カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:その他( 74 )

モンチッチが結ぶご縁

昨年末にバルセロナのフランス雑貨を扱う店でこんなものを見つけました。

e0205478_23380978.jpg
そして気づいたらこれを握りしめてレジに立っていた私。
11€もしたのに(高っ!)即決で買ってしまった。

ドイツでは確かモンチッチが結構知られてたのは覚えてる。
しかも製造元のSekiguchiさん、ヨーロッパに支社がある。

サイト見てみたらリテーラーの数はドイツ語圏でダントツです。
そしてオランダ、ベルギー、ルクセンブルクなどにもかなりある。
案の定スペインにはないな。猿は受けない地域なのかも。

さて先月のこと。
退社時に受け狙いで向かいの席のフランス人同僚に向かってモンチッチの手を振りバイバイのポーズをしたところ、彼女がかっと目を見開いて驚愕の表情。私の突拍子もない行動にビックリしたのかと思いきや、慌ててカバンの中から何かを取り出した彼女。

出てきたものは、私のと同じモンチッチ・キーホルダー(笑)

お互いに「何でアンタがこれを・・・」状態で言葉を失うこと数秒。
オフィスが静まりかえってて(しかも大部屋)爆笑するわけにいかず、二人で机に顔を伏せて肩を震わせて笑った。

彼女曰く「ちょっ、どこで買ったの?私はパリで。子供の時にぬいぐるみ持っててね、それは親指を口に入れられるやつだったけど」。私も全く同じだよ、子供の時にそういうぬいぐるみ持ってたのよ。

こんな至近距離にまさか同じ物持ってる人がいるなんてびっくり。
同世代とはいえ国が違っても幼少期に共通項があったとは。
ヨーロッパ中にこれと同じ物持ってる40代の女がたくさんいるのだろうか。
その人達とちょっと仲良くなりたいかも。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2017-03-06 00:04 | その他 | Comments(0)

日本で断捨離

用事を兼ねて2月の初めに日本に行きました。
とはいえ現地滞在6泊の弾丸です。

今回は実家に残っている自分の荷物整理を実行。
大量ではないけれど探したらやっぱり出てきた本、服、写真、LP類。
CDじゃなくてLPですよ、時代を感じるでしょう? 
ステレオ自体がもうないので持ってても仕方ないからLPは中古レコード専門店に、そして本はブックオフに買い取り&引き取ってもらいました。

こうやって袋に詰めて、と。
さよならDuran Duranのアルバム!

e0205478_02125305.jpg

Howard Jonesや坂本龍一のLPもおさらばよ。
あれを聞きまくっていた中学生の頃、時代はまさにブリティッシュ・ポップ全盛期。(遠い目)しかしとにかく時間がなかったので、そんな思い出に浸る間もなく事務的に作業を続けました。

バタバタしてて写真撮り忘れたけど、LPの半分くらいはThe Willardのもの。
知ってる人いるのか・・・イギリスのThe Damnedにちょっと似てるんだけど。1985‐90年頃に宝島を読んでたような世代には分かるかな~。ボーカルの歌唱力はアレであったが作詞作曲の才能は秀でてた。あの独特の美意識とカリスマ性、当時は本当にかっこ良くてね。でもメジャーデビュー後は私好みの路線から遠ざかったのでそれ以降遠ざかってしまった。とりあえずThe WillardのCDはスペインの家に数枚持ってきてるし、インディーズの頃の曲はネットで聞けるからLPはなくてもいいや。ということで後はレコード屋さんに任せた!誰か当時のインディーズ系パンクが好きな人が買ってくれるといいな。


e0205478_02265849.jpg

ブックオフや中古レコードのお店に売っても微々たるお金にしかならないけど捨てるよりはいいよね。ちなみにLPは本に比べて買い取り値段が高いことも分かりました。おそらく単価が高いのとマニアがいるからそれなりに需要があるのでしょう。

