カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:カタルーニャの街 ( 33 ) タグの人気記事

働くお犬様

8月最後の日曜日のお話。
カタルーニャ北部、ピレネーに近いCastellar de n'Hugという村に行きました。標高は1500メートルはあったかな、空気が澄んでて風光明媚。

今回の訪問のお目当てはコレ。

●牧羊犬のお仕事コンテスト
e0205478_193885.jpg



●村に到着すると、早速土産物屋で牧羊犬のTシャツ発見。
e0205478_1164594.jpg



写真をPC画面で見て初めて気がついたのですが、Tシャツの左側に写ってるブツ。ワインとかお水を入れておく容器なのだけど、形が。。。
さすがスカトロと下ネタの多いお国柄ですね。

さて会場に到着するとすでに競技が始まっており、羊飼いのおっさんの叫び声が響いておりました。犬に指示を出しているのですが「座れ!左! 離れすぎ!」などなど、すごい怒鳴りよう。人に命令されるのが大嫌いな私、生まれ変わっても牧羊犬にだけはなりたくないな。


●羊飼いのおっさん、カッコイイ!
e0205478_1235378.jpg


●こちらの羊飼いさんは遥々バスク地方から参加。お犬様にはバスク語で指示を出しておりました。
e0205478_125152.jpg


●追われる立場の羊たち
e0205478_1261277.jpg


●傾斜を利用した広い会場。っていうかただの広場です(笑)
e0205478_1264769.jpg



どういう競技かと言うと、
1.まずは広場に羊達が放たれる。
2.お犬様が登場。群れの左に右にとせわしなく走りまわり、群れをまとめていく。

e0205478_13816.jpg


3.お犬様がいったん広場の上部に羊の群れを集合させる。
4.最後はその群れをうまく誘導して、下部にある囲いの中に入れる。

e0205478_1385054.jpg



以上がお犬様のお仕事で、これを制限時間内にやり遂げないとダメ。
いつもの仕事場と違って観客がいるから羊も犬も興奮しちゃってね。。。
観客に向かって突進する羊、いつもの調子が出ず全然羊をまとめられないどんくさいお犬様。どんなに羊飼いが叫んでも全く無視(罪悪感なしの様子)の自由すぎる御犬様。
私どちらかというと犬好きじゃないんですけど、この競技鑑賞は面白かった。


羊飼いなんて、まだ存在するんだ~と思ったアナタ。
いるんですよ。
別にピレネーまで行かなくても、うちの村にもいる。。。
しかも大抵はおっさん。 だからこそ哀愁が漂ってていいんです。
一匹狼タイプの男性には向いてる職業かもしれませんね。


★★ おまけ ★★

Castellar de n'Hug村の観光名所的な建物と、巨大クロワッサン。(下の段のジャムの瓶と比べてみて)
クロワッサンは売り物ではないと思うけど、あちこちの店にありました。枕にするとフワフワでいい夢見られそう。

e0205478_1472075.jpg


e0205478_1482328.jpg



それではまたね♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-09-18 01:51 | 近場におでかけ | Comments(8)

ぼーっとしたい日曜

太陽が照ってはいるものの, うだるような暑さにはならず爽やか毎日。
海に行く気分でもなかったので、車で30分程のサンタス・クレウス修道院へ。

観光地なのに、今日は閑古鳥が鳴いてましたよ。
やっぱり夏は皆ビーチへ行っちゃうのかしら。

●ハイビスカスが南国情緒を醸し出してます。
e0205478_22403172.jpg


●修道院前にはレストランやお土産屋さんが数軒。
e0205478_22481959.jpg


●門を潜り抜け後ろを振り返ると、なかなか華やかな壁。木陰にはカフェもあります。
 こちらの夏は暑いので、外の席は木陰じゃないとダメなんです(笑)
e0205478_22505710.jpg


