カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブランド服から環境ホルモン検出

2ヶ月以上前の話ですが(夏の終わり)、こんな話がありました。
市場に出回るブランド服から環境ホルモンが検出されたというニュースです。

オリジナル記事はこちらをクリック(英語)

グリンピースの発表によると、ある機関でこんなテストを行いました。


テスト内容: 製品に人体・環境に有害な物質が含まれるか

対象製品:  世界18カ国で販売される、合計78のサンプル(服や靴)

サンプルの主な生産地: 中国、ベトナム、マレーシア、フィリピン



その結果3分の2のサンプルから有害物質が検出されましたが、
その中には14のトップブランドも含まれます。

例えば アディダス、ユニクロ、カルバン・クライン、H&M、ラコステ、
コンバース、ラルフ・ローレン など。



☆グリーンピースのレポート (写真はネットでお借りしました)
e0205478_5125654.jpg



有害物質として取り上げられたのが ノニルフェノール 
nonylphenol ethoxylates(NPEs)で知られる化学薬品。
主にテキスタイルの生産過程で洗剤として使われる物質ですが、
環境ホルモンとしての疑いが持たれています。


ちなみにナイキやプーマは、有害化学薬品の使用を
2020年までに廃止する約束をしたものの、
アディダスからはそのような反応はありません。


各製品に含まれるのが微量でも、市場に出回る総量を考えれば大問題。
頻繁に身につければ、環境ホルモン作用で生殖機能異常をもたらしたり、
また洗濯により、残留物が下水に流れ出て環境破壊につながります。


環境ホルモンと言えば、下水処理水に流れ出て魚がメス化したり、
または男性不妊との関連性も指摘されていますね。


でも売っている服なんて、上記の国で生産されたものばかりだし、
かなり意識しないと避ける事は大変というのも事実です。


身につけるもの以外にも注意したいことはあります。
ラップやプラスチック容器に入った物を電子レンジで温めない、これは鉄則!


そういえばスペインにはレンジで暖めてもOKなのとダメなのと
2種類のラップがあると聞いたけど本当でしょうか?


お弁当だって重たくてもガラスの容器に入れたり、
ちょっと不便でも一工夫すれば少しは被害を防げますよね。


☆うちもこのタイプのお弁当箱 (写真はネットでお借りしました)
e0205478_516153.jpg
そういうお年頃でしょうか(?)近頃こういう健康ネタがすごく気になるのです。。。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
by penedescat | 2011-11-16 05:22 | 世の中で起きてること | Comments(11)
Commented by Frau Kuritan at 2011-11-16 06:37 x
ええええ、だったらほとんどの服が絶対にアウトですよねぇ!
上記のメーカー、普通に購入してるとこばっかですよ
ユニクロは先日もヒートテック買ったばっかだし、汗

でも生産国はどうしても上記国が多いし、例えば他の国であったとしても、大丈夫とはいえないですよね。。。
もうオーガニックショップの服しか着れなくなっちゃうなぁ。
とはいえ、デザインとか値段とか考えると
こういうお店になっちゃいますよね、複雑〜〜〜〜
Commented by ぶち at 2011-11-17 02:18 x
私、お弁当、ガラスのタッパーです。蓋はプラですけど。
害を考えたってよりも、プラッチックって着色するじゃないですか。
汚くって嫌なんです。ガラスはきれいに洗えるから。
ラップ、2種類あるんですか?ナンですか、駄目なのって?
いつもメルカドナのですけど。。

日本とスペインってプラスチックの成分違いますよね。
お菓子の袋とか。接着も悪いし。
でも、本当申し訳ないことに直で中国から入ってきた物は
警戒している。スペインのブランドで中国製ってのは一応スペイン政府のチェックのもと販売されていると思っているんだけど、、、

だから、化粧水入れも反応してしまったんですよ。
Commented by penedescat at 2011-11-17 04:33 x
Frau Kuritan さん:
もうこうなったら洋服も自分で作らないと、っていうか生地から作らないと~。オーガニックの服なら安全だと思うけど、家計火の車になっても困るし。。。人件費の安い国で洋服を生産することは、かなりのリスクを背負っているわけですよね。なんか社会が待ちがった方向に進んでる気がしてしょうがないです。
Commented by penedescat at 2011-11-17 04:37 x
ぶちさん:
確かにプラスチックの容器は着色するもんね。カレーとかトマトソースとかてきめん。。。
ラップの話はどこかで読んだんだけど、ラップかけたまま暖めることがないので気にしてなかった。でも本当に2種類あるとしたら、どう違うのか見てみたい。

