カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チリ旅行 (1) ペンギンの島

皆様お久しぶりです。
南米チリ&イースター島を3週間旅して帰ってきたところです。

チリ本土では主に南極に近いパタゴニア地方で過ごし、その後イースター島に移動して、最後は本土に戻り首都のサンティアゴ近郊に滞在しました。記憶に新しいうちに簡単な旅行記をさくさくっと書いておこう。

日本からと同じく欧州からも南米は遠いのです。
今回はエール・フランス利用だったので、まずバルセロナからパリへ。乗り換えてパリからチリのサンティアゴまで直行便で14時間。更に国内線で3時間強かけてパタゴニアの玄関プンタ・アレナス(Punta Arenas)へ。

チリは丁度春から夏に移行する時期。とはいえパタゴニア地方は風が強くて空気も冷たい。
彼の地での目的はペンギンが生息するマグダレナ島へ行くことでした。

この船に2時間揺られて夕方5時に島に到着。
e0205478_24141.jpg


漁を終えて海から戻ってきたペンギンさんがわんさか。
もちろん触ったり餌をあげたりは禁止。
e0205478_293243.jpg

e0205478_2111470.jpg


島の一部には人間が通れるようにロープで歩道が作ってあり、そこからはみ出ないように歩きます。
でもここのペンギンは人間に慣れてるから、臆することなく自からロープを超えて私達の目の前を通過していきます。
e0205478_2293731.jpg


穴の中で休憩中の方。
e0205478_2161788.jpg


島の滞在は1時間だけど、ずーっとペンギン見てても全然飽きない。
あのよちよち歩きには萌えますね。家のペットとしてペンギン飼いたいなあ。

帰路は18時に船が出港、また2時間かけてプンタ・アレナスへ。
「船室にこもると酔う」と言い張る相方のために、私は寒いのを我慢して一緒に甲板で耐えました。もちろんダウンジャケット、マフラー、毛糸の帽子、手袋などなどしっかり着込んでましたけど。

いくら日が暮れるのが23時頃とはいえ、18時過ぎれば気温もぐっと下がるってもんです。一人また一人と甲板から船内へ戻る中、2時間外で頑張りましたよ。まるで我慢大会。買ったけど商品なし、みたいな。。。

プンタ・アレナスにお出かけの方、マグダレナ島のペンギン・ツアーは絶対お勧め。
ペンギン見て癒されて下さいね。

(個人旅行の方へ)
マグダレナ島行きの船が出る港(Tres Puentes)は街中から少し離れていて、Colectivoという乗り合いタクシー(確か15番)で行けます。一見普通のタクシーなんだけど屋根に15って看板が出てるので、席が空いてそうだったら手上げれば止まってくれます。料金は現在一律450チリ・ペソ、これを運転手さんに渡せばOK。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2015-12-15 02:26 | | Comments(2)
Commented by maconeco at 2015-12-17 07:37 x
わーー、ペンギンの群れ、、羨ましいです。ペットで飼ったら犬みたいにお散歩させるのか、猫のように勝手に出て行っても帰ってくるのか。。。???
旅行記続きも楽しみにしてます!!

Commented by penedescat at 2015-12-21 00:23
maconecoさん:
想像ですがペンギンはきっと猫みたいに勝手に行動しそうな感じ。常に生の魚を用意しておかないとダメなのが辛いところですが、是非ペットにしたいですね。
ここ3日ほどネットの問題があって更新できなかったのですが、やっとつながるようになったので記憶が薄れないうちに旅行記書いちゃいます。

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46