カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

見たかった景色

一週間のドイツ滞在を終えてカタルーニャに戻ってきたところです。
なんだか最近あちこち移動が多いな。

相方の出張に途中から同行したので(もちろん私の飛行機代は自腹)、デュッセルドルフを拠点にあちこちうろうろ。私の仕事も忙しい時期だったため、会社のPCを持参して平日は現地から仕事してました。

今回は珍しくお天気に恵まれ、八重桜があちこちで咲いてて綺麗。
e0205478_23161355.jpg


デュッセルドルフは何度も行ってるけれど、今回どうしても行きたい場所があったのです。ここ1年ほど湖見たい病にかかっていた私。どうせなら郊外にあるUnterbacher Seeという湖に行きたいと思いつつ、前回はお天気が悪くて断念。今度こそはと、夕方仕事が終わってから一人でバスを乗りついで行ってきました。

時々日がさす薄曇りのお天気。
バスを降りてからどっちの方角かなとアンテナを張り巡らせて、すぐに湖に続く道を発見。ひんやりした雑木林を抜けると、水辺特有の湿った空気を感じる。1時間しかゆっくりしてられないから、一刻も早く湖に着きたくて早歩きです。とは言え足が短いので、早歩きしてもドイツ人の普通のスピードくらいですが・・・。

嗚呼、この景色に出会いたかったのだ。

e0205478_23245527.jpg


白鳥が寄ってきた。ごめん、餌持ってないよ。
e0205478_23261160.jpg


ジョギングしてる若者や、犬の散歩や、手を繋いで散歩してる老夫婦などの姿を見かけました。スペインのビーチで日光浴びまくりというのではなく、こういうしっとりした場所での散歩、なんと豊かな気持ちになることよ。

とにかく実現できたことが嬉しくて、あっちに行ったりこっちに行ったり。落ち着け、私。
挙動不審な東洋人と思われていたかもしれない。
e0205478_23293322.jpg


このUnterbacher See、ドイツ国内では特に有名な湖ではないのだけど、それでもやっぱり湖畔は落ち着く。次回もこのエリアに来たら寄ってみようかな。

ところで今回は最終日に一人で電車でフランクフルトへ下りて、1日ゆっくりしてからバルセロナに戻ってきたのです。女友達と4年ぶりに再会し喋りまくって、ああ私にはこういう時間が必要だったと実感。
e0205478_23432794.jpg


一年の半分をドイツで暮らせたらいいんだけどな。
なんだかんだ言って、言葉も生活リズムも社会の仕組みもドイツの方が楽。
スペイン生活10年になるのに、まだまだ自分の基盤はドイツある事を思い知らされる滞在でもありました。

それでは皆様良い一週間を♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by penedescat | 2016-04-24 23:44 | | Comments(4)

ミラノの運河

早起きの私達は9時半ごろには大聖堂の前へ。
さすがにこの時間帯は人が少ないけれど、お昼近くになると街中に観光客が溢れます。
丁度ブリュッセルのテロの直後だったから、広場にもたくさんの警官がいました。他の欧州都市でもそうでしょうが、人の集まる場所ではライフル抱えた警備員があちこちに配置されてます。なんだかそういう光景が当たり前になってしまって残念。

e0205478_00535550.jpg
ガレリアと呼ばれるショッピングアーケード。見事な装飾で歩くだけで気分が良い。レストランもいくつか入っているのだけど、外からメニューを見たところ強気の値段設定でした。ぜったい観光客はぼられると思う。

e0205478_00541215.jpg

ファッションの街なので、高級なブティックがずらりと並ぶ通りもあって圧巻です。しかしどのお店でも、びしっとスーツを着こなしたアフリカ系のスタイルの良いお兄さんがドアマンを勤めているのは何故だろう。相方は、あれも店のファッションの一部なんだろうと言う。接客スタッフは白人ばかりなのに(もしくは言葉の関係で中国人スタッフ常勤のお店も)ドアマンだけモデルのようなアフリカ系って妙な違和感が。いやもしかしてあの人達はすごい武術の達人で警備員をも兼ねてるのかもしれないけど・・

