カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ちょっと気になる人&モノ( 48 )

懐かしのマザーグース

子供の頃、我が家にはマザーグースの本がありました。
あの独特の世界、大好きです。


今でも時々思いだします。
「女の子って何でできてる?砂糖やスパイス、すてきなことがら」とか
ハンプティ・ダンプティのこととか。
マザーグースの本が懐かしいと何度も言ってたら、相方がこんなものをプレゼントしてくれました。

●THE REAL MOTHER GOOSE (CD付き。。。)
e0205478_23113825.jpg



でもね、いただいといて何なんですが、欲しかったのはコレじゃないの。オリジナルとはいえ、英語で読んでもいまいちあの昔の感覚が蘇ってこない。子供の時の話なので、私が好きだったのはあの日本語訳なのです。確か青い表紙のハードカバーで、カラフルな少年少女の表紙だったなと記憶を辿り、ネットで見つけたのがコレ ↓


●マザーグースのうた 第1集
e0205478_2312277.jpg


訳が良いと思ったら、なんと谷川俊太郎氏が訳されていたのですね!
イラストも良かった。
おどろおどろしい場面もあったけど、あのブラックな部分がいいんですよ。


ネットがあるおかげで、好きだった唄がどんどん見つかり、かたっぱしからチェックしました。


子供のころ特にぐっと来たのは ー ソロモン・グランディ Solomon Grundy


  ソロモン・グランディ
  月曜日に生まれた
  火曜日に洗礼を受け
  水曜日に嫁をもらい
  木曜日に病気になった
  金曜日に病気が悪くなり
  土曜日に死んだ
  日曜日には埋められて
  ソロモン・グランディは
  一巻の終わり




ああ、シュールだな。 (笑)
ハバードおばさん Old Mother Hubbard のもいいですよ。



  お人よしのハバードおばさん
  ワンちゃんに骨を上げるために
  台所へ取りに行きました
  でもそこへいってみると
  台所はもぬけの殻で
  ワンちゃんは骨をもらえませんでした

  ハバードおばさんはパン屋さんに行って
  ワンちゃんにパンを買おうとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんは死んだまねをしていました

  ハバードおばさんは葬儀屋さんに行って
  ワンちゃんに棺を買おうとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんはニヤニヤ笑っていました

  ハバードおばさんはきれいなお皿に
  ワンちゃんのご馳走を盛ろうとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんはタバコをふかしていました

  ハバードおばさんは酒倉に行って
  ワンちゃんにビールをあげようとしました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんは椅子に腰掛けていました

  ハバードおばさんは酒屋さんに行って
  ワンちゃんに白と赤のワインを買いました
  でもおばさんが戻ってくると
  ワンちゃんは逆立ちをしていました (・・・ 続く)



私は空想癖があるので、子供の頃、本当にハンプティ・ダンプティみたいな人が街中にいると思ったし、犬がタバコを吸う姿もありえると信じてました。残念ながらいまだ見たことはないんですが、、、でもいたら絶対に楽しそうだ。


この「マザーグースのうた」シリーズは第5集まであるらしい。
次回帰国した時のお買い物リストにつけ加えときます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-21 23:20 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(10)

蛇口にも愛を

イギリスから変なものが届いたんです。


★さてコレは何でしょう? 
e0205478_1301925.jpg


クッションか、はたまた飛行機の中で使う枕か、、、と考えていると
目に飛び込んできた文字が。


TAP JACKET


タップ(蛇口)、、、ジャケット、、、ですと?


注文した本人(相方です)に問いただすと、庭に連れ出されました。
「こうするのだ!」と彼は庭の水道の蛇口にカバーを巻きつけ、マジックテープで固定。


★水道の蛇口の、冬用カバーでございました。
e0205478_131263.jpg



うちは標高700メートルの山なので、朝晩はぐっと気温が下がるのです。
2年ほど前、寒さによって蛇口の一部にヒビが入ったことがありました。
中にある水が凍って膨張したんだったかな~(もう覚えてないわ)。


ひび割れ防止のために相方がネットで見つけた商品なのだけど、
わざわざイギリスから取り寄せって、、、ちょっと高級なイメージだわww
とにかく、、、蛇口君よ、このジャケットで寒さをしのいでくれたまえ。