●参道(?)にある井戸。なんで蓋してあるんだろう。落ちる人がいるとか?
e0205478_22544136.jpg


●ここってスピリチュアルで、読書するにはいい場所だな。(夏はもちろん木陰で)
e0205478_2259856.jpg


●普段はチーズやハム、オリーブオイルの屋台が出てるのに今日はゼロ。 屋台も夏休み?
e0205478_2304154.jpg


●今日は修道院の周りをぐるりと散歩しただけ。
 修道院自体は以前ゆっくり見学しましたが、とっても見ごたえがありますよ。(写真はネットから)
e0205478_2363433.jpg


●修道院の裏手にあるお家の窓。
 農機具や馬の蹄鉄を象った、防犯用の格子が目を引きます。
 「入れるもんなら入ってみろ」的な意気込みを感じる。
e0205478_23154295.jpg


車がないと行けない場所だけど、重厚な佇まいで私のお気に入り。
参道のベンチで読書とかしたら半日くらいあっという間に過ぎそう。

 
ああ、もう日曜の午後4時か(涙)。
来週は気温が上がりそうなので、週末あたり海に行きたいな。
もう美白とか無縁の生活ですわ。

それでは皆様良い週明けを♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-07-13 23:17 | 近場におでかけ | Comments(2)

城塞都市 Montblancの町並みとレストラン

前回の続き、Montblanc訪問記です。

●街のシンボル、サンタ・マリア教会は13世紀に建築されたゴシック様式の教会。(外装はバロック様式)
e0205478_0421322.jpg

e0205478_0431499.jpg



●土曜日とあって結婚式が行われてました。教会に横づけされた車のクラシカルなこと!せっかくなんだからもっとお花たくさん飾ってあげて~。
e0205478_0461268.jpg


●街の中心にある広場。巨大なEstelada (カタルーニャ独立派の旗)が洗濯物のように舞う。
e0205478_0485968.jpg


●広場の一角にある公共の秤。一般家庭に秤がなかったころ、この穴に穀物を入れておおよその重さを計算したと。私には思いつかない知恵だわ。
e0205478_058863.jpg


●路地も風情があって素敵。
e0205478_0533399.jpg


●昔は松明(たいまつ)を灯していたのでしょうか。
e0205478_0542781.jpg


●こういう像が街のあちこちにあるのは、カトリックの国ならでは。でも、、、ガラスケースが破損してる。。。市長、至急修理をお願いいたします。
e0205478_111368.jpg



今回は行かなかったけど、城壁に囲まれた町全体を見下ろせる絶景ポイントもあるのですよ。


さて、お腹が空いたのでお昼ご飯。
今回はモンブランク市内ではなく、カルソッツネギで有名なヴァイス(Valls)方面に向けて車で15分の所にあるこちらのレストランにお邪魔しました。


Les espelmes (The candlesの意味) レストランの名前をクリックするとHPにつながります。

ここは高台にあってとっても見晴らしがよく、お料理も美味しいうえに、ワインリストがかなり充実。
私は初めて行ったんですが、また来年あたりリピートしたい♪

実は私レストランで料理の写真を撮るのが恥ずかしいというか苦手で、普段は滅多に撮りません。
でもちょうど案内していただいた席の周りに他のお客さんがいなかったので、今回だけは特例でこっそり撮影。私達はいつもスペイン時間にしてはレストランに行くのが早く(大体13時30分到着)、食べ始めはいつもまわりに全然人がいない。でも14時を過ぎてどんどんお客さんが入ってきて、帰るころ(15時30分くらい)には満席、みたいなのがパターン。今回もまさにそんな感じでした。


●私の一品目、数種類のキノコのソテー&鴨の生ハムと海老
e0205478_1204081.jpg


●相方の一品目、セップス茸のカルパッチョにフォワグラのスライス
e0205478_1213252.jpg


●私の二品目、私は鴨のマグレ・オレンジソース
e0205478_1225731.jpg


相方は二品目に子ヤギのグリルを食べてましたが、すでにこの時点で面倒になり写真撮影放棄ww
なのでデザートの写真もなしです。ちなみにデザートもかなり色んな選択肢がありましたよ。

