カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フランツと私

友達みたいに書いてますけど、フランツって、、、、
フランツ・シューベルトのことです。(オーストリアの音楽家)

熱しやすく冷めやすい私、今週はフランツ熱(?)に侵され
youtubeにて彼の作品を聞きまくっています。
名字で呼び捨ては嫌なので、ここは親しみを込めて勝手にフランツと呼ぶ!!

Franz Schubert
e0205478_6253555.jpg


鱒、冬の旅など名作は多々あれど、私にとって彼の代表作はやはり「魔王」。
みなさんは「魔王」ご存知ですか?
音楽の授業で感想文書かされたりしなかった?
マイン ファーター、マイン ファーター(お父さん)♪ってやつですよ。

Erlkönig - 魔王

しかしなんという大げさな曲!
何かに取り付かれたような歌声が響く音楽室で、
同級生達はみな肩を震わせこみあげる爆笑をこらえていました。
私も「まいったな~、この曲の感想を言えって?」と思いつつ、
良い点欲しさに大人ぶった感想文を提出したことを覚えています。

そう、あの時はこの作品の素晴らしさが分ってなかった。。。
まあ10歳でこれに感動する子供のほうが不気味かも(笑)

実家には父親が揃えた「クラッシク大御所レコードコレクション」があり、
高校生くらいになるとたまに聞いていたものです。
とはいえまだまだ子供。
怖い顔、不細工な顔の音楽家のレコードは手にすることなく(←分りやすい)
必然的にソフトな顔立ちのフランツにたどり着き、あらためてこの曲を聴いたところ。。。
なんか気に入ってしまった!

最初はおどろおどろしいんだけど、徐々にメロディアスになり安心させといて、
最後はまたとどめの一発。(変な説明ですいません)
とにかく起承転結がはっきりした曲なんです。

作詞はゲーテですが、それにしても、、、歌詞が怖すぎる。
歌詞をご覧になりたい方はこちらをクリック

音楽の授業のテストで出たから覚えてるんだけど、
フランツは実は31歳という若さで亡くなっているんですよ。

先週の記事で「憧れの兼高かおるさんとお食事でもご一緒したい」と書きましたが、
もしフランツと会えるなら食事じゃなくて絶対お酒
この曲を作った時の心境とか、いろいろと聞いてみたい!

彼の死因はレストランで食べた魚が原因の腸チフスと言われていますが、
その魚が鱒でなかったことを願ってやみません。
それじゃなんか洒落にならないので。。。
[PR]
by penedescat | 2011-01-25 06:44 | ちょっと気になる人&モノ | Comments(22)
Commented by まりまんどな at 2011-01-25 17:52 x
 一緒にお酒って!! またまた具体的な
願望ですね(爆)
おっとうさん、おっとうさん~、って確か音楽の
授業で”魔王”の強引な日本語バージョン聞いて
子供ながらに違和感を感じましたね~。
そのトラウマですかね?今でも映画はv.oです。

31歳で逝去ですか・・・、肖像画の落ち着きを見る
と31歳には見えないですね。 見た目でレコードを
手をとらなかった人というのは太ってるハイドンとか、怖そうなベートーベン等でしょうか??
Commented by gallega at 2011-01-25 18:20 x
恥ずかしながら、音大出なんです。で、ドイツ語勉強させられたのですが、全然身になりませんでした。もちろん作曲家について語れるまで勉強はしていません。しかし、勉強した歌曲はほとんどはイタリア語、合唱のハレルヤは英語だったんです。ところで、はまったきっかけはなんだったんでしょうか?ちなみに私はラテンジャズ、ジャズ、アフロキューバン、キューバ音楽全体が大好きです。あー、でもピアソラとかも好きです。要するにラテンですか。
Commented by ぶち at 2011-01-25 22:53 x
友人が好きでよく歌っていた気が、、
たしかに歌詞はコワいですね。どうしてこんな歌詞なんでしょうかね?
子どもの頃に音楽室に飾ってあった肖像画、
加藤茶に見えたのはだれだったんだろう。。
Commented by penedescat at 2011-01-26 02:29
まりまんどなさん:

私も映画は断然v.o派。声も演技のひとつですよね。
フランツの肖像画、、、確かに年齢の割りに貫禄ありすぎです。でも服装をラフなシャツとジーパンにしてみれば、あ~ら不思議ゲルマン圏のIT業界によくいるタイプなんですよ!

