カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ちょっと気になる人&モノ( 48 )

ゲルマン・ファッションの憂鬱 


先に言っておきますがドイツは10年も住んだ第二の故郷。
ゆえにドイツ文化もドイツ人も愛すべき存在です。053.gif

しかし、、、どうしても許容できなかったものがある。
それはゲル・ファッション&デザイン。(ゲル=ゲルマンの略で使ってます。)

世界を舞台に活躍するドイツ人デザイナーがいることは十分承知。
また車やシンプルなメタリックデザインに優れた国だということは声を大にして言いたい。

しかしここで私が話題にしたいのは日常生活で目にする衣服系デザイン。
下の写真はネットから拝借したものですが、間違っても私の私物ではありませんので(笑)、
誤解のないように。。。


その1 ゲル・シャツ
e0205478_17472111.jpg
e0205478_17475089.jpg


比較的夏に見られがちな絵柄で、目が釘付けです。050.gif
最近はシンプルな柄もたくさん出回っているようですが、
まだまだ一部の男性に高い支持を得ています。しかもある一定の年齢層。

あまり若い人には見られませんが、もしかしたら昔こういうのが流行って、
それを大事に何十年も着続けているのでしょうか?
そうだとしたら、、、
モノを大事にするドイツ精神の現れといっても過言ではありません。(ポイントはそこ?)
ちなみにこれと似たようなデザインのカーテン、ソファーカバーも存在するんです。。。


その2 サンダルに白い靴下
e0205478_18505346.jpg


ドイツといえば休暇天国、そしてドイツ人旅行者は世界中どこにでも出没します。058.gif
スペインのビーチにだって、ほら見渡せば必ずどこかにいるはずです。
そんなヨーロッパではドイツ人のイメージがこのサンダルに靴下(特に白)。。。

これは結構若い方でもいらっしゃいますね。
ドイツで勤めていた時もかなりの確立で見かけました。
短パンに茶色の革靴に白い靴下という組み合わせを見た時は、軽いめまいを覚えたものです。

ちなみに3年前、とあるドイツの女性雑誌が行ったアンケートによると、
このサンダルに靴下という典型的なドイツ人男性のファッションに対し、
女性の54%がダメ出ししています。やはりドイツ人女性にも受けが悪いらしい。。。

私自身オシャレなタイプではなく、人様のコーディネートに口出しする立場ではないのですが、
上記2点については常にモヤモヤした気持ちを抱きつつ、ドイツで生活していました。

とはいえスペインでたまにこのゲルシャツ、もしくはサンダル&白靴下のドイツ人旅行者を見かけると
妙な郷愁に駆られるのも事実。。。
気に入らないけど、でもずっとこうであってほしい、(どっち?)みたいな微妙な気分です。


にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-03-01 18:58 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(8)

トイレ博物館

いつか時間が出来たら突き詰めてみたいテーマ。
それが「世界のトイレ事情」なんです。

ブログを通じてわざわざ皆さんに公表することではないのですが、
私はトイレが近い。。。。

ゆえに訪れる先々で必ずお手洗いを拝借する羽目になります。
そして長年生きているとね、いろーんなタイプのお手洗いに遭遇するんですよ。
その経験が積み重なってかトイレ文化史に興味を持つようになりました。


興味があるゆえに買ってしまった本

〇世界のトイレグラフィティ
e0205478_3354938.gif


オーストリアのラウフェン・トイレ博物館にある19世紀末ロココ調や
ネオルネッサンス調の便器や洗面台、目黒雅叙園の1億円トイレ(絢爛豪華)、
沖縄の首里城のシーサー蛇口洗面台等デザインに優れたものが紹介されています。


〇トイレの大常識 この本子供向けですがなかなか内容は濃い。
e0205478_3362819.jpg


意表をつかれた話があるのですが、それは京都女性の立ち小便。
作家滝沢馬琴の記録によれば、江戸時代、京の家の前には小専用の桶があり、
お金持ちもそうでない女性も、その桶の上にお尻をつきだして立小便。

おまけに紙も使わない。しかし当人も別に恥じるようなこともなく、
そこを通る人も笑ったりすることもない。
それが京都の街の当たり前の風景だったらしい。

実は江戸時代に女性がしゃがんで小をするのは江戸の町だけで、
なんと女性の立小便は全国的に見られたそうな。
明治時代にもその風習は残り、「女子学生の立小便を禁止するべきだ」
という議論があったとか。

おおー(私の感嘆の声です。。。)005.gif


多くの常識が後には非常識になるのが世の常。
こりゃ現在のトイレ様式も200年後には爆笑ネタになっている可能性あり!