●ワインは酸味があってオレンジに合うLa Llopeteraの2010年もの。
ブドウの種類はピノノワール(Pinot Noir)で、この地方Conca de Barberà産。なかなか気に入りました。
e0205478_1391928.jpg


ああ、駄目だーー。
私が食べ物の写真を撮ると、すごくまずそうに写る!
とりあえずカメラのせいにしておきましょう。


バルセロナだけがカタルーニャではなくて、内陸部にも良い所いっぱいあるんですよ♪
とりあえずモンブランクはおすすめTOP10に入るので、是非お立ち寄りくださいね。


それではまた


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-11-12 01:40 | 近場におでかけ | Comments(10)

城塞都市 Montblancの商店街

昨日久々にMontblancという城塞都市へ行ってきました。
バルセロナからだと高速で1時間強かしら?
うちからは山道&国道で50分ちょっと。

Montblancと聞くと、お菓子のモンブランを想像してしまうけど、
白い山という意味の街です。
サン・ジョルディの伝説に出てくる竜が住んでいたのがこの街(というか村)。

小規模ながら見どころいっぱい。

●街の案内図、手書き風なのがいい感じ。
e0205478_1932646.jpg


城壁をくぐると、まずは商店街に突入。個人経営のお店ばかりでレトロな感じ。

●こういう雰囲気、大好きです。
e0205478_19113838.jpg


●素敵なケーキ屋さん(Pastisseria)が数軒あって、こちらはショーウィンドウに面白いチョコレートを並べてました。
e0205478_19125629.jpg


●目玉焼きをかたどったチョコレート
e0205478_19132761.jpg


●サラミをかたどったチョコレート。これお土産にいいかも。
e0205478_19142978.jpg


●あっ、チェーン店があった!と思いきや、ドイツ本国ではすでに潰れてるSchlecker(笑) 相変わらずもっさい感じの店構え。
e0205478_19292341.jpg


●カタルーニャ料理に欠かせない器具がそろったお店。
後ろの白いのはお水やワインを保存する容器、隣の茶色はサングリアの容器、
下段:左はワインを飲むポロン、真ん中がにんにくやナッツを砕く鉢、そして右がオイル入れ。
e0205478_1926450.jpg


●↑ このお店の入り口で、むむっと唸ってしまった。
Openが日本語では動詞になっている。。。中国語の訳、果たしてこれでいいのか?
e0205478_19413912.jpg


●地元のお祭りで使われるものだと思うんですが、サン・ジョルディ伝説の竜&被り物の人形。なんてすっとぼけた顔をしてるんだ。
e0205478_1946145.jpg


●新発売だという馬の置物シリーズ。モンブランクの紋章付きですが、いやげ物レベル。
e0205478_19464632.jpg



●おばちゃん達の観光客が多かった日。スペインのおばちゃん、みんな小さい。
 平均身長153cmといったところか。
 女性ばかりだとかしましいのは世界共通ですな。
e0205478_19481988.jpg



あ、、、商店街の話だけで終わってしまいました。ww
次回は歴史的建造物&レストランのお話でも~。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-11-10 19:52 | 近場におでかけ | Comments(0)

野生のフラミンゴ&田んぼの景色に癒され

昨日うちから2時間南下したDelta de L'Ebre地域に行ったところ、ものすごく癒されました。

まずはデルタ地方の説明から。

バルセロナからバレンシアに向かうと中間地点にあるAmpostaという街。
ここから少し東に進むとDeltebre村があります。
詳しくはここの観光案内所で地図とかもらってね。(←英語話せるお姉さんがいる)

