カタルーニャの葡萄畑から


ドイツ生活10年後、スペインのカタルーニャ地方へお引越し。葡萄畑に囲まれた田舎暮らし。
by penedescat
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お米料理は Delta de l'Ebre

2週間前のこと、義父母が週末に泊りがけでやってきました。
この年代の人のほとんどがそうであるように、義父母は声が大きい。(特に義母)そして人の話は聞かず喋りまくる、他人に負けないように更に声を張り上げるので、相乗効果で全員の声がどんどん大きくなりとても辛い。

この国に住んでる方ならお分かりですね…。

ま、それはともかく。
せっかくなので地中海沿いに南下してDelta de l'Ebre 地域に行ってきました。以前にも何度か当ブログでご紹介しているこのエリアは稲作と自然公園が有名です。

風が強かったけど春の日差しが眩しい一日でした。
e0205478_00161167.jpg
デルタにはフラミンゴもいます。
スマホのカメラだから質が悪いけど、肉眼でばっちり見えますよ。
e0205478_00155733.jpg
国立公園の中にある観光案内&お土産屋さん。
藁ぶき屋根で可愛らしいこの建物、実際にデルタ地域で見かけます。
e0205478_00144209.jpg
この辺りでとれるお塩、黒塩、レモン風味、などなど。
e0205478_00145461.jpg
お米もお土産として売っています。
e0205478_00150203.jpg
毎回行くレストランは同じです。もっと開拓したいなと思いつつ、でも美味しいから浮気できない。

Restaurant L'Estany (Casa de Fusta)


色々と注文して全て4人でシェア。
前菜には小魚のフライ、イカと葱の炒めもの、グリルしたシャコなどを注文。
シャコ食べてる時は普段喋りっぱなしの義母も黙って食べてた。(蟹食べるときと同じく集中力が必要だから)ちなみにシャコは手づかみでOKです。

e0205478_00151251.jpg
e0205478_00152266.jpg
メインには豚肉・豆・アーティチョーク入りのパエリアと、アンコウと手長海老のお雑炊。お米料理は塩分控えめで(義父血圧高し!)で注文すると本当に丁度良い塩加減で来るんです。お米料理専門店に行くと有名な魚介類のパエリア以外にも色んな種類があるので、せっかくだから食べたことない組み合わせに挑戦したいもの。

今回のパエリアは恐らく隠し味にブティファラ・ネグラという黒いソーセージを炒めた油か、すごく細かくしたブティファラが入ってる。それからお雑炊はこんなに美味しい出汁、どうやって取ってるんだろうというほど美味でした。


e0205478_00153589.jpg
e0205478_00154765.jpg
時々「バルセロナで美味しいパエリアを食べられるお店教えて」と言われて困る私。そもそもバルセロナのレストランをあまり知らないし、何軒かでパエリア食べたことあるけど、やっぱりデルタ地域やバレンシアのレストランの方が各段に美味しいもの。

お米の収穫が近くなって稲の良い香りが漂うころにデルタを再訪問しよう。
8月後半あたりかな?
車がないと全く身動きとれない地域だけど、本当に心穏やか(&お腹は満腹)になる地域なのでお勧めですぞ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
# by penedescat | 2017-04-15 00:40 | 近場におでかけ | Comments(1)

一面に広がる菜の花畑

我が村の、ちょうど私が住むエリアの反対側に菜の花畑がある。
てくてくと山道を歩くこと45分。
目の前に広がるのはこんな風景です。

e0205478_00575118.jpg
日曜日の静寂の中、聞こえるのは鳥の声と菜の花に群がる蜂のブーンブンという音のみ。
あっちを向いてもこっちを向いても広がる黄色の世界。

e0205478_01021010.jpg
e0205478_01033562.jpg

今度お弁当を持ってここに来ようかと思ったけど、蜂に襲われては困るのでやめておこう。
この菜の花は家畜の飼料なのか、それともオイルにするのだろうか?
カタルーニャだったかスペインの他の土地だったか忘れたけれど、1960年代に食用の菜種油に機械油が混入され人々が亡くなった事件があったらしい。それ以来こちらでは菜種油は人気がないというか、皆さんのトラウマとなってるみたい。でも最近菜の花畑が増えてるように思えるので、何か使い道があるのでしょう。


帰り道にご近所のお馬さんにご挨拶。

e0205478_01053053.jpg
e0205478_01063825.jpg
この短足のお馬さんはきっと働き者に違いない。
退屈してるのか私達が姿を現すと駆け寄ってきました。
一応低い位置に網が張ってあるので(簡単に跨げる)飛び越えてはきません。

あと2日でイースターの連休開始!
頑張ってお仕事を片づけませう。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
# by penedescat | 2017-04-12 01:15 | 田舎の生活 | Comments(2)

放置プレイで育ったカルソッツ

カタルーニャの冬の風物詩カルソッツ葱。
日本でもここのところ知名度が上がってきました(よね?)

このシーズン中、我が家はレストランに食べに行ったのが1回、自宅のオーブンで焼いたのが数回。

実は昨年末にカルソッツの球根を買ってきて庭に植えてみたのです。

●カルソッツは玉ねぎの一種なんですよ。(だから甘い)

e0205478_01590837.jpg


「どこまで勝手に育つか」という実験をしてくて、植えた直後から収穫までほぼ放置。
水やりも数回しか行っていません。
いいですね、決してサポったわけではないです。あくまでも実験です。


●土の中でどこまで育ってるのか全く分からない状態(手前の葱)
e0205478_01595161.jpg

3月も半ばを過ぎて、もうカルソッツのシーズン終わるから収穫しないと!となり引き抜きました。
さすがに水もほとんどあげてないだけあって細い、細い!
育ちが悪かったのは夫が球根を深く植え過ぎたことも一因みたい。

e0205478_02042457.jpg
半分くらいはオーブンで短時間焼いて、市販のロメスコソースを付けて食べました。
細いけどちゃんとカルソッツの味がして、とっても甘かった。
家の庭で育ったから化学肥料は使ってないし安心して食べられるのは良いですね。
残り半分はオムレツに入れて食べる予定。

皆様良い週末を🌸



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へにほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]
# by penedescat | 2017-03-25 02:21 | 田舎の生活 | Comments(0)

最新の記事

お米料理は Delta de..
at 2017-04-15 00:40
一面に広がる菜の花畑
at 2017-04-12 01:15
放置プレイで育ったカルソッツ
at 2017-03-25 02:21

最新のコメント

ciao penedes..
by cocomerita at 17:12
gabbynaさん 田..
by penedescat at 15:14
菜の花畑って春っていう感..
by gabbyna at 21:52