冬支度をして、すっかり淋しくなった庭ですが
なんと柿が1個だけ成ってるのを発見。
葉っぱに覆われてて、今まで誰も気づかなかった。。。
多分渋柿だと思うけど、赤くなるまで放置しておきます。

e0205478_132714.jpg



それではまた~。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-11-08 01:39 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(2)

喉の痛みにはコレが手放せません

今朝はぐっと冷え込んだカタルーニャ地方。
気温が下がることは知っていたので、週末に衣替えをしておきました。
ふっふっふ。


これからの季節、風邪には注意しないといけませんね。
喉がちょっと痛いかなと思ったら、いつも生姜レモンティーを飲んでます。
でももっと手っ取り早いものを見つけました♪


●プロポリスの喉スプレー
e0205478_2211854.jpg



生姜レモンティーも効くけど、外出先ではお茶を煮出すことも出来ないので
「喉がちょっと変かも」と思ったら、このスプレーをするだけ。
最近はいつもバッグに忍ばせてます。


●ノズル式で、喉の奥まで届きますよ~
e0205478_22113877.jpg



喉が痛んでいたら、このプロポリススプレーがかなりしみるはず。
でも効き目抜群で、私はこの1年以上「ちょっと喉が痛いかも」という
段階からひどくなったことがありません。


難点は、、、、、
味が、、、、、、

激まずなんです!


良薬口に苦しということで、そこはぐっと我慢です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-10-16 23:33 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(2)

アーモンド・ダイエットで痩せた両親

先日両親とSkypeしたら「老化防止とダイエットのためにアーモンドを食べている」と言っておりまして。。。


なんでも某大学教授が力説しているダイエット法らしいんです。
日本のTVで何度かとりあげられています。


方法は簡単で、普通食の後にアーモンドを食べるだけ。
摂取量は一日にアーモンド一掴み分(20ー25粒程度)、
ただし素焼きで塩がついてないものに限ります。
それを食後かおやつ代わりに食べるだけで、その他得に食事制限はなしとか。
アーモンドで結構お腹が膨れるので、甘いもの防止にも良いみたい。


この方法を数ヶ月続けてところ、お肌はツヤツヤ(アーモンドの脂肪分の仕業ねっ)、そして二人共体重が3、4キロ減ったらしい。


最近二人が日本から遊びに来て、9ヶ月ぶりに再会したのですが
明らかに二人とも痩せてる!!!005.gif


年のせいもあって痩せやすいのかもしれないけど、
普段から結構甘いものを食べる二人だったので、突然痩せていたのは衝撃(笑)でした。
こちらでの滞在中も体重増加防止に、アーモンド買ってオーブンで素焼きにしてました。


私といえば毎年のように夏太り(←多分ビールの飲みすぎ)、
冬になったら頑張って3キロくらい減らし、ってなことを続けていたけれど
両親の姿を見て


「私もアーモンド ダイエットしてみようか」


という気になりつつあり、、、、


一日25粒のアーモンド(約25グラム)ということは、一ヶ月で約750グラムのアーモンドが必要。
小袋で買ってたら間に合わないわ!!


そもそもこの国はアーモンドいっぱいある。
なのにお値段がお高めなのは何故?


そういえば坂道下りたところにアーモンドの木が数本あるじゃない。
あそこから盗んでこようか。(ダメだ、不審者みたいになっちゃう~)
というとでキロ単位で買える店をただいま物色中。


ここで宣言して、地道にダイエットしまっせ。
結果は年明けくらいに。。。


誰か、、、誰か一緒にダイエットしない? (心の友としてダイエット仲間募集中)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-10-07 23:41 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(12)

日本の雑誌を定期購読

海外にいると日本の雑誌って恐ろしく高いんです!
お店で買っても定期購読で郵送してもらっても、
日本での販売価格の2ー3倍近く払うはめになる。
でもネットだけじゃなくて、気分転換に雑誌が読みたくなるんですよ。