上記ラウフェントイレ博物館にも行ってみたいのですが、その他ドイツにある「おまる博物館」
そしてインドのスラブ・インターナショナル・トイレ博物館
これらは外せないですね。

↓こんなの見てみたい
e0205478_3451836.jpg



日本ではTOTOが昨年限定期間でトイレ博物館を公開していたらしい。
でも何故期間限定? 

定年になったら(そこまで待つか?・笑)トイレ文化史の旅に出てみたいのですが。。。
問題が一つありまして、相方がインドは絶対に嫌がるのです。

スペインにはそういうトイレ・文化史同好会みたいなのはないんでしょうか?
あったら迷わず入会すると思います。。。

そしたら視察旅行とか研究旅行とか称してインドに行けるかも!
などとこっそり考えております。



にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-02-18 03:48 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(12)

チョコレートの禁断症状がでています

もうすぐバレンタイン・デーですね。
でもこちらでは日本みたいに盛り上がってはおりませぬ。。。

私はヨーロッパに来てからバレンタインにチョコレートを贈ったことなど
一度たりともございませんよ!
しかも相方は甘いものが苦手なのでね。。。

世の中の多くの女性と同じく、私はチョコレートが大好きなのです。
なのに最近チョコレート摂取量が激減し、精神上よろしくありません。
というのも、、、相方が私がチョコレートを買うと怒るのです。
多分食べだしたら止まらない事を知っているためでしょう。
しかし、、、最近ご無沙汰で、軽い禁断症状がでております。

一人で出かけた時などこっそり買ってバッグに忍ばせ(←大人なのに何やってんの?って感じ
食べたこともありますが、やはり堂々と食べたい!
このままでは今週末あたりチョコレートの夢を見そうです。。。

ちなみに前回こっそり買ったのは確かコレ ↓
e0205478_3135639.jpg


あの、余談ですけど...
スペインのチョコレートって、はっきり言って不味くないですか?
ということでついついMilkaなどの外国製に走りがち。

バルセロナのチョコレート屋さんも数件試したけど、なんだかな~。
高いばっかりでおいしくない。
これはもしや気候と関係あるのかもしれませんね。

ちなみに生チョコ・トリュフなんて大・大・大好きで、、、
ドイツではあちこちにあるチェーン店 Hussel によく通ったものだわ。。(遠い目)
好きな生チョコを選んで袋に詰めてもらう時のあの至福なひと時。
e0205478_391052.jpg


余談ですが、ドイツ語で生チョコ・トリュフは形状によってPralinen とかTrüffelといいます。
しかしスペイン語ではBombones, カタルーニャ語ではBombonsと呼ぶのですね。
ボンボン。。。

実はボンボンってのはドイツ語ではBonbonと書いてキャンディー、
つまりスペイン語・カタルーニャ語のCaramelos, Caramelsのことなんですよ。
どうでもいいけど、ややこしい!


先日変なチョコレートを発見したのでご報告します。

e0205478_395575.jpg


その名のとおり
-トルティーヤ(ライム&ソルト)
-フレンチ・トースト
-ラーメン・ヌードル


ラーメン・ヌードルって、、、、塩味、味噌、醤油のどれ?(ってそこがポイント?)
アメリカの会社なんですよね(リンクはこちら)。。。
わざわざオンラインで注文しようとは思わないけど、
もし食べたことある人がいたら味を教えてください。


そういえば以前チョコレート産業の記事を書きましたが、
現在なるべくNestle社のは買わないようにしております。
小さなことからコツコツと!(きよし師匠の教えです)

それではまた


にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-02-11 03:15 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(8)

