カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日本がハーグ条約に加盟して3週間がたちました

4月1日に日本がハーグ条約に加盟しました。
様々な日本のメディアに目を通していますが、たいして話題に上がってませんね。
とても重要な出来事だと思うのですが不思議です。。。

ハーグ条約とは簡単に言えば、婚姻破綻などで片親が子供を外国に連れった場合の取決め。
典型的なケースでは、国際結婚をした日本人女性が、パートナーの承諾を得ずに子供を連れて
日本に帰国するパターンでしょう。

日本では離婚後は単独親権で、母親が子供を引き取るのが当たり前と考える風潮があり、
国際結婚においても「母親が子供を連れて帰国して何が悪いの?」という感覚に陥りがちです。
しかし国際ルールを無視して子供を連れ去ると、それは誘拐とみなされます。
そんな大げさな、と思われるかもしれませんが現実なのです。

ちなみに国際警察機関であるインターポールのサイトには、現在18名の日本人が国際指名手配されており女性の多くは「子供誘拐」の容疑。 

リンク右上のWanted Persons から Nationality(国籍) Japanを選べば、その人たちが名前と顔写真付きででてくるし、同じく右上Missing Personsから同様にJapanを選ぶと、片親に連れ去られたハーフの子供たちが写っています。ただしここに掲載されているのは国際指名手配にまで至った件のみであり、実際に起きている連れ去りの件数はずっと多いでしょう。

ところでインターポールの名前、あまりお馴染みでないかもしれませんが。。。
身近なところでは空港で出入国審査をする際に、係員がパスポートをスキャンしますね。
あの機械はインターポールのデータベースに繋がってるそうですよ。

さて話をもとにもどします。
日本は単独親権だと上に書きましたが、実は先進国のほとんどが共同親権を採択しています。
つまり離婚したあとも子供は定期的に両親に会う権利がある。(国によって面会時間は異なる)
隔週末だったり、夏休みなどはまとまった期間、元のパートナーに子供を預ける義務があるわけです。

今まではそういったルールを無視して、子供を連れて日本に帰国してしまえば、もうそれ以上は相手国の行政機関に追われることはありませんでした。
しかし日本がハーグ条約に加盟したことで、今後は先方の国から要請があれば子供の返還命令が下されます。故に引き渡し要請に対し、然るべき法的手続きをとる必要があります。


ハーグ条約について詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトが分かりやすいかと。

●ハーグ条約の真実

ネットの発達に伴い外国へ移住する女性が増えているように思えます。
それ自体は悪いことはないのですが、少し先の将来を考えて相手国の法律を勉強しておくことをお勧めします。

うちは子供はいないので連れ去りは実質的に不可能なんですが、
ヨーロッパ生活19年になり、親友の離婚をはじめ様々な形の破たんを見てきました。
その結果つくづく実感するのは、自分の身は自分で守るしかないということ。
言語と法律、とにかく知識をつけることが安心につながります。

今日のお話は少々重いですが、私自身の生活に問題があるわけではなく、とっても幸せに暮らしているので誤解のないように〜(笑)。


最後に上記「ハーグ条約の真実」より、大谷美紀子弁護士の言葉を抜粋。

「厳しいようだが、結婚の際に離婚の可能性も視野に入れて情報収集を。離婚後も夫婦が共同親権をもつ国で暮らしていた場合、離婚しても子が成人するまで、子連れで日本に戻って暮らすのは簡単ではないと覚悟した方がよい。」


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2014-04-21 23:01 | 世の中で起きてること | Comments(11)
Commented by Viespan at 2014-04-22 05:38 x
私が知ってる限りでも、日本ではほとんど取り上げてられないなって印象だわ。子持ちとなった今、私にも将来的にまったく可能性がないわけではないテーマなので重いけど(ま、200%ないと思うけどね。てへっw)、そもそも両親から血をわけられた子供なんだから共同親権って方が真っ当な気がする。日本に居た頃はあまり意識しなかったけど、どちらかが親権を取るって形の方に違和感を感じるかな。まあ、国際結婚ゆえ難しいテーマだし、どちらもメリット・デメリットがあるんだろうけどね。あとDVなどのケースで誰も守ってくれず頼れる場所もなく、切羽詰まった状況で子供連れて国外に出るってケースもきっと多いよね。そういや随分前にLA1のルポで、日本人女性と離婚したスペイン人男性が出てて、奥さんが日本に子供を連れ去って会えない、ってのやってたな。あの人の悲しげな瞳を思い出したわ。
Commented by gabbyna at 2014-04-23 11:43
私のこちらで初めて友達になった女性は、当時の旦那さんと大喧嘩をして一人で日本へ里帰りをしたらその間に旦那さんから子供の育児を放棄したという事で訴えられて、その後子供の養育権を貰えなかった時期がありました。こう言う時に本当に法律があまりに違うので感覚として実感しにくいものだと思いました。
私たちは、結婚時にこちらで正規に登録したんですが、凄く面倒でした。なので正規に登録されてない人も多いみたい。
インターポールは、友達が働いているのでちょっと他の人よりは、知っているんですけど、いろんな事でちょっとお仕事のヘルプなどをした事もあります。国際結婚をするなら本当にその国の法律、特に自分にかかわる法律は、知っていたほうがいいですよね。
Commented by penedescat at 2014-04-24 15:17
Viespaさん:
お宅は200%どころか1000%あり得ない。
Cava一年分を賭けてもいいわよ。
私も長年ヨーロッパに住んでるせいか、日本の単独親権がひどく不自然に感じられる。
DVの件は誰もが最初に考えるみたいだけど、可能性はあるにしろ、実際数はそう多いわけじゃないらしい(と貼ったリンクにも書いてあった)。
DVとなったらまず証拠を集めて滞在国で警察に相談、離婚裁判で有利になるように頭を働かせないと。まさか暴力振るう方の親に親権が与えられることはないだろうし。
スペイン掲示板でも時々「離婚したい、子供が小さいうちに日本に帰って生活をやり直したい」とかあるじゃない?これからはそれが難しくなるし、母親だってその国に居たくなくても子供が成人するまでは居続けなきゃいけないし大変だよね。こんな重要なテーマなのに何で日本では話題にならないのか疑問なり。
Commented by penedescat at 2014-04-24 15:25
gabbynaさん:
そのお友達の話、法律を知らないとホント怖いと実感です。
まさか一時的にとはいえ親権を剥奪されるとは。。。
日本は「結婚がだめになったら子供連れて実家へ」という感覚があるけれど、それって国際結婚では一般的に通用しないんだという意識が必要なのに、多分知ってる人少ないんじゃないかな?
うわべだけの国際化を唄っているけれど、法律面での動きも「国際化」として報道してほしいですよね。
ところでインターポールのお手伝いって、、Gabbynaさん貴女は何物?(笑)

