カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

寄付したはずの服が売られてる

先日ドイツのTVで見たドキュメンタリーの話です。


スペインと同じく、ドイツの街角には古着のコンテナーというものがあります。


★こんな感じのコンテナー(写真はネットよりお借りしました)
*赤十字の名が入っているものもあれば、他の団体名が入っているコンテナーもあります。
e0205478_21395464.jpg



古着をコンテナーに入れた人は、その服が救援物資として世界各地へ送られ、必要としている人に無料で配布されると想像しているはず。私もそう考えていた一人でした。


番組では「さて集められた古着はその後どうなるのでしょう」と問いかけます。
レポーターがアットランダムに3つの古着コンテナーを選び、コンテナーに書かれた電話番号にかけてみると、3つのうち2つの番号は機能しておらず、「この番号は現在使われておりません」のアナウンス。


実際に収集にきたトラックの運転手に話により、彼らはまったくプライベートの企業であることが判明します。
最終的に工場に運ばれた古着類は使えるもの、そうでないものに分けられ、アフリカや最近需要が増えているロシアや東欧へ送られます。ただし「寄付」という形ではなく、業者による「販売」なんです


番組ではロシアだったかウクライナだったか(失念)でのシーンを撮影していました。
倉庫に運び込まれた古着の山。
そこに押し寄せる現地の業者たち。
気に入った洋服がつまった大きな袋を探しだし、対価を払います。


最終的に業者は、露天やセカンドハンド専門のブティックで服を販売します。
ほとんど袖を通していないような服もあり、特にドイツからの服は人気だとか。
番組ではお洒落なツーピースを、ご婦人が14ユーロで購入していました。
輸送料や中間業者に払うお金を差し引いても、業者には結構な額が手元に残りますね。しかもリソースの服自体は寄付だから無料ですし。


こういった古着ビジネスやアジア産の安価で質の高い品に対抗することができず、
現地での繊維工業はどんどんすたれていく一方だそうです。


もちろんこういうルートを通さず、NGO軽油で古着が寄付されるケースもあるでしょう。しかし現実にはこのような古着ビジネスがどんどん増えているとのこと。


寄付する側としては「捨てた洋服」なので、それを誰がどうしようと関係ないとはいえ「困っている人の手に無料で渡るように」という思いで寄付したのに、結局は現地の露天や古着ショップで売られてるのは腑に落ちない。
最終的には業者がお金を稼ぐための手段となっているわけですからね。


ところでうちの近所にはHUMANAという団体の名をつけた古着コンテナーがあるんですが、洋服が慈善事業により寄付されるのか、それとも個人業者が介入して外国で販売されるのか。これも結構謎です。。。


↑↑↑ (追加情報)
と書いたところで、コメントにてHUMANAは回収した服を一部販売すると公式に通知していると教えていただきました。HUAMANのリンクで確認したところ、次のような説明でした。このように組織のポリシー&コンセプトを明確にしているのであれば、私としては問題ないです!!この文章、是非コンテナーに貼ってほしい。


The collected clothes is sometimes sold directly at the commercial market, and the proceeds is donated to development projects. In Europe, the clothes typically goes to the sorting center, where pieces of clothes suitable for sales locally are picked out, and the rest is sorted for shipment to Africa, for resale to other traders, or to the recycling industry.

The clothes sold in second hand shops or at the international market generates a surplus, which is used for supporting development projects in the Humana People to People movement
.




さて私が見た番組のビデオが見つからなかったので、同じテーマを扱った番組のリンクをはっておきます。
ドイツ語ですが8分少々の短いレポートなので、興味のあるかたはご覧ください。


下記ビデオでははっきりと「ドイツ赤十字」と表示されたコンテナーの件を扱っていますが、やはり集められた服は業者を通じて、現地で販売されるシステムとなっています。


世の中の大半の人は、まさか赤十字に寄付された服が売られているとは思うまい。いろんな業者があるので、これからは要チェックですね。


Geschäft mit Altkleidern (古着ビジネス)