グルテン・アレルギー

みなさんグルテン・アレルギーって聞いたことありますか?
小麦粉に含まれるグルテンが引き起こすアレルギーなんですが、
日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。

先日知り合いを訪れた際、その家の奥様がグルテン・アレルギーということで
いろいろとお話を聞かせていただきました。

以前住んでいたドイツにはまだ追いつかないものの、
最近ではスペインでも大型スーパーやBIOのお店を中心に
グルテンフリーの製品を見かけます。

小麦粉と言えばヨーロッパの食生活に欠かせないパンやパスタに含まれていますね。
またぱっと見は分りませんが、クリームやバターソース、瓶詰めのソース類にも含まれています。

普段の生活から小麦を含む製品を避けるというのが、いかに大変なことか。
日本食であれば、お米&醤油を含む食べ物を一切除去するのに匹敵するかもしれません。

余談ですが日本料理に欠かせないお醤油。
市販されているものはほとんどグルテンが含まれるそうです。
これは言われるまで気付きませんでした!
昔の製造法で作られる、大豆100パーセントの純たまり醤油のみが例外なんですって。

グルテン・アレルギー患者が、もしグルテンを摂取してしまうと
頭痛や胃腸の不快感が起こったり、また小腸から栄養を吸収出来なくなり、
食事の量に関らず栄養失調の状態に陥るケースもあるそうです。

実際にグルテン・フリーの製品とはどんなものかを見せてもらいました。
例えばこれ ↓ バゲットが2本入ったパックです。オーブンで少々焼くタイプだと思います。
e0205478_1411098.jpg

これいくらだと思います? なんと4ユーロです


グルテン・フリーの商品が購入しやすくなったのはいいんですが、いかんせん高価です。
パンだろうが、クッキーだろうが小麦粉の入った商品と比べるとおよそ3、4倍の値段。


お菓子やら、パスタやら。。。種類はびっくりするくらい豊富なんですけど。
e0205478_1415117.jpg

e0205478_1422091.jpg



お話をしてくださった奥様が
「この2個入りバゲットを10パックと、クッキーやパスタを数箱買っただけでお会計は70ユーロもしたのよ~」
と悲しそうにおっしゃってました。
つまりものすごくエンゲル係数が高い家計になるわけで、、、
アレルギーで苦しんでいる上に、経済的にも大打撃だなんて
「うーんなんとかならんのかっ!」ともどかしい思いです。

ちなみに市から「どのスーパーにどのグルテンフリーの商品が売っているか」
というカタログが届くので、それを参考に買い物をするそうですが
奥様曰く、いろいろ試した結果一番おいしいのはこのメーカー
Schär (ページ上部で言語を選べます)イタリアのドイツ語圏にメインの工場があるらしい。


今度スーパーに行ったら、気をつけてグルテン・フリーの商品を見てみよう。
需要と供給の関係で費用が高くなるのは仕方ないとしても、
こういう価格設定は本当に納得がいかない。
せめて現行価格の30パーセントくらい安くなるといいんですけどね。。。(ため息)



にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-02-08 01:50 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(14)

フランツと私

友達みたいに書いてますけど、フランツって、、、、
フランツ・シューベルトのことです。(オーストリアの音楽家)

熱しやすく冷めやすい私、今週はフランツ熱(?)に侵され
youtubeにて彼の作品を聞きまくっています。
名字で呼び捨ては嫌なので、ここは親しみを込めて勝手にフランツと呼ぶ!!

Franz Schubert
e0205478_6253555.jpg


鱒、冬の旅など名作は多々あれど、私にとって彼の代表作はやはり「魔王」。
みなさんは「魔王」ご存知ですか?
音楽の授業で感想文書かされたりしなかった?
マイン ファーター、マイン ファーター(お父さん)♪ってやつですよ。

Erlkönig - 魔王

しかしなんという大げさな曲!
何かに取り付かれたような歌声が響く音楽室で、
同級生達はみな肩を震わせこみあげる爆笑をこらえていました。
私も「まいったな~、この曲の感想を言えって?」と思いつつ、
良い点欲しさに大人ぶった感想文を提出したことを覚えています。

そう、あの時はこの作品の素晴らしさが分ってなかった。。。
まあ10歳でこれに感動する子供のほうが不気味かも(笑)

実家には父親が揃えた「クラッシク大御所レコードコレクション」があり、
高校生くらいになるとたまに聞いていたものです。
とはいえまだまだ子供。
怖い顔、不細工な顔の音楽家のレコードは手にすることなく(←分りやすい)
必然的にソフトな顔立ちのフランツにたどり着き、あらためてこの曲を聴いたところ。。。
なんか気に入ってしまった!

