カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

利尿作用のお茶とアーモンドダイエットの結果

最近むくみが気になるので、こんなお茶を買ってみました。
購入したのは庶民の味方、メルカドナというスーパー。箱に「水分を排除=つまり利尿作用」と記載されています。


●Cola de Caballo (直訳は〃馬の尻尾〃?)
e0205478_0575813.jpg


日本語ではトクサ科の植物だそうです。トクサ科が何かは私に聞かないで。。。

もともとトイレが近いので、こんなお茶を飲んだ日にはどうなることかと思いましたが(笑)、特にトイレの回数が増えた印象はなし。たまに「私は一日に4回しかトイレに行かないわ!!」とかいう奇特な人がいるので、そういう人に是非試してほしい。


そうだ。。。
以前お伝えしたアーモンドダイエットなんですけど、2ヶ月実行して1キロ減りました。
ええ、たったの1キロです。048.gif
最初順調に1キロ減ったのに、ドイツ旅行であっと言う間に1キロ戻り、その後クリスマスシーズンに突入。
あやわこのままかと思われましたが、その頃胃というか背中が痛くなりましてね。胆石の疑いもあり(我が実家は胆石ファミリー)食欲不振でまた1キロ減ったんです。とりあえず検査の結果、胆石の疑いはなくなりましたが、現在脂っこいものは控えるようにしておりますー。


アーモンドダイエットは劇的には効かなかったけど、食べてる間はお顔がつやつやです。皮脂が少なくなる冬でも乾燥知らずですよ♪


さて12月からずっと暖かいままのカタルーニャ地方。数日冷え込んだものの本格的な冬は始まっていません。あまりに気温が高いので、このあたりではアーモンドの花がたくさん咲いてます。

e0205478_1132266.jpg

e0205478_1143251.jpg



今年はこのまま冬をスキップして春に突入なのだろうか?


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-31 01:17 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(7)

高麗人参シャンプー

最近ある家族経営のドラッグストアへ行くのですが、
不思議なことにシャンプーや基礎化粧品が妙に安い。
最初はバッタもんかという疑ったけど、そうでもない感じ。
商品の種類を絞り、大量に卸してもらうことで金額を低く設定してるのかしら。


しかも商品の種類が微妙に偏っているのが気になる。
でも勇気がなくて、お店のおばちゃんに理由を聞くことができません(笑)。


さて今回は、気分転換にシャンプーを替えることにしました。
そのドラッグストアで目についたのはコレ ↓


●高麗人参シャンプー
e0205478_23321196.jpg



もちろんパラベンもシリコンも入っておりませぬ。
とりあえず高麗人参エキス、しかもBIO(←ホンマかいな?)が入ってると書いてある。そんなの髪の毛に効果あるのかと思いつつ、何か健康にいいような気がして買ってみた。


髪質に変化があったらお知らせします。

でも、、、アフロみたいにモッサモサになったらどうしよう。。。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-25 23:34 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(4)

懐かしのマザーグース

子供の頃、我が家にはマザーグースの本がありました。
あの独特の世界、大好きです。


今でも時々思いだします。
「女の子って何でできてる?砂糖やスパイス、すてきなことがら」とか
ハンプティ・ダンプティのこととか。
マザーグースの本が懐かしいと何度も言ってたら、相方がこんなものをプレゼントしてくれました。

●THE REAL MOTHER GOOSE (CD付き。。。)
e0205478_23113825.jpg



でもね、いただいといて何なんですが、欲しかったのはコレじゃないの。オリジナルとはいえ、英語で読んでもいまいちあの昔の感覚が蘇ってこない。子供の時の話なので、私が好きだったのはあの日本語訳なのです。確か青い表紙のハードカバーで、カラフルな少年少女の表紙だったなと記憶を辿り、ネットで見つけたのがコレ ↓


