「ほっ」と。キャンペーン

カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

日本で断捨離

用事を兼ねて2月の初めに日本に行きました。
とはいえ現地滞在6泊の弾丸です。

今回は実家に残っている自分の荷物整理を実行。
大量ではないけれど探したらやっぱり出てきた本、服、写真、LP類。
CDじゃなくてLPですよ、時代を感じるでしょう? 
ステレオ自体がもうないので持ってても仕方ないからLPは中古レコード専門店に、そして本はブックオフに買い取り&引き取ってもらいました。

こうやって袋に詰めて、と。
さよならDuran Duranのアルバム!

e0205478_02125305.jpg

Howard Jonesや坂本龍一のLPもおさらばよ。
あれを聞きまくっていた中学生の頃、時代はまさにブリティッシュ・ポップ全盛期。(遠い目)しかしとにかく時間がなかったので、そんな思い出に浸る間もなく事務的に作業を続けました。

バタバタしてて写真撮り忘れたけど、LPの半分くらいはThe Willardのもの。
知ってる人いるのか・・・イギリスのThe Damnedにちょっと似てるんだけど。1985‐90年頃に宝島を読んでたような世代には分かるかな~。ボーカルの歌唱力はアレであったが作詞作曲の才能は秀でてた。あの独特の美意識とカリスマ性、当時は本当にかっこ良くてね。でもメジャーデビュー後は私好みの路線から遠ざかったのでそれ以降遠ざかってしまった。とりあえずThe WillardのCDはスペインの家に数枚持ってきてるし、インディーズの頃の曲はネットで聞けるからLPはなくてもいいや。ということで後はレコード屋さんに任せた!誰か当時のインディーズ系パンクが好きな人が買ってくれるといいな。


e0205478_02265849.jpg

ブックオフや中古レコードのお店に売っても微々たるお金にしかならないけど捨てるよりはいいよね。ちなみにLPは本に比べて買い取り値段が高いことも分かりました。おそらく単価が高いのとマニアがいるからそれなりに需要があるのでしょう。

ところで今回ほとんどの物は処分できたんだけど、まだ残ってるのが卒業アルバム。
小中高大と4冊ある。そしてどれも恐ろしく重い。
あれをどうするかが次回帰国時の課題。皆さんどうしてるのだろう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
# by penedescat | 2017-02-22 02:45 | その他 | Comments(2)

ピレネー山脈の足湯

皆様お久しぶり。
なんと本年初めての更新です。

先週の金曜日、仕事を終えてから夫と車で一路フランスへ。
3時間半ほど走ってカルカッソンヌとトゥルーズの中間地点にある街で一泊。
翌日土曜日、9時過ぎに近郊の街で用事があったためそちらに移動。
その用事を終えてから、ガーデンセンターとスーパーに寄ってまたカタルーニャへ戻りました。
国境検査や警備員もいないので、まさに県境を超えて用事を済ませにいっただけみたいな感じ。

帰りはピレネー山脈を越え小さな村を通過してのドライブです。

e0205478_18575967.jpg

唯一観光らしきことをしたのは、帰りに休憩で寄ったAx-les-Thermes(ちなみにフランス)という街のみ。
ここはThermesという名で分かるように温泉が湧き出ているのです。
小さな村だけどこの時期はスキー客や温泉目当ての観光客がいます。

e0205478_18591068.jpg



e0205478_18585846.jpg
スキー場へのリフトもあります。

e0205478_18593375.jpg



むむっ、可愛い名前のプロムナード。
e0205478_18582768.jpg

街の広場で皆が座り込んでいる。何をしてるのかと思いきや・・・

e0205478_18592313.jpg

足湯!
欧州でも温泉が出る街はいくつか見たことあるけど、足湯が無料開放されてるのは初めてみたかも。

e0205478_18583977.jpg
お湯を触ったらかなりの高温、しかも硫黄の香りがする。
e0205478_18581386.jpg
雪景色のピレネー山脈を見ながら温泉でまったり・・・いいかも。
このあたりで和風・露天風呂付き旅館とか誰かオープンしないかしら。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
# by penedescat | 2017-02-05 19:11 | | Comments(0)

郷愁のポルト

カタルーニャでは本日26日もクリスマスのお祝い(正確にはSt. Esteveの日)が続いています。この日はお昼にカネロニを食べる習慣があるので、うちも当然のようにカネロニ。
昨日・今日はお店がほぼ全て閉まっていて、日本の昔のお正月みたいに静か。一般家庭では親類を招いてのクリスマスディナーが続き、胃も体も思い日々です。

さてちょっとクリスマス疲れしているので、まったく別の話題を。
12月の初めに3泊4日でポルトガルのポルトへ行ってきました。
5年ほど前にリスボンを訪れたことがるのだけど、ポルトもリスボンに負けず劣らず良い意味で昭和な雰囲気が漂っておりました。

●窓辺にはためく洗濯もの。パレットみたいな色使い。
e0205478_0432515.jpg


●こういう扉いいね。ポストもお茶目。
e0205478_12271.jpg


●レトロな市電
e0205478_046407.jpg


●港町独特の空気が漂うリベイラ地区。飲み屋さんが多いエリアです。
e0205478_0481446.jpg


●奥に見えるドン・ルイス一世橋、最上部を歩いて渡ってきました。
e0205478_0492165.jpg


●橋を渡り向こう岸から見るリベイラ地区。
e0205478_052612.jpg


●ポルトガル名物といえばエッグタルト(pastéis de Belém)。一日一個はお約束。
e0205478_0542623.jpg


●アズレ―ジョと呼ばれるタイル、教会や駅構内にもあしらわれています。
e0205478_0565535.jpg

e0205478_0571319.jpg


●美しいタイル装飾の建築物が多く街歩きが大変楽しい。
e0205478_0591085.jpg



ちょうどスペインの連休と重なって、街中にはスペイン人観光客が溢れていたのだけど、言葉が似ているからか多くのスペイン人がそのままスペイン語で通してたのにはちょっと呆れた。確かにポルトガル人の多くはスペイン語を理解するけれど、せめておはようとか有難うくらい現地語で挨拶すればいいのに。旅行中は結構そのことが気になっていた私でした。

ポルトは坂道が多い、というか街中が坂道(笑)なので健脚でないと辛いです。地下鉄もあるけれど、観光地をうろうろしてたらやはり歩いてしまう。個人的にはリスボンよりポルトの方が気に入りました。皆様も足腰が弱る前に是非どうぞ!

そして少し早いけれど良いお年をお迎え下さい♪ 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
# by penedescat | 2016-12-27 01:11 | | Comments(2)

最新の記事

日本で断捨離
at 2017-02-22 02:45
ピレネー山脈の足湯
at 2017-02-05 19:11
郷愁のポルト
at 2016-12-27 01:11

最新のコメント

gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46
断捨離、しなきゃいけない..
by gabbyna at 21:57
Chuchesさん コ..
by penedescat at 03:42