カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:その他( 74 )

スペインのクリスマス市はちょっと寂しい

ドイツで10年ほど暮らした身としては、
スペインのクリスマス・マーケットはちょっと寂しい。


なぜなら

食べ物の屋台がない。


カタルーニャ地方以外は知らないけれど
どこも同じようなものなのかな?


ドイツでは寒さに震えつつ、ホットワインのカップを握り締めて暖をとり、
グリルソーセージや、じゃがいものパンケーキにりんごのムースをつけて食べたり。。。国が変われば文化も変わるものですな。(遠い目)


カタルーニャのクリスマスと言えば、日本でも知られつつあるCAGANER人形。
発音はカガネーみたいな感じで、ネーにアクセントがあります。


要するにアレですわ、ウ◯チをしている人形なんですが、
オリジナルはカタルーニャの民族衣装を着た農民風スタイルのもの。
最近は政治家やスポーツ選手、王室メンバー、アニメのキャラを題材にしたCAGANERもあります。


●こんな風に屋台にずらりと。。。
e0205478_0162487.jpg



キリスト誕生シーンを再現したパセブラ(pessebre)という人形小屋があるのですが、カタルーニャではなんとその中に、CAGANER人形を忍ばせる習慣があります。役所の前に飾ってある巨大パセブラにも、CAGANER人形が隠されていたり、
厳粛なのか、お茶目なのか、よく分かりませぬ。。。


●パセブラはこんな感じ。
e0205478_0175634.jpg



うちには人形小屋はないけれど、CAGANER君はいますよ。
もう一つのクリスマスの風物詩、CAGA TIO君(ミニバージョン)と仲良く並んでます。


●前から見た図:  左がCAGANER君、右が丸太のCAGA TIO君 
e0205478_0183440.jpg


●後ろから見た図: 見たくないお尻まで、はっきりと見えます。
e0205478_0193120.jpg



クリスマスになると、子供たちは毛布を掛けられた丸太のCAGA TIO君の上にまたがり、歌いながらバシバシとCAGA TIO君を打ち付けます(←容赦ない)
そうするとCAGA TIO君がウ◯チをしてしまうというストーリー。
でもそのウ◯チというのが、毛布の下から出てくるプレゼントのことなんですよ。
夢があるのかないのか、よく分からない。ww
カタルーニャは、かなりスカトロジカルな州のようです。004.gif


↓ YOUTUBEで画像発見





CAGA TIO君も、クリスマス市で絶賛好評販売中です♪

e0205478_020505.jpg




皆様、よい週末をー。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-12-01 00:29 | その他 | Comments(8)

日照時間の比較 ドイツとスペイン

最近お天気が不安定。
からっと晴れたかと思うと、その後2日連続でどんよりの曇り空とか、
しかも週末に限って雨が多い。057.gif
天気が悪いと気分も塞ぎ込みですが、よく考えたら、、、、


こんなのドイツの冬に比べたら何てことないわ!



ドイツでは11月から3月頃までは寒くて暗くて、
8時に太陽が顔を出したかと思えば、曇って小雨が降って16時に外真っ暗。
そういえば夏でも気温が低くて(17度くらい)、
2週間以上連続で雨が降ったこともあって、あれはさすがに堪えたなあ。
晴れた夏の日にみんなが狂ったように日光を浴びてる姿も納得です。


北ヨーロッパの冬の、あの鉛のような色の空ってのは体験しないと分からない。
しかもたった一日ではなく、数ヶ月続くわけだから
鬱病の人が増えるのも当然。
鬱までいかなくても、体のだるさ、頭痛、イライラなどの症状もあります。


この間見つけた日照時間の比較表にご注目あれ。


●12月の合計日照時間
東京 166時間
バルセロナ 138時間
ミュンヘン  49時間
モスクワ  18時間。。。。(←ホントに???)