そこで数年前に定期購読したのが

「婦人公論」と「GRAZIA」


「婦人公論」はとにかく活字が多いものをと選んだのに、
だんだん介護、嫁と姑バトル、不倫の泥沼、
そしてなぜか宝塚に氷川きよし(笑)の記事が多くなり中断。048.gif


GRAZIAはまったく手の届かない値段のファッション情報はともかく、
特集記事は面白かったかな。
でも他のファッション雑誌同様、手首が折れそうなほどに重い!
それだけに送料がかさみ、またしても中断。


そして最近新たに定期購読を始めたのはこちら。

     ↓ ↓ ↓ ↓

クーリエ ジャポン ウェブリンクはこちら

●第一号で届いたのは世界の宗教特集。 ノルウェーの刑務所の記事も面白かったよ。
e0205478_155348.jpg



●バックナンバーの特集は北欧福祉の現実について。これも面白そうでしょ?
e0205478_156577.jpg



世界中の様々な分野のニュースを簡潔にまとめてあり、しかも読みやすい。
かなり充実した内容で、とってもうれしい♪
しいていえば各記事(日本語翻訳になっているので)で引用した元記事の
ヘッドラインと日付は言語表記してもらえると助かる。
そうすれば興味のある記事のオリジナルを探すこともできるしね。


まだ一冊しか読んでないけど、かなり満足したので
今後も期待しております♪



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-07-25 02:06 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(2)

これは恥ずかしい!

まずは先日の記事 「皆様へのお願い(ダウン症の小さな友達のため)」を読んで
ご署名いただいた皆様、本当に有り難うございました!
本日Mちゃんのお父さんに会う機会があり、
私のブログで署名サイトをリンクしたこと、すでに何人もの方が署名してくださったと
お伝えしたところ、感激されておりました。
目標の一万人まであと少しです。
引き続き署名運動を行っているので、宜しくお願いします。040.gif



さて話は変わって、今日は衝撃の写真をご紹介します。
もうすぐオリンピックなんですが・・・・

これがスペインチームのユニフォームオリジナル記事はこちら



e0205478_29560.jpg




すごすぎる。 なんだか恥ずかしい。
2012年の現代にこのデザイン。。。 


こんなんだったら、私にだってデザイナーになれるという
変な自信すら湧いてきました。



案の定、スペイン国民にも大不評みたいですよ。
上記リンク記事内にアンケート(6373名が既に回答)があり、現時点での結果は。。。



●このユニフォームが好きな人 3%
●このユニフォームが嫌いな人   96%
●無回答                 1%



嗚呼・・・3%の人はいいって・・・思ってるんだ・・・・。(それも衝撃)



正直オリンピックには興味ゼロなので、TVは見ないつもりだけど
スペインチームがこのユニフォームで行進してるところは
見てみたいかな。
怖いもの見たさです。。。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-07-19 02:32 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(6)

ミヒャエル・ゾーヴァの世界

この冬はドイツへ小旅行に行く予定なので、最近はプランニングに忙しいワタクシ。
観光もそうだけど、まずはゆっくり本屋さんに行きたい!
バルセロナには品揃えが良くて、落ち着ける、素敵な本屋がないのですよ。


お目当ての本を買った後は、この時期ずらりと並ぶ来年のカレンダーを眺めたり、
ドイツの本屋さんならどこにでもある綺麗なカード類を手にとって見たり、
そしてミヒャエル・ゾーヴァ(Michael Sowa)のポストカードも欲しいなあ。


皆さんミヒャエル・ゾーヴァの名前を聞いたことはなくても、
絵を見たらピンとくるんじゃないかしら?


フランス映画「アメリ」でも、彼の作品がいくつか登場していましたよ。

(写真はネットでお借りしました)



☆有名な犬の絵。
e0205478_5531359.jpg



☆鏡の前で着替え中のウサギちゃん。
e0205478_5533612.jpg



☆熊と散歩する少女
e0205478_5541866.jpg



この不思議な世界の創造主が、ミヒャエルさん。
ドイツ・ベルリン生まれの画家・イラストレーターです。


彼の独特の世界観と、色使いがとっても好き。
空の色なんてまさにドイツの色。



☆この電車のコンパートメントの風景、ドイツを思い出してちょっとノスタルジック気分です。
e0205478_5551093.jpg



☆窓の外をペンギンが飛んでみたり。。。
e0205478_5553714.jpg



☆スープの中に豚がいたり。。。
e0205478_5562274.jpg



☆これはErikaというタイトルの本の挿絵。この本持ってます♪
e0205478_5565697.jpg




彼の作品集、見つけたら買っちゃおうかな。


本屋さんのこと考えるだけで、こんなウキウキなんて、
スペインの本屋さんがどれだけひどいかってことの裏返しでしょうか??