中国人のお店で売ってる商品、どうなんだろう。一応スペイン国内で販売してるってことで、商品が輸入される段階でスペイン政府に許可された物資が含まれるかチェックされるのかな?(じゃないとヤバイよね)。でも全部チェックなんてしてられないから、最終的には何でもアリかしら。
クリスマスシーズンが近づくにつれて、おもちゃをああいう店で買ってる人がいるけど、それはさすがにやばいだろうって思う。小さい子なんておもちゃ口にいれちゃうしねえ。。。
Commented by ぶち at 2011-11-17 04:57 x
メルカドナで2種類ありました。175度まで耐性があるかないかという違いみたいです。私は冷凍ご飯をtranspalenteという「レンジで使わないで」のほうでやってました。
Commented by penedescat at 2011-11-17 16:06 x
なるほど、温度の違いねぇ。使わないけど今度スーパーに行ったら見てみてよう。うちも使ってるのは、多分耐久性がないほうだろうなあ。
Commented by viespa at 2011-11-18 01:09 x
うーん、、、口に入れる物だけじゃなく、身につける物にまで気を使わないといけない世の中になってしまったとは。。。なるべくオーガニックコットンの洋服とかにすべきなんだろうけど、となると家計が財政難になっちゃうから難しいところだよね(汗)。
食べるものには注意してるけどさ。ウチではレンジで暖める時、日本から持って来た専用のフタを使ってるよ〜。あと食品を直接入れるビニール袋も日本製のものを大量買いして来てる。まぁ品質基準をクリアしてると言っても、実際のところは消費者には分からないけど、漠然と日本製の方が安全度は高い気がしてしまうんだよね。
スペイン人の知り合い達が、チャイナバザールで買ったビニール袋に食材を直接いれてる(お肉と調味料を入れてモミモミするのに使う)と言ってて、「それって危ないんじゃない?」と言ったけど「安いからいいの〜」と返ってきた事あったな。そういや1、2年前に中国製のブーツや靴を履いていたスペイン人女性数名、足に湿疹が出たり膿みが出たって事もあったよね…怖。
Commented by viespa at 2011-11-18 01:23 x
そうだ!言い忘れた事があったんだった!
この間パナジェッツを入れたIKEAのジップロックあるじゃん。ロゴが赤でペイントされてるやつ。最近アレをリフォーム用のペーストだか何か混ぜるのに使ったら、めっちゃ色落ちしてきてびっくりしたわ。。。基本的に食べ物を直接入れる事はしてなかったんだけど、あれ以来なんとなく怖くなって食材はいれないようにしてる。最後にIKEAに行った時に、かわいくてなんとなく買っちゃったけどアレはもう買わないな。。。やっぱ日本製のジップロックが一番。
Commented by penedescat at 2011-11-19 01:26 x
viespaさん:
レンジの蓋、こっちでも見たことある気がするけど持ってないわ。
ビニール袋も日本から持ってきてるとは、徹底してるね。私はいつものあのスーパーで買ってる。さすがに食品に使うものは、チャイナバザール(そういう呼び名なのか~)のは抵抗あるなあ。
そうそう、中国製のブーツで湿疹ってニュース、覚えてるよ。やっぱり皮膚に触れるだけで化学製品とか、ちゃんと人体に影響を及ぼすんだね。当たり前といえばそうなんだけど、怖いわー。

例のpanalletsおいしくいただきました。ぐらしあす! IKEAといっても生産地は例の国あたりだろうし、油断できないね。ふぅ。
Commented by melodynelson-2812 at 2011-11-20 18:20
 zaraとかH&Mみたいなお店に長くいると目がひりひりして来てしまうんです。多分染料のせいだと思うのですが。。ノニルフェノールだけでなくてそれ以外にも染料、素材など肌や神経系統に影響与える物は多いと思います。 フランスに住んでいた頃
は”integrista(笑)”だったので洋服やマフラーなどは”no
tratar”の物を探していましたが、値段は高いし形もイマイチでしたが11月にパリ近郊で毎年開かれるビオ見本市で買った手袋や
帽子は質も良いし、皆に素敵と褒められる物もあります。

ちなみにサランラップだけでなくてアルミニウムも熱と接触するとアルツハイマーやパーキンソンを誘発する物質が出ると言われていますよね?マフィンなどの型がアルミニウムの場合は絶対に
食べません。自宅で作るときもinoxを使って焼きます。
そう考えるとキッチン用品もかなり吟味しないといけなくて、そしてこれまたお金がかかるのです!!
Commented by penedescat at 2011-11-20 19:27
まりまんどなさん:
お店にいるだけで目がひりひりするとは、かなり敏感ですね。人件費の安い国で大量生産となると、染料や化学薬品の問題は避けてとおれないんでしょうね。 お金に余裕があれば私もできるだけ体に害の少ない衣料品を選びたいところだけど、なかなか現実は難しい。そのパリ近郊で開かれるビオ見本市、結構興味があります。きっと探せばバルセロナでも、そういう催しはあるのかな(なかったりして。。。)

そうそう、アルミニウムの害も話題に上がりますね。うちは結構相方の方がそういうのにうるさくて(仕事で化学薬品を扱うので、妙に詳しい)、熱しなくてもアルミニウムを使うのを嫌がります。でもってやっぱりできるだけinoxにするようにしてますよ。高いけど、先のことを考えればある種の投資なんだけど、ほんとお金かかるわー。

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34