●年間合計の日照時間
東京 1812時間
バルセロナ 2524時間 (←ぶっちぎりですね)
ミュンヘン 1708時間
モスクワ  1731時間


↑ 北ヨーロッパは冬は日光が当らなくても、夏の日照時間が長いのでこういう結果になります。


生活するうえでスペインよりもドイツのほうが良い!!って面もあるけれど、
天気に限ってはスペインが圧勝ですね。


近い将来、日照時間の少ない国に移住を計画している方には
お試しで3ヶ月程、現地の真冬を過ごすことをおすすめします。
でもクリスマス前は割と華やかなので、そこはあえて避けてね(笑)。


1月~3月あたりが、どん底の冬を味わうにはもってこい!
この先何十年とそういう気候に耐えられるか、自分に挑戦です。
これに耐えられたら、もう怖いものなしよ。
3月後半になって春を感じた時の喜びといったらもう!(ちょっとマゾっぽいですが)


自分で思う以上に、太陽って精神状態に影響を及ぼすものです。058.gif
たかがお日様、されどお日様、です。


明日はからっと晴れるかしらん。
晴れたら洗濯物をベランダに干さねば~。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ057.gif
[PR]
by penedescat | 2012-11-22 00:17 | その他 | Comments(4)

黒猫と宝くじ

11月も中旬となり、街角ではクリスマスの飾り付けが目につくようになりました。
少し部屋の模様替えをしたいので、リビングに飾る置物を探しているのですが、
どこもかしこも安っぽいクリスマスグッズばかり。
ちょっとゲンナリしてるのでw、置物探しは1月過ぎまで延期です。


さてスペインの年末の楽しみといえば 宝くじ♪
正確には12月22日に当選発表のクリスマス宝くじです。


この宝くじは1枚が結構なお値段で、20ユーロ(2000円程度)するのですよ。
にも関わらず毎年1人数枚購入してる人も多いみたい。


★こんな感じの宝くじ(画像はネットでお借りしました)
e0205478_18542398.jpg



うちも毎年1ー2枚買うけど、今まで当たったのは20ユーロが2回だけ。
つまり買った分がプラスマイナス0ってやつ。
今年は20ユーロ以上当たってほしいので、
バルセロナへ行ったついでに有名な宝くじのお店へ足を運びました。


100年の歴史を持つこの宝くじ売り場、その名もGATO NEGRO(黒猫)。
12月の週末なんかはものすごい行列です。


というのも過去にこの売り場から何度も大きな当たりが出てるから。
そんな訳で、夜中に大量の宝くじが盗まれるという事件もありました。


★盗難事件があった当時の写真(画像はネットより)
e0205478_18555070.jpg



さて買ったはいいが、どこに保管したらいいのか迷う。
とりあえずミニ神棚の中に隠したけど、他にいい場所あるのかな。


実は幸運を呼ぶために考えてることがあるんです。
黒猫のご利益ということで、買った宝くじを近所の黒猫ミッシー(私のブログトップに花と一緒に写ってる黒猫)の額にスリスリしてみようかと。。。


ダメですかね?
私、結構本気です。
後はミッシーが通りかかるのを待つのみ。。。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-11-16 19:01 | その他 | Comments(8)

普段は結構質素な生活なんです

海外在住者のブログを見ていると目につくのは


●今日はどこどこへ行った、旅行した
●XXレストランでコレを食べた


というテーマの記事。


そういうのばかり目にしていると、日本にお住まいの方には、
「まあ優雅だわねー」なんて思われるかもしれない。


ど~んと落ち込むような話はブログには書かないもんだし
(書いても100パーセントは吐き出さないよね)、
余計に優雅で楽しいことばかりの海外生活みたいに見えちゃうかも。
でも実際は、私を含めて皆さん結構質素な毎日だと思いますよ。


え、、、そんなことない? 私だけかしら?


さて質素と言えば、、、、
うちなんて暖炉で火を起こすときに活躍する「松ぼっくり」は裏山で拾い、
川で洗濯してます、、、、、 ← 嘘です。 洗濯機使ってます。。。



ヨーロッパなんてコンビニはないし、日曜祝日はたいてい店が閉まってる。
日本からやってきて間もない人は、どうやって祝日・休日を過ごそうか、頭を悩ませる人も多いのでは?