それではまた!



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-11-20 05:58 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(12)

憧れの女性 (2) 米原万理さん

欧州の皆さーん、本日土曜から日曜ににかけての夜中に1時間時計の針が戻りますよ。
そう、冬時間の始まりです・・・。
ということで私も冬っぽい背景に変えてみました。


今日のテーマは憧れの女性、第二弾。
故人ですが、ロシア語通訳の第一人者としてご活躍された米原万理さん
もしやご存知の方は少ないかしら?


私は大学時代ドイツ語専攻で、特にロシア語とは縁がなかったけれど、
それでもあのロシア・東欧の激動時代、彼女が活躍する場面を何度も見聞きしたものです。


豪快で、堂々としていて、巧みなユーモア、そして女性らしさをアピールするファッション。
地味な通訳さんが多い中で、かなり目立つ存在でしたね。


子供のころ漫画家だけじゃなくて、通訳にも憧れたワタクシ。
でも米原さんのように同時通訳なんて・・・とんでもない!



実は私、大学時代に1年間「英語同時通訳」の授業を取った事があるんですが、
逐次通訳と違って、同時通訳って気が狂いそうになるんですよ。
耳から英語を聞きながら、同時に日本語の語順に置き換えて話していく作業。
それにはものすごい集中力と、柔軟な日本語能力が必要。
だからこそプロでも10分か15分以上は継続できないと聞きます。


☆ お若い頃の万理さん、お美しい方です。(写真はネットより拝借)
e0205478_2337343.jpg



☆ 晩年の万理さん。2006年に56歳の若さで亡くなりました。
e0205478_23551872.jpg



(彼女の歴史)
日本共産党代表の父親の仕事の都合で、チェコの首都プラハに一家揃って渡欧。
9歳から14歳まで現地のソビエト学校に通い、1964年に帰国。
その後は東京外国語大学ロシア語学科を経て日ソ学院ロシア語講師を務める。
1983年頃から第一級の通訳として、ロシア語圏要人の同時通訳などで活躍。
1990年1月、エリツィン・ソ連最高会議議員(当時)来日にあたって、随行通訳を務める。
1995年から1997年まで、さらに2003年から2006年の死去まで、ロシア語通訳協会会長を務める。
1989年から1990年まで、TBS「宇宙プロジェクト」で通訳グループの中心となり、ソ連側との交渉にあたる。TBSの特別番組「日本人初!宇宙へ」ではロシア語の同時通訳を担当し、一般視聴者にも広く知られるようになる。1997年(平成9年)4月から翌年3月まで、NHK教育テレビ『ロシア語会話』で講師を務める。



彼女が執筆した本も数冊持っていますが、どれも通訳時代のエピソードを交えた、
ユーモアたっぷりで、彼女の暖かい人柄が感じられる内容です。
スペインに持ってきているので、ついつい何度も読み返しちゃう。


☆ ガセネッタ・シモネッタ 
名訳と迷訳は紙一重。言語をめぐる爆笑エッセイ
ロシア語同時通訳の第一人者が綴る、大マジメな国際会議の実に喜劇的な舞台裏 (Amazon評)
e0205478_2356515.jpg



☆ 嘘つきアーニャの真っ赤な真実
1960年プラハ。マリ(著者)はソビエト学校で個性的な友達と先生に囲まれ刺激的な毎日を過ごしていた。30年後、東欧の激動で音信の途絶えた3人の親友を捜し当てたマリは、少女時代には知り得なかった真実に出会う!(Amazon評)
e0205478_23563048.jpg




万理さんの本「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」のベースになったTV番組があるんです。
1から4まであるのですが、とりあえず1だけご紹介 ↓