最初はおどろおどろしいんだけど、徐々にメロディアスになり安心させといて、
最後はまたとどめの一発。(変な説明ですいません)
とにかく起承転結がはっきりした曲なんです。

作詞はゲーテですが、それにしても、、、歌詞が怖すぎる。
歌詞をご覧になりたい方はこちらをクリック

音楽の授業のテストで出たから覚えてるんだけど、
フランツは実は31歳という若さで亡くなっているんですよ。

先週の記事で「憧れの兼高かおるさんとお食事でもご一緒したい」と書きましたが、
もしフランツと会えるなら食事じゃなくて絶対お酒
この曲を作った時の心境とか、いろいろと聞いてみたい!

彼の死因はレストランで食べた魚が原因の腸チフスと言われていますが、
その魚が鱒でなかったことを願ってやみません。
それじゃなんか洒落にならないので。。。
[PR]
by penedescat | 2011-01-25 06:44 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(22)

憧れの女性 兼高かおるさん

さきほど日本から届いた雑誌を読んでいたら、兼高かおるさんのインタビュー記事発見!

なんと、懐かしい!!!
まだご健在でいらっしゃるとのこと、なんだかすごく嬉しくなりました。

あれは小・中学生の頃でしょうか。
日曜の朝になると「兼高かおる・世界の旅」を見るのを楽しみにしていたものです。
30年以上も続いた長寿番組だったんですよ。

↓ オープニングテーマ、懐かしいでしょう?


私が外国に興味を持つようになった最初のきっかけは、あの番組だと言ってもいいでしょう。
その次のきっかけは小林克哉のベストヒットUSAですが。。。(←いきなり分野が違いすぎる)
あ、セーラ・ローウェルさんのダイヤトーンPops Best10, MTV Music Televisonも大好きでした!

まだまだ海外旅行なんて一般的じゃなかった時代、
しかも小学生だったので難しいことは理解してなかったけど
「世界の旅」で映し出される風景や、兼高さんが現地住民と交流するシーンを見ては
私もいつか外国に行ってみたいと思ったものです。

そうしたら、、、その十数年後にホントに外国に来ちゃいましたけどね(笑)!

兼高さんといえば、気品ある語り口調が特徴的ですが、
優雅な立ち振る舞いといい、内から滲み出る知性といい、私の憧れの女性の一人です。

ネットでお借りした写真の数々。お美しい方ですね。
彫りの深いお顔立ちだとは思っていましたが、お父様がインドの方と聞いて納得。 
e0205478_3371182.jpg
e0205478_3373189.jpg




彼女のプロファイルは以下のとおり。
(ウィキペディアからのコピー)

兼高 かおる(かねたか かおる、本名:兼高ローズ、1928年2月29日 - )
は兵庫県神戸市生まれのジャーナリスト・日本旅行作家協会長(ツーリストライター)である。
香蘭女学校卒業後、ロサンゼルス市立大学に留学。
その後ジャーナリストとしてジャパンタイムス等で活躍する。
海外取材が多く、150カ国以上に渡航したことで知られる。

●初めて南極点に到達した一般女性のうちの一人である。
●ミクロネシアのマーシャル諸島に自分の島(カオル・エネ)を持っている。これは観光化がブームとなっていたときに現地の大酋長の相談に乗ったお礼としてもらったものであった


こちらもネットで拝借した最近のお写真。
e0205478_339644.jpg


現在は82歳という年齢にも関わらず、まだまだ世界を飛び回っていらっしゃるとか。
ここで呼びかけてどうするって感じですが、
兼高さん、いつまでもお元気でいらしてください!

