カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自由すぎる、、、勝手に休業

こちらは本日まで3連休です。
昨日の夜は、夏の始まりを告げるサンジュアンのお祭りで、爆竹や花火が賑やかでした。


で、一夜明けた月曜の今日。
モンセラート山(のこぎり山、の意)の麓にあるコイバト(Collbató)に行ったんです。
お目当ては les Coves del Salnitre という鍾乳洞。なんでもガウディがその鍾乳洞の形からサグラダファミリア建築のヒントを得たとかいう話があります。


あらかじめネットで見たら、月曜が定休日(しかし祝日の場合はオープン)とあったので行ってみたら、、、

駐車場横のチケット売り場、完全に閉まってました。
やられたわ~。

●下の写真の車が止まってるあたりにチケット売り場がある。(閉まってたけど)
e0205478_0535193.jpg



チケット売り場から鍾乳洞の入り口までは徒歩で10分ほど離れています。
時間があったので、ハイキングがてら鍾乳洞の入り口まで登ってみたけど、やっぱり扉は固く閉ざされてました。


意味が分からないのは、、、

1)チケット売り場には「週末の午後と祝日は鍾乳洞で直接チケット買えます」 と注意書きある。

2)しかし鍾乳洞の入り口には「週末と祝日は午前XX時からXX時、午後はXX時~、チケットは駐車場横のチケット売り場で購入のこと」と記載。

3)村にある観光案内所のドアには、「鍾乳洞の定休日は月曜だが、祝日にあたる場合はオープン。チケットは駐車場横の売り場で購入」と記載。

●観光案内所。もちろんここも閉まってます~
e0205478_0543193.jpg



統一性のない情報だけど(涙)、とにかく祝日にあたる本日月曜は午前中も空いてなきゃいけないはず。


あれだな、昨日がサンジュアンのお祭りで夜中まで騒いでたから、今日は営業する気なんてないんだな。
臨時休業ってやつだ。でも張り紙とか出さないで勝手に休業。
相変わらず自由すぎる。


滞在8年目を迎え、ワタクシは大抵のことは仏の心で受け止められるようになりました。そう、怒ってはいけない。「何故」と思ってはいけない。 営業日のはずなのに閉まってる。ま、そういうこともあるだろう。お祭りの翌日で二日酔いとか、寝過ごしてるとか、突然「明日は開けなくてもいいか」とか決定したんだろう。


仕方ないので村の中をぐるりと一周して、帰りにごはん食べて帰ってきました。
何しに行ったのかよく分からないけど、こういうこともありってことで。


●モンセラート山は、どんなことがあっても私たちをゆったりと見守ってくれてますw
e0205478_056124.jpg


●村の中はこじんまりしてて結構素敵。
e0205478_0564498.jpg


●駐車場の横で、なぜか馬が倒れてました(暑かったからと思われる。馬も自由すぎる)。
e0205478_0571817.jpg


●道中ポピーが綺麗で、これで救われた感じ。
e0205478_058011.jpg



皆様良い週明けを!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-25 01:01 | 近場におでかけ | Comments(6)

バルセロナでアパート探し

同僚のL嬢、最近毎日のようにシェア専用のアパートを探しています。
私はスペインでアパートを探した経験がないので、話を聞いていると面白い。

人気のBorn地区を中心に見てまわってるL嬢、どうやら激戦区のようです。
夜遊びに行くにはいい地区だと思うけど、住むにはどうなのかなあ。
4人でシェアのアパートなのに、家賃が月額550ユーロと言われて高いと激怒したり、見に行ったら写真と全然違ってすごく不潔なアパートだったり。。。
毎日いろいろ報告してくれる中で、今週の2件は結構強烈でした。


●シェアの相手は筋金入りベジタリアン
アパート自体は素敵な内装なのに、なぜか家中に仏像がゴロゴロw。廊下を歩くときも仏像を蹴飛ばさないように気を付けなきゃいけないくらいの仏像尽くし。そんなアパートに住むシェアの相手はベジタリアンで、その彼からこんな注文がありました:
「僕はベジタリアンだから、同居人とはいえアパートの中で肉も魚も食べるのは禁止にします」
ちょっと待て~、他人にまで食事内容を制限? →結果、L嬢激怒でこの話はなかったことに。


●シェアの相手に惚れられる
これは今まで見た中で一番良い物件で、パーフェクトな環境。すっかり気に入り、いざ話を進めようとすると、そのシェアの相手がこう切り出した。
「実は、、、君とは一緒に住めそうにないんだ」
なんで???と思って理由を聞くと
「君にすごく魅かれてしまって、、、こんなことは初めてなんだけど、単なるシェアメイトとして一緒に住めないと思う」と切り出した。 L嬢曰く
「リビングで二人っきりで向かい合ってね、そんな風に言われて、もうどんだけ気まずかったか!」