デルタ地方はお米の産地、そして自然公園があって野生の鳥がたくさんいます。
野鳥観察が好きな人には天国、鳥嫌いな人には地獄ですね。

ちなみに野生のフラミンゴを見たい方は、この地図の右下にある細い陸路を抜けて、
料理用お玉みたいな形の島まで行っちゃってください。

e0205478_17324190.jpg


島の入り口は塩田で、車はそこで止めてビーチ沿いに歩くと、野生のフラミンゴが見える展望台があります。

e0205478_17442331.jpg


といっても肉眼では「あれ鷺?白鳥?」みたいな距離ですので、
双眼鏡を持っていくことをお勧めします。

●肉眼で見ると、こんな感じ ↓ (眉間にしわを寄せて探すと、左側に白っぽい鳥が数羽見つかるはず)
e0205478_17473363.jpg


●双眼鏡でみるとこう見える! (こちらはデルタ関係のネットからお借りした画像)
e0205478_17481378.jpg


ぼーっと見てたら、そのうちの一羽が飛び立ち、
その雄大な姿を見つつ「そういえばフラミンゴって飛ぶんだっけ」
などとアホなことを思ってみたり。。。


さてデルタ地方と言えば、延々と続く水田地帯が有名。

もうすぐ稲刈りシーズン、車で通り抜けるだけで稲の良い香りが漂ってます。
なんだか懐かしいアジアの香り。

日本の実家のまわりは田んぼではないけれど、それでも日本に住んでた時に見ていた田んぼの風景が続き、なんとも言えないまったりした気分に。

e0205478_17543719.jpg

e0205478_17574100.jpg

e0205478_17574476.jpg


なんだか海や山の景色より、田んぼの景色のほうが癒されるなあ。

お昼にはもちろん名物であるお米料理を食べたり(アーティチョーク、ミニ空豆、豚のリブ入り)
e0205478_182050.jpg


ついでにこの地方で食べるという、カエルの唐揚げ(←鶏肉みたいな感じ)を食べたり
e0205478_1831390.jpg


水田横のベンチでまったり (写ってるのはお昼寝中の相方の足。私は優しいのでw膝枕をしてあげた)
e0205478_1851480.jpg


ここのベンチでぼーっとしてるのがホント気分よくて、
ここで物思いにふけってたら思わず詩人になってしまうかも。
いや、私は詩の基礎が分かってないから、標語みたいな俳句どまりか。

とにかくデルタ、お薦めです。
来年もこの時期遊びに行こう。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-08-28 18:12 | 近場におでかけ | Comments(8)

男前な義理の妹&コスタブラバ

先週末コスタブラバのPalsへ行った話。
場所はバルセロナから海沿いに北上し、フランス国境に近づいた辺り。
義理の妹(うちの相方の弟の嫁)の両親がそこに休暇用のアパートを持っており、ちゃっかりお泊りでお邪魔してきました。

相方3兄弟とその嫁&子供達、そして初日は義理の両親も参加で、いつもながら騒々しい。

●簡素だけど、静かだしプールもついてるし、ロケーションよしで素敵。

e0205478_0552320.jpg



さて二日目に、ビーチへ繰り出したわけですが。。。

●コスタブラバの北部は、本当に水が透明で美しいですよ♪

e0205478_1135171.jpg



タオルを敷いて、さあ海へ~と思った瞬間。

義理の妹がいきなりトップレスになった!

あらま、大胆なっ、と思ったら、、、それだけでは済まなかった。

さらに競泳用のキャップを被り、ゴーグルをつけ、さらに足にはダイバーのようなヒレを装着し、手にも水かき用の用具を装着!!!

●こういうやつです。 これでトップレスだと想像してください。(笑) ↓  
(画像はネットからお借りしました)
e0205478_1294073.jpg

e0205478_1245155.jpg


でもって数秒後には、ザブーッンと海に飛び込んで視界から消えました。。。。


今見たのは何? 幻影?


