カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:その他( 74 )

テツコ

いきなりですけど、最近相方が私のことをテツコ! とかテツ!って呼ぶんです。


徹子?


e0205478_010235.jpg




テツ?


e0205478_0104483.jpg



挙句の果てにトモコって呼ばれることもあるんですけど、もはや別人w

確かに私の名前は「子」で終わってるとはいえ、何事?

彼は知っている数少ない日本語の中でも「トモダチ」が好きみたいで、
恐らくそれから派生したのがトモコかと。
面と向かって「トモダチー」って言われることもあるんですが、最近私は無反応です。


テツコにいたってはまったく意味不明。
理由を聞く気にもならず。


出かける前に私がモタモタしてると、かなりの確率で

「テツコー、早く準備しろ!あと何日待たせる気だ」

とか言われる。


あとは台所にこもって料理してると

「トモコー、19時30分のお邪魔タイムがやってきました」 (←台所にいると15分おきくらいに邪魔しにくる)



まあね、カリーニョ(英語のハニーみたいな)と言われることもあるんですけど。
でもその他の微妙な愛称がどんどん増えてきててね。。。
例えば:


‐ チャンチスカン (子豚の意であるチャンチ―タとジンギスカンが混じったか?)
‐ Gary(日本語のガリ勉が由来です)


んんーー。。。
対抗できるべく向こうにも変な呼び名をつけたいんだけど、
全く思いつかないのが悔しひ。


それでは良い週末を!


●まだまだ暖かい日が続いてますが、この辺りのブドウ畑は黄金色に変わりました。
e0205478_038080.jpg




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-11-09 00:39 | その他 | Comments(10)

疲れる質問

実は私、日本について質問攻めにあうのが好きではない。

先日相方の友人に、お昼ご飯に招待していただいたんです。
彼も、またその彼女もこの上なくフレンドリー。
いい人達なんです、でも。。。。

私がいるから、とにかく日本の話題を振ってくるんだけど、
答えてる途中でもう、とっても面倒になってきて、、、


●気候はどうなの?(←スペインより湿度が高くて、四季があります)

●床は畳なんでしょ?(←家の一部に畳の部屋がある場合もあるけど、いろいろよ)

●皆が床に寝てるってホント?(←お布団派もいれば、ベッド派もいます)

●壁が紙でできてるんだよね?(←壁というか和室の場合、引き戸やブラインドの役目を果たすものが紙製ってことはあります。

●どうして日本人はあんなに働くの?(←戦後何もないところから経済成長を成し遂げたのは、あの働きっぷりがあったからこそです)

●日本では女性も働いてるの?(←働いてる人もいれば、専業主婦もいます)

●魚は全部生で食べるの?(←刺身で食べられるのは一部の魚だけです。。。)

●犬は食べるの?(←それは韓国やベトナムの食習慣だと思われます)


などなど、実際はこの10倍くらいの質問が飛び交いました。


興味本位で聞いてくるんだろうけど、あり得ない質問が続くと、なんていうか答えてる自分が馬鹿馬鹿しくなってくるというか(笑)。

ああ、気に入らない質問には笑顔で答えられない、心の狭い私。


もういっそのこと、こう説明して終わりにしたい。


日本では、満員電車で通学・通勤し、昼はもちろん全員がお寿司。23時まで残業して、家につくと三つ指ついた奥さんが待っており、お抹茶のサービス。その後は着物に着替えリラックスします。会社には企業秘密を盗むため、たまに忍者が出没するので要注意です。彼らはすばしっこく、天井裏などに潜んでいます。仕事で良い結果を残せないと、腹切りが待ち構えているので、サラリーマンは一生懸命仕事をするのです。そんな彼らにも週末にはレジャーが欠かせません。新鮮な生魚を狙い、川や海には親子連れが繰り出します。釣った魚は、その場でかぶりつくか、家に持ち帰り寿司にします。


皆様よい週明けを♪


●こちらではそろそろ葡萄の収穫が終わりつつあります。
e0205478_2453094.jpg



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-09-24 02:46 | その他 | Comments(10)