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-10-22 22:06 | 世の中で起きてること | Comments(16)
Commented by gabbyna at 2012-10-22 23:24
日本だと古着は、リサイクルも限られていたりして捨てるほうが早い(捨てるしかない)選択になっているのでびっくりでした。ブラジルでも年末になるとボックスが出てくるけど、流石に売るまでには、いかないだろうとは、思うんですけどね。いや~ほんと、いろいろと考えるものですね。
Commented by ぶち at 2012-10-23 05:40 x
捨てたはずが売られているって、、、ちょっとびっくり。
なんか、、、ちょっと微妙ですね。14ユーロも払って買う人がいるってのも
なんか業者にむかつく。。
Commented by ジェン子 at 2012-10-23 06:21 x
え?まじ?
だって、これ・・・寄付だからって・・・・・・
えええええぇぇぇー、そんなのヒドイ!
だったら、あたしもボックス設置して入ってきたもの売りたいわい  ←ちがうぞ、おまえ。
しかしPenedescatさんったら、スペイン在中でドイツの番組チェックですか?
情報源が多様だこと♪
Commented by yumifukui at 2012-10-23 11:41
こんにちは。赤十字は信用できません。あそこ(日本赤十字の場合)は確実に献血を薬品会社に売って血液製剤を作ったりしてます。昨年の震災の義援金も結局どれだけ彼らの懐に入ったか・・被災者にはほとんど渡っていないです。実際日赤関係者が、お金がたくさん入ったけど何使おうかと言っていたそうです。実際ドクターヘリや新ユニフォーム、新日赤病院に使われてます。藤原のりかがイメージキャラクターですがそのギャラにも回っているのでは?ひどい話です。
Commented by gallega at 2012-10-23 18:37 x
ドイツ語全然わかりませんでした。(笑)時々英語は聞こえましたが。
今息子の友達でドイツから転校してきた子がいるんですけど、先日彼のマに挨拶だけは通じました。これでも2年間は大学で必修だったんですけど・・・(汗)

ところで、びっくりしました。
最近は近所にもらってくれる家族もできたので、前ほどは処分しなくて済むようにはなりましたが、驚きですね。

数年前に日本の実家で大量に衣服を処分したんですけど、その時は個人の方が負担してボランティアで確かコンテナで中南米へ輸送していたと思うんですけど、その方に衣服を郵送料もかかりましたが送っていました。でもある時点で”、もうそれ以上は送らないでくれ”と言われてしまったので、2年前には近所に出来たリサイクルショップへもって行きました。店頭ではなんでこれがというしみ、傷ものが結構な金額で売られていたのですが、私のはほぼ新品のものやブランド品も含めて大量に持ち込んだのですが、何百円にもなりませんでしたよ。
そこのお店はチェーン店でブランド品以外は必要とされている国へ寄付しているということでしたがどうなんでしょうか。

Commented by gallega at 2012-10-23 18:46 x
そういえば、着ようと思ってクリーニングに出したものもあり、クリーニング代にも及ばなかったのはショックでしたね。

あと、衣服ではありませんが、1万円ほど払ってまで持っていってもらった冷蔵庫とテレビはリサイクルショップで売られていたに違いありません。あ、テレビはシステム上もう売れないですかね。
Commented by penedescat at 2012-10-24 00:00
gabbynaさん:
日本で売られてる服は質がいいので(たとえメイドインXXXでも)、掘り出し物がありそうなのに、古着をリサイクルする場が少ないのは残念ですよね。さすがに震災の時は救援物資として活躍してたけど、普段はあんまり需要がないのかしら。
Commented by penedescat at 2012-10-24 00:02
ぶちさん:
寄付した服がどこかで誰かの役にたってるかと思いきや、販売されててお金もってない人は買えないなんて~。 ほんと変な現象だと思うわ。
Commented by penedescat at 2012-10-24 00:05
ジェン子さん:
私もね、一瞬「だったら私がコンテナー開けて売ったらお金儲けできる!」って思ったWWW。あの番組を見てから、私のあのコンテナーを見る目つきが変わったわ!今じゃまるで不審者を見るかのような眼差しですよっ。寄付なのかい?それとも売るつもりじゃないだろうなっ、フンみたいな感じ。