海辺でトップレスの女性は別に珍しくないけど、普通ゴロゴロして日焼けしてるか、海でも浅いところで浮いてるくらいで、こんな本格的な競泳装備の人見たことない(笑)。


綺麗な女性なのに、髪はすべて競泳キャップに包まれ、手足にヒレつけてるし、もう見た目はオリンピック選手。なのに胸だけ露出してる。

すごくアンバランスで、もう可笑しいのなんのって。


色んな意味で、あの姿がまぶたに焼き付いたわ。


そして忘れたころに義理妹が、これまたすごいスピードでぐんぐん浜に近づいてきた。
海からあがった時のスタイル、いかり肩で何とも勇ましかったな。
もう、、、素手でマグロでも捕まえてきたんじゃないかってくらい。 


どんだけ男前なんでしょう。カッコよすぎる。。。
スポーツ万能ってのは知ってたけど、後から聞いた話ではカタルーニャの競泳大会で賞を獲得したことがあるらしい。うん、そう聞けばあの並外れた泳ぎっぷりは理解できるわ。


またあの面白いスタイルが見たいので、来年も義理妹と一緒に海に行こう(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●PALS おまけ情報
旧市街から海へ向かうロータリー横に、大きなグリルチキンのレストランがあります。
その名もCan Padrès。(1号店はチキン専門、2号店はBBQもあり)
ここ美味しくて、うちはPalsに行くと必ず立ち寄ります。
室内と屋外の席(ビヤガーデンみたいな感じ)があり、すぐ横に小さい公園もあるので小さいお子さん連れにもお勧め。

e0205478_1193382.jpg

e0205478_1225053.jpg



それではまたね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-07-14 01:36 | 近場におでかけ | Comments(10)

自由すぎる、、、勝手に休業

こちらは本日まで3連休です。
昨日の夜は、夏の始まりを告げるサンジュアンのお祭りで、爆竹や花火が賑やかでした。


で、一夜明けた月曜の今日。
モンセラート山(のこぎり山、の意)の麓にあるコイバト(Collbató)に行ったんです。
お目当ては les Coves del Salnitre という鍾乳洞。なんでもガウディがその鍾乳洞の形からサグラダファミリア建築のヒントを得たとかいう話があります。


あらかじめネットで見たら、月曜が定休日(しかし祝日の場合はオープン)とあったので行ってみたら、、、

駐車場横のチケット売り場、完全に閉まってました。
やられたわ~。

●下の写真の車が止まってるあたりにチケット売り場がある。(閉まってたけど)
e0205478_0535193.jpg



チケット売り場から鍾乳洞の入り口までは徒歩で10分ほど離れています。
時間があったので、ハイキングがてら鍾乳洞の入り口まで登ってみたけど、やっぱり扉は固く閉ざされてました。


意味が分からないのは、、、

1)チケット売り場には「週末の午後と祝日は鍾乳洞で直接チケット買えます」 と注意書きある。

2)しかし鍾乳洞の入り口には「週末と祝日は午前XX時からXX時、午後はXX時~、チケットは駐車場横のチケット売り場で購入のこと」と記載。

3)村にある観光案内所のドアには、「鍾乳洞の定休日は月曜だが、祝日にあたる場合はオープン。チケットは駐車場横の売り場で購入」と記載。

●観光案内所。もちろんここも閉まってます~
e0205478_0543193.jpg



統一性のない情報だけど(涙)、とにかく祝日にあたる本日月曜は午前中も空いてなきゃいけないはず。


あれだな、昨日がサンジュアンのお祭りで夜中まで騒いでたから、今日は営業する気なんてないんだな。
臨時休業ってやつだ。でも張り紙とか出さないで勝手に休業。
相変わらず自由すぎる。


滞在8年目を迎え、ワタクシは大抵のことは仏の心で受け止められるようになりました。そう、怒ってはいけない。「何故」と思ってはいけない。 営業日のはずなのに閉まってる。ま、そういうこともあるだろう。お祭りの翌日で二日酔いとか、寝過ごしてるとか、突然「明日は開けなくてもいいか」とか決定したんだろう。


