カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

海外移住とハーグ条約(いよいよ日本が加盟)

先週時事通信で読んだニュースです。

日本政府が国際結婚が破綻した場合の親権争いの解決ルールを定めたハーグ条約に加盟する方針を固め、与党との調整に入った。5月にも加盟方針を閣議決定し、同月26日からのフランスでの主要国首脳会議(サミット)で菅直人首相が表明することを目指している。


うちは子供がいないので、直接自分に降りかかる問題ではないのですが、
昔からこのハーグ条約には関心がありました。
きっかけは学生時代にNot without my daughterという実話に基づいた小説を読んだことかな。
あれはアメリカ人女性が配偶者の祖国であるイランを訪れたところ、子供ともども監禁状態になってしまい、命からがらイラン脱出を試みるいう話で、今回の話とは背景が異なるのですが、
国が違えば親権を含めた法律だって異なるという、当たり前の事実を改めて認識した作品でした。


Not without my daughter ( こちらは映画予告版)


ハーグ条約加盟についてここ数年どうなるかと気にしてたのですが、
とうとう外圧に負けそうですね
そして日本はなんとも外圧に弱い。。。
もうそろそろ加入の意思を見せないと諸外国から経済措置などを取られるでしょうしね。

日本が国際化していく中で、何らかのルールが必要なことは認めますが、
正直言って日本が参加するには時期尚早だと感じています。


最近アメリカでやたら問題提起されていた「日本人による誘拐事件」。
↓ 見ていてちょっと嫌な気分になりました。(日本語吹き替え)



実際には現在の加盟国のほとんどがキリスト教国であること、
また文化の違い、親権制度の違い(日本は単身親権だが、欧米の多くは共同親権)を考えたら、日本ですんなりと導入するには基盤が整っていないと思います。


加入したら「誘拐犯・拉致犯」として現在指名手配されている日本人(圧倒的に母親が日本人というケースが多い)は現地の警察に引き渡されるのでしょうか?
そして日本に連れてこられた子供達も父親の元に戻ることに?


母親が子供を日本に連れて帰った場合、配偶者がアルコールや麻薬、浮気、または家庭内暴力といった問題を抱えているケースも少なくないらしい。
拉致された子供達が父親のいる国に戻ることになっても、
家庭内暴力など子供にとって身の危険がある場合は特別措置があるとも聞きますが、
実際にはこの「身の危険」を証明するのは意外に難しく、また適用されることも少ないとか。


性格の不一致や外国生活に馴染め結果、日本に戻ってきたケースもあるでしょう。
いずれにせよ、外国に住んでいる間は、その国の言葉でで情報を集めて、裁判で戦ってと、
体力も精神力もそして金銭的にも負担は大きいものです。

そして残念なことですが、アジア人である私たちは、
欧米の白人社会の中では法的にも弱い立場にあるのではないですか。
よほどのことがない限り、アジア人にとって有利な裁判結果は出ないように仕組まれている気すらしますが、考えすぎでしょうか?


これから日本を離れて海外のパートナーの元へ旅立つ方、
是非日本にいるうちに相手の国の基本的な法律を調べておいてください。

楽しい生活が待っているであろう時に暗い話題でアレなんですけど、
これってとっても大事なことだと思うのです。
なんだか偉そうでスミマセン。。。




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by penedescat | 2011-05-02 02:10 | 世の中で起きてること | Comments(8)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46