ところで今回ほとんどの物は処分できたんだけど、まだ残ってるのが卒業アルバム。
小中高大と4冊ある。そしてどれも恐ろしく重い。
あれをどうするかが次回帰国時の課題。皆さんどうしてるのだろう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2017-02-22 02:45 | その他 | Comments(2)

クリスマスマーケット、これじゃない感

最近めっきり気温も下がり日が暮れるのが早くなりました。
バルセロナではクリスマスのイルミネーションが始まって華やかな風景に。

もちろんクリスマス・マーケットもありそれ自体は素朴で素敵なのだけど、ドイツのクリスマスマーケットを知っている身にはどうも物足りない。私が恋しいのはこれじゃない感。

そもそも気温がそれほど低くない地中海方面。
かじかんだ手でグリューヴァイン(スパイスたっぷりのホットワイン)のカップを握りしめ、白い息を吐きながらゆっくりゆっくり飲む、なんて事が不可能。あれがあると「冬!」って感じなんだけどね。

シナモンやクローブの香りが漂うなか(ソーセージの脂もね!)色んなものを食べ歩きしつつ、可愛い小屋に並べられたオーナメントや蝋燭を物色してウロウロなんてのが懐かしい。綺麗な蝋燭を集めるのが好きだったのだけど、それもここにはないのが残念。

最後にこの時期ドイツ語圏に行ったのはいつだっけ?
ああ、3年前のウィーンだ。しかしあれはこちらの親戚一同を引き連れての大名旅行、ずーっと通訳してた記憶しかなくて、クリスマスマーケットを楽しむ余裕なんてなかったわ。いやアレは本当に色んな意味で濃い旅行だった。
               ↓


カタルーニャに引っ越してはや10年。
以前は毎年のようにドイツのクリスマスマーケットに行ってたんだけど、ここ数年は夫が仕事でドイツに行く回数が多くて、さすがに休みをとってまでわざわざ行きたくないらしい。
むむ・・それは困るなぁ。

来年の12月に彼の出張が入ることを願うのみ。(←ちゃっかり同行するつもり)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-11-28 03:49 | その他 | Comments(0)

ヨーグルト・ファスティングなるものに挑戦

気付いてました? クリスマスまであと2か月もないって。

本来は食べる事が好きなのに、義務的にご馳走を食べ続けるあの2週間を考えただけで胸やけしそう。(こちらのクリスマスの宴は12月24日から1月6日まで続きます)心の中ではおうどんがいいな、とか思いつつもフォアグラやら肉の塊をばんばん皿に盛られ断る術もない。

あれって苦しいだけじゃなく、太るじゃないですか。
ただでさえこれ以上お肉は身につけたくないのに。巷でも言われているように40歳を超えてからは体重減らすの大変なのよ。これはあらかじめ少し減らしとかないと、クリスマス後に大変なことになるんじゃないかと思い先週ダイエットを実施しました。

どんな方法かというと、ものぐさな私にぴったりな3日間だけのヨーグルト・ファスティング。実際にやったことある人に励まされ、早速その気になった私はヨーグルトと豆乳を買い込みました。結果はファスティング終了直後(実施から4日目)はマイナス1.3kg。その翌日に300グラム戻って(普通食に戻したから当然と言えば当然)、とりあえずそれを維持しています。つまり最終的にはマイナス1kg。

やり方はこちらのサイトを参考にしました。
横から邪魔が入ると嫌なので、夫が出張中を狙って実施。
以外にヨーグルトは腹持ちが良いし、豆乳やらトマトジュース(野菜ジュースがなかったので)、ハーブティーを飲んで割と楽に乗り超えられました。ちなみに炭酸水は飲んでません。初日の夕方はさすがにお腹がキュルキュルいってたけど、それ以外は強烈な空腹は感じず、これなら来月リピートしても良いかな。

胃を休ませるという意味でも実施して良かっと思う。
本当は運動してゆっくり体重を落としていく方が健康的なんだけど、とりあえずコレを試してみたかったの。上記サイトでは「平均1-3kg減るでしょう」って書いてあるけど、さすがに3kgは無いわ。