仕方ないので村の中をぐるりと一周して、帰りにごはん食べて帰ってきました。
何しに行ったのかよく分からないけど、こういうこともありってことで。


●モンセラート山は、どんなことがあっても私たちをゆったりと見守ってくれてますw
e0205478_056124.jpg


●村の中はこじんまりしてて結構素敵。
e0205478_0564498.jpg


●駐車場の横で、なぜか馬が倒れてました(暑かったからと思われる。馬も自由すぎる)。
e0205478_0571817.jpg


●道中ポピーが綺麗で、これで救われた感じ。
e0205478_058011.jpg



皆様良い週明けを!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-25 01:01 | 近場におでかけ | Comments(6)

L´ARBOÇ アールヌーヴォーのお祭り (お祭り編)

前回の続きです。
ラルボスの街で開かれた「ムダル二スマ祭り(アール・ヌ―ヴォ―の意)」。
手作り工芸や、食べ物やら、ムダル二スマ系のポスターの販売やらあり、ぶらぶらと散策するには良い感じ。

●スペインのパンはドイツやフランスと比べると地味で、味もちょっと残念(笑)。
e0205478_2255642.jpg


●コカという薄いピザのようなもの。赤ピーマンや茄子と一緒に焼き上げてあり美味。
e0205478_2262751.jpg


●手作りビールやリキュールもあります。
e0205478_22155967.jpg


街の目抜き通りには音楽を奏でる一団、そして昔の衣装を身に着けた人達。

e0205478_223132.jpg


●この女性、ドイツの女優 Franka Potente に似てると思った。

e0205478_22313773.jpg


●カタルーニャのお祭りに欠かせないジャガン(Gegant)という巨人人形、こちらの街のはこんな感じ。

e0205478_22323579.jpg


すぐその横にはレース編みに興じるご婦人グループと、なんと刺繍キットをまとった巨大人形が!(笑)
e0205478_22374510.jpg


それもそのはず、この街はレース編みの歴史があって博物館もあるのです。

●裁縫・手芸はからっきしダメなワタクシ、見てるだけで眩暈が。。。
e0205478_22332984.jpg



てくてく歩いてたら突然現れたメリーゴーランド、思わず目を奪われました。

●なんと幻想的な。乗ってみたい、、、でも私が乗ったら間違いなく潰れる。。。
e0205478_22345946.jpg


結構長い間このメリーゴーランドの周りをうろうろしていて、係りのおっさんに怪しい人と思われたかも。
ということで後ろ髪引かれながら、この街を去ることになりました。

それでは皆様良い週末を。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-01 22:42 | 近場におでかけ | Comments(7)

L´ARBOÇ アールヌーヴォーのお祭り (建物編)

カタルーニャ地方にはムダル二スマ (Modernisme)様式の建物が多く存在します。
日本ではフランス語のアールヌーヴォーという呼び名で知られるあの優雅な様式美、ガサツな私の憧れ。
わがPenedes地方のラルボス(L'Arboç)という小さな街もその一つ。
↑ って偉そうに書きましたが、最近知ったw

バルセロナからタラゴナ方面に向かう国道沿いにあるこの街、今までは完全無視の存在でした。なぜなら国道側からの風景なんて、さびれたBARに灰色の建物、そしてピンク色の売春宿しか視界に入ってこず、一刻も早く通り過ぎたいくらいの残念な景色。 でもお祭りがあるというので初めて街中に入ったところ、ガラッと印象が変わりました。 なかなか可愛い街でしたよ♪