私が避けていたLPは、多分コワオモテのブラームス、おでこの広いドビュッシーなんかですね。ベートーベンも怖かった。。。どこにLPをおいてもベートーベンの自画像の目がこっちを見てるっていうか、視線があうんですよ。あの殺気だった目つきが~。
Commented by penedescat at 2011-01-26 02:42
gallegaさん:

まあ音大卒だなんて!!
私は楽譜が読めないうえに(←レベル低すぎ)幼稚園の時ヤマハエレクトーン教室で「両手と足を同時に動かせない」という理由で教室を辞めた過去をもつので、音楽が出来る人は大尊敬なんです!

gallegaさん南米にお住まいだったんですよね。なんだか街中に音楽が溢れてるイメージ。私は不幸にも(?)ラテン音楽に触れる機会がないまま今まできてしまいました。。。

学生時代はBritish Pop, その後パンクや日本のインディーズに走り、ブルースロック、など割とハードな路線を歩んだように思います(笑)。でも今はなんでも聞きますよ~。特に理由はないんですけど、時々自分の中で突然クラッシック・ブームがやってくるんです。なんなんでしょう、これ??でもなんだかんだいってドラマティックな音楽が好きです!
Commented by penedescat at 2011-01-26 02:45
ぶちさん:

この曲を歌っていたご友人がいらっしゃったとは、まさか一人4役をこなしていた?(笑)
この歌詞ゲーテなんですけど、なんか思うところがあって思いつめた歌詞になったんでしょうね。そこんところヴォルフガンク(ゲーテの名前)にもお酒飲みながら聞いてみたい。

ちなみに加藤茶に似ていたのは、もしやグリーグっていう作曲家?
Commented by penedescat at 2011-01-26 02:53
まりまんどなさん:

おっと、ベートーベンの自画像じゃなくて肖像画です。
自画像まで描いてたら画家になっちゃう~。
Commented by gallega at 2011-01-26 03:12 x
penedes catさんのコメントにあるハード系のジャンル全くわかりません。ドラマティックな音楽が好きですだったらアルゼンチンのアコーディオン奏者Astor Piazzollaお勧めです。あとはキューバのボレロもいいと思います!
私もやりましたけどエレクトーンは難しいですよ。
クラッシックではガーシュウィンとドビッシーが好みです。
クラッシックというととにかくついらい思い出しかないもので・・・
Commented by gallega at 2011-01-26 03:19 x
失礼、アコーディオンではなくバンドネオンでした。
Commented by penedescat at 2011-01-26 16:07
gallegaさん:

お薦め音楽ありがとうございます。ちょっとyoutubeで探してみよう!あと私ボサノバのStan Getzは耳に心地よくて好きなんです。(ドラマティックではないけど)
それにしてもクラッシック=辛い思い出とは(笑)。
Commented by 上島 at 2011-01-26 17:14 x
音楽の趣味、高校生の頃から幅広かったよね(笑)

無理やりパンク聞かされた覚えも…。

上島がJazz sax習ってたのをきっかけに、数年前から長男も習い始めたんです。
が…彼はJazzでは無くクラッシック。

日曜日の朝、高校生の息子の部屋から優雅に流れるピアソラ…。
ちなみに、同じ高校生の次男の部屋からはアニメsongが流れてきます(笑)
Commented by gallega at 2011-01-26 17:48 x
ボサノバいいですね!
ボサノバでドラマティックなのであれば、tania mariaとかお勧めですが、スペインでは彼女のディスコ見つけるの 難しいかも。jazz saxかっこいいですね。中学ではフルート吹いてましたが、それっきり。私はキューバでコンガを勉強しました。
Commented by penedescat at 2011-01-26 23:21
上島さん:

え?無理やりパンクを聞かさた?
何のことかな記憶にないけど。。。。。。。。。
もしかして、、、、ウィラードとか、、、でしょうか(笑)

そういえばサックス吹いてたね、唇切らしてなかった?
長男君もサックスとは、それじゃ上島家に奏者が2名もいるんだ。かっこいい~。
でもって次男君はアニメって、、、ほのぼのしてるね。
Commented by penedescat at 2011-01-26 23:24
gallegaさん:

フルートにコンガって、、↑の上島さんをふくめ、皆さんどうしてそんなに演奏できるの?打楽器は特にリズム感を求められますよね。大・尊・敬です!今のお住まいはガリシア地方なわけですが、バグパイプとか(笑)習われてたりして。
Commented by やったことあるだけです at 2011-01-27 00:32 x
でも、やったことがあるだけで、上手ではないですよ。
バグパイプあまりやる気になれません。近くで聞くとそごい音なんですよねぇ~。やるならタンバリンですかね。(笑)前の職場の同僚に今は人前でそれもブルーノートとかで演奏している人が二人(別々なんです)もいるんです。私はとてもそんなレベルではないです。皆すごくて驚いてます。で、すっかり聞き手にまわっています。あ、一度浅草サンバカーニバルで演奏しました。
Commented by penedescat at 2011-01-27 02:38
gallegaさん:

なんと本当にバグパイプまで挑戦されたとは!サンティアゴ・デ・コンポステーラに行ったとき、観光客向けでしょうかバグパイプ吹いてる男性を見かけましたが、本当に街中に響き渡るような音でした。そしてタンバリンって!もうgallegaさん、楽器ならなんでも来い状態ですね(笑)
Commented by gallega at 2011-01-27 03:02 x
あれ?私の日本語うまく伝わらなかったようで。
gaitaも panderetaも触ったことすらありません。タンバリンは小学校か表参道のボサノバパブで叩いたくらいですか。考えて見たら私も失礼なことしてました。だって、シューベルトにはまっているという人に対して他のもの勧めてたんですもんね。(笑)
Commented by penedescat at 2011-01-27 04:50
gallegaさん:

ああ、分りました!私の早とちりです!バグパイプネタをふったところに「やったことがある」のタイトルを見て勝手にそれはバグパイプの話だと思ってました。落ち着け、私って感じです。失礼いたしましたっ!
Commented by まにゃほ at 2011-01-27 10:01 x
小さい時に読んだ伝記だと「白身のお魚」だったような気がします。しかし「鱒」だったら・・・(笑)確かにびっくりしますよね!
下のネギ、すんごいおいしそうです。ベトナムにはないのですう・・・
Commented by penedescat at 2011-01-27 17:48
まにゃほさん:

コメントありがとうございます♪
「白身の魚」。。。。すごい記憶力ですね!
今週末このネギを嫌というほど食べてきます。またレポートしますので見てくださいね~。ベトナムというとやっぱり米系、魚介類系かな?アジア食うらやましいです。
Commented by go at 2011-01-28 15:45 x
学校の授業でやたらと耳に残った魔王ですが、大学の時試合に行った先の体育館で着替えに使った部屋に置いてあったピアノでチームメートが徐ろに弾き始めたのが何故かこの曲の「マイン ファーター、マイン ファーター」部分でした。
これからベスト4による決勝リーグ戦だというのにみんなで大笑いしてすっかりリラックスしたのを覚えてます。
Commented by penedescat at 2011-01-29 02:06
goさん:

みんなで大笑いでリラックスって、、、そのシーンをフランツに見せてあげたい!ほらこんなに皆が喜んでるよって!(笑)フランツはどういう反応をするでしょうかね。。。

最新の記事

カタルーニャのロバに会える村
at 2017-09-09 23:33
暑中お見舞い申し上げます
at 2017-08-04 00:04
お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40

最新のコメント

ジェン子さん!(感涙) ..
by penedescat at 15:08
よー姉御、お久しぶり!!..
by ジェン子 at 05:05
プチテデスコさん コメ..
by penedescat at 17:34