カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ベトナム旅行記7 恐怖のクチ・トンネル

私たちの旅行スタイルは「自力で」が目標なんです。
でもホーチミンでは2本の現地発ツアーに参加しました。
何故なら個人で行くには不便で時間がかかるし、暑くて疲れてたので。。。
世の常ではツアーって便利な代わりに料金が高いときたもんですが、
ベトナムに限っては何故かこういうツアーが格安なんです。060.gif


ホーチミンから70キロ離れたクチ・トンネルの半日ツアーは6ドルが相場。(約500円)
もちろんお昼はついてないんですが、大型の綺麗なエアコンバスで移動も快適。それに戦争体験者であるおじいちゃんのガイドさんで非常にラッキーでした。
ちなみに現地の入場料は自腹だけど、これは大した額じゃないですよ。


さてクチは南ベトナム民族解放戦線が、20年に渡り地下トンネルを作って暮らした場所。
なんと全長250kmといわれています!
蟻の巣のように張り巡らされたトンネルの図式はこんな感じ。

↓ 地下に病院も台所も作戦会議室もあるんです

e0205478_05596.jpg


↓ トンネルの入り口はこんなに狭くて
e0205478_1143476.jpg


↓ 細い人しか入れません。。。
e0205478_1464440.jpg



今は観光客のために幅を広くしたトンネルがあって、そこを体験通過できるのですが、
広くしてあるっていっても狭い!体育座りしたような状態で、膝を駆使して前進あるのみ。
100メートルほどの体験トンネルには合計6箇所の出口が用意してあります。
私たちは最初の20メートル地点の出口でリタイアしました(涙)

本来のトンネルは這いつくばった状態で、ひじを使って前進していたようで、、、
真っ暗でホコリっぽくて、虫もたくさんいて、空気も薄くて、、、
ああ考えただけで嫌ですねっ!026.gif

この他ここにはアメリカ兵を苦しめた数々の仕掛けが展示されています。


↓ うっかり踏むとクルリと地面が回転して、下にはヤリが~
e0205478_1174255.jpg


すごく観光客が多いけど、ホーチミンから是非足を伸ばしていただきたい場所です。


そして翌日はメコン川へのツアー
本当はもっと奥地へ行けばそれっぽい雰囲気が味わえるのだと思いますが、
もう面倒だったので近場のミトーという街周辺のメコン川周遊です。
e0205478_121296.jpg


タイでもその姿を拝んだメコン、悠々と流れるその姿はやっぱり美しい。
ガイドさん曰く、水が茶色いのは土のせいで水自体は綺麗なんだとか。
ホントかな。。。


↓ こんな手漕ぎボートにも乗せてもらえました。
e0205478_147821.jpg


しかしすれ違う船頭さんたちからは「マネー、マネー」のお声がかかり少々興ざめ。(笑)


↓ このあたりで見かけた綺麗なお花
e0205478_1254835.jpg


↓ 確かマンドー(?)とかいう名前の果物で、赤く熟すと水気が多くておいしい。
e0205478_126157.jpg



さて帰国日まであと2日。
最終回は何が起きるでしょうか?


ベトナム旅行記完結編へ


にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-04-13 01:51 | | Comments(10)
Commented by まりまんどな at 2011-04-13 03:16 x
 実は、スケジュールの関係上どうしてもクチトンネル
とメコン川を一日で訪れたくて、個人のガイドさんを
頼みました、ズバリ昼食込みで100ドルくらいかかり
ました(高っ) 二人で訪れて、人が少なかったからか
クチトンネルの制服姿の案内のお兄さんが、かなり丁寧に案内してくれてそして私は100m突破してしまいました(おほほ~)、ガイドさんには100m耐えられる人は滅多にいないし、膝前進もすごく早いと褒められ(?)ました。旦那は途中で発狂しそうになるも私が
あまりにはりきっているので、言い出せなかったと言われました。かなり辛い経験だったらしいです。
そして、私は実はpenedes猫さんの写真と
全く同じように私がトンネルに隠れる瞬間などの写真を
取りまくり(←お兄さんにそうして撮ると良いと薦められました)、この写真は後にかごを持っている写真と
同じくらい皆に爆笑されました。  
Commented by ぶち at 2011-04-13 04:43 x
なんか楽しそうだな〜私、ベトナムにいけばガイドしてくれる人がいるんで日本に暮らすようになったら行こうかと思います。今ならベトナム行くなら日本に帰るかな、と。
この穴と船は体験してみたいです。
Commented by maerilla at 2011-04-13 06:48 x
あ~、私はきっとこのトンネル入ることも出来ないと思います(汗) 閉所と狭所恐怖症なので、、、。読んでいるだけでもドキドキしてきました、、、。 皆さん勇気ありますね。有事の際は穴に隠れられなくて真っ先に打たれてやられそうです、私(笑)

