カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

長期海外在住者に朗報? 日本での免税対象品目が増えます。

来月10月から日本では、外国人旅行者向け消費税免税制度が改正に。
今まで免税対象は家電、装飾品、衣類、靴、かばん等のみだったものが、10月からは全商品が対象になるんだそうです。


統計によると日本を訪れる旅行者の購入品で多いのは

●お菓子
●食料品
●化粧品
●医薬品(ドラッグストア系)
●お酒


納得だな、このラインナップ!


今回対象を全商品に広げて、しかも免税手続も簡素化して、旅行者の購買意欲を高めようというもの。

ちなみに日本で免税手続きがとれるのは何も外国籍の旅行者だけでなく(外国籍でも長期日本滞在してる場合はムリ)、海外に長期滞在している日本国籍所有者もOKなんですよ。

免税対象となる「非居住者とは」 

●一般的な外国人旅行者等
●日本人であっても、2年以上外国に滞在する目的で出国し、一時的に日本に入国し、滞在期間が6ヶ月未満で出国する者等


厳密には「その非居住者の同一店舗における1日の購買額の合計が5千円超50 万円までの範囲内」ということなのですが、
詳しくは観光庁のサイトで見てね♪


今までは大都市に集中してた免税店を地方にも拡大すると言ってるので、大き目のドラッグストアにどんどん参加してほしいものだわ。


そういえばネットで購入する時は免税手続きムリだよね。
しかも梱包されたものを日本出国まで開けちゃいけないとなると、荷造りの時に邪魔になりそう。
免税のものは出国審査前に提示しなきゃいけないだろうから、手荷物扱い?
機内預け荷物にしてはいけないのだろうか。
お酒買いたいんだけど、預け荷物に入れちゃダメなら意味ないし。


嬉しいニュースなのに疑問がいっぱい・・・。


雨の多いバルセロナ近辺、すっかり秋模様です。
それでは皆様良い週明けを。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-09-28 19:21 | その他 | Comments(10)

アーモンドと言えばあなた・・・

1年半くらい前でしょうか、日本の両親がアーモンドダイエットをしてる話を書いたんですが。。。
結果数キロ痩せたものの、つい調子に乗って甘いものを食べだしたら体重はもとにもどったみたい。

そんなベタなオチってあるの?

ダイエットに効果があると信じたい、そのアーモンド。
今年は我が家の庭で収穫できました。

1週間ほど前、柔らかい産毛を生やしたうぐいす色の殻がパカッと割れまして、
慌てて全部収穫。

●こんな感じに割れた。
e0205478_23531687.jpg


●可愛い感じの殻でしょ?
e0205478_23554239.jpg


●うぐいす色の殻の中には、茶色の殻が入ってます。
e0205478_23561852.jpg


●茶色の殻を割って、ようやく生アーモンドとご対面。
 つまり2つの殻を割らない事には、アーモンドの実は出てこないと。
e0205478_23565829.jpg



今までアーモンドってどういう状態で実がなるのか知らなかったんだけど、今回自分で収穫してみてよく分かったわ。

さて収穫した300粒のアーモンド。
オーブンで焼くか、フライパンで炒るか、お砂糖でカラメルみたいにするか。

アーモンド食べて、ついでに痩せたらいいな。
うん、、、無理かな。


それではまたね♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-09-25 00:02 | 田舎の生活 | Comments(6)

働くお犬様

8月最後の日曜日のお話。
カタルーニャ北部、ピレネーに近いCastellar de n'Hugという村に行きました。標高は1500メートルはあったかな、空気が澄んでて風光明媚。

今回の訪問のお目当てはコレ。

●牧羊犬のお仕事コンテスト
e0205478_193885.jpg



●村に到着すると、早速土産物屋で牧羊犬のTシャツ発見。
e0205478_1164594.jpg



写真をPC画面で見て初めて気がついたのですが、Tシャツの左側に写ってるブツ。ワインとかお水を入れておく容器なのだけど、形が。。。
さすがスカトロと下ネタの多いお国柄ですね。

さて会場に到着するとすでに競技が始まっており、羊飼いのおっさんの叫び声が響いておりました。犬に指示を出しているのですが「座れ!左! 離れすぎ!」などなど、すごい怒鳴りよう。人に命令されるのが大嫌いな私、生まれ変わっても牧羊犬にだけはなりたくないな。


●羊飼いのおっさん、カッコイイ!
e0205478_1235378.jpg


●こちらの羊飼いさんは遥々バスク地方から参加。お犬様にはバスク語で指示を出しておりました。
e0205478_125152.jpg


●追われる立場の羊たち
e0205478_1261277.jpg


●傾斜を利用した広い会場。っていうかただの広場です(笑)
e0205478_1264769.jpg



どういう競技かと言うと、
1.まずは広場に羊達が放たれる。
2.お犬様が登場。群れの左に右にとせわしなく走りまわり、群れをまとめていく。

e0205478_13816.jpg


3.お犬様がいったん広場の上部に羊の群れを集合させる。
4.最後はその群れをうまく誘導して、下部にある囲いの中に入れる。

e0205478_1385054.jpg



以上がお犬様のお仕事で、これを制限時間内にやり遂げないとダメ。
いつもの仕事場と違って観客がいるから羊も犬も興奮しちゃってね。。。
観客に向かって突進する羊、いつもの調子が出ず全然羊をまとめられないどんくさいお犬様。どんなに羊飼いが叫んでも全く無視(罪悪感なしの様子)の自由すぎる御犬様。
私どちらかというと犬好きじゃないんですけど、この競技鑑賞は面白かった。