●マザーグースのうた 第1集
e0205478_2312277.jpg


訳が良いと思ったら、なんと谷川俊太郎氏が訳されていたのですね!
イラストも良かった。
おどろおどろしい場面もあったけど、あのブラックな部分がいいんですよ。


ネットがあるおかげで、好きだった唄がどんどん見つかり、かたっぱしからチェックしました。


子供のころ特にぐっと来たのは ー ソロモン・グランディ Solomon Grundy


  ソロモン・グランディ
  月曜日に生まれた
  火曜日に洗礼を受け
  水曜日に嫁をもらい
  木曜日に病気になった
  金曜日に病気が悪くなり
  土曜日に死んだ
  日曜日には埋められて
  ソロモン・グランディは
  一巻の終わり




ああ、シュールだな。 (笑)
ハバードおばさん Old Mother Hubbard のもいいですよ。



  お人よしのハバードおばさん
  ワンちゃんに骨を上げるために
  台所へ取りに行きました
  でもそこへいってみると
  台所はもぬけの殻で
  ワンちゃんは骨をもらえませんでした

  ハバードおばさんはパン屋さんに行って
  ワンちゃんにパンを買おうとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんは死んだまねをしていました

  ハバードおばさんは葬儀屋さんに行って
  ワンちゃんに棺を買おうとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんはニヤニヤ笑っていました

  ハバードおばさんはきれいなお皿に
  ワンちゃんのご馳走を盛ろうとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんはタバコをふかしていました

  ハバードおばさんは酒倉に行って
  ワンちゃんにビールをあげようとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんは椅子に腰掛けていました

  ハバードおばさんは酒屋さんに行って
  ワンちゃんに白と赤のワインを買いました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんは逆立ちをしていました (・・・ 続く)



私は空想癖があるので、子供の頃、本当にハンプティ・ダンプティみたいな人が街中にいると思ったし、犬がタバコを吸う姿もありえると信じてました。残念ながらいまだ見たことはないんですが、、、でもいたら絶対に楽しそうだ。


この「マザーグースのうた」シリーズは第5集まであるらしい。
次回帰国した時のお買い物リストにつけ加えときます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-21 23:20 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(10)

胸のしこりを摘出した話

私は24歳の時に乳腺繊維線種という病気になりました。
遠い昔の話です(笑)。
乳腺繊維線種は、思春期から20代くらいの若い女性に発症することが多く、エストロゲンと言う女性ホルモンの分泌過剰が原因とも言われています。しこりがあることで、最初は乳がんと見分けがつきにくいのでご注意ください。


もし今、胸のしこりにお悩みの女性がいたら、この記事を参考にしていただければ幸いです。


ある日右胸のしこりに気づいた私は、地元の大学病院を訪れました。しかし触診と細胞診(注射針でしこりの内容物を採取)の結果では、良性か悪性かはっきりしない、つまり乳がんの可能性も否定できないとのこと。当時はまだインターネットが今ほど普及していなかったので、図書館でかたっぱしから乳がん関係の情報を集めましたよ。当然のことながら精神的にも不安定な毎日でした。


万が一に乳がんだった場合を考えて、通える範囲で温存療法(がんなどにかかった器官を全摘出せずに、薬物や放射線で治療したり、切除をがん部分のみにとどめる方法)を行う専門医を探しだしました。
それが京都の乳腺クリニックXX外科というところ。
今ホームページを見たところ、先生はまだご活躍中の様子!


さて詳細は省きますが、レントゲンの結果や、触診でのしこりの弾力性から先生は「ほぼ良性の乳腺繊維線種に間違いないから、安心していいですよ」とおっしゃいました。これを聞くまでは本当にドキドキでしたね。
ただ繊維線種はほっておくと成長するものが多いので、さっさとすっきりしたくて摘出をお願いしました。でも先生は、「胸に手術の傷跡が残るから、結婚するまで待ったほうがいいよ~」と。。。
私は「一生結婚しないかもしれないので、待っててもキリがないんです!(笑)」と返し、手術が決定しました。


そして手術当日。
局部麻酔なので意識はしっかりしており、先生が横でてきぱき作業をしてるのがよく分かる。ちなみにこの先生、すごく人間味があって暖かい方で、緊張を解くために楽しい話題をふってくるんです。先生の高校時代の話とか、手術中ずっと一緒にお喋りした記憶が(笑)。