消費文化ではないため、新商品が充実してるわけではなく、購買意欲も激減→結果、お金もそんなに出て行かないかな。日本のほうが絶対に安くて質がよいものが多いですよ。 そのせいか里帰りすると、お店の商品のラインナップを前に呆然と立ち尽くす自分がいます。(笑)


さて今回は、そんな質素なわが村の質素なパンをご紹介。
村には石焼き釜みたいなパン釜があって、そこで毎朝焼いております。


*大人の頭くらいある大きさのパン。 850グラムで2ユーロ(200円)なり。
e0205478_17401712.jpg



朝9時と11時に焼きたてのパンが販売されますが、焼きたては熱いしやわらかすぎて切れないので、通常はちょっと冷めたものをスライスしてもらいます。
スライスしてもらうと10センティモ(10円)増し♪
お洒落なパンではないけれど、香ばしくって美味しいですよ。


でもね、このパンを見るといつも「これ凶器になりそう」って思う。037.gif
喧嘩して物を投げたことはないけど、いつかこのパンをぶつけてみようか(←誰に?)。。。


それでは皆様よい週明けを!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-10-28 18:05 | その他 | Comments(10)

〈お知らせ〉ヨーロッパ在住の日本人医師による無料健康相談

昨日下記の記事をアップしたのですが、私の勘違いで一部間違った情報を載せておりました。
現在スペインでは無料相談を担当されるお医者さまはいらっしゃらないこと、
また無料相談の番号は+49 9951-9493-399(ドイツ)の一本です。
もちろんどの国からかけていただいてもOKだそうです。

下の記事も間違った部分は訂正し、一部情報を追加させていただきました。
間違った情報のせいでご迷惑をお掛けした方々、申し訳ございませんでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドイツでご活躍中の日本人医師「どくとるくま」さんのブログで
大変興味深い情報を見つけました。


欧州日本人医師会では、電話による無料健康相談を承っているそうです。
現在のところ週2回(月・水)、21-22時(中央ヨーロッパ時間;ドイツ時間と同じ)の1時間。


*** 以下記事より抜粋


無料健康相談は2012年4月2日 から毎週月曜日水曜日に会員の先生方が交代で行います。(ヨーロッパ中央時の午後9時から10時、イギリス及びアイルランドは午後8時から9時)

電話番号 +49 9951-9493-399

無料健康相談の電話番号は相談専用電話ですので、上記の時間以外は使えませんので御注意ください。

なお健康相談を始める前に、お名前、国名、電話番号又はメールアドレスを御聞きします。これは我々の記録、返信などに欠かせないものですので、必ず御答えください。



詳しい情報は、下記のくまさんの記事をご覧ください。
下記サイトの画面上にある「無料健康相談医師一覧」というセクションをクリックしてください。


ヨーロッパ在住の日本人医師による無料健康相談


とても心強い情報ですよね♪

ぜひご利用ください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-10-11 16:41 | その他 | Comments(4)

小さなストーカー

朝日が昇るころ
e0205478_16461475.jpg



門の前に私を待つ影が2つ。
正体は野良猫のミニブーと、ミニマー。
e0205478_16471329.jpg



3ヶ月程前に母猫(ママ子と命名)と一緒に姿を現した彼等。
3匹まとめて時々ご飯をあげていたのに、いつの間にやら母親は子離れしちゃいました。
e0205478_16495189.jpg



ご飯粒を頭につけたまま、必死に食らいついていた(遠い目)。
e0205478_16504629.jpg



今では常に2匹で行動しております。
e0205478_16513994.jpg

e0205478_16522182.jpg



私が朝ご飯を担当してからというものの、脅威のスピードでなつき
今では早朝は扉の前で待機、ふと家から出るとどこからともなく現れ、
ゴミ捨てに出れば200メートル離れたコンテナまでの往復を追いかけてくる。