もし機会があれば、いや、そんなチャンスは絶対ないのですが、
兼高さんとゆっくりお食事でもしてお話を伺ってみたい。
あ~世界の旅シリーズのDVDあったら買っちゃうかも。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-01-17 03:46 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(18)

婦人警官のカレンダー!

皆さん、もう2011年って書くの慣れました?
私はまだまだ~

さて年末におなじみぶちさん、そして前にコメントいただいたayさんのブログでも紹介されていた
悩殺(?)消防隊カレンダー ←ご覧になりたい方はクリック

そもそも日本の方には何故こういう物が売られているか、理解不可能でしょう(笑)。
でもどうやら他の欧米諸国にも存在するみたいですよ。
消防隊、警官、そしてお坊さんシリーズのカレンダー、ネットで探せば出てくる出てくる。

実は先日これの婦人警官バージョン 2011 を発見いたしました。
さあ、カタルーニャ自治州の頼れるお姉さん達(そう思いたい)の登場です!061.gif


e0205478_1583973.jpg


うーんこれは。。。
e0205478_1594858.jpg


いかがでしたでしょうか?
一瞬、かっこいいじゃないって思ったけど、よーーーーーく見ると。。。
なんかこう、、、ハードボイルドとふくよかな体系ってのはミスマッチかと。。。あ、でも昔女子プロで極悪同盟なんてのがありましたね(話が脱線)。


このカレンダーを見た市民からの反応、
● 路上で警官見るとちょっと緊張するけど、この人達になら取調べされてもいい。
● 消防隊のがあるんだから、婦人警官版があってもいいんじゃない
なんて肯定派もありましたが、非常に少数っぽい。


大半はこれまた非常に厳しいご意見でね(涙)、、、

● 頼むから痩せてくれ
● 全然脱いでないじゃん。こんなんじゃオレは買わないね
● Raval地区の売春婦カレンダーならいいのに!何この趣味の悪さ。
● 悪いけど、こりゃ太りすぎだよ

うーん、やはり痩せてなきゃダメってこと?026.gif

ふと思ったけど、こっちの婦人警官って実際ピストル持って犯人追い掛け回すくらいだから、
体が重いてってのはどうなんだろ~??


余談なんですが、うち今年のカレンダー1つしかないんです。
しかも近所の八百屋さんでもらった小さいやつ。

この際例の消防士のカレンダーでも買おうかしらん。。。(嘘)


にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-01-05 02:31 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(8)

どうしても可愛いとは思えないオモチャ

クリスマスまで1週間となり、街はプレゼントを捜し求める人で溢れています。
今日は甥っ子(8歳)のためにあちこち駆けずり回り、やっとプレゼントを買えました。

この時期になると、いやでも子供向けのオモチャが目に入ってくるのですが、
私がどうしても可愛いと思えない商品。それは、、、

My little Pony シリーズ
e0205478_0391373.jpg


英語の名前からして本家はイギリスでしょうか?
そしてアニメか何か?

私は人形しか見たことがないのですが、何度見ても不気味っていうか強烈。
まつげの量がすごいですね。
最近の日本のお嬢さんのアイメーク並みです。
ヨーロッパの女の子達はこれを見て「うわっ、可愛い!ねえこれ買って~053.gif」ってなるのだろうか?
人形版なんてこんなんですよ。
体についてる絵は何?ソフトクリーム、それとも刺青?↓
e0205478_04028100.jpg


古くはキャベツ人形に始まり、リアルな赤ん坊の人形(それ専用のベビーカーに乗せられている)など、私の感覚では理解できないオモチャの数々。
確かにちょっと郊外に行けば馬がいるし、童話じゃ王子様も馬に乗ってくるわけだし、
馬とヨーロッパは切っても切り離せないわけですが、
それにしてもこのデザインはちょっと、、、、ね。

男の子向けの商品はゲーム、乗り物関係、スパイダーマンみたいなのとか(スペイン語の発音、スピデルマンには笑った)割と分りやすいんだけど、女の子向けの人形シリーズは絶句物が多くて、ある意味おもちゃ売り場をウロウロするのが楽しい。

これは!というブツがありましたらご一報ください。
次回オモチャ売り場に行く際に注意してみてみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2010-12-19 00:48 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(12)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46