うちドイツの衛星放送をTVで見てるんですよ。スペインの番組つまんないからドイツのばっかり見てる、よってスペイン語上達せず~。
Commented by penedescat at 2012-10-24 00:08
yumifukuiさん:
確かに震災の時、日本の赤十字での募金の不透明さが問題になりましたよね。スペインの赤十字も怪しいって話だし、世界中の赤十字の実態ってこんなもんなのでしょうか?献血が薬品会社に売られてるってのもびっくりです。そういう活用の仕方もあるかもしれないけど、献血する方はまさかそうなるとは思ってないじゃないですか。だったらちゃんと説明してほしいですよね。
Commented by penedescat at 2012-10-24 00:14
gallegaさん:
ビデオ見てくださったんですね!
インタビュー受けてるかた、なぜかドイツ語につまると英語が混じってて不思議な会話になってましたが(笑)、内容的には私の記事にある話のまとめみたいなものです。寄付する人が現地の人を助けようと思って送る服によって、現地の繊維産業はますます廃れ、送られて商品はお金を持ってなければ手にはいらないとは、なんとも皮肉な話です。

リサイクルショップに売るという方法は良いと思うんだけど、やっぱりたいした額では引き取ってくれないんですね。それを元手にがっぱり儲けてるんだったらいい商売だな~(ちょっと悔しいかも)。

業者の人がいう「寄付してる」っていうのも、どこまでを寄付と定義するかによってかわりますよね。第三国に送る段階までを寄付と捉えればそれだけの話だけど、その後現地の別の業者がビジネス用に服を買い取ってしまえば、そこからは売り物になりますしね。 私たちには普段見えてこない裏話なので、すごく興味があります。
Commented by いぷしろん at 2012-10-24 07:44 x
古着をよく買うので「どきっ」としました。
しかも、Humanaの組織の一部分として機能している古着屋さん(ベルギー)でよく買ってるんです・・・。
このHumanaでは、自分たちのルートで集めた服は、きちんと選別し、売れる物は売ってそれを援助活動の資金にしているそうです。そうすれば、ただ服を送るだけの援助より有益な活動につながるからです。お店の服には良心的な値段がつけられています。
http://www.humana.org/Landing-Page/second-hand-clothes
お店はこんなとこです。参考までに。
http://thinktwice-secondhand.be/
ただ、色々な業者というか組織、ルートがあるでしょうから、見極めが必要ですね。自分の目と情報選択能力を養わねば!と思いました。
興味深い記事でした。ありがとうございます。
Commented by penedescat at 2012-10-24 23:22
いぷしろんさん:
HUMANAのリンクありがとうございます。
古着の利用方法を明確にしてあって、すっきりしました(笑)!上の記事にいただいたリンク情報を追加させていただきました!

赤十字やその他の業者については、どうなっているのかまだ不透明だけど、大半の方が寄付した服が販売されているとは知らないと思うので、
例えばその情報をコンテナーに明記するか、いろんな媒体を通じて宣伝したほうがいいと思います。(そうは言っても宣伝費を捻出するのが大変かもしれないけど。)

おっしゃるように色んな業者やルートがあるみたいなので、自分で情報を見つけていくしか仕方ないのかな。寄付とはいえ、怪しい業者に流れてほしくないものです。。
Commented by Mujikanen at 2015-06-02 20:33 x
こんにちは。
はじめまして、Mujikanenと申します。
古着ビジネスを調べていたらカタルーニャの葡萄畑さんのページに行き着きました。
上記の動画内容がドイツ語の為、私には理解できなかったため葡萄畑さんのBlogを参考にさせていただきました。
また、私のBlogにて動画の内容紹介として葡萄畑さんの翻訳記事を使用させて頂きたいのですが宜しいでしょうか?
いきなりで申し訳ないのですがご協力宜しくお願い致します。
Commented by penedescat at 2015-06-03 00:04
Mujikanenさん
ご丁寧にご連絡ありがとうございます。
私のブログでお役にたてることがあれば嬉しいです。
翻訳内容もどうぞ遠慮なくご利用くださいね。
今見たらブログ内のリンク記事が切れてしまっていたので、あらたに貼り直しました。
Commented by Mujikanen at 2015-06-03 00:28 x
葡萄畑さん。
ありがとうございます。
偶然たどり着いた動画で英語じゃないのにしどろもどろに成っていたので助かります。
親切にありがとうございます。
次の記事に使わせて頂きます(^-^)。

最新の記事

暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34