スペイン料理、まずいって言われた

今週はアメリカからマネージャー軍団が来ており、
彼らと雑談していたら食事の話題になった。

とある女性はクロワッサンやサンドイッチをつまみつつ、

「スペインは、こういうパンがすっごく美味しい!」

と言うので、咄嗟に「いや、ドイツのパンの方が100倍おいしいです」と答えてしまった正直な私。w

スペインのパン、一般的にすごく残念なものが多いというのに、
それでもアメリカのよりは美味しいんだって。
昔、旅行でマイアミと、仕事でフィラデルフィアに行ったけど、
アメリカのパンがどうだったかなんて覚えてない。
んん、、、そんなに不味かったっけ?


更にびっくりしたのは、別の男性が「スペインは食事が不味いね!」
って言ったこと。
そんなこと言う人に会ったのは初めてかも。
そのセリフが出たときの、スペイン人同僚のショックな顔といったらもうw 028.gif
スペイン料理が世界一って思ってる人は多いから、あのセリフにプライドが傷つけられたことであろう。

男性がスペイン料理をまずいと感じるには理由があって、

肉も魚もスパイスがきいていないし、サラダにドレッシングかかってないし、味気ないんだそう。

なるほど、、、

確かに基本シーフードはオリーブオイルでグリルして、味付けは塩コショウ&レモンくらいだし、サラダのドレッシングも自分で塩こしょう、酢、オイルをかけるスタイルが主流だし、料理にはたっぷりのソース、サラダには味の濃いドレッシングなんて食生活に慣れてたら、スペイン料理は物足りないかも。

前述のスペインのパンがおいしいと言った女性も、
「パンは美味しいけど、シーフード料理はサンフランシスコの方がいいわ」
キッパリ言ってた。

ああ、人の味覚はやっぱりそれぞれなのね~。

私はやっぱり波打つソースの横にお肉が乗ってるのよりも、
単純にオイルでグリルしただけの食材のほうが好きですけど。。。

そういえばドイツ時代にはお馴染みだったクリームソースやバター、
こっちに来てからちょっと苦手になってしまった。
体がスペイン化(←中身が、、ですっ)してるかも。。。


皆様よい週末を♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-09-14 00:27 | その他 | Comments(8)

病院にお見舞い

相方の叔母ちゃん(つまり私の義父のお姉さん)のお見舞いに行ってきました。
なんでも夜中にトイレに行ったところ、思い切り転倒して足の痛みが引かず、
救急車で病院へ運び込まれたら大腿骨骨折と判明して、即手術だったとか。

病室を訪れると、不安で眉が八の字になってた叔母ちゃん(←本当に八になってたw)。私たちの姿を見つけると、ベッドに腰掛けたままガバーッと抱き付き、頬にキスの嵐。

あまりに両手をバタバタさせるので、手のひらに刺さってた点滴の針が動いて、
血がしたたるのなんのってw ホラーでしたよ。

看護師さんを呼んで点滴の針を入れ直してもらってる時、
叔母ちゃんが興奮して、あまりにも大きなジェスチャーで喋り捲るため

「ちょっ、、もう喋っちゃだめだよーー」と看護師さんに叱られてました。

しかし興奮したスペインのオバハンを黙らせるのは至難のワザ。

手術後だし、輸血もしましょうということになり。
看護師さんが輸血用バッグをベッド脇に設置してる間も、


「何?私、血が足りてないの?」

「ねえ、また歩けるようになる?なるわよね?」

「泳ぐのはどうかな、私海が大好きだからね、泳げないと困るのよー」

まるで小さな子供のよう。


看護師さん、とってもお忙しそうだったので、うちの相方が答えてました。

「だいじょーぶ、落ち着いてよ。
すぐに歩けるようになるし、泳げるようにもなるし、
サッカーだって出来るようになるよ」 ← 最後のはムリだろうよ。。。相手は77歳だ。