世界わが心の旅 プラハ 4つの国の同級生 ビデオ バージョン1



もし万理さんとお会いできたら、どうしようかな。。。
間違いなく一晩中飲みながら語りまくるしかないでしょう。
いや一晩じゃたりないなあー、三日三晩くらい必要かなぁ。


それでは皆様よい週末を♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-10-29 23:58 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(6)

自宅でシイタケを育てました

秋ですね。
急に気温が下がって、慌てて衣替えしましたよ。


今年は天気が変で、雨も数ヶ月まともに降ってない。
viespaさん情報では「今年はカタルーニャ産のキノコは無理かも」。。。
ガーン。


このフラストレーションをぶつけるべく、先日ガーデンセンターにてキノコ栽培キットを購入。
選んだ種類はもちろんシイタケです。


☆オランダ産のキノコ栽培キット
e0205478_22364330.jpg



売り場の看板にあった説明と、キットの中に入ってた数ヶ国語表記の説明書、
そして追加で入ってたスペイン語の説明、全部内容がバラバラ。。。
温度とか何日太陽のあたる場所に置くとか、全部説明が異なるのはナゼ?
私にどの方法を信じろと?


ということでドイツ語の説明書を選択(←気持ち的にすがってみた)。


☆箱をあけるとキノコ培養の土壌が出現
e0205478_2237459.jpg



ビニールに数箇所穴をあけて、そのまま4,5日太陽が当たる所に放置。


その後2日間水にどっぷりと浸し


後は15度の気温で直射日光が当たらない所で育成。
乾燥しないように日に2度お水を拭きかけます。


☆数日経つと・・・・成長してるぅ。一番大きいので4cm位かな。
e0205478_22381994.jpg



でもなんか・・・シイタケに見えないんだけど、まだこれ背丈とか伸びるよね?
いつ収穫していいのかよく分からない。。。


一通り収穫したら2週間地下室で休ませて、また同じような行程を経て、
数回楽しめるらしい。


初回はどういう調理法にしよう。
本当は網で焼いて生姜醤油がいいな。でも網ないし、うち電磁調理器(涙)。
バーベキューセットでも引っ張り出してこようかしら。


それでは皆様、良い週末を。056.gif


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-10-22 22:42 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(18)

免許がなくても運転できる謎の車

皆様お元気ですか?


Penedes cat は...生きてます(笑)。
最近お疲れ気味であまり更新できませんが、そのうち前のペースに戻れると思います。



ところでスペインにお住まいの皆様、こういう車見かけたことありませんか?

             ↓ ↓ ↓ ↓

e0205478_2404576.jpg
e0205478_2411096.jpg



実はこれ、免許がなくても運転してよい恐怖の車! 

Smartみたいに二人乗りで、うちみたいな田舎では結構な頻度で見かけます。


でも・・・以前viespaさんとも話したんだけど、免許がなくても運転できるってどういうことっ?!
確か最高速度が45キロ位で、もちろん高速は禁止ってのは分かる。
でも国道とかでも右端をノロノロ走ってるし、一般道に関しては普通に飛ばしてる。
普通車と道路を共有してるくせに、免許なくてもいいって一体・・・・。

しかもナンバープレートないんだけど、保険とかどうなってるの?
誰か、誰か、詳しいことを教えてーーー


● 本日この車が売りに出されてました。お値段は100万円以上すると思う。

e0205478_2422488.jpg


Wikipedia によると
The company currently produces the Aixam A.7XX series (powered by Kubota diesel engines), a microcar comparable with the Smart. A notable difference is that some of the smaller models are restricted to 45 km/h (30 mph) and can be driven without a driver's licence in some European countries (including France, Italy, Portugal and Slovenia, but not the UK).[citation needed]


ということはスペインだけじゃなくて、フランスとかイタリアにもあるわけだね。


そもそも運転してる人は、自動車教習所で免許がとれなかったのか
何が理由で普通車より高いこの車に乗ってるんでしょう。


バイク扱いみたいなもので15歳とかでも乗っていいのかしら?


どなたか情報お持ちであれば、ぜひとも教えてくださいな♪


それでは皆様良い日曜日を!




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-10-09 02:44 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(8)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46