カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日本がハーグ条約に加盟して3週間がたちました

4月1日に日本がハーグ条約に加盟しました。
様々な日本のメディアに目を通していますが、たいして話題に上がってませんね。
とても重要な出来事だと思うのですが不思議です。。。

ハーグ条約とは簡単に言えば、婚姻破綻などで片親が子供を外国に連れった場合の取決め。
典型的なケースでは、国際結婚をした日本人女性が、パートナーの承諾を得ずに子供を連れて
日本に帰国するパターンでしょう。

日本では離婚後は単独親権で、母親が子供を引き取るのが当たり前と考える風潮があり、
国際結婚においても「母親が子供を連れて帰国して何が悪いの?」という感覚に陥りがちです。
しかし国際ルールを無視して子供を連れ去ると、それは誘拐とみなされます。
そんな大げさな、と思われるかもしれませんが現実なのです。

ちなみに国際警察機関であるインターポールのサイトには、現在18名の日本人が国際指名手配されており女性の多くは「子供誘拐」の容疑。 

リンク右上のWanted Persons から Nationality(国籍) Japanを選べば、その人たちが名前と顔写真付きででてくるし、同じく右上Missing Personsから同様にJapanを選ぶと、片親に連れ去られたハーフの子供たちが写っています。ただしここに掲載されているのは国際指名手配にまで至った件のみであり、実際に起きている連れ去りの件数はずっと多いでしょう。

ところでインターポールの名前、あまりお馴染みでないかもしれませんが。。。
身近なところでは空港で出入国審査をする際に、係員がパスポートをスキャンしますね。
あの機械はインターポールのデータベースに繋がってるそうですよ。

さて話をもとにもどします。
日本は単独親権だと上に書きましたが、実は先進国のほとんどが共同親権を採択しています。
つまり離婚したあとも子供は定期的に両親に会う権利がある。(国によって面会時間は異なる)
隔週末だったり、夏休みなどはまとまった期間、元のパートナーに子供を預ける義務があるわけです。

今まではそういったルールを無視して、子供を連れて日本に帰国してしまえば、もうそれ以上は相手国の行政機関に追われることはありませんでした。
しかし日本がハーグ条約に加盟したことで、今後は先方の国から要請があれば子供の返還命令が下されます。故に引き渡し要請に対し、然るべき法的手続きをとる必要があります。


ハーグ条約について詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトが分かりやすいかと。

●ハーグ条約の真実

ネットの発達に伴い外国へ移住する女性が増えているように思えます。
それ自体は悪いことはないのですが、少し先の将来を考えて相手国の法律を勉強しておくことをお勧めします。

うちは子供はいないので連れ去りは実質的に不可能なんですが、
ヨーロッパ生活19年になり、親友の離婚をはじめ様々な形の破たんを見てきました。
その結果つくづく実感するのは、自分の身は自分で守るしかないということ。
言語と法律、とにかく知識をつけることが安心につながります。

今日のお話は少々重いですが、私自身の生活に問題があるわけではなく、とっても幸せに暮らしているので誤解のないように〜(笑)。


最後に上記「ハーグ条約の真実」より、大谷美紀子弁護士の言葉を抜粋。

「厳しいようだが、結婚の際に離婚の可能性も視野に入れて情報収集を。離婚後も夫婦が共同親権をもつ国で暮らしていた場合、離婚しても子が成人するまで、子連れで日本に戻って暮らすのは簡単ではないと覚悟した方がよい。」


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-04-21 23:01 | 世の中で起きてること | Comments(11)

台所にシャワーが

同僚のカタルーニャ人L嬢、来週から半年間ベルリンへ行くんです。
現地では在宅勤務で今の仕事を続けるので、住む場所は自分で探さなければなりません。

半年という限られた期間のため、普通のアパートを借りるのは断念し、
WG(Wohngemeinschaft)という、いわゆるシェアスタイルのお部屋を探してるそうです。
でもなかなかこれといった物件に巡り合えず。

