カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おとこおんな

いつも不思議に思っている事のひとつです。
たまにゲイパレードやパーティーが開かれ、その様子をTVで見かけるのですが
皆さん仮装スタイルで踊り狂っていたり、たいへん奇抜な行為を行っている。


イベントといえど、何故あんなゲテモノ風に着飾らないとダメ?
そうでもしないと注目されないからかしら?
見ててとっても怖いんですけど。


この世に同性愛や性同一性障害(このふたつは別物です)が存在することは周知のとおり。 しかしほとんどの方は、ごく平凡な身なりで静かに日常生活を営んでいるのではないか。
だったらデモやパーティでもケバい仮装はやめて、普通の恰好で(お洒落する程度にして)やるほうが自然だと思うんだけどな。


私がバルセロナ大学のスペイン語コースに通っていた時、
同級生にアイルランド出身のさわやかな青年がおりました。
彼は同性愛者でしたが、物腰が柔らかくて優しい人だった。
いつも楽しそうに「僕の彼氏はね~」と語るのを微笑ましいなと思ってました。
偏見がなくなってきたとは言え、まだまだ辛い思いをすることもあると言ってたっけ。
彼、元気にしてるかしら。
もっとのびのびと生きられる世の中になるといいのにね。


そういえば昔ハンブルクに行った時、早朝レーパーバーン近くの教会に立ち寄ったところ(何故そんな時間帯にそこにいたかは追求しないで頂戴)
ドラッグクイーンのごっついお兄さんが二人、ケバい化粧をしたまま頭をたれてお祈りをしていました。 
しかも泣きじゃくっていた。


早朝とあって、内部にはその方達と私の3名のみ。
静寂の中で彼等のすすり泣きが響き、後ろから見ていて心配になるほどで、思わず声をかけようかと思ったけど結局やめときました。
何があったか知らないけれど、あれから彼等に笑顔は戻ったかしら?
今でもふとした瞬間にあのシーンを想い出すんですよね。


ところで私が子供の頃はゲイなんて単語は浸透してなくて「おかま」とか、
女っぽい子は「おとこおんな」なんて呼ばれてたっけ。
さっきふと「おとこおんなって。。。?」と思ってネットで探したところ
日本語俗語辞典にて以下の情報を発見。


1979~1982年には、男女(おとこおんな)がキーワードとなったアクションコメディドラマ『噂の刑事トミーとマツ』がTBS系で放送されている。国広富之演じるトミー(岡野富夫)は、普段は血を見るだけで気を失うようなダメ刑事だが、松崎しげる演じるマツ(松山進)から「このおとこおんな!トミコ~!」と怒鳴られると、耳をピクピクさせて発奮。記憶の喪失により封印されていた拳法を使い、特撮ヒーローのようなアクションで犯人をやっつけるというものだった。
ただし、近年、あまり使われない死語となっている。”



ああ、これこれ。
トミーとマツ(遠い目)。
この番組のせいで、この単語が私の脳裏に焼き付いてるんだ。


それにしても、、、おとこおんなって死語なのね。


軽くショックを覚えました(笑)。

まとまりのない記事ですみません。


それではまた


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2012-08-29 22:11 | 世の中で起きてること | Comments(0)

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34