さて高級ブティックに縁のない私、ミラノの街歩きで魅かれるものは

カノーリ、そしてジェラート! 
って、どっちも本場はシチリアじゃないか。
e0205478_00534237.jpg
e0205478_00542877.jpg
そして大好きなマグノリアの花が満開で、ついついそちらに足が向かってしまう。
最近うちの狭い庭にも苗木を植えてみたのだけど、ちゃんと育つかしら。
e0205478_00550340.jpg

余談ですがミラノの鳩はPizzaの残りをもらってました。そういえばシチリアではトマトソースのパスタを野良猫が食べてたっけ。
私が子供の頃、隣人に飼われてた犬はご飯にお味噌汁かけたの食べてたし、動物達もローカル食ですくすく育つのね。
e0205478_00544411.jpg
ガイドブックも持たずに行ったので、適当に情報探して行ってみて楽しかったのがナヴィリオ地区。運河沿いにお店が並んでいて、なかなか情緒がある場所。コテコテなイタリアというより北ヨーロッパっぽいかな。お洒落なお店も多いし、面白い専門の本屋さんもあります。夜はこの辺り相当賑わいそう。

e0205478_00554426.jpg
e0205478_00551987.jpg
e0205478_00553283.jpg

相方曰く「イタリアは景色も食べ物も文化も似てるし、言葉も簡単だし、全然外国という気がしない。一週間もいたらすっかり地元民に溶け込める」。そのセリフはもう100回以上聞いてる気がするんですが、今回も絶対言うだろうと思ったら初日の朝から出たっ!でもね食べ物似てるっていうけど、似てるのは素材だけではないのかね?アルデンテのパスタは貴方の国にはないし、デザートはイタリアが圧勝でしょう〜。

ミラノなんてつまらないよと色んな人に言われるけど、案外住みやすそうな街って印象です。でもすぐお隣のトリノとどっちが好きかと聞かれれば、やっぱりトリノだな。いずれにせよ将来イタリアに住む可能性はゼロですが・・・3か月くらいなら住んでみたい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-04-13 08:51 | | Comments(0)

ミラノの路面電車

忙しい、忙しいが口癖の人は苦手。
でも悲しいかな、最近の私が正にその状況です。
いや最近というより昨年末の休暇明けからノン・ストップかな。忙しいはあんまり口に出さないけど、すっかり余裕がなくなっております。
ああもう早く楽になりたい〜、早く人間になりたい!

ということで気分転換に、イースター休みはミラノへ行ってきました。
イタリア人の同僚達に「ミラノに行くよ」と伝えると、全員に「わざわざミラノへ?何しに行くんだ!」とすごい嫌な顔された(笑)。確かに他のイタリアの街に比べて観光地は少ないけど、何故そこまで嫌われてるの?

さて今回のミラノ訪問で、一番心に残ったもの。
それは大聖堂でショッピングアーケードでもなく・・・
路面電車です。トラムではなく敢えて路面電車と漢字で書きたいアレ。

ミラノにはたくさんの路面電車が走っており、多くがレトロな型で格好いい。こういうのに揺られてのんびり外を眺めていたい。ずっとずっと、景色に飽きるまでそうしていたい。

e0205478_01163656.jpg
e0205478_01165336.jpg


おおっ、Trussardi。さすがイタリアね。


e0205478_01171176.jpg

ガラスの面積が広くて景色がよく見える。
それにしてもこの路面電車、混雑してると摑まる場所あんまりないな、などと現実的なことを思ってみたり。

e0205478_01173232.jpg

ランプもいい感じ。ファッションの街なのに路面電車はレトロ、このコントラストが素敵ですな。
e0205478_01175149.jpg
ミラノのお話はまた次回。
お仕事の締め切りが来週火曜日なので、その後ね♪


[PR]
by penedescat | 2016-04-07 01:30 | | Comments(0)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46