●ムダル二スマ祭りのポスター
e0205478_1415218.jpg


今回はまず、この街の素敵な建築物の風景など

e0205478_1461457.jpg


青いタイルの建物大好きです。
e0205478_1464776.jpg


この壁ちょっと干菓子を思い出してしまった。
e0205478_147402.jpg


e0205478_1482050.jpg


こちらのピンクの建物はケーキ屋さん。オッサレー
e0205478_1484735.jpg


e0205478_1492899.jpg


昔行ったフランスのナンシーだったかな、あの街の公園の門を思い出します。
e0205478_150511.jpg


e0205478_1511577.jpg


e0205478_1562295.jpg


しつこいけど、国道からの景色と全然違う。売春宿しかないさびれた街だと思ってた。
L'Arboç の住人の皆さん、ごめんなさい~。
ちなみに、この街の名前は植物のL'Arboçと同じ。
Wiki先生によれば日本語名はイチゴノキ (ほんまかいな?)
ほんのり甘くておいしいですよ。
1062年に記された書物によると、このあたりの地域はイチゴノキに溢れており、それが街の由来となったらしい。

● ↓ これがイチゴノキ(L'Arboç) 

e0205478_295559.jpg


お祭りの様子はまた次回~。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-05-28 02:17 | 近場におでかけ | Comments(4)

名ワインの産地 プリオラート

名ワインの産地であるモンサン(Montsant)とプリオラート(Priorat)。
さほど遠くないのに行ったことがなかったので、ドライブしてきました。

e0205478_1723399.png



うちからは山道をのんびり走り、1時間半ちょっとでSiuranaの貯水池(Pantà de Siurana)に到着。夏はカヤックもできるみたい。

e0205478_1724635.jpg

e0205478_17242337.jpg



ここから数キロ北上するとCornudella de Montsantという村に到着。
その村にある観光案内所で地図などをもらいました。
田舎の観光案内所に行くと、アジア人が珍しいためか「どこからいらっしゃいましたっ?」と聞かれることが多く今回も然り、、、でも私おとなりの県に住んでるので、うちの村の名前をいったらちょっとガッカリされたような(笑)。なので最後に「もともとは日本出身です」と付け加えると、担当者は満足げ。


それにしてもプリオラートの風景はとっても荒々しい。
夏は相当の暑さになるのではと想像できる。
私はペネデス地方の葡萄畑に囲まれた場所に住んでいるけれど、プリオラートの葡萄畑はまた様子が異なる。CAVAが生産メインの前者は平らな土地に、数キロ、または数十キロに渡って延々となだらかな葡萄畑が広がるのだけれど、後者は山の斜面を利用したり、面積が少ない印象。プリオラートは土壌に特徴があり、ミネラルの味が強い個性的なワインで、お値段も少々お高め。いつか浴びるほど飲んでみたいわー。

e0205478_1884473.jpg

e0205478_189465.jpg



お次はEscaladeiという村に移動し、 Cartoixa de Santa Maria d’Scala Deiという修道院を見学。本来なら2013年3月で修復作業が終了予定だったのに、やはり予算が足りないみたいで(スペインの不況です)、ほったらかしの工事現場みたいになってたのが残念。こちらは英語のリンクを貼っておくので、興味のあるかたはどうぞ → 修道院のご案内


e0205478_1810334.jpg

e0205478_18102275.jpg


このあたりの村では、下の写真のような大きなワインの貯蔵庫を見かけます。

e0205478_1811558.jpg


道中Gratallopsという村でお昼でもと思ったけど、どのお店も妙にお高め。
週末だしイースターだし、、、観光だけで食べてる村だから仕方ないのかな。
でもこれといった決めてもなく、結局この地方で一番大きなFalsetという街(というか村?)まで移動し、そこでお昼を食べました。特にお目当てのレストランがないなら、こうやって大き目の場所で探すと選択肢が多いと思います。


バルセロナからだと高速でタラゴナ方面に向かえば1時間半ほどでREUSに出られます。
そこから内陸部に入ればプリオラート地方はすぐ。
広大な景色やワイナリー巡りもきっと楽しいと思います。
ただし車がないと非常に不便なので、それだけはご注意を♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-04-01 18:25 | 近場におでかけ | Comments(2)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

Cocomeritaさん..
by penedescat at 03:16
ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14