そもそもドイツは家具付き物件が少ないうえに、そういう物件は高い。
毎日のようにネットでチェックして、現地とやりとりしてるL嬢。

先日L嬢がPCの画面を見ながら
「ちょっと見て!これはないわーー」 
と憤慨しているので彼女の指さす写真を見ると、そこには


共同キッチンの片隅にシャワー・ブースが・・・


どんな感じか想像できないと思うので、同条件でネット検索したらこんな写真がでてきました。
まさにこんな感じ ↓

e0205478_0371362.jpg


「これはあり得ないね!」
「しかもシャワーブース、ほぼ透明だよ」
「人が料理してる横でシャワー浴びんの?!」
って皆で大騒ぎになったんですが、、、

私よく考えたら、ドイツ時代こういうシャワーのあるお宅を2、3件は拝見したことが!

もうすごく昔の話なので、まさか今でも存在するとは。。。
確かそのお宅もシェアアパートで4名くらいが住んでるWGで、
さらに泊まるはめになったので、どうしようかと悩んだ記憶まで蘇ってきました。

当時私が考えたのは、ドイツ人は一般的に朝シャワー派なので、
夜22時以降くらいにキッチンに人がいなくなったのを見計らって、
短時間でシャワーを浴びるという案。
キッチンのドアに鍵はついてなかったように思います。(笑)

とりあえずドアは締めて、みんなに「絶対に開けるな」と念を押したような。
もうツルの恩返しの世界ですな。

なんとか無事に(?)シャワーを浴びられたけど、
確か翌朝は朝ご飯食べた直後に、誰かが台所でシャワー浴びてたような。
そんな生活、落ち着かない~。

台所に鍵をかければいいのかもしれないけど、共同生活じゃそれも不便だし、
そもそもなんでシャワー用のスペースがないのだ?
他の国で見たことがないので、ドイツにしか存在しないものなのか、、、謎。

話もどってL嬢、もちろんこの物件は断ったそうですが、
あまりお金を使いたくないようなので、希望にある部屋が見つかるかどうか。
人気のベルリンなだけに、ものすごく妥協しなきゃいけない気がするなぁ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-04-20 00:57 | その他 | Comments(4)

どうせ植えるなら食べ物希望

初夏のような気候が続くカタルーニャです。

冬の間は寂しかったうちの庭も、最近は華やかになってきました。


●桜、といっても本物のチェリーの実がなる桜です。
e0205478_1275925.jpg


●可憐な白い花で、我が家にぴったりのイメージ(← 嘘です。。。)
e0205478_1283182.jpg


●アーモンドの木も私と同じくらいの背丈になり、実がたくさんなってます。
 ほら、アーモンドって買うと結構高いじゃない?これで家計が楽になる・・・かな?
e0205478_129494.jpg


●干からびた大地なのにアスパラは問題なく育つ。乾燥に強いのかしらん。
e0205478_1294359.jpg


●食べ物じゃないんですけど、モアイ君の横でひっそりと椿も咲いてます。
 モアイ君の足元、日陰でいい感じに苔が生えてる。
e0205478_1303191.jpg


私は基本、庭に植えるのは食べられるものが良い派。
狭い庭にすでに100種類以上の植物が植わり、年々食べ物の割合が増えている。
うん、いい傾向だ!

あ、ちなみに庭作業担当は相方なんです。
私はたまに手伝うけど、もっぱら収穫専門。
ということで植物の育て方についてのアドバイスは、間違っても私に聞かないでくださひ。


話変わって、先日イタリア人の友人にいただいた乾燥トマト。
ちょっと半生タイプで、以前シチリアの市場で買ったのと同じタイプ。
これを後ほどオリーブオイル漬けにする作業が待っております。
e0205478_1312232.jpg



実はさっき、このドライトマトの細切りと庭のアスパラをパスタの具にしたんです。
地中海式にオリーブオイルとにんにくをベースに塩コショウのあっさり風味。
なかなか美味しゅうございました♪

イースター明けに、庭に植える野菜の苗を仕入れに行くので、
今年はドライトマト用のあの細長いトマト(なんて名前??)を購入しよう。

他には何を植えようかな。
なるべく買うと高いものがいいな。(←これ重要)
ちょっと下調べしなくては。

それではまたね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-04-15 01:35 | 田舎の生活 | Comments(6)

11歳児よ。。。

数日前、相方の弟夫婦に第二子が誕生しまして。
土曜日にまだ入院中のところをお見舞いに行ってきました。

スペインではそれほど珍しくないのかもしれないけど、
この新生児, 生まれたときの体重が・・・

4.2Kgもあって大きい!