最後に「はい終了~。切ったやつ見る?」と聞かれたので、もちろんお願いしました。1cmほどの丸い白い塊が2つ横にならんでおり、横倒しにしたピーナツの殻のような、それはそれは可愛らしい形でした。


あっという間の日帰り手術で、傷口に大きな絆創膏を貼って終わり。
私は当時会社勤めでしたが、手術直後はさすがに動くと多少痛みがあるので、午後は仕事をせずそのまま電車で帰宅しました。でも翌日からは普通にデスクワークしてましたが特に支障はなかったです。
1週間後の再検査で傷も順調に治っていることを確認し、摘出したしこりは病理検査で100%良性だと分かってやっと安心できたんです。


手術の傷跡は2、3センチ位だったけど、今では自分でも探さないと分からない程に治ってます。こちらの婦人科にかかる度、日本で繊維線種を摘出した話をしますが、どの先生もその傷口を見て「ものすごく傷口が綺麗ですね、ほとんど分かりませんね!」と感心してるくらいです。
あのクリニックで手術してもらって本当に良かった!


ところで日本ではあまり婦人科検診が盛んでない印象ですが、どうでしょう?
私はドイツ時代は半年に一度、必ず検診に行ってました。
内診(エコーも含む)、PAPテストという子宮頚癌検診、そして触診を含めた乳がんチェックの3本立て。
スペインでは1年に一度検査をお願いしており、幸いにも今のところ大きな病気は発見されていません。


乳がんについては、お医者さんに行くのが抵抗がある人は自分である程度チェックすることも出きるのでお勧めです。 自己チェック


女性の皆さん、抵抗があるかもしれないけど、勇気をだして是非検診に行ってみてくださいね。
自分の体は自分で守りましょう♪



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-18 20:10 | その他 | Comments(8)

ミスアメリカ参加者が乳ガン予防で両乳房を切除

日本でも報道されたでしょうか?
ミスアメリカ2013年のコンテストにワシントンDC代表として参加された女性が、乳がん予防のために両乳房の切除手術を行うそうです。コンテスト自体は1月13日に行われ、残念ながら一次予選を通過できませんでしたが、これによりまもなく手術の日が決まりそうです。(もし優勝していたら、ミスアメリカの1年任期を終えてから手術予定だった)


彼女の名前はアリン・ローズさん。 (写真はネットよりお借りしました)


↓ すっごい綺麗な人じゃないですか! 私も1日だけでいいからこんな容姿になってみたい。。。

e0205478_2324515.jpg



まだ24歳の彼女、実はまだ乳ガンが発症したわけではないのです。
しかし彼女の母親、祖母をはじめ家族の女性陣の多くが若くして乳がんを患い、その結果命を失う結果となりました。検査の結果は確実に遺伝性であり、アリンさんが乳がんを患う可能性も60ー70%とかなり高いようです。(パーセンテージは確かTVのニュースでそう聞きました)。


乳がんがアリンさんの母親を襲ったのは、母親が27歳のこと。
現在24歳のアリンさんは、その年齢に近づいていることを恐れています。


まだ発症してないのに予防で両胸を切除とはやりすぎではないかという声もありますが、このように遺伝で罹患率が高い場合は、有効な手立てだそうです。


それにしても若干24歳。
命が大切だとはいえ、なんとも大きな決断ですよね。
勇気のある女性だと思います。


私は昔「乳腺繊維線種」という良性のしこりが右胸の中にできたことがあり、それは手術で切除しましたが、最初は乳がんかどうか分からなかったので、とても不安な日々を過ごしたことがあります。


そのお話はまた次回。。。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-14 23:41 | 世の中で起きてること | Comments(2)

郵便配達は4度ベルを鳴らす

うちの村を担当する郵便配達の方、なかなか個性的なんです。
名前はミゲル。
日本語のシゲルみたい響きなので、勝手に心の中でシゲちゃんと呼んでる私。


シゲちゃんは一昔前のメタル系の容貌。
昔のメタリカのカーク・ハメット氏が、もっとがっしりした感じと言えばいいかしら。
黒いうねった長髪、ヒゲ、年齢は推定40代前半。


