カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ケルン・デュッセルドルフの旅 南京錠とチョコレート

ただいま~056.gif
ということで先週はドイツに小旅行に行ってきました。
今回の訪問地はケルンとデュッセルドルフです。

夏はともかく、観光名所が少ない地域なので
クリスマスマーケットを中心にまったりすごしてきました。

そしてあちこちでお約束のビールも飲んだ。
ビール醸造所直営の居酒屋さんがあちこちにあって、
寒くても屋外で、もしくはカウンターで立ち飲みするのが楽しいのよ♪


ケルンと言えば大聖堂・・・あまりに大きすぎて、離れないと写真が撮れませぬ。
相方が歩いて塔に登ろうと言い出すかも、と内心怯えていたワタクシ。
(↑ エッフェル塔は歩いて登らされた
でも今回はそんな提案もなしで、命拾いしました。


☆大聖堂・・・しかも裏側。
e0205478_261932.jpg



☆大聖堂の横にあるDeutzer Brücke (ドイツァー橋)、橋の欄干が南京錠で埋め尽くされてます。
e0205478_28561.jpg



☆ここで愛を誓って、南京錠の鍵をライン川に投げれば、永遠の愛に。。。なる?
e0205478_291692.jpg



でもね・・・個人的には川に鍵を投げるのは環境破壊だと思うよ。
かなりの数の鍵が取り付けられるので、市も対策に追われてるみたい。


お天気が良くて川沿いを散歩するのも楽しい。夏だったら気分がいいだろうなあ。
なんてことない風景だけど、スペインの風景に慣れてしまった目には新鮮。
e0205478_2103369.jpg



川沿いに南下すること10分、チョコレート博物館に到着です。
平日なので学校の遠足(?)で来てるグループが目立ちました。


☆入り口の写真は後から撮ったので、すでに背景が暗い。 
e0205478_2115039.jpg


☆チョコレートで作った銅像。もっと手の込んだものがたくさんありました。
e0205478_213672.jpg


☆チョコレートの製造工程が見られます。見てるだけで幸せ。
e0205478_2141615.jpg


☆こういうの家に欲しい・・・チョコレートの泉。 ウェハースにつけて試食させてもらえます。
e0205478_2152863.jpg

e0205478_2165980.jpg


☆展示物で気になったもの。「日本人女性と2人の子供。チョコレートを注ぐ図」
日本人女性? 日本人の子供? まさかの勘違いアート。
e0205478_217534.jpg



☆昔のチョコレートの自販機、なかなかお洒落でしょ?私は風車のが一番好き。
e0205478_2184019.jpg

e0205478_2195044.jpg

e0205478_2205884.jpg

e0205478_222391.jpg



この時期、日の入りが早くって。。。。4時を過ぎるとすでにうっすらと暗い。
(ちなみに朝は8時半が日の出)


☆博物館のすぐ外にも小規模ながらクリスマスマーケットがあります。
e0205478_2243763.jpg



ドイツ語でWeihnachtsmarkt (ヴァイナハツ・マルクト)といいますが、
最近日本語のサイトなんかでクリスマス・マルクトって書いてあるのが多くて、
その表記を見るとぞっとする・・・個人的に受け付けないのです。
お願い、ヴァイナハツ・マルクトかクリスマス・マーケットか言語を統一して~。


☆ここでGlühwein(グリューヴァイン)というホット・ワインを飲みました。
最近は白ワイン・バージョンも出回ってて、試したけどイマイチだった。
e0205478_2253639.jpg

e0205478_226332.jpg



この後、大聖堂横のクリスマス・マーケットで赤のホットワインを飲んで口直し。
遅い時間になると、もう歩けないくらいの人出。

しかも背が高い人が多いので、前が見えず、並んでいても横から抜かされること多々。
多分私のことは視界に入ってないんでしょう。
いつかヒザの裏側めがけて蹴りを入れてやりたいのですが、まだ実行できてません。
いつか・・・いつかきっと。。。


帰り道はもう真っ暗。
クリスマスのイルミネーションとビルとお月様に見送られ、ケルンを後にしました。
e0205478_2274540.jpg


後半はデュッセルドルフ編です♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-12-13 02:41 | | Comments(14)
Commented by viespa at 2011-12-13 04:17 x
お帰りでやんす〜。チョコ工場は画像見ただけでもう、チョコの匂いがプンプンしてくるような気がしてきた!チョコ大好きー!匂いだけで引き寄せられてしまう魔力(?)がチョコにはあるよね。オサレな自販機、個人的には一番上の怖カワイイ小人がいいな〜。その下のアール・ヌーヴォーっぽいのがなぜか一瞬スロットの機械(BARでよく見かけるブツね)に見えてしまったわ…(念のためワタクシ、ギャンブラーじゃなくってよ)。
それにしても、、、なんで愛のしるしっていつも南京錠なんだろうね?ヨーロッパの他の街にもあるし日本にもこういうスポットあるけど。南京錠で鍵かけて永遠に離れられないようにするって事なんだろうけど、、、それってちと重い気がするのは私だけかしらん。
ホッとワイン私も飲みまくったー!あとね今年のお気に入りは卵入りのカスタードっぽい(?)やつ。お好みでホイップ入りバージョンにもできるヤツ。名前はなんじゃ?前回から気になってて今回初トライしてみたらなかなかグー♪甘過ぎず、ホットワインよりもアルコール度数高いのか、一杯で結構ぽよよーんとしてしまったわよ。
Commented by ぶち at 2011-12-13 06:18 x
なんか色々な写真を拝見したのに、のに、のに!!日本人の女性と子供が納得いかないですよ!それが一番残ってしまった!あの子供の頭は!大五郎?