来月また夫の出張があるので、2回目実施予定。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-10-27 01:16 | その他 | Comments(0)

5日間の夏休み終了

私の短い夏休みは昨日をもって終了。
2日有給+週末+祝日の計5日間でした。
最初の2日間は庭の塀のペンキ塗りとガレージの掃除。
3日目は海に行き、4日目は家でゴロゴロ。
5日目は一日中台所にこもり料理したりジャム作ったり。

そういえば5月に3週間の旅行をしてから遠出どころか外食もほとんどしてなかった。今回は3日目に2時間程ドライブして泳いで、お昼も外で食べて気分転換できました。

さて海水浴をしたのはバルセロナから更に北のCalella(カレイヤ)という街。昔はドイツ人観光客で溢れてる街だったのに、だんだんロシア人が増えてきた印象です。いずれにせよ街の中心やメインの海岸は、なんというか格安ツアーのお客さんがいっぱい。

私達はカレイヤだったら街に入る手前の大きな岩場の海岸にいくのがお決まり。車がないとちょっと行けないと思う。毎回朝9時30分くらいには到着するように逆算して家をでます。そうすれば駐車場も空いてるし、ビーチも好きな場所を陣取れるし。
ここは奥まった狭いビーチで景色も良くて静かでお気に入りなのです。
もし荷物泥棒がいても、岩場だし荷物を持ってすぐには逃げられない立地で比較的安心。

●まだ人が少ない朝のビーチ
e0205478_01010619.jpg


●もっと北上すると更に透明度が増すけれど、ここもなかなか美しい海。
 ただここは波打ち際から3メートルほど入ると、いきなり深くなって足がつかないので、小さなお子さん連れにはお勧めできない。

e0205478_01011884.jpg

お昼前になってそろそろ退散しようかと思ったら、とある一家が私達の目の前に陣取った。
ドスンと目の前に置かれたもの、それは・・・

●このカバン、もしや。
e0205478_01012587.jpg
●何という力強いフォントのTOSHIBA!下にはスペイン語でエアコンって書いてある。
e0205478_01013120.jpg
社内でもらえるグッズかな、もしくはTOSHIBAのエアコンを買うとおまけでもらえるのだろうか?
普段使いにはちと大きいが、海に持ってくるにはちょうど良さそう。
ちょっと欲しいかも。

さて現在フランスでBurkini禁止の議論が熱いですね。(ブルキニとはイスラム女性向けの水着でビキニとブルカから成る造語)
私は欧州式にビーチでもプールでもビキニです。こちらでは老いも若きもビキニ、どんなに体系が崩れててもビキニ。日本だと海水浴してるお年寄りってあまり見ないと思うんだけど、こちらではワンサカいて、お年寄りでも女性人はビキニ多いですよ。全体的に見てワンピースの水着率は5%、お年寄り限ると20%くらい。 所変わればですな。

それではまたね。




[PR]
by penedescat | 2016-08-17 01:19 | その他 | Comments(0)

お葬式に行ってきました

2週間ほど前の話です。
親戚の叔母さんが亡くなったので葬儀に参列しました。

義父のお姉さん、つまり相方の叔母さんが80歳でその生涯を終えました。
女性陣が長寿の家系(相方の御婆さんは103歳、その他も軒並み90代で他界)にあっては、残念ながらまだ80歳なのにという感じ。

亡くなる10日前には病院にお見舞いに行ってひとしきりお話し、亡くなるその日にもお伺いしたけれど、私達が去ってからすぐに息を引き取ったとのこと。この10年で多分15回位しか会ったことないけれど、いつも私の事をbona noia (良い娘さん、の意味。すでに娘という年齢X2倍ですが・・・)と可愛がって下さった方で、もう会えないかと思うとやっぱり寂しいですね。