看護師さん曰く、この年齢の女性の転倒骨折のケースでは、多くが転んで骨折したのではなく、先に骨折したことによりバランスを失って転倒する場合が多々あるとか。あれですね、骨粗しょう症ってやつ。骨がガラスみたいにもろくなってて、何かの拍子に簡単に骨折するんだって。怖い―。

私すごく骨太なんですが、今後これがスカスカになっていくのかしら。
カルシウムいっぱいとってるつもりだけど、どうすればいいのだ。

叔母ちゃんなんてちゃんとチーズも食べてたし、
閉所恐怖症だからエレベーターに乗れなくて、毎日階段上り下りしてたし、
そんな健康生活してたのに。。。

叔母ちゃん77歳という年齢を考えると、リハビリも大変そう。

早く良くなってもらいたいものだ。


●本文と関係ない写真でスミマセン。
去りゆく夏を惜しみつつ、、、うちの庭で本日収穫したトマトです。

e0205478_018840.jpg




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-09-02 00:17 | その他 | Comments(9)

手芸・裁縫が得意な方達

私にはこの世の中で「ははーーーーっ」とひれ伏してしまうタイプの方たちがいます。
それは

●ピアノが弾ける人
●手芸・裁縫が得意な人


男女問わず、です。


ピアノに関しては、幼少時にヤマハ・エレクトーン教室に通ったものの、両手と足を同時に動かすというワザをこなせず挫折。エレクトーンでこんなんだった私がピアノなんて無理無理~。


そして何事にも大雑把な私が最も不得意とするもの、それが手芸&裁縫。
かろうじてボタン付けくらいは出来るけど、それすらもすごく嫌w


言うまでもなく学校時代の家庭科の授業は地獄でしたよ、ええ。
エプロンとかスカートとか、パジャマとか縫わされたわね。
授業時間内にできず居残ったり、家で母親に助けを求めた(笑)記憶もある。
ミシンの糸が絡まった日には、もう奈落の底に突き落とされた感じ048.gif


ということで私、絶対に自分で何かを縫おうとは思いません。
だってスカートとかパジャマとか、買えばいいじゃない(キッパリ)


しかし世の中には器用な方達がいらっしゃるもので、ブログやFB見てても
「子供の服を作ってみた」
「既製品に刺繍を加えて、ますます可愛い仕上がりに」
「ワンちゃん用の服はお手製」
「セーター編んでみました♪」

など、私にとっては絶対にありえない現象が世の中で起きている!
しかも私の周りの女性達は、結構こういう方面が得意ときている。

実家の母親も趣味が高じて袋物教室を開き生徒さんに教えてたし、姉も編み物や手芸が大の得意。友人も割と手先が器用な人が多いし、義母に至ってはその道のプロだったので、自分で生地を買ってきてツーピースの服作っちゃったり。。。


もう本当に私、ひれ伏してます。
大尊敬。
生まれ変わったら、今度は手芸が得意な人になってみたいものだわ。。。


●本文とは関係ないけど、うちの向かいの小学校に住み着いてる野良猫さん。
ワタクシは週末の餌当番なり。給食のおばさん並に張り切ってる私ですw

e0205478_22321722.jpg



それでは皆さん、良い週明けを♪


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-06-09 22:38 | その他 | Comments(6)

スペインにあるドイツ系スーパー

ドイツにお住いの皆さんはご存じかしら?
スペインにはドイツ系スーパーがあちこちにあるんですよ。
例えばLIDL, ALDI, そしてPLUS。
ちなみにドイツでは潰れてしまったドラッグストアのSCHLECKERもスペインでは健在。
個人的にはSCHLECKERじゃなくて dmに進出してほしいのにな~。


LIDLにはお値打ちで優れもの商品も多いとはいえ、客層が結構アレなんです。
なんていうかワイルドな感じ?w
1週間くらいシャワー浴びてないのではと思うほど体臭がきつい人もいて、よほどお目当てのものがないと行く気にならない。

e0205478_18265932.jpg


しかし夏が近づいた今、そんなことは言ってられません。
早速ドイツビールの買い出しに行ってまいりました。
やっぱりドイツのビール飲んじゃうと、スペインの不味いのは無理だわ。068.gif