便利な世の中になったもので出産直後にWhat's Up経由で赤ちゃんの写真がすぐに出回り、
あまりの大きさに

「でかっ!明日から小学校に通いそうな勢いだね!」
など皆さん言いたい放題(笑)

実際に抱いてみた感想は、、、
標準の新生児より30パーセント増しとあって、ずっしり重かった037.gif

でもとにかく母子ともに健康で良かったです♪
スクスク育ってね~056.gif

ところでてこちらの家庭、すでに11歳になる男の子がいるんです。
早い話、私の甥っ子。

身内の悪口みたいになりそうでアレなんですけど、、、
ものすごくマザコン。。。
しかもママも今まではこの子にベッタリでした。

そのベッタリぶりを最初に見た時、あまりにびっくりして椅子から転げ落ちるかと思った。
(↑ 新婚さんいらっしゃいの桂三枝師匠風に)

そうあれは2年くらい前の話。(甥っ子は当時9歳)
皆でレストランに行った時、甥っ子は持参したゲームに夢中で料理に手を付けない。

そしたら母親がその子を膝に乗せて、マカロニ・グラタンをナイフとフォークで切り分け、
ふーっと冷ましてあげて、その子の口に運んであげてた。

人様の教育方針に口出しする権利はないのは重々承知。
でも正直コレはありえないと思ったわ。

世の中の男の子をお持ちのみなさん、これってどうなんでしょう?
膝に乗せて食べ物を口に運んであげるって、私の中ではせいぜい5歳くらいまでだと思うんだけどな。

でもってもっとびっくりなのが、
ついこの間の家族行事でも、その子がほとんど料理に手を付けないので(←好き嫌いが激しい)、
またしても母親が料理を切り分けて、隣にいるその子の口に運んで食べさせてたこと。

あーもうビックリしたわ。
私の頭の中ではピーッという笛の音とともに「退場」のレッドカードが出てました。
11歳なのに、まだそんなことしてるとは、やっぱり度を越えてないか?

そんな11歳児も、今回の母親の出産によりついにお兄ちゃんとなったわけで。。
でもね、すでにこの子が小さな弟に対して嫉妬してるのが分かるんですよ~。

3,4歳違いならまだ「ママがとられちゃった」みたいに思うのは理解できるけど、
11歳も違うのに、もっと大人になろうよ~って感じ。

今回、母親が出産準備で入院してからも常にWhat's Upで母とコンタクトしてて、
陣痛で母が苦しんでて返事どころじゃないのに(笑)
「ママ、なんで家に帰ってこないの? どうしてすぐに返事くれないのっ?」って
その話をしてくれた時のお母さんの表情、かなりゲッソリしててねw

お見舞いに行った日は土曜日で、
毎週土曜日は甥っ子のバスケットボールの試合があるので
「今日は誰がバスケットに連れてってくれるの?」としつこい。

11歳児よ、弟が生まれた週末くらいバスケット我慢できないのかね?
皆それどころじゃないんだよ~

ちなみに相方の予想では、甥っ子はどんどん拗ねて次のような状態になりそうだと:

●家で食事をしなくなる(お母さんは新生児にかかりきりで、自分に食べさせてくれないから)
 でも3日もすると空腹に勝てず、自分で食事の準備をするようになるw
●自分が注目されなくなった結果、学校の成績が悪くなる

うーん、あの子だったらありえそう。

心配だけど、これをきっかけに少し大人になってほしいものだ。
ということで生暖かく見守っていこうと思います。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-04-07 01:21 | その他 | Comments(11)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46