今回は不謹慎を承知で葬儀について触れます。
葬儀はいわゆる葬儀センターで行われました。ここにはもう4回ほど行ったことがあるお馴染みの場所です。

こちらでは葬儀場で式を行うのが一般的なのかな?とにかく今まで参列したものは全てそうでした。
式が始まる前は待合室に集合。家族ごとのブースがあり、その奥の仕切りの向こうに故人が眠っていて、ガラス越しに最後のお別れができるようになっています。故人は好きだった服を着せてもらってることが多いようです。

式が始まると簡単なミサが行われます。
会場の手前に棺桶が運び込まれ、今回はエリック・クラプトンの「Tears in Heaven」が演奏されました。会場にはピアノとチェロの演奏担当者がいて、リストの中から家族が選んだ数曲を生演奏するシステムなのです。ミサ自体は30分もかからず、牧師さんがお祈りを捧げ、指示に合わせて立ったり座ったり。また何曲かクラッシック音楽の演奏がありました。

ミサが終わると会場の後ろから外へ出るのですが、この葬儀場は高台にあってものすごく眺めがよく、しかもガラス張り。皆が悲しみに打ちひしがれつつ外に出ると、眼下にキラキラ光る地中海が広がり綺麗なお庭が見えて、心に光が差し込むような感覚を覚えます。キリスト教に成仏という観念はないけれど、亡くなった人の魂が空に戻っていくような感じ。

その後は土葬であれば関係者はお墓へ移動、火葬であれば火葬場へ。
今回は葬儀場のすぐ近くに火葬場が併設されてるとのことで、息子さんが翌日に灰を引き取りにくるよう指示を受けていました。日本に比べたらあっさりしたお式ですね。日本で祖母のお葬式に参列したときは兄と一緒に祖母の骨を拾う作業まであって、かなり精神的にヘビーな体験だったけれど、そういうのはこちらはないです。

さてこちらのお式、日本と比べて一番違うのは参列者の服装でしょう。
上下黒づくめなんて誰もいません。お通夜も含め、地味目な色合いならOKぐらいのルールです。
もちろんすごく由緒ある家系とか教会の中で行われる式は事情が違うと思うけれど・・・。
何度か見てきた葬儀場での皆さんの服装(同じ会場にいる他の家族の服装も含め)とってもカジュアル。

ティーンエイジャーに関してはほぼ普通のTシャツにジーパン、花柄のサマードレスもあり。
大人は普段より少し地味目の服装で、ベージュ、グレー、白をベースにしたシャツ以外にも薄い緑やピンクの服(柄物ももちろんOK)。相方の弟の奥さんは青と白のボーダーシャツにジーンズ、亡くなった叔母さんの息子さんは黒のTシャツにジーンズ。とある叔母さんなんて赤いブラウス(←ちょっとビックリした)で来ましたからね。しかも夏なので足元は素足にサンダルという人が多く、女性陣は手足に派手なマニキュア。いわゆる日本的な喪服スタイルの人は参列者には誰もいませんでした。あれで来ると恐ろしく浮くと思います。

葬儀場のピアノ&チェロ担当者は一応全身黒だったけれど、時計は赤、チェロ奏者の女性は黒といえどスパンコールがたくさんついたドレス。なんかこう、そのまま大晦日のパーティーにいけそうな位きらびやかだった。。。

そして棺桶の上に置かれた大きな花束は、たくさんの赤いバラとカスミソウ。
個人的には白い菊よりも、ああいう赤いバラでぱっと華やかにしてもらったほうがいいな。

ところでスペインも最近は火葬を選ぶ人が増えてきたとか。
土葬の場所も足らなくなってるし、掛けてる葬儀保険の値段にもよるんでしょうけど、土葬(その後の維持費がかかると思われる)より火葬のほうが色んな意味で選ばれやすいのかもしれない。

ちなみにうちは葬儀保険かけてないんだけど、もしその時が来たらどうしたらいいんだろう?
お香典の文化もないし、やはり費用をあらかじめ準備しておくか(クレジットカードで払えるでえしょうけど)、保険に入っておくほうがいいのだろうか。