ビールの買い出しのつもりが、ついつい白いソーセージとかザウアークラウトとか、
マウルタッシェン(ラビオリみたいなの)、買い込んでしまいました。
今日は手抜きランチとして、これをベランダで食べよう。


e0205478_18233814.jpg


話は違いますが、うちのお庭にあるリンゴの木に可憐な花が咲きました。
スペインでも普通に売ってる「FUJI」っていう品種です。
今年は自家製のリンゴが食べられそうで、今からとっても楽しみです♪

それでは皆様、良い週明けを!

e0205478_18242592.jpg


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-04-21 18:28 | その他 | Comments(10)

アリガトウと言われても困る

とある書類の申請に、わざわざバルセロナの役所に出向きました。
申請書類は前もってウェブでダウンロードして、ばっちりの体制で挑んだ私。


毎回のことだけど、役所って妙に緊張する。
しかもスペインなだけに色んな意味で。。。
申請に行ったら「今日コンピューターがダウンしてるから無理」と言われて、ここは発展途上国か!!と思ったこともあったっけ。今日は、その点大丈夫だったんですけどね♪


さて順番待ちの番号札をもらいに受付のオッサンに「XXの書類申請で来ました」と告げると、オッサンは私の記入済み申請書を見て一言。。。


アリガトウ?  → 何故か尻上がり調で


まさかの不意打ちに固まっている私を不審に思ったのか、オッサンは更に大きな声で


ドーモアリガトー  

「あは、、は」と力なく笑う私にオッサンは「正しく言えたかなー?」と意見を求めてくる。


「大丈夫です、あってます」と言っといたけど、そもそも会話になってないし。。。


やっぱり何か面白いことを言うべきだったかしらっ。
オッサンは私の反応が薄すぎて寂しかったのかしら?
役所なだけに空気が淀んでて、皆さんイラついた雰囲気で並んでるし、気の利いたことを言えずちょっと反省ですわ。


さて私の番がやってきて、担当者の机に行き手続きが始まりました。
すると受付のオッサンがふらりとやって来た!
私の係りの人に用事があって立ち寄ったみたいだけど、私の顔を見るなり


「otra vez (もう一度、、) アリガトウ~」 とのたもうた。


もうこういう時、どう反応したらいいんだろう。(涙)
アナタにいきなりお礼を言われる筋合いはないわw


オッサンが去ったあと、私の書類を担当してくれたお兄さんがボソッと教えてくれました。
「あの人、日本語あれしか知らないんだよ。あればっかり言ってる。
 ああ、あとね スシも連発してるな。。。」


お兄さんのドライな口ぶりから判断するに、あのオッサンは役所の“かまってチャン”のようだ。次あの役所に行く日本人の方、オッサンが絡んできたら全身全霊で受け止めてあげてください。私には出来ませんでした~。まだまだ修行が足りないみたいです・・・。


ちなみに Garcilaso通りにあるGERENCIA TERRITORIAL DE JUSTICIAです。004.gif


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-03-05 00:21 | その他 | Comments(9)

相方が交渉した結果、保険料が25%OFF

毎年この時期、私の車の保険料が自動更新されてお知らせが届くんです。
4年前に契約した時は240ユーロで、特にその後お世話になってないので徐々に金額が下がり、今回は205ユーロの請求。


しかし、、、
ケチなカタルーニャ人の 相方が、保険料を他社と比べるサイトをチェックしたら、同じ条件なのに次の結果となりました。


私が入ってるF社で新規に申し込むと 160ユーロ
ライバル社のP社だと           145ユーロ


不況もあって新車や中古車の値段も下がってるけど、保険の値段も下がってるのねー。

この結果を見て、ケチなカタルーニャ人 節約家であるカタルーニャ人が黙っているはずがない!同じ会社なのに50ユーロも高いのは納得がいかんと、早速保険会社に電話しました。