● ↓ この人がもっとがっしりしてると想像してください。
e0205478_2250363.jpg



シゲちゃんが配達に来るときは、常に車から爆音のハードロックが流れています。
一応局員なので黄色いシャツと紺色のパンツを身につけていますが、サングラスをかけた姿はなかなかの迫力。


配達の車は白の公用車(?)と、赤いバンの2台を使い分け。
赤いバンは横側に黒の巨大なギターが描かれており、彼の私物と思われる。


こんなシゲちゃんですが、仕事っぷりは満点をあげてもいい。
大きめの街だと、郵便受けに入らない荷物は通知が来て、自分で郵便局に取りにいかないと行けないのです。でもここは田舎。どんな巨大な荷物だろうと、シゲちゃんは全部配達してくれる。大きめの荷物は呼び鈴ならして「入らないから郵便受けの横に置いたよ」と合図してくれます。しかも呼び鈴はいつも4回連続、小刻みにブブブブッって(笑)。そんなに押さなくても分かるよ~。


不在の場合もケアは万全。
郵便受けに入らない大事な手紙(←大事かどうかはシゲちゃんの独断w)は書留じゃなくても、メモを残して預かっといてくれます。なぜか私が定期購読してる日本の雑誌は「それほど大事じゃない」と判断されるためか(笑)、門から投げて、数メートル先にあるドアの真ん前に届くようにしてくれます。
こういうのって日本だと当たり前かもしれないけど、スペインでは貴重なサービスなんですよ。


配達だけでなく、発送受付だってOKのシゲちゃん。
村役場の一角が簡易郵便局となっており、小包は出せないけど、切手の購入や普通サイズの手紙なんかは出せるんです。


ある日のこと。
日本へ送る手紙を簡易郵便局へ持っていきました。
いつもどおり部屋の中で爆音でロックを聞いているシゲちゃんに
「これ日本までお願い。多分20グラム超えてるから追加料金かかると思う。」
とお願いすると、シゲちゃんはなんと、、、


左手の掌に手紙を乗せ、軽く腕をゆすりつつ天井を見つめ
「うーん、、、20グラム、、、はないね!」と手秤で判断!!


秤がない郵便局って一体、と愕然としたけど、シゲちゃんの斬新な手秤法は気に入った(笑)!


ちなみに簡易郵便局のすぐ隣が、村の診療所なんですが、診療所の待合室にいると、壁が薄いのでシゲちゃんの大音響ロックが丸聞こえ。


静かな村の生活だけど、シゲちゃんの爆音がなくなると寂しいだろうな。
どうか定年までうちの村の担当でいてください。
って、、、誰にお願いすればいいんだろう。 郵便局の本局?


それでは皆様、良い週末を♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-11 23:24 | 田舎の生活 | Comments(12)

スパイス収集

いろんな国の料理を作るせいか、うちには様々なスパイスがあります。


先日棚の整頓をしてインド料理用、タイ料理用、などと分けてみたところインド料理だけでもたくさんの瓶が出てきました。


カルダモン、ガラムマサラ、クミン、マスタードシード、キャラウェイ、ニゲラ、フェネグリーク、フェンネルにカレーリーフなどなど、インド料理に欠かせない香辛料。 


実際には写真の量の倍の種類が揃ってます!

e0205478_0183554.jpg



市場のスパイス売り屋台を見るとワクワクしませんか?
あの色や香り、遠い所へ旅行したような未知の感覚。


実際は食材の匂いを消したり、あまり新鮮でないものを誤魔化すために役立つスパイスでもありますが、でもおいしいものはおいしいのだ~。


インド料理は月に2度は作るので、家には自家製のマンゴチャツネが常備されております。

●スペインのマンゴは安いので(1個150円くらい)、お気軽に作れて嬉しい。

e0205478_0321014.jpg



日本料理はあんまり香辛料使わないけれど、大好きなのは山椒。
残念ながらあまり使う機会がないので、洋食レシピと組み合わせられないかなあと思案中です。
おすすめレシピがあれば教えてくださいね♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-09 00:34 | お酒&お料理 | Comments(6)

スペイン語との相性は最悪

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
皆様良い年越しとなりましたでしょうか?