それに私キリスト教徒じゃないから、葬儀センターの一般的な式でミサを行われてもしっくりこない。かといってここにお寺があるわけでもないし、宗教関係なく式を行うことはできるのだろうか?相方に至っては宗教に関してはアナーキストで「火葬希望」とは言われてるけど、ミサはダメだな。旅行に行っても絶対教会に入らないくらいだし。

こういうのって話題が話題なだけにあまり人に根ほり葉ほり聞けないもんね。
こっそり情報収集しようと思います。備えあれば憂いなし。

皆様引き続き良い週末を。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-07-31 01:51 | その他 | Comments(2)

まだあった、こんな置物はイヤ 

昨年からガーデンセンターに行く度に新たな発見があるのです。
そう、

こんな置物はイヤ
こんな置物もイヤ

に引き続く、庭の置物のお話。

●じとーっとした視線の鳥
e0205478_0403160.jpg


●こんなに可愛くない象を作れるなんて、ある意味天才。
e0205478_042370.jpg


●「へへ、おいらベロってんだ!」風な容貌の・・・これ妖精か?
e0205478_0424585.jpg



ここまでくると入荷担当者はわざとやってるとしか思えない。
などと思っていたら、こんな物が視界に入ってきました。


●ドラちゃん、貴方なの? 緑色のタケコプターがついてる。
e0205478_050793.jpg


●こちらはピンクのタケコプター。
e0205478_0503816.jpg


●ちょっと、タケコプターの上部がないんだけど。これじゃ飛べない・・・
 店員さんに告げるべき?
e0205478_0511347.jpg



買う人いるのかしら?
次回訪れる時は、このドラちゃん達が減っているかに注目したいと思います。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-06-21 00:54 | その他 | Comments(2)

モリケンまで

本当に今年はなんという年でしょう。
David Bowieが年始にこの世を去って、つい最近はPrinceが亡くなって。
そしたらまた悲しいニュース。
もう10日前になるのかな、モリケンまでいなくなってしまった。
知らない人も多いだろうけど、昔ソフトバレエというグループでキーボードを弾いていた人です。

e0205478_23524332.jpg


ソフトバレエと言えば、美形で低音の声が特徴的な遠藤さん、デフォルトで怖い顔のフジマキ、そしてクネクネ踊りながらキーボード弾くモリケン(森岡賢)という、一度見たら忘れられないメンバー。

大ファンではなかったけど、90年代初めに結構Buck-Tickと絡んでたり、何故か一緒にインタビュー受けてたりと馴染みが深い。あの頃、時代は彼らの音楽についていけてなかった。もっと評価されても良かったと思うバンドの一つです。





49歳で心不全とは。。。
色々と憶測も飛んでますが、とにかくもういないんだと思うと虚しい。彼が踊りながらキーボード引く姿、もう見られないのね。

オーケン(大槻ケンジ)がエッセイで「死んだら伝説、狂えばカリスマ、生き残ったらただのおっさん。まことロックスターとは因果な商売である。でもやっぱり死んじゃダメだ。みんな長生きしよう」と書いてたそうです。

うん、オーケン良いこと言うね。
売れてなくてもいいんだ、ただのおっさんでもいいのよ。
私の好きな人達、とにかく生きててほしい。
元気でいてほしい。
お願いだから。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

[PR]
by penedescat | 2016-06-15 00:01 | その他 | Comments(0)

櫻井さん・半世紀生誕祭


突然ですが、私にとって櫻井といえば・・・
翔でもなく、よしこでもなく・・・敦司さん。

本日3月7日、私がお慕い申し上げる櫻井敦司さんが50歳になられました。Happy Birthday!

というわけで私のTwitterのTLは彼の半世紀・誕生祭で大賑わい。ついにあの方が50歳とは感慨深いなあ。

ご存じない若い世代の方にご説明いたしましょう。
櫻井さんは1987年にデビューしたバクチク(Buck-Tick)のヴォーカリスト。ちなみにBuck-Tickはメンバーチェンジもなく現役なのですよ。来年なんとデビュー30周年!