チョコレート工場にはジョニーディップも来る?醤油工場で醤油の匂いが充満していた思い出しかないな。。千葉県民ですから!
Commented by Frau Kuritan at 2011-12-13 06:57 x
ケルンとデュッセルにいらしてたんですね〜〜〜〜!
今年はまだ雪も積もってなくて、暖かかったんで
クリマ巡りも凍えなくてよかったんじゃないですか〜?

チョコレート工場楽しそう。
甘い香りに包まれて、歩くのも楽しそうですね〜。

ケルンに行った事あるけど、そこは多分行かなかったなぁ。
次回要チェックですね☆
Commented by viespa at 2011-12-13 07:22 x
ぷーーーっ!再コメ失敬!ぶちさんの「大五郎」発言がツボに〜(爆)!うん、子供達は大五郎でヨシとしときませう(中国っぽい気もするけどね)、、、けど貴婦人はどーみても西洋人じゃなか?!
Commented by gallega at 2011-12-13 07:39 x
あら、本当に高い山・・ではないようですね。
やっぱり建物・教会全然違いますね。
チョコレートの自販機なかなかのアートですね。

陶器の人形についてはこれ以上のコメントは控えておきます。(笑)
Commented by gabbyna at 2011-12-13 11:26
チョコレート工場が気に入ってしまいました。絶対にこちらでは作ったら溶けるなぁって思っているから。それにしても自販機があったなんて流石にドイツだわ。この時期に「チャーリーと・・」の映画が見たくなるので個人的にツボでした。
でもってあの陶器の人形、どっかであのパターンを見た気がします。チョコではないけれど、あの洋装の日本人女性に大五郎(中国人か?!)的子供のやつ、どこだっけなあ??
昔の西欧人概念は、日中Mixだったんでしょうねぇ。
Commented by penedescat at 2011-12-14 01:21
viespaさん:
そちらのベルリン旅行記も楽しみにしてまっせー。
チョコ博物館、ここは是非チョコ好き同士で言って欲しい場所。
殿ったら特にチョコに思い入れがないから、テンション低かったもんね。
だから私1人ではしゃいでたの(虚)。その点、大使なら一緒に騒いでくれそうでいいなー。
南京錠ね、私もこれに思いを込めるの重いと思う。っていうかどうせすぐに欄干がいっぱいになって、係員に外されちゃうのにね(笑)。これを見て何故か日本にある縁切り寺を思い出してしまった。縁切りだから逆パターンだけどさ、その執念みたいなのが似てるかな、と。。。

そうそう今回アータが飲んだのはEierpunsch(アイヤープンシュ)だと思うよ。エッグリキュールがベースのやつじゃない?プンシュって英語だとパンチのことでさ、子供用のアルコールなしのグリューヴァインはキンダープンシュ(Kinderpunsch)よ~。
Commented by penedescat at 2011-12-14 01:33
ぶちさん:
でたっ “大五郎発言”。
私もね、まずはこの子供の髪型に注目したんです。こりゃ中国人だろ、と思ったけど、次に問題の“日本人女性”の像を見て????アジア人の造りじゃないけど・・・って。
千葉県はお醤油が有名なのかしら?初めて知りました。。。
Commented by penedescat at 2011-12-14 01:58
Frau Kuritanさん:
そうなのです、お天気も良くて暖かくてラッキーでした。
雨降りだとマーケット巡りも辛いですもんね!
到着早々Reibekuchen mit Apfelmus (←大好き)食べちゃって、
もう口の周りが脂ぎって。。。本当に体に悪い食べ物ばっかり売ってますわ! こっちに戻ってきて今野菜摂取に必死になってます~
Commented by penedescat at 2011-12-14 02:00
再びviespaさん:
もうこれ“大五郎”に決定。
ケルンのチョコレート博物館には、西洋人顔の日本人女性と大五郎の置物がありますよ、ってことで。。。これ一応マイセンの陶磁器なんだけどさ、1700年代のブツだから、当時の日本人イメージがこれ??
Commented by penedescat at 2011-12-14 02:02
gallegaさん:
この時期のドイツ、妙にロマンティックでいいですよ~。
街中や家々の飾りも可愛いし、皆ガラに似合わずデコレーションに凝ったりして、見てるだけでウキウキ。
チョコの自販機って現代には存在しない(駅で他のお菓子と売ってるの以外は)けど、昔はずいぶん洒落てますよね。
Commented by penedescat at 2011-12-14 02:05
gabbynaさん:
そう言えばブラジルってカカオでは有名な国だと思うけど、チョコレート自体は作ってないのかしら?確かにね、暑い国ってチョコレートと縁がないですな。
皆なんか大五郎ネタで盛り上がってるけど、ある意味コケシチックでもありますね。それにしても西洋人風な日本人女性、アジアの趣が全くない。。。こんなの初めて見た。。。
Commented by germanmed at 2011-12-14 08:07
こんにちは。私はLindtのチョコが一番好きなのですが、以前のチョコレート産業の話しで、うーん・・・Lindtはどうなんだろう・・・ともやもやしています。「うちはシロです!」とやってくれれば、その分高くなってもいいのになあ・・・と。

思わず1760年頃の日本人を検索してしまいました。これが親子というのも凄いですよね。
個人的には注がれるチョコがカップから外れているのが気になります。あはは。
Commented by penedescat at 2011-12-14 16:21 x
germanmedさん:
分かります!私もNestleだけは関わりを持たないようにしているけれど、Lindtはどうなんだろうと思ってて。でも槍玉には上がってないですよね(今のところ)。私としてもここをはっきりしてほしいです。

マイセンの陶磁器、通り過ぎようとした瞬間に作品名が目に入って立ち止まってしまいました(笑)。ホントだ、チョコがカップから外れてるー。

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52