カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

外国で老人ホームに入るということ

微笑みの国と言われるタイ。
そのタイにスイス人やドイツ人専門の老人ホームがあるってご存知でしたか?
ちなみに経営者も入居者もドイツ語圏の人ばかりです。
またタイ人のヘルパーさんもブロークンなドイツ語を話し、通訳が出来るレベルの人もいます。


☆南国の老人ホームはプール付
e0205478_5482942.jpg



物価が安く、自国の年金で楽に生活ができるのが魅力ですが、
皆が口をそろえて言うのは、タイ人の老人に対する尊敬の念、
彼らがとにかく一生懸命に看護してくれること(お国柄でしょう)、それが決めてのよう。
また南国特有の気候が、老人疾患の症状に効き目があるケースが多いとか。


オリジナルはこちらをどうぞ → Oma will nach Thailand


以下、番組でいくつか紹介された例です。


1)ドイツの狭いワンルームアパートに住む女性。
離婚経験者で、成人した子供とはコンタクトがなく、
ぎりぎりの年金で苦しい生活をするよりは、タイで第二の人生楽しみたいと移住を決意。


この人の凄いところは、タイに行った事もなければ、
お目当ての老人ホームはまだ建設が終わっていないのに、渡航に踏み切ったこと。
持病があるので現地での病院通いには、ホーム運営者の妻であるタイ人通訳がつきます。
薬局で持病用の薬が常備されていないと知って大慌てというシーンには、
「そんなに大事な薬なら、移住前に薬事情を調べておくべきでは」という疑問が起きました。。。


☆薬局へは通訳さんが同行
e0205478_622193.jpg



2)アルツハイマー病で、ドイツでは余命2年と宣告されたマンフレートさん。
「タイではドイツよりも手厚い看護が受けられる」と、
奥さんの勧めでアルツハイマー専門のホームに単身入居してはや5年。
来た当初はまだ話す事が出来たけれど、今はもう会話は不可能。
24時間看護で3人のヘルパーさんがつきっきりです。


食費やケア代も含めホーム代金は月に2500ユーロ(25-30万)。
ドイツで同じことをしたら最低でもその3倍の金額はかかるそう。
担当ヘルパーさん、マンフレートさんに万が一のことがあったらとても心配、
今では本当のおじいちゃんのように思っていると語ります。


☆自分の名前を何度もノートに書くマンフレートさん
e0205478_633131.jpg



☆歯磨きもヘルパーさんが手伝います。
e0205478_64048.jpg



☆関節をほぐすためのマッサージ。
ぬいぐるみを抱いたまま、うつろな目をして横たわる彼の姿に涙が出そうになりました。
e0205478_645582.jpg




3)こちらは介護ではなく、パタヤというリゾート地のアパートに住む年金生活者。
場所柄タイ人女性と連れ立って歩くドイツ人男性が目立ちます。
この男性もパタヤに移り住み、ここ数ヶ月はほとんど言葉の通じないタイ人女性と同居。
恋人といったところでしょうが、料理、掃除など身の回りの世話をしてもらっているわけです。


☆毎日タイ料理作ってもらえて幸せね。
e0205478_66283.jpg



普段会話にも苦労している二人。TV取材の通訳を通じて、男性は女性にある質問をします。
「自分がもっと歳をとったら介護してもらえるか」。
そしたらこの女性、何て答えたと思います?
「田舎にいる自分の娘4人を引き取って、育ててもらえるならば老後の面倒は見ても良い。」
すると男性「養育費が絡んでくると、ちょっと話は複雑だな、うーん。。。」と語尾を濁す。
お互い本音なんでしょうけど、お金があってこそ成立する関係(まるで契約)って虚しいもんですね。


4)またアルツハイマー施設の話ですが、スイス生まれの女性。
とってもエレガントな方で受け答えもはっきりしているのですが、
「私いつ故郷に(スイス)に帰れるのかしら」とヘルパーさんにしきりに質問します。
皆優しく「あと2週間ですよ、マダム」と答えます。2週間なんて嘘なんですけどね。


「私ね、記憶が何にもないの。全部忘れちゃうのよ。私の記憶を持ってきて下さったら良かったのに」と取材スタッフに語るシーンがあって、胸がしめつけられました。
彼女は週に1度、スカイプでスイスのお孫さんと会話するのを楽しみにしています。


☆余談ですがスカイプ中はバリバリのスイス・ジャーマンなので標準ドイツ語字幕付。。。
スイス・ジャーマン・・・さっぱりワカリマセン。
e0205478_68558.jpg



そう言えばスペイン某掲示板でも最近
「将来スペインの老人ホームに入りたいか」というトピックがありました。
他に選択肢がないならともかく、私は自主的には入りたくないです・・・。


まだ今は余裕もって構えてられるけど、近い将来絶対に考えなきゃいけないテーマですね。
皆さんだったらどういう選択をしますか?


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-11-22 06:24 | 世の中で起きてること

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40