い部分だけを食べます。
非常に豪快な(笑)姿で食べることになるので、服が汚れないように赤ちゃんのよだれかけのようなモノをまといます。
e0205478_5392780.jpg



ネギを食べ終わると皿の上には、向いた皮(?)が山のように。。。
これはほんの一部。
e0205478_540621.jpg


そして手はこういう状態になります。よって写真はとりづらい~
e0205478_5403846.jpg


ネギが一段落すると、次は羊、アーティチョーク、ブティファラというソーセージのグリル。
アリオリ・ソースをつけていただきます。(オリーブオイルとにんにくで作るソース)
口臭が気になる、、、、なんて言ってられません!とにかくおいしいんです。
e0205478_541035.jpg



デザートはやはりクレマ・カタラナでしょう。
クレーム・ブリュレ(舌噛みそう。。。)ってやつです。
表面に焦がした状態のカラメルが乗っていて、とっても香ばしいんですよ。
e0205478_5411919.jpg


お昼ごはんを食べ始めたのが14時30分、終了したのが17時30分と
またしてもスペインらしいゆーーーーーーーーーーーーーったりした食事となりました。
そして「うーん苦しい」という状態になるのは、、、、毎回のことです。。。

もし冬にカタルーニャ地方にいらっしゃる方は、是非カルソターダをお試しください。
Menú Calçotadaというセットメニューがあればそれをお勧めします。
たいていはお水、ワイン、パン、カルソッツネギのグリル(店によっては食べ放題)、
肉料理、デザートがついています。
ちなみに今回のレストランでは以上のセットで一人25ユーロでした。

うちは毎年違うレストランを試すのが恒例なので、また来年のお店を探すのが楽しみです。♪

にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-02-04 05:56 | お酒&お料理 | Comments(14)

たまには贅沢もいいものよ

先週「いつか優雅に温泉ホテルに泊まってみたい」と書いた私ですが (その記事はこちら)、
結構早く希望が叶いました(笑)。

実は今週私の誕生日だったのですが、相方がサプライズを用意してくれてまして。。。
出かけるというので、金曜は特別に午後3時に仕事を終わらせたんです。
しかもネタは小出しで、当日の9時、13時、出発直前に外出に必要なものを伝えてくる始末。
でも最後の最後まで行き先は教えてくれなかった。。。

2時間運転して到着した先は、地中海に面するCaldes d'Estrac(カルダス ダストラック)。
温泉の街なんです~。071.gif
まったり派の私に温泉の旅のプレゼントでした。
ちなみに泊まった所はHotel Colon というSPAホテルです。
↓写真はホテルのサイトからお借りしました。
e0205478_2513472.jpg


ホテルの海水プールでぷかぷか浮いてみたり、滝に打たれてみたり(修行じゃないよ)、
ジャクジーでまったりしたり、サウナでヘロヘロになったりと(?)
十分すぎるほどリフレッシュしてきました。
↓写真はホテルのサイトからお借りしました。
e0205478_2515510.jpg


21時半にホテルの前にあるレストランCan Suñé(カン スニェ)にてシーフードディナー。
私は1皿目に魚とシーフードの自家製コロッケ、2皿目にオマール海老のシチューを。
このオマール海老はブランデーのフランベー仕立てで、とっても美味でした。
まるまる1匹入ってるんで、かなりのボリュームです。
e0205478_2525228.jpg


相方はイカ、海老、白インゲン、キノコのシチュー系料理。
e0205478_2533188.jpg


基本的にこのレストランは量が多いのですが、お味はどれも抜群でした。049.gif
私はシチューに入っていたじゃがいもは少々残しましたが、
ウェイターさんに「でもデザートは食べるでしょう?」と聞かれ、迷うことなく注文。
どんなに満腹でも、女性は「デザート」と聞くと胃の中身が少し縮んでスペースが出来るらしい。
そういう実験をテレビで見たことあるんです!

しかし運ばれてきた自家製エクレアが、小ぶりとはいえ4つもあってね。。。
大食いの私の胃にも入りきりませんでした。
おいしいけど、あれは2個でいいかな~

こちらのレストランは量と質とサービス、全てにおいて大満足です。
値段もそれほど高くないし、またいつか訪れたい場所です!


Can Suñé
Carrer El Callao 4
08393 Caldes d´Estrac
tel 93 791 0051
お店のWEBサイト
[PR]
by penedescat | 2010-12-12 03:11 | 近場におでかけ | Comments(12)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46