そしたら、、、

カスタマーサービスのお姉さんは矛盾点を突き止められて焦っていた。(笑) しかし相方は楽しそうに話を続けます。


「そちらにも色々と事情があるんでしょう。うんうん、わかりますよ~。でもこの請求金額が安くなると嬉しいなあ。もうね、見かけはボロイ、安い車なのにタイヤ交換とかで維持費ばっかりかかって困っちゃうんです。この車には愛着なんてないんですよ。愛着ゼロ!大嫌いな車! ワハハ―! ガラス割られたら、そのまま捨ててもいいくらい。車の価値より保険代のほうが高いくらいです、ワハハー」


私、一体どんな車に乗ってるんでしょうか(笑)。


途中でカスタマーサービスのお姉さんが吹き出しました。
受話器の向こうから聞こえる「あっはっは、はーっはっはっは」


相方は続けます。
「そうやって大笑いで一日を始められるのは、実によいことですね!」

お姉さんは笑いながらいったん電話を保留にし、1分後に戻ってきたところ

「今と同じ条件で保険代を149ユーロに値下げしますね!」

だって。


何それ。。。。。


相方の変な交渉術(?)で、何の問題もなく50ユーロも下がってしまった。
これって保険代の25%なんですけど、いともあっさり。。。


多分誰が電話しても値引きの可能性はあると思うんだけど、ああやって笑いをとりながら交渉(←相方は別に笑いをとるつもりではなく、事実を述べただけだと言う。)など私にはムリ。私だったら何で新規契約のほうが安いんですかとネチネチ迫ってしまいそう。


ということで浮いた50ユーロで何をしようか(←貯金したまえ)考え中です。w



●本文と関係ないけど、どこかのお店のショーウィンドーで見かけたポスター。なんでしょう、この不思議な文字は(笑)

e0205478_2174628.jpg



それではまたね。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-02-20 02:19 | その他 | Comments(6)

誕生日&お悔やみ広告

毎週発行される地元のフリーペーパー。
ローカルニュースを始め、お祭りやレストラン情報満載で重宝してます。


そんなフリーペーパーで思わず見入ってしまうのが
「お誕生日&お悔やみコーナー」


★まずはおめでたいお誕生日コーナーから。
e0205478_23373294.jpg



左上: 90歳を迎えたご婦人  ←長生きしていただきたい。
左下: 1歳になった赤さん   ←本名や個人情報丸出しなのが気がかり。
右上: 10歳になった小学生  ← 老けてる。。。
右下: 1982年生まれの女性 ← お姉さん、いい笑顔だ!


両親が、兄弟が、祖父母が、そして孫が熱いメッセージを送っています。
「この子を街で見かけたらお祝いの一言を!」なんてのには、私もぜひ参加したいところですが、いかんせんスペイン人の顔は全部同じに見えるので、街で見かけても誰も見分けがつかない。。。


対してお悔やみコーナーは、名前とその歴史(たとえば1933.11.02. - 2013.02.02)、そして写真と十字架なんてのが一般的です。


読んでて辛いのは若くして亡くなった方のお知らせ。
例えば今週号はこちらの方の記事がでていました。
ちょっと不謹慎なトピックですが、敢えて載せます。


★若干22歳でお亡くなりになった青年
e0205478_23443265.jpg



ペドロ、君は小さい頃こんなことを言っていたね。「空にはお星さまがいっぱいあるね。一番キラキラしてるお星様にいつか行ってみたいなあ」 やっと君の夢が叶ったようだ。今君はまさにその星にいるのだよ。
2か月と11日前に、私たちのもとを去ってしまった君、
生きていれば2月12日で23歳になるはずだったのに



から始まり、ご家族がいかに故人を愛していたかのメッセージが続きます。
こういうの読むと涙腺が緩みもらい泣きですよ。
どよ~んと暗い気分になるけど、この人は本当に皆に愛されていたんだなと、ちょっと安心。


日本にはこういうタイプのお悔やみ広告はないような。。。
なんだかお国柄を感じますね。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-02-11 00:06 | その他 | Comments(2)

