カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外国で老人ホームに入るということ(2)

昨年「外国で老人ホームに入るということ」というテーマで書いたのですが、
また興味深い記事を見つけました。


私がいつも更新を楽しみにしている、いぷしろんさんのブログ「YはYpsilonのY」。記事の後半でそのテーマに触れられています。



(以下青字の部分はいぷしろんさんのブログより抜粋。ご本人には許可を得ています
ドイツ生活が長く、ドイツ語にも不自由せず、こちらの生活に馴染んでいる人でも、
日本の味や日本人との接触を求めるようになる。
認知症の症状のある方だとそれが顕著に。
そんな記事があることを教えていただいて読みました。




上で触れられている記事とは、日本文化を配慮した介護 DeJaK-友の会の代表者のインタビューなんですが、こちらをクリックして下さい
とっても心に響く内容なので、ぜひ海外長期滞在組にはご覧いただきたいです。


老人ホームで日本人入居者を対象とした日本語でのボランティアなんて、すごく良いアイデア。 私が現在もドイツに住んでいたら、迷わずこの会に入るのに。。。
ドイツは在住者も多く、この先高齢の日本人も増えるので、この問題は切実ですね。


経済的に老人ホームが無理という方も多いでしょうから、在宅のお年寄りにもボランティアベースで、日本語のサポートがあっても良いのではないでしょうか?


カタルーニャにはAmics de la gent granという組織があります。 「お年寄りの友人達」という意味で、様々なアクティビティを開催したり、車椅子を押して一緒に買い物に出かけたり、定期的にお年寄りを訪問して話し相手になったりします。
クリスマスの直前になると、この団体が主催するクリスマスの食時会がTVのニュースで報道されます。
日本だとさしずめ、独りで新年を迎えるのは寂しいから、独居老人を招いて皆でお祝いするというようなものでしょうか。 


カタルーニャを含め、スペイン全土でも日本人の数はまだまだ少ないので
ドイツとは状況を比較できないけれど、何らかの形で日本語でのボランティア活動があるのならば、是非参加させていただきたいものです。
そして数十年後、自分が年をとった時に日本語でのサポートがあると嬉しいな。


もっと日本人の多いイギリスなんかは、こういう組織はあるのかしら?
またしても「調べたい病」が始まってしまいました。。。
あとでこっそりネットで調べます。(笑)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-21 00:54 | 世の中で起きてること | Comments(8)

ソルソナに立ち寄ってみる

前回の記事の続きです。
遅めの朝食をとった後、田舎ペンションをチェックアウトし
30km離れたソルソナ(SOLSONA)の街へ向かいました。


BERGAといいSOLSONAといい、このあたりは日本人の観光客は見かけません。
バルセロナからそれほど遠くないけれど、公共の交通機関では来づらいのかしら。
山がちでハイキングルートも多く、そしておいしいキノコやお肉類。
海沿いの大都市とは全く異なる、内陸部のコアな(笑)カタルーニャ、
皆さんにもぜひご覧いただきたいです。


道中とおりかかったナベス(Navès)の教会。

e0205478_227344.jpg


壁にはカタルーニャの詩人 Jacint Verdaguer 氏の肖像画と彼の詩。
バルダゲー(Verdaguer)と言えば、バルセロナの中心部にも彼の名前にちなんだ通りと地下鉄の駅がありますね。

e0205478_2283042.jpg



ソルソナに到着しました♪
左端に見える大聖堂が美しい。

e0205478_2293153.jpg


門をくぐれば旧市街が広がります。

e0205478_22105484.jpg


独立デモの直後だったので、かなりの数の独立派の旗を見かけました。
内陸部はやはり独立運動が盛んですね。

e0205478_22115112.jpg


市場で見かけたかぼちゃ。
もう秋だなあとしみじみ。

e0205478_22124123.jpg



今使っているキーホルダーがだんだんボロくなってきたので、
可愛らしい老夫婦が営むお土産屋さんで、カタルーニャのシンボルであるロバのキーホルダーを購入。

e0205478_22133422.jpg


お店に入るときは元気良くカタルーニャ語で挨拶するのもいいかも。
ボン・ディア(Bon dia 午後2時位まで使える挨拶)、午後はボナ・タルダ (Bona tarda)でOKです♪
そしてお店を出る時はアデウ(Adéu さよならの意)。