ベランダにでれば向かいのベンチから、こっちを見上げてたり。。。
ま、昼間はたいてい寝てるけど、私が外に出ると起き上がる。
私を見張っているかのようです。
e0205478_16525976.jpg




私が右に踏み出せば彼等も右へ、左へ動けばあわせて左へと
せわしくなく足元で動くため、私ときどき転びそうになります。
おかげで私がガニ股風に歩けば、彼等が両足の間に入り(トンネル風)、
全員ぶつかりあうことなく歩けるという変な技まで身につけました。



2ヶ月前はこんなに小さかったミニブー(白っぽい方)とミニマーも
e0205478_16544662.jpg

e0205478_16552296.jpg



今ではすでに大人顔。
e0205478_16572870.jpg



それにしても動物の成長は早すぎる。。。
このまま成長が止まってしまえばいいのになあ(←自分勝手)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-09-09 17:00 | その他 | Comments(4)

電話が怖い

私、実は電話が苦手。
家族や友達はまだいいの、良く知ってるから緊張しないし。
でも友達相手でも、電話の時は私結構そっけないかなあ。


とにかく知らない所からかかってきたり、自分がかける場合は
「勘弁してほしい」 って思う。
日本に住んでる時からそうだった。
そもそもあんな機械から人間の声が出ること自体が怖い。048.gif
糸電話ならまだしも。。。


我が家の固定電話は番号表示はないので、電話が鳴ると恐怖です。
別にイタ電がかかってくるわけではないが、自分では出たくない。
でも出ないと怒られるので出てみる。
固定電話の場合、たいていは相方に用事がある人なんだけどね。


電話機を発明したベル氏を恨むよ。
おっさん、余計なことしてくれた。


スカイプとか顔を見ながらのお喋りは問題ないんです。
電話口だと相手の表情が見えないのが気持ち悪いのかしら。
ということでお電話くださる方、私が無愛想でもお気になさらず。


電話と言えば、ドイツ時代の話。
スペインにいる相方のお母さんが彼に電話をかけてきました。
5メートルくらい離れてても彼女の声が受話器からワンワン聞こえてくる。
「お母さんの声がずいぶん響いてたよ」って後から相方に言ったら、


外国だから(一層)大きな声で話さないと声が届かないと思ってるんだ


という恐ろしい答えが返ってきました。
そんなアホな。。。

ちょっと微笑ましいエピソードなり。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-08-09 00:57 | その他 | Comments(8)

刑務所でも特別食はあるそうな

今ラマダン真っ最中ですね!063.gif
え? 皆様には関係ない?
ワタクシにも関係ないんですけど(笑)、先日こんな話を聞きました。


スペインにはモロッコをはじめとする、イスラム諸国出身の移民がたくさんいます。
私の知り合いに婦人警官がおりまして、何かのきっかけでラマダンの話になりました。


私 「ラマダン期間中って、刑務所にいるイスラム教徒にも食事面で配慮があるの?」

警官 「あるわよー。得に宗教のことは人権に関わるから、配慮しないと罰せられるよ」

私 「普段の食事も、豚肉の入ってないイスラム食なんだよね」

警官 「もちろん! 他にも色んな宗教食があるし、ベジタリアンや糖尿病食とか
   バラエティーに富んでるの。 機内食と同じようなもんね。」


やっぱり。。。004.gif


確か日本でもいろいろな刑務所食があると聞いたことがある。
他の国でもそこまで配慮してもらえるんだ。


オープンハウスの日があれば、是非そういう刑務所食を試食してみたいのですが、
ないわな、、、そんなイベント。


前科はない私ですが、もし万が一、万が一ですよ、
将来スペインで刑務所に入ることになったら「和食」の選択肢があるといいな。(←宗教食じゃないし。。。)
インドカレーが好きだから、ヒンズー食でもいいや。