Commented by 答えは at 2014-05-02 22:55 x
交際結婚のかなりのケースですが
日本人じょせいが馬鹿な人が
本当に多いから

なんですよね。

もちろんこれは禁句ですが皆がそう思っている
Commented by penedescat at 2014-05-03 04:24 x
答えはさん:
コメント有難うございます。
馬鹿な人が多いとのご意見ですが、答えはさんにとっての「馬鹿」の定義はなんでしょうか?ちなみに答えはさんの身の回りには国際結婚をした女性はたくさんいらっしゃいますか?TVのバラエティで放送される国際結婚番組などは面白おかしいように作り上げられてるだけですし、実態については身の回りに直接お知り合いがいないと分かり辛いことだと思います。
ところで日本在住の日本人は自分の意見を述べる際、しばしば無意識に「皆がXXする」という表現を使います。その点から答えはさんは日本在住の方という印象を受けました(間違っていたらごめんなさい)。私は日本国内の国際結婚についてはよく知りませんが、海外で生活している日本人の中には聡明な人は多いですよ。馬鹿の定義にもよりますが、そういう人間はどこにでも一定の割合存在するのであって国も性別も関係ないというのが私の意見です。 長々と失礼しました。
釣りだったら・・・む・・・無視してください。。。
Commented by うにぞう at 2014-05-04 04:33 x
日本は家庭のことハイム子供含め母の領域という暗黙の合意があるのかも。

日本にいると、法律とか権利とか無頓着だよね。それも平和な証拠?
Commented by penedescat at 2014-05-04 15:47 x
うにぞうさん:
その話なんだけどね、日本における離婚時の子供引き取りは少し前までは父親が多かったんだって(多分跡継ぎが必要という背景による)。それは意外な事実だった。
日本って決められた事項には疑問を持たず従うのを良しとする風潮があるじゃない?法律だけじゃなく学校時代の無意味な校則だってそうだったし。平和なのもあるけど日本の教育システムの結果なのかなとも思う。改革のために戦おうという風土でもないし。とはいえ原発反対の動きを含め、徐々に声をあげる人も増えてきて、日本も少しずつ変わりつつあるとは思うよ。
Commented by 答えは at 2014-05-06 01:07 x
馬鹿の定義は確かに決まったものはないのかもしれません。
ただ国際結婚されている方のブログは多くがあまり内容が無く。
馬鹿ではないかもしれませんが聡明と思える方は殆ど見受ません。
ハーグ条約が問題になった理由のかなりの原因は聡明なにほん人女性が少なかったから。

そう思っているのは私だけではないはず。
Commented by penedescat at 2014-05-06 03:36 x
答えはさん:
私の問いかけに対してお返事いただけて嬉しいです。
答えはさんが「国際結婚の大半のケースでは日本人女性が馬鹿」と判断された理由は、その人達のブログの内容が無いから、ということですか? だとしたら早計ですよ。

というのもブログをやっている人間なんて特定の年齢層のほんの一握り。「国際結婚」と書くと仰々しくて好きじゃないのですが、国際とついたってただの一般人。ジャーナリストでもないし、お金をもらって記事を書くわけでもなく、内容はどうしても日常生活のたわいのな話になりがちです。自分もそうですが「XXを食べた、XXに行った」なんて記事多いですもんね。でもそれって日本在住の日本人のブログも同じではないですか?

ブログ=書き手の全て、ではないですし。辛くても楽しい話しか書かない人もいれば、真面目に書くとつまらないだろうからとワザと面白可笑しい文体にする人もいるし、それが内容が無いと受け取られる理由かもしれませんね。(続きます)
Commented by penedescat at 2014-05-06 03:38 x
私は海外生活20年、実生活で多くの日本人女性と知り合いました。その中にはもちろんブログをやっている人もいます。私が人間関係に恵まれているのでしょうか、本当に尊敬できる方たくさんいらっしゃいますよ。

ハーグの話にもどりますが、過去に子供を連れ去った人達は、法律に対して知識というか意識が低かったのは事実で、残念に思います。今回の加盟をきっかけに、日本でも皆さんの意識が高まるといいなと思ってるんですけどね。

いつものことなんですけど、長いコメント返しですみません(笑)。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46