きっとお店の方がにっこりと微笑んでくれると思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-18 22:17 | 近場におでかけ | Comments(6)

たまには贅沢・大満足のレストラン Estany Clar

バルセロナから車で1時間程度のBergaという街。
その近郊にあるミシュラン一つ星レストランEstany Clarに行ってきました♪ 
(ちなみにアスタンィ クラーみたいな発音で「澄んだ池」という意味)
普段とっても質素に生活している私達。
たまには贅沢も良いね、とお出かけしたのです。


●レストランの外観(暗くてすいません。。。。)
e0205478_224186.jpg



今回はdegustacióという色々な種類のお料理を少量ずつ試せるコースに、
すぐ近くにある田舎風ペンション Casa la mussoleraに一泊というパッケージを選びました。飲んだ後は運転したくないし、せっかく風光明媚な場所に来たんだからゆっくりしたいもの。


午後レストランのレセプションに到着し、アンナさんの出迎えを受け、車で2分ほどの田舎風ペンションに案内していただきました。このアンナさん、ホスピタリティの塊みたいな方で、とってもソフトな喋り方に優しい眼差し、
相方が「修道女レベル(笑)」とコメントするくらい、ゆったりとした優しい方でした。


さて到着した田舎風ペンション、Casa la mussolera。
談話ホールのようなガラス張りの建物、ジム、8部屋ほどの客室のある家と
3つの建物が並んでいます。
e0205478_224243.jpg



まわりは山、森のみ、ホテルの前には牛さん一家まで。。。
e0205478_22431810.jpg



結婚式のバンケットや、観光客の多い夏休みシーズンが終わり
今週はとっても静かなんだとか。
おかげで宿泊先も他にお客さんはおらず、広い敷地を独り占めです。


まずは談話ホールのような所でウェルカムドリンクというか
早速ワイン(笑)とチーズの盛り合わせをいただきました。
e0205478_22443016.jpg

e0205478_22452063.jpg



本当はチェックインしたらBERGAの街(車で5分)に出て散歩する予定だったけど、
いきなりワイン漬けでまったりモードになり、結局ディナーの時間まで敷地内でゴロゴロ。


あの手この手で牛の気をひいてみたり ←私、かなり挙動不審だった
芝生の所で読書したり、居眠りしそうだった~
e0205478_22461063.jpg



ところでこの宿泊施設、長期滞在者のためにキッチンもついてるんですよ。
中はこんな感じで、白木造りのかわいらしいデザインです。
e0205478_22471797.jpg

e0205478_22475084.jpg



さて本題のレストラン。

●レストラン内部(ホームページより)
e0205478_22513490.jpg

e0205478_22515076.jpg


お料理はカタルーニャの伝統料理が基本で、
多少クリエイティブではあるけれど度が過ぎない、そんなお料理。
どこかのレストランのように料理が科学実験になっちゃってる、なーんてことはないです。


ゆったりとお食事したかったので、写真は一切撮ってません。
ワイワイできる場所で撮るのは抵抗がないけど、こういう所ではちょっと、、、ね。


参考までにホームページのdegustacióコースの写真を一部お借りします。
 
e0205478_22495153.jpg

e0205478_22501992.jpg

e0205478_22504618.jpg



スペインはおいしいレストランが多いけど、ここはかなり高レベルです。
私好みの味付けだし、すべてにおいて大満足!


maridatge de vinsとうことで、食前酒のカバ、白ワイン2種類、赤ワイン1種類と
お料理に合わせてワインもサーブされます。
ちゃんとその度に新しいボトルを開けてもらえますよ。


ここでもアンナさんがお給仕してくれました。
彼女ものすごく気配りがあって、絶妙なタイミングでワインやお水を注いでくれたり、ちょっとした会話で場を盛り上げてくれたり、サービスも申し分なし。 こういうのをプロフェッショナルと言うのでしょう。


本来このコースは12皿なんだけど、アンナさんから2皿サービスしておきますよと申出があったので、遠慮なく希望の料理を少量用意してもらいました。
しかしいくら少量ずつとはいえ、14皿も食べるとお腹が苦しくって~。
最後のプチフールのチョコレートを完食していない私を見て、
相方は「チョコレートが残ってる! こりゃ本当に苦しいらしい」と驚いたそうな。005.gif


あまりにも満腹で、その後寝付くのに苦労したので(笑)、
もし一泊コースで行かれる方は、まずランチでdegustacióを堪能して、その後ペンションでまったりしたほうが良いかも。