胸のしこりを摘出した話

私は24歳の時に乳腺繊維線種という病気になりました。
遠い昔の話です(笑)。
乳腺繊維線種は、思春期から20代くらいの若い女性に発症することが多く、エストロゲンと言う女性ホルモンの分泌過剰が原因とも言われています。しこりがあることで、最初は乳がんと見分けがつきにくいのでご注意ください。


もし今、胸のしこりにお悩みの女性がいたら、この記事を参考にしていただければ幸いです。


ある日右胸のしこりに気づいた私は、地元の大学病院を訪れました。しかし触診と細胞診(注射針でしこりの内容物を採取)の結果では、良性か悪性かはっきりしない、つまり乳がんの可能性も否定できないとのこと。当時はまだインターネットが今ほど普及していなかったので、図書館でかたっぱしから乳がん関係の情報を集めましたよ。当然のことながら精神的にも不安定な毎日でした。


万が一に乳がんだった場合を考えて、通える範囲で温存療法(がんなどにかかった器官を全摘出せずに、薬物や放射線で治療したり、切除をがん部分のみにとどめる方法)を行う専門医を探しだしました。
それが京都の乳腺クリニックXX外科というところ。
今ホームページを見たところ、先生はまだご活躍中の様子!


さて詳細は省きますが、レントゲンの結果や、触診でのしこりの弾力性から先生は「ほぼ良性の乳腺繊維線種に間違いないから、安心していいですよ」とおっしゃいました。これを聞くまでは本当にドキドキでしたね。
ただ繊維線種はほっておくと成長するものが多いので、さっさとすっきりしたくて摘出をお願いしました。でも先生は、「胸に手術の傷跡が残るから、結婚するまで待ったほうがいいよ~」と。。。
私は「一生結婚しないかもしれないので、待っててもキリがないんです!(笑)」と返し、手術が決定しました。


そして手術当日。
局部麻酔なので意識はしっかりしており、先生が横でてきぱき作業をしてるのがよく分かる。ちなみにこの先生、すごく人間味があって暖かい方で、緊張を解くために楽しい話題をふってくるんです。先生の高校時代の話とか、手術中ずっと一緒にお喋りした記憶が(笑)。


最後に「はい終了~。切ったやつ見る?」と聞かれたので、もちろんお願いしました。1cmほどの丸い白い塊が2つ横にならんでおり、横倒しにしたピーナツの殻のような、それはそれは可愛らしい形でした。


あっという間の日帰り手術で、傷口に大きな絆創膏を貼って終わり。
私は当時会社勤めでしたが、手術直後はさすがに動くと多少痛みがあるので、午後は仕事をせずそのまま電車で帰宅しました。でも翌日からは普通にデスクワークしてましたが特に支障はなかったです。
1週間後の再検査で傷も順調に治っていることを確認し、摘出したしこりは病理検査で100%良性だと分かってやっと安心できたんです。


手術の傷跡は2、3センチ位だったけど、今では自分でも探さないと分からない程に治ってます。こちらの婦人科にかかる度、日本で繊維線種を摘出した話をしますが、どの先生もその傷口を見て「ものすごく傷口が綺麗ですね、ほとんど分かりませんね!」と感心してるくらいです。
あのクリニックで手術してもらって本当に良かった!


ところで日本ではあまり婦人科検診が盛んでない印象ですが、どうでしょう?
私はドイツ時代は半年に一度、必ず検診に行ってました。
内診(エコーも含む)、PAPテストという子宮頚癌検診、そして触診を含めた乳がんチェックの3本立て。
スペインでは1年に一度検査をお願いしており、幸いにも今のところ大きな病気は発見されていません。


乳がんについては、お医者さんに行くのが抵抗がある人は自分である程度チェックすることも出きるのでお勧めです。 自己チェック


女性の皆さん、抵抗があるかもしれないけど、勇気をだして是非検診に行ってみてくださいね。
自分の体は自分で守りましょう♪



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2013-01-18 20:10 | その他 | Comments(8)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46