お花、色が綺麗なんですけれど、おしべの部分でしょうか、なんだか見ててもやもやします。なんだか、虫がたくさんいるみたいっていうか、、、今にも動き出しそうで、もやもやしますね(笑) 
Commented by penedescat at 2011-04-13 15:48
まりまんどなさん:

なんと100m突破ですか!?さすがまりまんどなさん!!そしてなんとか耐え切ったご主人も素晴らしい~。
実は私はあと20mくらいならいけるかな、と思ってたんですが、相方が「もうトンネル気分は充分味わったから外にでたい」ってうるさいので最初の出口で出たんです。1人でもうちょっと頑張ってみればよかったな。
しかもトンネルの入り口写真トライしたんですね(笑)、ますます尊敬ですっ。ナイスな旅の思い出・・・・
Commented by penedescat at 2011-04-13 15:49
ぶちさん:

日本からだったらベトナムは近いし、是非将来遊びに行かれては?ガイドしてくれる人がいるならますます楽しいですよ。ぶちさんもトンネル100メートル突破できるかも!
Commented by penedescat at 2011-04-13 15:56
maerillaさん:

実際に「閉所恐怖症、心臓に持病のある人などにはお勧めしません」とガイドさんに言われました。入ったが最後、途中でパニックになることを想定して途中で出口を6箇所も作ってあるみたいです。maerillaさん、トンネルに隠れられない場合は仕掛け担当部隊で活躍して、アメリカ軍に対抗する手もありますよ(・・・ってもう終わった戦争ですけど・・・)。

お花の写真、言われてみれば中央部分がイソギンチャクみたいに見えてきました。モヤモヤしますね!
Commented by viespa at 2011-04-14 05:59
このトンネル、確か世界ウルルンで観た覚えがあるよ!アメリカ兵を苦しめた罠も出てて衝撃的だったわ。。。そしてなんと病院まであったとは!でも不衛生そうなので、進んで行きたいとは思わないけどさー(汗)。わたしも閉所恐怖症なのでダメかも、、、あとなんと言っても虫がダメだし(>_<)
一番下の写真のフルーツ、なんとなく雰囲気がライチを剥いた状態に似てるね〜。
Commented by penedescat at 2011-04-14 16:24
あの手この手の罠とかトンネルの様子を見ると、何故ベトナム人があんなに手ごわいかという理由が分る。。。たぶんトンネルでお目にかかる虫って、「恐怖!!」って感じの虫だよね。それにネズミはもちろんのこと、さそり(?)、モグラ等、あまりお会いしたくないメンバーの数々。

このフルーツね、熟すとぱっと見はミニ・赤ピーマン。皮向いて食べたんだけど、リンゴのような梨のようなお味でした。
Commented by cocomerita at 2011-04-14 22:40
うわわわわ、、、閉所恐怖症の私にはまったく無理――
見てるだけでお尻がぞぞっ
こういう思いで闘ってたのね――
一瞬、硫黄島を思い出した

メコン川のこの船には乗ってみたいのよね――
Commented by penedescat at 2011-04-15 01:56
Cocomeritaさん:

閉所恐怖症の方って結構多いのでしょうか??
いや~実際ああいうトンネルを見ると、いかに厳しい戦線だったかが分ります。でも私はやっぱり地上がいいな(笑)!

メコン川は観光客多いけど、でも旅情があっていいですよ。でもベニスのゴンドラとは違って、船頭さんたちにお金せがまれますよ~。

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34