こちらは晴れっぱなしで、気持ちの良い日が続きます。


なのに、、、この白い容器の植物ったら。
日光浴びまくりなのに毛が3本しか生えてこず、しかも枝毛状態。
写真ではフサフサになる予定だったのに、騙されたのかしら?

e0205478_23481179.jpg



さて私の今年の抱負は「スペイン語を頑張る」です。何回目でしょう、この目標をたてるの~(涙)


もともとスペイン語やスペイン文化に興味ゼロだったものの、それでもこの地に移って早7年以上。なのにスペイン語のレベルはお恥ずかしいほどにダメダメです。
苦手なのでTVは衛星放送でドイツの番組ばっかり見てるし、そうじゃなきゃカタルーニャ語のチャンネルにしてるし。



言語には相性があると信じて疑わない私。
そして私とスペイン語の相性は最悪です(キッパリ)。
母音が多くて発音しづらいうえに、ラテン系とはいえイタリア語のようにメロディアスでなくリズムがとりにくい。


カタルーニャに住む、スペイン語話者の外国人が凄いなあと思うのは、カタルーニャ語表記のお店が結構多いのに、ちゃんとスペイン語で物事を覚えられること。
例えば以下の例(前者がカタルーニャ語、後者がスペイン語):


学校 escola(アスコーラ)→ escuela(エスクエラ)
ケーキ屋 pastisseria(パスティサリア)→ pasteleria(パステレリア)
会計レジ caixa (カシャ)→ caja(カハ)
りんご  poma (ポマ)→ manzana(マンサナ)
茄子 albergínia (アルバジニア)→ berenjena (ベレンヘナ)
チーズ  formatge(フルマッジャ)→ queso (ケソ)


例えばケーキ屋さんに立ち寄るとしましょう。
お店の前には大きくパスティサリアXXと名前がでています。しかしスペイン語で話す場合、「ここのパステレリアに入りましょうよ」と言い換えるわけです。パスティサリアとカタルーニャ語表記されてるのに、それを見ながらスペイン語に言い換えるのは私には至難の技。皆さん本当に器用だと思う。


外国語を学ぶ際、目にする文字と共にイメージを頭にインプットする過程があるはず。りんごを例にとれば、私の場合は八百屋さんでポマと書かれたものを見て、この言葉=りんごだと記憶したので、スペイン語でマンサナと言われると、脳が理解するのに数秒余計に時間がかかります。訓練不足かな~。


今は田舎生活なので、役所や医者など公共の場所はもちろん、ご近所さん、友人・親戚ともカタルーニャ語だけで意思疎通できます。でもたまにスペイン語しか通じない人もいるし、自分自身に苦手意識があると生活にも張りがでないもの。死ぬ気になって勉強して、スペイン語の会話相手を見つければ多少マシになるはずだけど、なかなかやる気が起きないんだな。。。


さてどうしよう?


せめてカタルーニャ語圏以外のスペイン人で、男前な俳優さんでもいれば「この人の言ってることを理解したい」という気持ちになって自然と意欲も湧くような。。。不純な動機化もしれないけど(笑)、これって語学上達には結構大事なポイントだと思うのよ。


でも、、、男前のスペイン人を知らない。
誰か、この人が素敵よって人がいたら教えて。。。016.gif
そしたら私、頑張ってその人が出てる番組や映画を見るわ!(←今ちょっとヤル気がおきてる状態ですw)
なんか好きでもない人を、無理やり好きだと思い込むような辛い作業になりそうだけど、とりあえずこんな方法ででもスペイン語にとりかからないと。。。


ほんと甘えてちゃだめだもんね、死ぬまでこの国にいる可能性大なんだから一念発起しないと!


こんなダメ人間ですが今年もどうぞ宜しくお願いいたします!



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-06 20:28 | Comments(12)

最新の記事

暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34