カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ネギの祭典

気がついたらなんと1週間ブログを放置していました!
週末はバレンシアからの友人訪問があったうえ、
週明けから昨日夜まで出張でロンドンに行っており、
ブログを更新する時間がありませんでした~。
その間もブログを覗きに来てくださった皆様、どうも有り難うございました!040.gif

ということで先週末のお話ですが、友人カップルと一緒に行ったCalçotada(カルソターダ)、ネギの祭典のお話。

少し前の記事でお話したカタルーニャ地方の冬の風物詩カルソッツ。
バルセロナとタラゴナの丁度中間地点少し内陸に入った所にVallsという街がありますが、
このあたりが名産地です。

このネギは日本の長ネギともヨーロッパのポロネギとも一味違うんです。
私は日本のネギはそれほど好きではないんです。
でもカルソッツは初めて食べた時から大ファン。049.gif
多分「嫌い」っていう人はあまりいないのでは?
バーベキューみたいにグリルすると、甘くてやわらかくて病みつきになりますよ。

バルセロナ市内ではほとんど見かけませんが、私の住む地方ではMasiaと呼ばれる
農家風レストランを中心に、いろんな所でカルソッツ・ネギを楽しむことができます。

今回はCan Cúgulsというレストランに行ってきました。

直火グリルしたカルソッツ。
お皿に乗ってますが、屋根瓦みたいなのに乗ってくることも多いです。
これで2人分で、追加料金なしで好きなだけもおかわりできるので結局4人で5皿注文しました。
でもこれあくまでも前菜みたいなもんですよ。。。。
e0205478_538181.jpg



外側の皮(?)を指でつるりと向いて、ナッツベースのソースをつけます。
e0205478_5384294.jpg



食べてる時の写真がないので、これはネットからお借りしました。↓
こうやって高い位置に持ち上げて、ネギの白い部分だけを食べます。
非常に豪快な(笑)姿で食べることになるので、服が汚れないように赤ちゃんのよだれかけのようなモノをまといます。
e0205478_5392780.jpg



ネギを食べ終わると皿の上には、向いた皮(?)が山のように。。。
これはほんの一部。
e0205478_540621.jpg


そして手はこういう状態になります。よって写真はとりづらい~
e0205478_5403846.jpg


ネギが一段落すると、次は羊、アーティチョーク、ブティファラというソーセージのグリル。
アリオリ・ソースをつけていただきます。(オリーブオイルとにんにくで作るソース)
口臭が気になる、、、、なんて言ってられません!とにかくおいしいんです。
e0205478_541035.jpg



デザートはやはりクレマ・カタラナでしょう。
クレーム・ブリュレ(舌噛みそう。。。)ってやつです。
表面に焦がした状態のカラメルが乗っていて、とっても香ばしいんですよ。
e0205478_5411919.jpg


お昼ごはんを食べ始めたのが14時30分、終了したのが17時30分と
またしてもスペインらしいゆーーーーーーーーーーーーーったりした食事となりました。
そして「うーん苦しい」という状態になるのは、、、、毎回のことです。。。

もし冬にカタルーニャ地方にいらっしゃる方は、是非カルソターダをお試しください。
Menú Calçotadaというセットメニューがあればそれをお勧めします。
たいていはお水、ワイン、パン、カルソッツネギのグリル(店によっては食べ放題)、
肉料理、デザートがついています。
ちなみに今回のレストランでは以上のセットで一人25ユーロでした。

うちは毎年違うレストランを試すのが恒例なので、また来年のお店を探すのが楽しみです。♪

にほんブログ村 海外生活ブログ
[PR]
by penedescat | 2011-02-04 05:56 | お酒&お料理 | Comments(14)
Commented by まりまんどな at 2011-02-04 07:09 x
 なんだか忙しい一週間だったようで・・、お疲れ
様でした。
カルソッツおいしそう・・。ますます食べたくなりましたが・・、食べるときは汚れても良い服で言った方が
よさそうですね・・・。手が真っ黒。これはソースは一種類だけなんですよね?? 途中で醤油っぽい味に
変えてみたいという気もするのですが・・。

それにしてもスペインって広いですね。マドリッド生まれのうちの旦那にカルソッツって知ってる?って聞いたら、”あー、カタルーニャで食べる野菜・・、アンティーブみたいなヤツだっけ?”と言っていました!

カタルーニャのレストランはcan で始まるのが多いのですが、これはフランス語のChez (~の家)的な
意味なのでしょうか?castellanoのcasa かな?
Commented by ぶち at 2011-02-04 07:23 x
一度食べてみたいんですけどね、、一人では食べられないでしょう、それ。20ユーロ以上の食事、同僚達と年に何回するか?ってほど少ないんで誰も誘えないですし。
いる間に一度くらい食べる機会が欲しいです。
Commented by penedescat at 2011-02-04 17:47
まりまんどなさん:

カルソッツのソースは1種類だけなんです。
マイ・醤油持参はありだと思いますが、、、醤油は水分が多いのでカルソッツを高々と持ち上げて食べるときに、かなり醤油が垂れて食べづらいかも。。。これは是非こってり系のソースで試していただきたいところ。