翌朝はペンションの談話ホールで朝食(レストランでも可)。
好きな時間に朝ご飯を用意してもらえますよ。

e0205478_22555224.jpg


ツナ入りのミニバゲットにオムレツ、生ハムに白ブティファラ(ソーセージ)、
そしてアフタヌーンティーで出てくるようなケーキスタンドにのった
数々のクロワッサンにフルーツ。


「夜あんなに食べたから、朝ご飯なんて無理~」って言ってた二人ですが、
結局、、、、結構食べました(笑)。


さてお値段が気になる方のために、
今回のパッケージは二人で330ユーロでした。
決して安くはないけれど、コストパフォーマンスは最高です。


ウェルカムドリンクに始まりディナー代(ワインを含む)、宿泊代に朝ご飯すべて込み。美しい自然に癒されながら、おいしいお料理を堪能されたい方には絶対お薦めです!
お料理もさることながら、私達が魅せられたのはそのホスピタリティ。
本当に居心地の良い場所でした。


私達もいつか絶対リピートします♪


レストランのリンクはこちら

*実はこのサイト ↑ 結構見づらいんです(涙)。 
クリックするといくつか影絵みたいなのが表示され、コックさんの絵をクリックするとメニューがでてきます。前のページに戻るには、開けたページの左端にある影絵マークをクリックしてください。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-15 23:12 | 近場におでかけ | Comments(6)

バルセロナで150万人が集結した昨日

昨日9月11日はLa Diada(カタルーニャ国家の日)という祝日。

カタルーニャ人の相方と家族を持つものとして、そして自分の思想も含め
今回もカタルーニャ独立のためのデモに参加してきました。
カタルーニャ以外のスペイン各地でも、このデモは大きく報道されています。
ここ数年独立に対する意識が高まっており、このデモは非常に注目されていました。


バルセロナ中心部は人、人、人。
この日のためにジローナ方面からは電車まるごと貸切とか、その他の地方からも
おびただしい数のバスが貸切で到着。
そして近郊からは車や公共の交通機関を利用して集まった人の数

約150万人


写真はネットよりお借りしました
e0205478_17152573.jpg



日本での反原発デモ参加者が10万人規模ということを考えると、
この150万という数字がいかに大きなものかお分かりいただけると思います。
しかもカタルーニャ語圏の面積と人口を考えるとびっくり。
3kmに渡って人の波が続き、あまりの人の多さに行進がなかなか進まない。


今回はアスタラーダ(ESTELADA)という独立派の旗が目立ちました。
これはカタルーニャの公式の旗ではなく、青をバックに星印が入っていて(赤星バージョンもあり)
実はキューバ独立時に由来するデザインなのですよ。
これだけの数のアスタラーダを見たのは初めて。
カタルーニャの歴史でもいままでになかったことだと思います。

●写真はネットよりお借りしました
e0205478_1714462.jpg



大人も子供も、そして祭りに欠かせない巨大人形ジャガンツも参加(笑)
e0205478_171641100.jpg


ジャガンツ君、腕時計してる~。何気にモダンじゃないの♪
e0205478_17174951.jpg


我がペネデス地方からは人間の塔(CASTELLS)も参加
e0205478_1719322.jpg


と思ったら横にいた人たちが突然、ミニ人間の塔を披露。
e0205478_17194790.jpg


ちなみにカタルーニャに住む人がすべて独立を願っているわけではありません。
「今のままの体制でよい」 という人
「何をやったって変わらない」 という人
「カタルーニャ以外の土地の出身」だから無関係という人
うちの親戚のおばあちゃんはフランコの独裁政権時代の記憶を今でもひきずっており、デモをしたりスペイン政府の悪口を言うのが怖い、と言います。
実際そういうお年寄りも少なくないでしょう。


その代わりというわけではないですが、今回のデモは非常に若者の姿が目立ちました。
e0205478_17211897.jpg



私がすごく感心したのは、150万人という規模のデモでありながら、
暴動もなければ逮捕者もいなかったこと
デモ便乗にありがちな火炎瓶や、コンテナーや車への放火など
そんな暴力とはまったく無縁の、秩序が守られたなかでの歴史的デモ。


歴史はまさに動きつつあると実感した日でした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-12 17:30 | 世の中で起きてること | Comments(9)