それは気まずいわ~
ということでこちらも早々に切り上げ、アパートのお話はなかったことに。。。

ちなみにその男性はかなりの男前だったらしいけど、L嬢は「私はとことんついてない」とキーッとなってました。 今のアパートを出なきゃいけない日まであと2週間半。 まずは女性専用のアパートを探したほうが手っ取り早いと思うけど、本人曰く、男性とシェアの方が気が楽なんだとか。早く見つかることを祈ってるよ、Lちゃん~056.gif 


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-15 02:10 | Comments(8)

手芸・裁縫が得意な方達

私にはこの世の中で「ははーーーーっ」とひれ伏してしまうタイプの方たちがいます。
それは

●ピアノが弾ける人
●手芸・裁縫が得意な人


男女問わず、です。


ピアノに関しては、幼少時にヤマハ・エレクトーン教室に通ったものの、両手と足を同時に動かすというワザをこなせず挫折。エレクトーンでこんなんだった私がピアノなんて無理無理~。


そして何事にも大雑把な私が最も不得意とするもの、それが手芸&裁縫。
かろうじてボタン付けくらいは出来るけど、それすらもすごく嫌w


言うまでもなく学校時代の家庭科の授業は地獄でしたよ、ええ。
エプロンとかスカートとか、パジャマとか縫わされたわね。
授業時間内にできず居残ったり、家で母親に助けを求めた(笑)記憶もある。
ミシンの糸が絡まった日には、もう奈落の底に突き落とされた感じ048.gif


ということで私、絶対に自分で何かを縫おうとは思いません。
だってスカートとかパジャマとか、買えばいいじゃない(キッパリ)


しかし世の中には器用な方達がいらっしゃるもので、ブログやFB見てても
「子供の服を作ってみた」
「既製品に刺繍を加えて、ますます可愛い仕上がりに」
「ワンちゃん用の服はお手製」
「セーター編んでみました♪」

など、私にとっては絶対にありえない現象が世の中で起きている!
しかも私の周りの女性達は、結構こういう方面が得意ときている。

実家の母親も趣味が高じて袋物教室を開き生徒さんに教えてたし、姉も編み物や手芸が大の得意。友人も割と手先が器用な人が多いし、義母に至ってはその道のプロだったので、自分で生地を買ってきてツーピースの服作っちゃったり。。。


もう本当に私、ひれ伏してます。
大尊敬。
生まれ変わったら、今度は手芸が得意な人になってみたいものだわ。。。


●本文とは関係ないけど、うちの向かいの小学校に住み着いてる野良猫さん。
ワタクシは週末の餌当番なり。給食のおばさん並に張り切ってる私ですw

e0205478_22321722.jpg



それでは皆さん、良い週明けを♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-09 22:38 | その他 | Comments(6)

L´ARBOÇ アールヌーヴォーのお祭り (お祭り編)

前回の続きです。
ラルボスの街で開かれた「ムダル二スマ祭り(アール・ヌ―ヴォ―の意)」。
手作り工芸や、食べ物やら、ムダル二スマ系のポスターの販売やらあり、ぶらぶらと散策するには良い感じ。

●スペインのパンはドイツやフランスと比べると地味で、味もちょっと残念(笑)。
e0205478_2255642.jpg


●コカという薄いピザのようなもの。赤ピーマンや茄子と一緒に焼き上げてあり美味。
e0205478_2262751.jpg


●手作りビールやリキュールもあります。
e0205478_22155967.jpg


街の目抜き通りには音楽を奏でる一団、そして昔の衣装を身に着けた人達。

e0205478_223132.jpg


●この女性、ドイツの女優 Franka Potente に似てると思った。

e0205478_22313773.jpg


●カタルーニャのお祭りに欠かせないジャガン(Gegant)という巨人人形、こちらの街のはこんな感じ。

e0205478_22323579.jpg


すぐその横にはレース編みに興じるご婦人グループと、なんと刺繍キットをまとった巨大人形が!(笑)
e0205478_22374510.jpg


それもそのはず、この街はレース編みの歴史があって博物館もあるのです。

●裁縫・手芸はからっきしダメなワタクシ、見てるだけで眩暈が。。。
e0205478_22332984.jpg



てくてく歩いてたら突然現れたメリーゴーランド、思わず目を奪われました。

●なんと幻想的な。乗ってみたい、、、でも私が乗ったら間違いなく潰れる。。。
e0205478_22345946.jpg


結構長い間このメリーゴーランドの周りをうろうろしていて、係りのおっさんに怪しい人と思われたかも。
ということで後ろ髪引かれながら、この街を去ることになりました。

それでは皆様良い週末を。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-01 22:42 | 近場におでかけ | Comments(7)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

Cocomeritaさん..
by penedescat at 03:16
ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14