そうそうcan で始まるレストランの名前なんですが、相方に確認したらフランス語のChezと一緒だそうですよ。
余談ですが出張の帰りにヒースロー空港でChez Gérardというレストランに入ったんですが結構おいしかったです。一緒にいたメンバーにフランス人がいて、彼女の「フレンチがいい~」っていう強い希望で入店しました(笑)。
Commented by penedescat at 2011-02-04 17:50
ぶちさん:

うーん、そうですねえ。。。
気軽に同僚を誘えるお値段ではないかも。
レストランじゃなくても、野外で場所があればカルソッツだけ買って、自分達でバーベキューにしてる人もいますよ。
ソースはスーパーで手に入りますしね。
いずれにせよアリカンテにはカルソッツ売ってないかな。。。
これは是非冬の寒い時期にカタルーニャにお越しいただかないと!!
Commented by viespa at 2011-02-05 02:36
おっ、無事ロンドンから帰ってきたんだね〜。どうだった?スパイス類とか買う時間とれたかな?
カルソターダ、わたしも明日やる予定だったんだけど友達が仕事は行っちゃって急遽延期、、、食べる気マンマンだったのにー(泣)。カルソッツおいしいんだけどさ、食べた後はホントすごいことなるよねぇ、、、匂いもすごい染み付くし、お風呂はいっても翌日は自分からネギオーラが出てるのがわかる(笑)。トイレにいっても大変なことに、、、って汚い話で失礼(゚ー゚;
Commented by penedescat at 2011-02-05 05:46
viespaさん:

ロンドンでは1時間半くらい時間がとれたんでスーパーにお茶買いに行ったよ。しかも会社のディナーは21時15分に抜け出し、その後ロンドン在住の友人にパブに連れて行ってもらった。でもあんなに拘束時間の長い出張はもうこりごり~。

カルソターダ延期なんて可哀相~。早く実施できるといいね。
ああ!確かに翌日は体全体からネギオーラ(笑)がでるね!!
そんな目にあってでも「また食べたい」って思わせてしまうネギ・マジックにもびっくりだけど。。。
ちょっとまた近日中にお茶でもしませう。
Commented by ゆっきぃ at 2011-02-05 23:02 x
今年もバルセロナに行く予定なのでカルソターダ、是非試してみたいです。前回ご紹介下さったお豆腐屋さんの女性の方がアロス・ネグロがお勧めとの紹介を頂いたのですが、夫はダメそうだったので、そこには行きませんでした。でもカタルーニャ料理ってたくさんあってそれもまた魅力ですね。今度は良く調べてから行きたいと思います。
Commented by penedescat at 2011-02-06 05:49
ゆっきぃさん:

カルソターダは冬の時期(多分12-2月くらい?)がシーズンです。一年中はやっていないのでご注意を!
カタルーニャは海の幸、山の幸とバラエティに富んだ料理が多く、日本人の味覚に合うと思いますよ!次回は長く滞在していろんな料理にチャレンジしてくださいね!
Commented by y_and_r_d at 2011-02-06 22:11
こんばんわ。
焼きネギ!想像しただけで美味しそうです!!
3時間かけて食事ですか・・・たっぷりと美食三昧、いいですね〜。
Commented by penedescat at 2011-02-07 00:25
y and r dさん:

スペインは本当に食の国だと思います。
料理にかける情熱や家族や仲間で食事を囲んでの団欒、これとっても大事なんです。衣食住だったら間違いなく食への比重が重いんですよ。
Commented by サスピ at 2011-02-08 05:46 x
おお〜、待ってました、カルソターダ・レポート!
よだれかけまでして食べるとは、なにかこう、食に対するとてつもない情熱というか執念のようなものさえ感じてしまいます。
皆、両手をこんなに真っ黒けにしてしまって。。。
こういう食文化って、たとえばアングロサクソン系の国では(とくに女性は)考えられないんじゃないかな〜と思ってしまうんですけれど、どうでしょう?
スペインはお国柄、本当に食に関しても何に関しても欲望に忠実なんですよね(笑)

ところで、やはりこれを食した後は体中からネギオーラが出ますか〜(^ ^;
それでも構いません!どこでもドアを使って今すぐにでも食べに行きたいです!
Commented by penedescat at 2011-02-08 16:22
サスピさん:

カルソターダはアングロサクソン女性にはハードルが高いかもしれませんね~。
でもカタルーニャでも初デートではお勧めしません(笑)!!
よだれかけをした「バブー姿」なうえ、手だけじゃなくて、鼻や顎も黒くなり悲惨な姿です。面白いけど(爆!)

是非いつか冬にカタルーニャでカルソターダを体験して、バスクまでネギオーラを持ち帰ってください!
Commented by maerilla at 2011-02-10 06:36 x
羨ましい!
バルセロナに住んでいるおばさん一家が来るとカルソッツのソースを作ってこちらでもやるのですが、一度本場のレストランで食べてみたいと思っています。
Commented by penedescat at 2011-02-10 17:29
maerillaさん:

それはおばさん一家がカルソッツネギを持参するのでしょうか?
手作りソースいいですよね~、各家庭で少しずつ味が違うのもまた素敵です!是非次回冬にこちら方面にお越しの際はレストランでトライしてみてください!

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52
gabbynaさん 写..
by penedescat at 02:46