カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

これ日本のどこ?

先日とある旅行会社のショーウィンドを覗いたら、こんなもの発見。

日本へのガイド付きツアーのご案内。

e0205478_14563.jpg


ぱっと見で全然どこの観光地か分からないんだけど、
この風景本当に日本に存在するのだろうか?

東京でもないし、京都でもない。

もしや別の国の風景を適当に貼ってみた?
でもそうなら詐欺では・・・

気になって仕方ないので、誰か心当たりがあったら教えてー。


※追記※
本日、この写真は中国の麗江古城であることが判明しました。
今度ここの旅行会社に嫌味を言ってみますw。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2015-02-16 01:48 | その他 | Comments(6)

さすがフィンランド製 (靴の滑り止め)

今週はすごく気温が下がって寒い!
うちは山の上なので朝なんてマイナス4度ですよ。
しかも水曜はまさかの大雪。
30㎝位積もって、雪かきが大変でした。

e0205478_23582017.jpg


滑って転ぶことが何よりも怖い私。
でも今年は結構余裕なんです。
というのもすごく高性能の靴の滑り止めを持ってるから。
その名もDevisys, フィンランド製。(写真はネットでお借りしました)

e0205478_23543895.png
e0205478_23545474.png



実は昨年北海道に旅行する前に買いました。
もちろん日本でも滑り止めは売ってるけど、どうも作りがいい加減で納得がいかず。

そうこうしてるうちにドイツのサイトで靴の滑り止めの比較レポートなるものを発見したんです。
Devisysはそこで堂々の一位でした。
Made in Germanyにこだわるドイツが、他国の製品をあんなに評価するなんて、と少々驚いたのが本音。
それで早速注文したのだけど、北海道旅行中は毎日大活躍。
スケートリンク状態の道でも転ぶことなく、本当に助かりました。

さてこのDevisys、こんな感じで靴底にひっかけてマジックテープで幅を調整するだけ。
装着が数秒で出来るのも魅力的。
あー、もうドイツに住んでる時にこれを買っておけば良かったな!

ちなみに私の靴のサイズは日本だと23㎝、欧州だと36。
でもDevysisは靴底のかかとの横幅に合わせてサイズをみるので、靴のタイプによってサイズが変わります。
私の場合だと、細いヒールのショートブーツだとSでもいけるかもしれないけど、スニーカーだとMが丁度良い。
しっかりと幅のある登山靴だとLサイズでも大丈夫。
ただその場合はマジックテープをかなり深い位置でとめることになりますが。
 
このプロモーションビデオ、フィンランドらしくすごく真面目な感じなんだけど(笑)、これ大袈裟じゃなくて本当に良い仕事してくれるんですよ。


余談なんですが・・・
この商品、実は日本でも通販で購入できるみたいなんです。
でもね、名前がすごいの。

スッベラネン っていうんです。

滑らない、にフィンランド風の名前XXネン(例hakkinen)を混ぜてる。
小林製薬のようなネーミング。
そのセンス、嫌いじゃないな!

フィンランド大使館の人なんて、ご丁寧に「スッベラネンは日本の造語です」ってTwitterに書いてた。

そしてもっとびっくりしたのは、とある通販サイトにあった一文。
「滑らないスッベラネンは実用性も兼ねた受験生のお守りとしても抜群です」。

・・・まさかのこじつけ。
日本という国の商売根性はすごいわ。

それでは皆様、良い週明けを!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2015-02-08 00:03 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(12)

日本語書籍を海外発送してくれる業者さん

前回ネットで注文した本が届いたという話をしましたが、
どこにお願いしようかといろいろ調べた結果、こちらにお願いしました。
結果的にすごく満足です。

総合書店honto (←詳しくはリンクをクリックしてね)

決め手は4点:

●海外発送については消費税抜きの価格を適用
●本一冊につきXX円などのサービス料が不要
●送付方法はSAL便や船便もOK
●普通郵便の場合、送料は郵便局の実費料金のみ


税金ってばかにならないもので、例えばDancyuの本は(税込)が¥1,008のところ、海外発送なので(税抜)¥933。
本5冊の税抜き価格の合計が¥3,313。
そこにSAL航空便の料金が¥1,880が追加され¥5,193円が合計支払額でした。
印刷物扱いなので比較的お得な送料だと思います。

スペインはここ数年、45ユーロ以上の品(送料も含む)が日本から届くと、税関にひっかかるという嫌な事象が起きており、私も一度の注文は45ユーロを超えない程度でお願いしています。
この規定について詳しくはこちらをどうぞ

それから梱包に関してもhontoさんは丁寧で大満足。
段ボールと本の間にきちんと梱包材が詰めてあるのは言うまでもありません。
5冊の本はまとめて透明のビニール袋に入っていたのですが、そのビニール袋の中で本が互いに動かないように、その中にも梱包材が詰めてあってびっくり。


実は数か月前まで、別の業者さんに雑誌の定期購読発送をお願いしてました。雑誌はまず透明のビニールに包まれ、それが厚めの封筒に入って届くシステムでした。でもコスト削減か、途中でビニール包装を辞めてしまい、雑誌がそのまま封筒に入って届くように。その結果、雨水に濡れてひどく波うったページの雑誌が届いたことが。
報道写真の雑誌だったのに、素晴らしい写真の半分ほどがボコボコになりひどいものでした。

その業者に訴えたところ、日本で豪雨が続いた時期の話で、先方が雨に濡れたのは日本国内でだと認めたものの交換や返金という対処はしていただけず。
「ビニール包装は廃止したが、次回から貴方の注文にだけは特別にお付けします」という対処法を提案されたのですが、なんだか納得いかなくて。

私決してクレーマーではないけれど、こういう応対しか出来ない業者さんは無理、と思って定期購読も打ち切りました。

さてさて話もどって、hontoさん。
唯一の難点といえば、注文時に送料がすぐにわからないこと。
ただし発送時にちゃんと合計金額がメールで通知されます。
よほど重い本でなければ、だいたい注文した本の重さは予想がつくもので、
自分で郵便局の料金表で確認しておけば、そんなにびっくりしないとは思うけど。

ということで、私は次回もこちらにお願いするつもり。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2015-02-01 18:51 | その他 | Comments(8)

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34