羊飼いなんて、まだ存在するんだ~と思ったアナタ。
いるんですよ。
別にピレネーまで行かなくても、うちの村にもいる。。。
しかも大抵はおっさん。 だからこそ哀愁が漂ってていいんです。
一匹狼タイプの男性には向いてる職業かもしれませんね。


★★ おまけ ★★

Castellar de n'Hug村の観光名所的な建物と、巨大クロワッサン。(下の段のジャムの瓶と比べてみて)
クロワッサンは売り物ではないと思うけど、あちこちの店にありました。枕にするとフワフワでいい夢見られそう。

e0205478_1472075.jpg


e0205478_1482328.jpg



それではまたね♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-09-18 01:51 | 近場におでかけ | Comments(8)

ニセ札を使う現場に遭遇

人生で初めて、堂々とニセ札で買い物する人を見ました。

昨日は恒例のビール購入にLidl(ドイツ系の激安スーパー)へ。
レジに並んでいると、私の前にいた人が支払の番になりました。
財布から20ユーロ札を出し、レジの担当の女性に渡します。

しかし・・・
レジの女性はすぐさまその20ユーロを紙幣チェッカーに通しました。
そしたら赤いランプが点滅してOKがでない。
隣のレジまで行って、そちらの紙幣チェッカーを試したものの、やはり赤い警告ランプが点灯。

こちらでは大きな店だと50ユーロ札で支払おうとすると、ニセ札でないか紙幣チェッカーなる機械にお札を通す所が多いけど、さすが激安スーパー(←ちょっと客層もアレだったりする)、20ユーロまでチェック?!
ぱっと見、全然普通の20ユーロなんだけど、やっぱり手触りが違ったのかなあ。

レジの女性きっぱりした態度で
「これニセ札!」と。

その間、その紙幣を出した男性はさほどびっくりした様子もなく
「えっ、そうなの?えっと・・50ユーロ札を両替したのはどこだっけ。
あー、昨日あの売店でお年寄りの女性から受け取ったんだった」などとゴニョゴニョ言ってる。

レジの女性がフロアマネージャーに連絡している間、その男は
「あ、じゃあカードで支払いますよ」と20ユーロ札を取り返そうと試みる。

でもレジの女性は「法律でニセ札が見つかったら警察を呼ぶことになっているので」とお札を返さない。
男はとりあえずカードで支払いを終え、しかし妙に冷静な感じ。
その間にフロアマネージャーや他の係り員もやってきて3人がかりでお札をチェック。

最初は不幸にもどこかでニセ札掴まされちゃった人なのかと思ったけど、
すぐにカードで支払おうとするところ、それから「お札は絶対返却できない」と言われたら、じゃあそれはもういいですとあっさり手放す態度に、「あ、この人知っててやってるんだ」と確信。

もし私が知らないでニセ札掴まされてお店のチェックに引っかかったら、まずびっくりしてお財布に入ってる他のお札もそうじゃないか調べてもらったり、警察が到着したら調書に協力してどこで換金したのか教えるし、なによりもその20ユーロ、本物の20ユーロに換金できるチャンスはないのか(←多分ないわね)とかしつこく聞くと思うけど。

その男はとりあえず買ったものを車に積みたいと、荷物をもってスーパーの駐車場へ。
私達も偶然その男の後ろをついて外にでる形になったのだけど、その人それまではスペイン語で喋ってたのにすぐに携帯出して激しい口調で、誰かとアラブ語で話してた。

恐らく彼はモロッコ人で、ニセ札詐欺のリーダーにすぐ連絡したんでしょう。
結局車に荷物を積んで、警察が到着する前に去っていきました。


お店の人はなんで警察が到着するまで彼を拘束しなかったのか謎。
でも店の内部も駐車場も監視カメラがあるし、支払ったカード(←これも盗んだものかも)の情報もあるし、そのデータを警察に渡せばお店の役割は終わりなのかも。

それにしてもよく出来た20ユーロだったな。
手触わりはどうなのか、触らせてもらえば良かった、と後からふと思った。

そう言えばどこかのガソリンスタンドで、これまたモロッコ人と思われる人から
「お札で払うから、君のカードで支払いしてくれないか」と話かけられたことある。
なんだそのややこしい話は、と思って相手にしなかった。
あれも多分お札はニセ札なんだろうね。

皆様もご注意あれ。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-09-05 01:49 | 世の中で起きてること | Comments(4)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

Cocomeritaさん..
by penedescat at 03:16
ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14