小さなストーカー

朝日が昇るころ
e0205478_16461475.jpg



門の前に私を待つ影が2つ。
正体は野良猫のミニブーと、ミニマー。
e0205478_16471329.jpg



3ヶ月程前に母猫(ママ子と命名)と一緒に姿を現した彼等。
3匹まとめて時々ご飯をあげていたのに、いつの間にやら母親は子離れしちゃいました。
e0205478_16495189.jpg



ご飯粒を頭につけたまま、必死に食らいついていた(遠い目)。
e0205478_16504629.jpg



今では常に2匹で行動しております。
e0205478_16513994.jpg

e0205478_16522182.jpg



私が朝ご飯を担当してからというものの、脅威のスピードでなつき
今では早朝は扉の前で待機、ふと家から出るとどこからともなく現れ、
ゴミ捨てに出れば200メートル離れたコンテナまでの往復を追いかけてくる。


ベランダにでれば向かいのベンチから、こっちを見上げてたり。。。
ま、昼間はたいてい寝てるけど、私が外に出ると起き上がる。
私を見張っているかのようです。
e0205478_16525976.jpg




私が右に踏み出せば彼等も右へ、左へ動けばあわせて左へと
せわしくなく足元で動くため、私ときどき転びそうになります。
おかげで私がガニ股風に歩けば、彼等が両足の間に入り(トンネル風)、
全員ぶつかりあうことなく歩けるという変な技まで身につけました。



2ヶ月前はこんなに小さかったミニブー(白っぽい方)とミニマーも
e0205478_16544662.jpg

e0205478_16552296.jpg



今ではすでに大人顔。
e0205478_16572870.jpg



それにしても動物の成長は早すぎる。。。
このまま成長が止まってしまえばいいのになあ(←自分勝手)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-09 17:00 | その他 | Comments(4)

本日筋肉痛につき

昨日ハイキングに行ったら疲れ果ててしまい、なんと21時に就寝しました。
ええ、スペインでの一般家庭では夕飯が始まるかどうかって時間にです。


今たいへん足腰が痛い。
そしてなぜか肩コリまでもが。。。
私どんだけ運動不足なんでしょうか。015.gif


出かけた先は我がペネデス地方の村、FONT RUBI
「歩いてみようペネデス!」みたいなガイドブックが家にありまして、
そのうちの1つのルートを選び(中レベル・3時間30分コース)
いざスタートしたのはいいものの。。。


最初からいきなり岩登りみたいになり、足の短い私には不利!
息も絶え絶え15分以上延々と岩登りをし、たどり着いた第一ポイントを見て相方は言いました。

「あのさ、このルート。。。今全く逆向きに進んでるみたい」

しょぱなからかい! 


念のためにって方位磁石まで持ってるのに、そのノンビリさん発言は一体。。。


しかし登ってしまったものは仕方ない、こうなったら逆流コースで回ればいいねと
気を取り直して進みました。


カタルーニャは狭いので、天気が良ければうちのあたりの山頂からは
地中海も、ピレネー山脈も見えます。


●お約束のモンセラート山
e0205478_0434042.jpg



●奥に広がっているのは地中海です
e0205478_0443711.jpg



ドイツに比べてハイキング文化が浸透していないスペイン。(暑いからか?)
こんなにお天気が良い日でもほとんど人を見かけない。


ペネデス地方、風光明媚なんだから葡萄畑とカバだけに頼らず
ハイキング客にもアピールするべきだわ。
でもその前に受入れ体制を整えないと。


●3年前のハリケーンで倒れた木もそのまま
e0205478_0453687.jpg


●こういう標識、突然消えてたりして困る。。。
e0205478_046293.jpg



標識があいまいなので、後半また変な方向に歩いていっちゃって、
もと来た道にもどるために往復2時間のロス。
だからアータ、何のために方位磁石を持ってきたのよ?!
と私はずっと心の中で叫んでいた。


●全然活躍してないコレ↓
e0205478_047459.jpg



結局家に着いたらもう16時で、変な時間にご飯食べて、
眠いのを我慢し続けたものの、21時に意識不明(笑)。


これからハイキングシーズンなので、もう少し体をならしておきたいもの。
平らな道は数時間歩くのは平気だけど、やっぱり岩登りはごめんです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-04 00:58 | Comments(12)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

Cocomeritaさん..
by penedescat at 03:16
ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14