昔訪れたトルコでは、ラマダン期間の真っ最中で、
夕方になり食事OKの時間になると、皆様が血眼になってお食事されている
シーンに何度も遭遇いたしました。


あと20日ほど続くラマダン。
イスラム教徒の方、お気張りやす~。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-08-01 04:34 | その他 | Comments(4)

皆様へのお願い(ダウン症の小さな友達のために)

私には小さな友達がいます。
仮にMちゃんとしましょうか。
実は知り合いの娘さんで、現在小学校に通っています。


Mちゃんはダウン症ですが、出来る範囲で健常者
(この表現は好きではないが、他に適当な表現がみつからず。。。)
と共に普通の学校に通っています。


もちろんその裏には教育の専門家の協力があり、
時間割や学ぶ内容にも工夫がこらされているわけですが。。。
障害を持つ子供と、そうでない子供が同じクラスで学び、遊ぶ、
理想論かもしれないけど、お互いにとって貴重な経験であると思います。

e0205478_6402491.jpg


さて現在スペインでは経済対策のため、様々なコスト削減が行われています。
医療、教育、税金、など強引な政策に各地で反対の声が上がっていますね。


このコスト削減、ついにはMちゃんの生活にも影響がでてきました。
障害を持つ子供達が普通学校で学べるために国から出ていた援助金、
削減となるようです。
つまり障害を持つ子供とそうでない子供が一緒に学ぶ、という
学校のシステム自体が危ぶまれているのです。


Mちゃんのご両親を始め、障害を持つ子供たちの親が中心となり
この政策に反対の意思表明をすべく署名活動を始めました。


どうかMちゃんのような子供たちが、引き続き国からの援助で
普通の学校で教育を受ける権利を手に入れられますように。


ご賛同いただける方は下記のリンクより署名をお願いいたします。
集められた署名はカタルーニャ州政府に提出されます。


英語の署名サイト 

スペイン語の署名サイト


最後まで読んでいただき、有難うございました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-07-17 07:00 | その他 | Comments(8)

ピアスを他のアクセサリーにする方法は?

気がつけばなんと7月!
ちょくちょく遊びに来てくださる方、ごめんさいね~。
これからはもっとまめにブログ更新するようにします。


さて先日チェコ&オーストリア旅行から戻った義理の両親。
Swarovskiのピアスをお土産でいただきました。

e0205478_0305244.jpg



でも私の耳にはピアスの穴がありません(涙)。
昔は左耳に2ヶ所、右耳に1ヶ所ピアスホールがあったけど、
安物のピアスをつけた時か、パーマ液が耳についた時だったか、
とにかく左側がカブれて炎症を起こしてね。。。
消毒してなんとか膿は収まったものの、それからピアスしなくなったのよ。

スペインに来てからはほとんどつけてないので、
すっかり穴は塞がってるとはいえ、ぱっと見まだ穴が残ってるように見える。
だから義理の両親も、私は当然ピアスするもんだと思ってたみたい。

しかもスペインは女の子は生まれたらすぐに病院でピアスの穴を開けるので、
ほとんどの女性がピアスしてるしねぇ。

「そんなの薬局とかで簡単に穴開けてもらえるわよ~、
また開けちゃいなさいよ!!!」と義母が叫んでおりました。
うーん、どうしよう。
また開けて膿んだり、実は金属アレルギーだったら嫌だしな。

「ピアスの穴開いてないなら、置物として飾っといたら?」ってのが
義父の意見ですが(笑)それはなんだかもったいないし。


日本だとピアスをイヤリングの形状に変えてくれるお店もあるだろうね。
でもスペインにはそれは無理っぽい。

こうなったらネックレスに形を変えてもらうとか出来るかな?
どのお店に行けばいいのだ?
いや私がピアスの穴さえ開け直せばすむ話なのか?
と一人で悶々としております。。。

何か良いアイデアがあれば教えてくださいまし。


☆おまけ
上段は義母が作ったパウンドケーキ、下段は私が作ったシュークリーム。
大半は義父の胃に収まりました

e0205478_0405089.jpg




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-07-13 00:45 | その他 | Comments(12)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46