●衝撃的なデビューだったけど、当時の私は興味ゼロ
e0205478_01513230.jpg
あの頃の私はインディーズのパンク系に没頭していました。なのでBuck-Tickが現れた時は「この外見でこの音楽?」と拒絶反応。もうホントにああいうポップなの受け付けなくて。でもその後彼らの音楽性もどんどん変化していき、すっかりハマりました。長くなるのでBuck-Tickの話はまたの機会にしませう。

で、本題の櫻井さん。
デビューの頃はすごい眼力という印象しかなかった。彫が深いため化粧をすると結構怖かったような。

この1994年の「笑っていいとも」を見て頂戴。時代を感じる。。。
贈られたお花を立ち上がって見る櫻井さん(カウンター1:10あたり)ほぼすっぴんなのに何という麗しさ。タモリさん絶対見とれてたと思う。





でも若い頃はマネキンというかCGみたいだったわね。
個人的には30代後半以降の櫻井さんが好きです。あんなに妖艶な男前は見たことない。

写真より動画の方が断然素敵なのですが、歌ってる時の毒のある色気といったらもう。対してインタビューでは丁寧な口調でおっとりしてるのが好感度高いし、とにかく声が良い。おまけに無類の猫好きときたらアナタ、いい人度も更にアップです。


●この三白眼がね~。
e0205478_20250992.jpg


●いつの頃からか「魔王」と呼ばれてるんだけど、年々「魔王度」が増してる。。。

e0205478_02461564.jpg


昨年からはBuck-Tickとは別プロジェクトの THE MORTALのヴォーカルも担当。
とことん暗くて私の好きな世界です。天使、そしてギニョルって曲、良いよ。

●THE MORTAL。櫻井さんの三白眼が光る。キラリーン072.gif

e0205478_20352397.jpg


櫻井さんは絶対カッコいいお爺ちゃんになると思うのよ。
人間国宝に男前、いや色男部門があれば彼に決まりでしょう。

どうかいつまでもお元気でいてほしいものです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-03-07 20:49 | その他 | Comments(0)

ファーファがファーファじゃなかった件

数年前から微香性の柔軟剤を探していた私ですが、色々試してこれに落ち着きました。

●エコ・ブランドのFroggy
e0205478_1243565.jpg


これでもう洗濯物を干す時に強烈な匂いで眩暈がすることもなくなりました。(笑)
実は普段の掃除に使う中性洗剤もここのブランドなんです。地味なカエル・キャラながらも、きらりと光る品質の良さ。

というわけで甘えん坊の熊 ↓ とは、とっくの昔にお別れしています。

●ファーファのスペイン版 ミモシン(甘えん坊、の意味・・だと思う)
e0205478_134263.jpg


余談ですがドイツではこの商品、クーシェルヴァイヒ(kuschelweich)という名前なんです。抱きしめてほっぺをスリスリしたくなるような柔らかさ、というか要するにフワフワってことか・・。

●左は私が知ってるクーシェルヴァイヒ。右は検索するとよく出てくるんだけど顔変わったの?
e0205478_1302379.jpg


ところで先日ポーランドとイタリアではこれはココリーノという名前だという情報を入手。それで盛り上がっていたらフランスではカジョリーヌと呼ばれてることまで判明しました。ファーファよ、君は一体いくつ名前があるのかね?

●各地のファーファ。(上段左ポーランド、右フランス、下段左アメリカ、右オランダ)
e0205478_130119.jpg


Wikipediaでファーファの各国ブランド名一覧表なるものまで発見してしまった。
それによるとイギリスはComfort という何のひねりもない名前なんだけど、本当なのだろうか?
だとしたら・・・3か月くらい小林製薬で研修してネーミング・センスを磨いた方がいい。

個人的にはブラジルのFofoが気になってます。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2016-02-28 01:42 | その他 | Comments(2)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46